Friday, August 31, 2012

今日のニュースから 8月31日(花金)

 月末でーすう! やりぃ! 何とか税抜きの大台を確保しました。なかなか順調です。さらなる対応として、冷蔵庫を1台増やし、それを収納する倉庫も作ることにしました。大工仕事なので、「鹿島建設」というわけにはいきませんが。

 資本提携をめぐるシャープとの交渉で来日していた台湾・鴻海精密工業の郭台銘会長は30日、同日午後に予定していた記者会見を欠席し、31日午前の大阪商工会議所への訪問もキャンセル。シャープ幹部との出資に関する詰めの協議も行わず、30日午後台湾に帰国。協議は「引き続き、続けることになる」(鴻海幹部)が、目標にしている8月中の提携合意は持ち越される見通しとなったそうです。
 「キャンセルした?失礼な!」と思ってはいけません。これがビジネスですね、シャープの株価は現在206円で、昨日は227円でした。1月に690円だった株価が8月に一時164円まで下げています。すべての鍵は銀行と鴻海が握っているわけですが、買い手からすれば最初株価500円で話し合いだったものが、半額になった。そしてそれ以下に下がっているわけです。何尾急いで提携する必要はないわけです。まさに柿が熟して落ちるのを待つだけですね。
 ましてや、華僑でしょう? 今提携してお金注ぎ込んで、さらに下がったら他の架橋に笑い者にされますよ。10万円のヴィトンのバッグが5万円になった。そして3万円まで下がっています。でも換金したければ、まだ下げてくるでしょう? あなたならいくらで買うんですか?そういう問題です。

 たまたま、このヤフーの株サイトを見ていたら、ある指南師がクボタを押しています。その理由は、 「同社の成長戦略は、国内と海外で大きく異なる。海外では引き続き農機が主力だが、国内では環境分野の売上が目立つ。特に資源リサイクルへの注目が集まる中、廃棄物リサイクル・処理システムが堅調だ」とあります。この会社、実は自販機も作っているんですよ、知っていましたか? ハイウェイでクボタのトラクターを見た日は縁起が良いという伝説を知っていますか?工場のあるアトランタ近郊だけですけどね。

 
 日本の話ですが、30代男性の非正規労働者の75.6%が未婚で、正規労働者(30.7%)と2.5倍もの差のあることが厚生労働省が公表した調査結果で分かりました。04年実施の前回の45.5%から6年で30ポイントも増加したそうです。そりゃそうですよね。仕事ない男に惹かれる女はいないでしょう? 仕事ない=お金ないじゃないですか?

イギリス政府は、日本人学生160人が通うロンドンのメトロポリタン大学に対し、留学生のビザを無効にする決定をましした。国内の雇用を守るため、ビザ発給の審査を厳格化する政策の一環だが、学生の間に動揺が広がっています。学生ビザで入国し、不法就労をする人が英国人の雇用を奪っているということからです。 
  キャメロン首相は昨年、南部ハンプシャー州で開かれた保守党の会合で行った演説で、EU諸国以外からの移民の受け入れを制限する方針を明らかにしました。
 キャメロンが移民政策に特化した演説を行うのは、1年前の選挙戦以来。移民の受け入れ数を現状の年間「数十万人」から「数万人」に減らすと約束した。
 演説でEU圏外からの移民が多くなった要因としてイギリスの福祉制度を批判。その上で、現政権は「大量の移民ではなく優秀な移民」のみを歓迎すると発言ましした。
「問題は、働かない国民を長年支えてきた福祉制度のおかげで、ぽっかりと空いた労働市場の穴を、移民が埋めているということ。非難されるべきは、このひどい福祉制度であり、前政権がその改革に完全なまでに失敗したこと」
 米国も不法移民が、米国人の仕事を奪ったとも言えないでもありません。低所得者が行う仕事をメキシコ人などが奪ったのは事実でしょう。
 そして日本も今後、移民を受け入れていかないと、人口減から生産性が落ちるわけで、その一方で失業率が高くなるというジレンマに陥り、同じような道をたどるのではないかと思いますね。そこで台頭するナショナリズム、かつての第2次世界大戦前のドイツのようにならなければ良いのですがね。

 4Kテレビ知っていますか?ソニーや東芝など家電大手が、ハイビジョン映像の約4倍の解像度を持つ「4K」と呼ばれる高画質の液晶テレビを相次ぎ発売します。画面サイズが80インチを超すような大型テレビを近くで見ると画像の粗さが目立つこともありますが、4Kではより鮮明な映像を楽しめるそうです。価格下落で既存のテレビが軒並み不振に陥るなか、各社は付加価値の高い商品を投入して巻き返しを狙っています。
 ソニーが年内に発売する4Kテレビの画面の大きさは84インチで、世界最大級。全世界で順次発売し、欧州での発売価格は2万5000ユーロ(約246万円)。日本での価格は未定、東芝も同じ84インチの4Kテレビを2013年度上期(4~9月期)に全世界で順次発売すると発表した。同社はすでに昨年末に世界で初めて55インチの4Kテレビを発売しているが、より大画面のテレビを投入して販売増につなげたい考えです。
 
