Tuesday, April 20, 2010

サーモンの入荷が心配!

 アイスランドの火山灰の影響がいろいろなところに出ています。まずは旅客機ですが、高速で飛んでいる飛行機に砂のようなものが猛烈な勢いで当たるということを想定してください。これにより、表面塗装が剥がれる可能性があります。そしてコックピットの窓ガラスが透明から掏りガラスのようになります。最悪の場合は、エンジンに異物が混入しエンジンが停止するというものです。これは実際にコンチネンタル航空のパイロットに聞いた話なので確かです。
 デルタ航空によると、アトランタ近郊に1万人が足止めになっているそうです。デルタは欧州フライトが多いのが特徴で、ホテルは満杯だとか。
 この解決法は何もありません、自然現象ですから、終息を待つのみですが、早ければ3-4日、遅ければ2ヶ月という予想で、誰にも分からないのです。
 人の移動もそうですが、物の移動もそうで、寿司屋で使っているスコティッシュ・サーモンは英国の北で養殖されたものが空輸で北米に運ばれていました。これが完全に止まるわけですから、しばらくは冷凍ものに切り替えていかないと対応できないことでしょう。

No comments:

パスポートはいくつまで持てるのか? 1月23日(火)

Enero Veinte Tres (Martes)  昨日はM7.9の地震がアラスカ沖であり、アラスカーカナダ、カリフォルニアにかけて津波の警報が出ていましたが、解除されました。   昨日の午後、群馬県の草津白根山で噴火がありましたが、これの警報は一切ありませんでした。幸...