Monday, April 26, 2010

今日のニュースから 4月26日

 火山噴火の影響も和らいできたようです、今週は明日以降ですが生のサーモンが入荷し、騒動は鎮静化します。

1、またもGA工科大学の近くで犯罪です。Northside Dr.近くのアパートで、日曜日早朝1時に何者かがアパートの一室に押入り、金品などを奪い逃走しました。警察の調べでは犯人は20-30歳の白人男性です。この同じアパートでは昨年5月にGA工科大学の生徒が胸を撃たれています。

2、Marietta付近に住んでいる方に朗報です。毎週土曜日のファーマーズマーケットが5月1日から開かれます。約60の業者が新鮮な野菜や自家製の食料品などを販売します。時間は午前7時から12時まで。場所はMarietta Squareです。

3、メトロアトランタの通勤事情は全米で4番目に悪いというデータが統計調査から出ています最悪なのは、ロスで次いでボストン、シカゴ、ワシントン、NYCなどが同順位です。

4、日曜日の朝5時のことですが、Dekalb Co.の I-85 でShallowford Rd.出口からハイウェイに入った車が他の車に激突し、1人が死亡しました。犯人は逮捕されましたが、飲酒運転だったそうです。このようなハイウェイを逆送し、事故を起こすケースの100%は飲酒運転によって起こっていますが、当たられた人は惨めなものです。そして当てた方もかなりの年数を刑務所で過ごすことでしょう。飲んで一生を棒に振るアメリカ人は実に多いものです。飲んだら少し仮眠を取って覚ましてから乗る、または代行運転などに依頼する。AXISでは5月号よりリムジン会社の広告を掲載しています。HANAリムジン 404-704-6688です。

5、先週、緊急融資を受けることが明らかになったギリシアですが、数年間は立ち直れないという専門家の見方が出ています。景気後退から脱出できそうにないというもので、それは当たっているでしょう、自力で再建する力がないといくら外からお金を調達したところで使い切ったらお終い、またお金を融通となるからでしょう。こうした「かつて栄えた国」が今後立ち直るのは非常に困難だと思われます。国を支える産業がないでしょう?ギリシアといえば観光ぐらいしか思い浮かびません。スペインも同じことですね。北欧はその点、ハイテクに移行したイメージがありますから、ある程度の見通しが立つわけですがね。

6、外国人の社寺参詣が増える日本で、お賽銭の外国紙幣や硬貨が急増しています。これからは日本ユニセフの「外国コイン募金」に寄付されているそうです。外人の神頼みということですね。

7、日本のプロ野球の平均年棒が3年連続で増加しています。今年の平均年棒は3830万円で、1億円以上が74人で全体の10%を占めています。1位は阪神の5287万円、最下位は広島の2297万円でした。貧乏でもいい、それが広島の野球の特徴です。


 ギリシアが危ない、次はスペインだとか書いていますが、実は日本も危ないのです。公的債務がGDPに占める割合ではギリシアは129.5%ですが、日本は228.6%なのです。でも、どうして日本はそんなに騒がれないのか?? それは、日本の国債は日本人が主に買い、1400兆円もの国民の金融資産があるからです。その半分が貯蓄され金融機関が国債に投資して支えているからです。しかしながら、今後は少子化などにより、これら資産も減少していきます。それでも日本は消費税がわずかに5%で、これを10%に上げると借金が棒引きになる?というウルトラCがあるので、楽観的なわけですね。
 竜巻のニュースが世間を騒がせていますが、ジョージアでも起こります。数年前にダウンタウンを襲ったもの、2000年にMariettaから Dunwoodyを通過、 Norcross からDuluthに抜けていった竜巻は大きな被害をもたらしています。これからが本番です。天気予報には注意してください。

8、

今日の出来事から 7月25日(火)大雨

 いやあ、昨日の大雨ひどかったですよ。お客さんがいなくなったので2時過ぎに閉めましたが、それから約1時間断続的にゲリラ豪雨? ドアの隙間から水が染みてきました。  あるお客さんはスーパーに行って、1時間そこに滞在していたそうです。  そして日本でも東京都西部でゲリラ豪雨、バス...