 でも待てよ! 誰が84インチ買うんですか? 32インチとか50インチ以下を早く作って2千ドル程度で売らないと市場を制覇できないのでは? 金持ち相手の商売じゃ、売れる数が知れているでしょうに。「技術がそこまで行っていない」と言うかも知れませんがね、そうでもしないと、今の液晶がプラズマからの買い替え需要は期待できないんじゃないですか?
 私なんか、3年前に買ったテレビがどこまで使えるのか考えてしまいますね。あと7年は見るでしょう。でも同価格で画像が4倍綺麗なら買い換えても良いという発想になるじゃないですか?

 低カロリー食を続けると健康にはなるが、寿命が延びることはないとの結果が、23年間にわたるサルを使った実験で示されたと、米国立老化研究所(National Institute on Aging、NIA)が英科学誌ネイチャー(Nature)に発表しました。
 論文によるとNIAでは1987年から、平均寿命が27年比較的長く個体によっては40年生きるアカゲザルを使って長期の実験を行ってきました。実験ではさまざまな年齢のアカゲザルに「普通食」と、カロリーが30%低い食事を継続して与えました。ビタミンやミネラルのサプリメントは両方のグループに与えました。どちらのグループも野生のアカゲザルよりも長生きし、体重も多くなった。
 健康度でいえば低カロリー食のグループでは普通食のグループよりも、糖尿病や心疾患、がんの発症例が少なく、またオスではコレステロール値も低くなった。しかし、NIA老年学実験研究室によると、少なくともアカゲザルにおいてはこうした健康度が直接、寿命の長さに影響してはいなかった。旨いもん食べて運動してそれでほどほど生きるのが一番良いということですかね。
 今日は、ワインが業者のセールだったので、また40本近くも買いました。イタリアの面白いワインがありましてね、また紹介します。




Thursday, August 30, 2012

今日のニュースから 8月30日(木)

ちょっとIママ、聞いてくださいよ、見てくださいよ。これ何?でしょう。男性トイレに飾ってあったマット・クーチャーの写真が消えています。昨日の朝、ウェイトレスが掃除に入って気づいたんですけどね。なんと米人の手癖の悪いことか?こうした盗難は初めてです。
 まあ、有名な絵画が入っていたわけではありませんがね。それも「TAKAへ」と書かれているんですよ。そんなものを盗んでも飾れないでしょう。仮に奥さんや恋人が住んでいたら見せられないでしょうに。店にあるものはしょうゆもただ、ガリもただ、わさびもただですからね、写真もただと錯覚しているんでしょうか???

 あと2日で8月も終わり、昨夜は一気に混みあい終わりました。今日も同じパターンになることでしょう。私の予測では今日がピーク、土曜日はUGAのキックオフでフットボールシーズンの幕開けです。これまで毎週土曜日のビジネスが暇になっていくわけですね。


  パッションカップ認定選手の方々
9月は30日でBear's Bestを予定して、現在こみじゅんが手配を進めております。スケジュールの調整をお願いします。ちょうど、コカコーラ主催のPGA最終戦の翌週となります。

Tuesday, August 28, 2012

今日のニュースから 8月28日(火)

 828ですか、なんとなく語呂が良い? ハリケーン・アイザックは明日の早朝にルイジアナに上陸するようですが、GA地方としてはあまり雨が降りそうにないですね。まあ、7年前のカトリーナの件があるので、敏感というか過敏ですが、私に言わせれば、「そんなことよりも、テキサスの西ナイルウィルスの蚊取りーな」なんですけどね。これって、座布団の枚数2枚じゃ効かんでしょう。

 こみじゅん、君が工場の点検をしている最中、私は裏庭でスイングの点検をしております。も「もうダフらない、シャンクさせない」って感じで9日の対戦に向けて調整に入っています。思えばゴルフは「確認の作業」ではないか? 良かったスイングを確認する、そしてコピーしておく。それをいつでもファイルとして取り出せるよう保存しておく。バックアップですな。

 シャープとNECが競争しています。「さあ、どちらが先に立ち直るでしょうか?」ですね。軍配はシャープに上がりそうです。それは外資が入るので、早い行動が取れるってことですかね。まあ、シャープの名前は残れど、実質は外資企業になることでしょう。
 それにしても、決断がアホとは言いませんが、「大型化で差別化」と液晶テレビの販売に陰りが出始めたころ、そっち方面に走ったのは間違い。そこにしか逃げ道がなかったといえばそれでお終いですけどね。
 いつもCostcoに要って、テレビ売り場の前を素通りしますが、韓国勢のテレビの方がデザイン性や画質で断然綺麗に見えます。特に画面の縁の薄さがテレビを感じさせない、壁掛けの絵のように思わせる。ここから日本勢は負けたんでしょうね。
 自動車が、テレビの二の舞にならないことを祈りますが、現代の会長が先ごろ、米国を訪れ「日本車に勝たないと、本当に勝ったとは言えない」と激を飛ばしたそうです。この焼肉キムチ共和国(差別ではありませんからね)がハングリー精神でぬるま湯ジャパンをどこまで侵食するかです。

 考えたら、レストラン業界だって、すでに韓国や中国勢に食われつつあります。メトロアトランタの日本食レストランで日本人オーナーは10名程度、一方韓国は少なく見積もっても50人は 
下らない。
 そして、うどんやラーメン、味付け海苔などで攻勢を仕掛けてきています。Costcoでは、これらに商品が売られていますが、すべて韓国メーカーです。彼らの方が商売が上手い。
 まあ、品質の面では日本人が料理でも良いものを作りますが、彼らはそこで金儲けに没頭する。商魂たくましいわけですね。負けたらイカんぜよ、ですね。

 今朝の馬鹿げたというか哀れなニュース。花嫁が式の当日死亡。ウェディングドレスを汚すイベントのような写真撮影があり、湖に入ってブクブク沈んでいった。カメラマンがもちろん、そばにいたんですよ。ドレスに水が入り込み重みで救出不可能だったようですが、何ですかこれ!明らかにカメラマンの落ち度ですね。

 ガソリン価格がアイザックのお陰?で若干上げています。まあ、製油所が少しの間休止するためです。まあ、1週間もすれば元に戻るでしょう。

 マーケットを見てみましょう。原油は96ドルでさほど上がっていません。ゴールド1666ドル、昨日は一時1750ドル程度まで上げていました。
 ユーロ=ドルは1.256ドル、ドル=円は78.54円です。ダウは13103ドルで決して悪くないですね。ここ2-3日は、小幅の上げ下げで安定しています。大きなニュースがないということです。

 昨日は久々の閑古鳥でした。週末の疲れか月末の疲れか、久々の前年割れで、全戦全勝とはいかないという現実です。今週働けば、日ー火曜日休みです。ゴルフは休止で、静養です。のんびりとします、でも素振りと裏庭練習はしますからね。維持することが大事です。

Monday, August 27, 2012

今日のニュースから 8月27日(月)

 あと4日で8月も終わり、ハリケーンも今週やってきます。カテゴリー1だったんですが、勢力を強めているようです。メキシコ湾を直撃する可能性が出てきました。
 まあ、たまに大雨が降ればいい、って感じですかね。幸いにもGAはあまり被害がないので。

 土曜日のビジネスもなかなかのものでしたが、今月は今のペースで4日間終われば前年比で43%も売り上げがUPします。来年のことをすでに考えてしまいますね、この今年の売り上げをどうやって超えるのか?ですよね。まあ、幸いにも私が社長なんで下がっても叱られることはありませんが。
 同じバックヘッドのある店でも「土日で1千人をこなしたよ、もう大変だった」とうれしい悲鳴が聞こえています。まあ、今はレストランの稼ぎ時なわけで、今暇な店は余程の重症じゃないかと考えてしまいますね。
 売り上げを達成し、設備投資を行い、次に備える。その店も同じことを考えていて、やはりトイレをきれいにするそうです。少しずつ何か変えていかないと、お客さんに飽きられるわけですね。

 こんなしんどいときに「ゴルフかい」というのが昨日のゴルフで、まったくやる気もなく出かけたんですが、練習も案の定当たりませんでした。前半の4ホールをすべて負け越し、今日は「払い込みです」と宣言していたんですが、5ホール目あたりから当たりだし、イーブンを続け、7番でピンそばにつけてバーディを奪うと波に乗りました。昨日はどういうわけか財布の中が空で、S嬢にお金を借りようと思ったぐらいですが、終わってみれば財布の中にお金があるということでした。アイアンの精度が増しています。なんと単純にダフりをなくすことに成功、実にボールがきれいに飛んでいきます。あと9ホールやっても良かったようなイメージで、42-42で84とまともな数字に戻ってきました。前週は97と不本意な数字でしたからね、これで9日の商工会に少し望みが持てます。
 ゴルフってそんなもんです。悪いところをどうやって見つけ出し、どう直すかですね。これができたら誰も苦労はしないでしょう。

 Decaturのおいしいレストラン紹介します。名前は「246」
E.Ponce De Leon Ave.に面しているイタリアンですが、米人の友人のお勧めでしたが、ようやく行くことができました。意外にも薄味でかつしっかり味付けがあります。ピザの記事が実に美味い。パスタもなかなかでした。デザートのヘーゼルナッツのケーキがこれまた絶妙。最初から最後まで美味しかったという店は,そんなにありませんでした。
 週末は予約が取れないほどの満席になりますが、日曜日は比較的空いています。ただし、予約して出かけるようにしてください。
 次回は系列のJCT Kitchenと The Optimistに行く予定です。実はOptimistにパンを卸しているのは、RoswellのArtizanだそうです。どこかでつながっていますね。昨夜、ここのマダムから聞いた話です。
 そしてこのオーナーのフォードさんが、今度バックヘッドのNavaの跡地にバーベキューの店を開けるということなんですね。オープンは来年の頭とか。

 中国駐在の丹羽宇一郎大使の乗った公用車が27日、北京市内で少なくとも2台の車に強制的に停車させられ、このうち1台から降りてきた男が、大使の公用車前方に掲げられた日の丸を持ち去っています。
 また在ソウル日本大使館の近くで27日、40代の韓国人の男が汚物の入ったペットボトル2本を大使館に向かって投げ、その場で警官に取り押さえられています。
 こうした「アホな行為」が今後も続くことでしょう。今後どうなる? 知りません、エスカレートするだけのことでしょう。まあ、ユダヤとアラブの戦いのアジア版だと思えばいい。すぐに解決することはありませんからね。巻き添えにならないこと、これだけです。

 北極海の氷の面積が観測史上最小になったことが確認されています。従来の最小面積は2007年9月に観測された約425万平方キロでしたが、今月24日時点で約421万平方キロに縮小しています。地球温暖化の影響などが考えられるそうです。

 秋になったかと思えばまた暑い日が戻ってきますね。それでも朝晩はかなり過ごしやすいようです。皆さん、体調維持に努め、日々の運動を行いましょう。

Sunday, August 26, 2012

マイクロソフトのロゴ変更!

 見ましたか?
Microsoft reveals new logo, proves that it's still okay to be square
これが新しいロゴです。4つのウィンドウがついていますね。


上の3つが歴代のロゴだそうですが、最初のロゴはディスコって感じですね。70年代後半のソールトレインとかもこんなロゴじゃなかったですかね。

 やはり時代の流れに沿ってロゴも進化しないといけないということです。私なりの考えでは車のFORDのあの青いオーバルはもう古臭い。あれ見ただけで爺さん婆さんの車のイメージです。どうして変えないんでしょうね。
 それだけ製造業が頭が固い、柔軟性がないということを示しているようにも思えるんですがね。






 

Saturday, August 25, 2012

週末往来!

 昨日は確実に混むことがわかっていました。オープンテーブルの予約がどんどん入ってくる。電話の予約もありで、開店前にすでに52人の予約がありました。まずは持ち帰りを7時以降はストップしましたね。4件の電話があったのですが、できないものはできないで断りました。
 まあ、終わってみれば1日の売り上げの過去最高でしたね。イベントやったときの数字にほぼ近いものでした。それにしても米人、よく寿司や刺身を食べます。

 米人もなかなか恋がお盛んで、Bは彼女を見送った後、アイルランドからのお客さんのお相手でした。彼がアイリッシュオープンでアイルランドに行ったときに知り合ったそうで、アトランタまで訪ねてくるというのは、かなりの熱意か? 「今夜の飯代は俺が持つから、しっかりやれ。サインだけしてくれ」と私はエールを送りました。
 7時ごろになって、連れてきましたが、なかなかのモノでしたよ。アルコールを飲まなかったんで、バイアグラも効くじゃん!と思いながら、その後どうなったかは知りません。また月曜日にでも聞くしかないですね。

 カイル・レイファースも一昨日登場しましたが、なんと彼女が違う。成績不振では女も逃げたか?と思ったのですが、プレイオフ後のQスクールで最後の望みですね。ここで残れば来季もPGA、さもなくば2軍行きとなるでしょう。
 
 

 今日の私はタンドラの2万マイル点検でトヨタのディーラーへ、その待ち時間を利用してパソコンで7月の会計の閉めをやりました。それでも時間が余ったのでテキストしたり電話して暇つぶしですね。ホームデポに寄り砂を買い、芝生の剥げたところの補修、そして植木の剪定ですか、まあ家を持っているとやることは山ほどあります。少し涼しくなってきたんでやり易いですけどね。

 誰か日本人でバックヘッドやミッドタウンできちんとした日本食レストランやりませんかね。流行ると思いますよ。うちなんか、もう生産が追いつかないので、競争相手が出てきて売り上げ下がる方が良いわけです、強気ですけどね。自分のテリトリーのお客だけを相手にしたいですよ。たとえばラーメンだけを食べるようなお客は要らない。同じ時間をかけて作るなら単価の高いものをやらないと効率が悪いわけです。
 焼き飯作れば儲かりますよ。ただ労力は半端ではない。時間もかかるわけです。大トロ2巻作れば10秒ですね、それで15ドル、焼き飯は5分ですかね、それで10ドル。この差は大きいわけです。まあ、なかなか難しいですけどね、お客さんに支配される店ではだめで、こちらが売りたいものを売ってもうけるビジネスをせんといかんわけです。

 昨日は韓国人の建築家から久々に電話がかかってきて何かと思えば「お金に困っている。息子の学校の学費が払えない」と泣きついてくるわけです。
 「何か仕事があれば、やるから店に来い」で呼んで、バスルームをきれいにすることにしました。ちょうど手洗いのところが外れかかっている。また開店時のままなので安物。ということで1万2千ドルをかけて手直しすることを急遽決定しました。
 これも1つの人助け。このご時勢に韓国人を救う日本人は私だけか? 確かに店の改装を昨年やって正解で、その後から売り上げが良くなっているのは事実です。したがってバスルームをきれいにする意味はあるわけです。工事は休みの9月2日からスタートして6日の木曜日までに終わらせる段取りにしています。
 すぐにもお金が必要なようだったので、6千ドルの小切手をすぐに書いてやりました。なんと気前の良いことか。まあ、困ったときはお互い様で、これに感謝して何か良いことをしてくれるだろうと、あまり期待せずに長く待ちますけどね。

 来週は、日本から友達が子連れで遊びに来ますが、子供をアメリカの学校で体験入学させたいというので、聖学院に問い合わせましたが、快く受け入れてくれました。「TAKAさんにはお世話になっていますから」と言われると嬉いような、恥ずかしいような。寄付などの貢献しかしておりませんがね、こういうときに役に立ったということで、あちらを立てれば、こちらも立つという、まさに持ちつ持たれつの会見が網の目のように私の周りには巡っているんだと思いますね。

 昨日、「キッチンでバイトをしたい」という学生から電話があり、さっそく来週の週末から働いてもらうことになりました。毎日は要らないが、週末は忙しいのでキッチンヘルパーは大助かりです。この上手いタイミング、なんとも言えないですね。これも1つの神からのご褒美か?とも都合よく考えるわけです。コネクトですね。

 金儲けしたらその一部を慈善事業などに回すとか、いろいろ富の還元方法はありますが、こういうことをすることによって、またお金が回っていくんだと、この年(50歳ですがね)になって、なんとなく分かり始めましたかね。
 環境団体のSacologyは毎月1千ドルです。ちょうど売り上げの1%が地球環境保全のために使われるという仕組みですね。そして学校のファンドレイジングへの寄付もかなりあります。学校の場合には、親御さんから要請を受けますが、それでまた店を利用してもらえます。お互いさまなんですね。

 「そんな寄付するような金なんか、あるかい!」と言ってしまえば話はそこでお終いです。金はあるとかないとかではない、作るもんですからね。捻り出してみましょう。そこが知恵です。

 明日が最後のお気楽ゴルフです。2週間空いて、商工会コンペ、翌週が地獄のジャパンフェスト、そしてコカコーラ提供のPGA最終戦です。自分のゴルフ時間が減りますが、これを「息抜き」としましょう。



Friday, August 24, 2012

今日のニュースから 8月24日(金)

 昨日も盛況でした。やはり涼しくなるとパティオが生きてきます。この効果は大きい。昨年3万ドルをかけて改装し、元を取らないといけませんからね。今朝は秋用の花を買い、植え込みをすべて変えます。こうして季節を演出するわけですね。朝顔がまだ咲いていましたが、昨日撤去しました。

 昨日の最後のお客、アレックスはGAからORに移りましたが、またに帰ってきます。今は農業をやっているそうです。ここGAではレストランのコックだったんですけどね。それがORの南部に友人がいて、その有機農法を手伝っているそうです。OR南部は冬でも雪が積もらず、1年中、いろいろな野菜が育つそうです。こういうのって、ある種の理想というか、憧れですね。食べるものを作るって大変なことだと思いますよ。自然が相手ですからね、ただ誰かが作らないといけない、そして安全でなければならない。将来は有望な産業です、すでに食糧争奪戦は始まっていますからね。

 
 今夏の米国における西ナイル熱の流行は過去最大規模であることが、CDCの統計で明らかになっています。今年1月から8月21日までにCDCに報告された患者数は1118件で、米国内での感染例が初めて見つかった1999年以降、最多となっています。38の州で人への感染が報告され、うち41人が死亡、22日にはアーカンソー州でさらに1人が死亡しています。
「流行のピークは通常8月半ばで、発症して受診し、医師から報告が上がるまでに2週間かかる」とCDCで蚊が媒介する感染症の対策にあたっているライル・ピーターセン博士は語っています。
 感染例の約75%はテキサス州とミシシッピ州、ルイジアナ州、サウスダコタ州、オクラホマ州で占められ、最も多いのはテキサス州で、同州当局によれば感染報告数は586件で21人が死亡しています。かつてGAでも流行したことがありましたが、今年はマシのようです。ダラスでは薬剤を空中散布するため「屋外に出ないでください」と呼びかけていました。まあ、暑いとこういうのが出てくるわけですね。
 考えれば、今後も暑い夏が継続すれば、こうした熱帯性の病気が伝染する可能性は高いわけです。実に恐ろしいですね。10年後、「はい皆さん、夏が間もなくやってきます。今年は5種類の注射をお願いします。これは強制です、死にたくなければ行ってください」となる可能性もあるわけです。おいおい、アメリカがアフリカになる???ですね。

 あと1週間で8月も終わり、なんとか大台をキープできそうで「当確」です。大台とは1ヶ月の売り上げが10万ドル(税込みですけどね)を超えることだったんです。未だ達成したことなし。オープンした2002年ごろの売り上げは3万ドル程度でした。1日の売り上げが1千ドルを割る日もありました。最悪の日は150ドルでしたかね。こうして思えばよく伸びてきました。
 このペースで推移すれば、今年の売り上げは初めて1ミリオンを超えるんじゃないかと期待しています。1ミリオンは1つの目標だったんですね。
 まあ、大きな店で1ミリオンは簡単でしょう。うちみたいな50席程度の店ではなかなか大変です。坪効率を上げ、客単価を上げ、リピーターを増やし、様々な工夫があって達成できることですかね。もう、かなりの限界ですが、それを超えるために倉庫を増床し、冷蔵庫を1つ余計に買い、冷凍庫を大きなものに入れ替えし、まあこれからまた挑戦です。週末は限界ですが、週中に質の良いお客を獲得していかに単価を上げるかが課題です。
 昨日の一番のお客は3人連れで450ドル使った人たちでした。こういうのが毎日1組来れば楽なんですけどね。皆さん、良い週末を!

 

Thursday, August 23, 2012

今日のニュースから 8月23日(木)

 ZOCDOC知っていますか? ファッションブランドではありません。ソーシャルというかITです。医者を探して予約するサイトだそうです。今朝のCNBCで初めて知りましたが、もうゴールドマンなどの投資が入っており、どんどん成長、スタッフは過去2年で10倍になったそうです。
 やはり、いまどき何でもスマートフォンで用事が足せるのが便利で、そこにお金が眠っているということなんでしょうかね。
 BESTBUYの社長が交代しますが、業績の悪化に歯止めがかからないわけです。それはアマゾンなどの企業がそこのパイを食っているからですね。家にいて買い物ができ、配達してくれる。これば便利でしょう?24時間いつでも買い物できます。私のアマゾン利用時間は深夜ですからね。街の一等地に大きな店舗を構え、従業員と在庫を抱えて商売する従来のやり方が変わってきたわけです。小売業にとっては試練が続くと思いますね、
 靴だってZAPPOSが躍進しています。私はさすがに靴はフィット感が大事なので、返品の可能性の高いオンラインでは買い物しませんが、米人は平気で買い返品しているようです。

 アトランタ市警が25万ドルの支払い? エイズ感染者をそれを知って採用しなかったということで訴えられたそうで、その裁判の結果、差別にあたるということで裁判所は25万ドルの支払いを命じたそうです。あとは市のOKが出れば支払いするそうです。
 これって、日本で起きたらどうなります? エイズ感染者を誰が採用するんですか? 私は遠慮しますけどね。それでも「差別」になり、まあ確かにそうですが25万ドルも払えという裁判所も頭がおかしい。これがアメリカですね。裁判所と弁護士はグルなんじゃないですか???

 先週末から壊れた冷蔵庫、コンプレッサーの交換で人件費も入れて約1千ドルかかります。コンプレッサーだけで650ドルです。それで昨日連絡もなしに来て「今から直す」で数時間かかって、直ったのかと思えば「このコンプレッサーはいかれている。新しいものを注文するから待て」というわけです。ほんまかいな?と言いたくなりますね。まあ、明日にでも来ると思いますが、米人のこうしたテクニシャンはあまり信用できないのが実情。

 昨夜、タンパからなかなかの美熟女が来店し、早い時間だったので私は相手にしなかったのですが、チャーミングな人でした。そこに現れたのが日系人の60歳を超えてなおサーフィンをするというR氏で、彼のスケベさは身内では有名なんですが、「写真を撮ろう、電話番号を教えろ、今度はいつ来るんだ」と強引そのものでした。彼は恋人ではないが、ダチのシンディを連れてきているんですが、それにはお構いなしでどんどん垣根を越えて話していくわけです。
 まあ、テキストを後で送っていたところをみると電話番号はもらったみたいですけどね。そういう私も気に入ったので、ワインを1杯ご馳走、なんと控え目なことか。
 もう彼女、リーは半分迷惑そうでしたけどね、あの押しの強さは相撲取り並みでした。私は最後に「United States of Americaだね」で締めくくりました。ユナイト、結合ですか? 本当にアメ公の女たらし根性には参ります。まあ、彼は特別なのかも知れませんが、気に入った女に突進、私はそこまでやりませんけどね。また来てくれればいいじゃん、程度ですよ。

 昨日はジャパンフェスト用の容器を買いました。牛丼を入れる容器、アイスクリームを入れる容器などですが、ガレージがどんどん埋まっていきます。来週になると車を表に置いて中がその備品だらけになります。出店ですからすべて持ち込みです、ないものがあったら大変ですからね。このあたりを今からきちんと準備するわけです。それでも見落としがあります。

Wednesday, August 22, 2012

今日のニュースから 8月22日(水)

 このブログの写真右の男、カイル・レイファースはPGAツアーの選手ですが、来季はPGAでプレイできないようです。先週のレギュラーシーズン最終戦で15位以内に入っていれば、獲得賞金で125位に入れたようでしたが、結果は138位です。YEヤンでさえ今季はさえず127位、グーセン、シンク、ヴィレジャスも入っていません。
 これがプロの厳しさですかね。それでもカイルは50万ドルを稼いでいます。いかにPGAがお金になるかということですね、彼は昨年ネーションワイドで26万ドルを稼いでトップ16位でPGAに返り咲いたんですが、わずか1季で終了です。
 1回だけメモリアル(タイガーが勝ちましたが)で3日目に瞬間1位になったんですがね、後半崩れて首位を維持できず、最終日も崩れました。ドライバーは当たればかなり飛ぶようで330ヤード近く飛んでいました。問題は私が思うにオンしてもピンから遠いということ、すなわちショートゲームが下手なんでしょう。パットも下手ということです。コーチをつけるほどの賞金も稼いでいないでしょうし、自分で頑張るしかないんですが、また来年も下から若い選手がどんどん上がってきます。PGAはまさに下克上そのももです。
 石川も最終戦は予選落ちで、彼に期待する日本人が多いものの、まあダメでしょう、というのが私の意見です。そんな甘くないですよ、世界の最高峰はね。同じアジアでも石川の周りに韓国勢がそして中国勢もジワジワ来ていますからね。

 東京都が尖閣諸島を購入するため、上陸を政府に正式に申請しました。政府も受理する見通しで、29日にも上陸するでしょう。「やれやれ」ですね。もうこうなったら早いモノ勝ちじゃないですか。そのまま居座ってしまうべきです。無人島だから問題があり、これを友人島にすべきです。まあ都合良ければ米軍の駐屯地にしてもらう。そうすれば、チャイナも手が出せないだろう、この野郎ですね。

 昨日の株価、意外にも下がっていました。朝方の先物では上げていたんですが、終わりは下げ。今日も下げで始まっています。原油も87ドルまでは届かずでした。ゴールドはしっかり1640ドルをキープしていますね。久々にゴールドに目が向いていますかね。相場を見る限りでは、すべてがやや下げですね。

 ハワイから「おめでとうございます」とメッセージでした。ワイキキのコンドの借り手が日本から下見に来ていまして、私の物件を見て気に入り、1年契約で話が進んでいます。一応、9月から家賃が発生します、ローンも9月から始まるので実に都合が良いわけですね。それも犬つきですから2千ドルです。ここらあたりの「運」は良いようです。2-3年の駐在の方のようで、そのまま安定して借りてくれるとあり難いですね。
 ということで、11月のハワイはホテル滞在となりました。まあ、投資してそれを運用していくのは大変ですが、良い物件に出会い、それを決断して買ったことが正解になりつつあります。35万ドルの物件を滞在5日で決めるわけですからね、勘以外の何物でもないですよ。まあ、お金に対する執着心というか、小金運だけはあると自分では思っています。

 昨日のビジネスも順調、大台達成に向けかなり良い感じで進んぁます。ところが、調子良すぎると、逆に怖いものがありますね。 「いつ落ちる」という不安ですかね。のために「さらなる努力」が必要なわけで、これが実に苦しいわけです。些細なことまで気になりますからね。
そこに重なるジャパンフェストの出店。脳の血管が破裂しないことを祈っております。たまに馬鹿やり、日曜日のゴルフでストレス解消ですかね。


 
そういえば、フェイスブック株は19ドル台に下がっています。ソーシャル関連は総崩れですね。全体的には株価が上げています。小売関連も良い、ただし重電系や石油、ITが総じて弱いようです。株は難しい!まあ、元々はバブルだったと思えばそれで解決です。実態のないものを売っている会社はそれだけ弱いと見て良いでしょう。

 ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、売り手として保証を提供している160億ドルの地方債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)契約について、そのほぼ半分を解消します。
 バークシャーによると、82億5000万ドルの地方債のCDS契約を解除することでカウンターパーティと合意。これら契約には500を超える州・地方政府債を保証するCDSが含まれ、償還期限は6月末時点で平均8.8年です。
今回の動きから、バフェット氏をはじめ、投資家の間で、地方自治体の破綻が懸念されていることが浮き彫りとなったわけです。また、バークシャーは上期に、高利回り社債のCDSへのエクスポージャーを前年末の45億7000万ドルから32億6000万ドルに圧縮しました。まだまだ今後も地方自治体の財政難は続き、破綻があるという読みですね。

Tuesday, August 21, 2012

今日のニュースから 8月21日(月)

 昨夜はお客さんの居残りで12時まで店にいました。たまたま本を持っていなかったので、退屈。テキストとメールで暇つぶしをしました。大抵は日経ビジネスとかあって読んでいるんで時間つぶしができるんですがね。
 マーケットが大きく動いています。EU情勢の好転(といっても何も中身は変わっていないと私は思う)によってユーロが対ドルで1.245ドルまで上昇したことが大きいのでは?
 原油が9.367ドルまで上げています。ゴールドも2ヶ月ぶりの高値、1637ドルです。円も79.39円と’久々の79円台です。株価の先物も上げていますから、安泰ですね。


 米国西部では山火事が広がっています。もう手をつけられない状態になっています。元々、西は雨が降らない、そして乾燥している。温暖化で砂漠化が進んでいる?といろいろ悪条件が揃っているわけです。大陸の火事って、規模が違いますからね、人間の手には追えないわけです、残念ながら。自然に雨が降って鎮火するのを待つしかない。

 中国のバブル崩壊に拍車がかかる? 日銀総裁は「危険水域」に入っている、大規模なバブル崩壊が起こる可能性があると指摘しています。

 鳩山元首相が「次期衆院選では民主党は大惨敗する可能性がある」と語っています。今のこの不安定な国にしたのは誰? あんたが先棒担いで「米国離れ」を目論んで、アジアと仲良くしようと、先陣を切ったんじゃないか? 自分で種蒔いて、雑草が生えすぎた状態。もう刈り取るしかないでしょう。それとも石油かけて燃やしますかね。
 ということは、自民党に戻るか、また連立の不安定に移行するのか、まあ日本はダメじぁ!ですね。

ジャパンフェストまで、すでに4週間程度しかありません。準備のためブログ更新が毎日できない可能性があります、早めにお詫びしておきます。もう気が狂いそう!!
 

Monday, August 20, 2012

今日のニュースから 8月20日(月)

 昨日、GAローカルツアーに参戦した各馬、お疲れ様でした。なかなかの激しい戦いでした。私は反省のゴルフですね。良いときと悪いときの差はあり過ぎる。まあ、過労と言い訳しておきましょう。
 それだけ土曜日のビジネスは凄かった。10人以上のパーティを3つも抱えていましたし、もう5時半からお客さんが押し寄せて6時にはほぼ埋まっていました。持ち帰りのオーダーは最初からSTOPして対応したのですが、10件の電話があったそうで、その中の1件は「毎週土曜日の注文しているのにどうしてできないんだ」と怒っていたそうです。
 それでも、できないものはできないので仕方ないですね。売り上げも過去数ヶ月せ最高の売り上げでした。今のところ、月間新記録に向かっています。

 ということで、昨日は打ち上げも早めに切り上げたわけですが、後ろから追走していたS嬢には「車が左右に流れています」と指摘されました。酔いではなく眠かったわけです。ゴルフ後の運転は特に眠いんですね。家に帰り、そのままソファで9時過ぎまで寝て、またテレビを見ながら12時まで転寝、そしてオフィス仕事を済ませ、また1時半から7時まで寝ました。なんとか1週間の疲れが取れた感じですかね。

 海外からすれば「反日」でしょうが、我々からすれば「反韓 反中」ですかね。人民日報系の国際問題紙・環球時報は、日本人による尖閣諸島上陸のニュースを、魚釣島に日の丸が掲げられた写真を付けて1面で報道し、社説で「中国人は団結と実力で日本側の挑発に対応しなければならない」と訴えています。また20都市で反日デモですか? パフォーマンスが好きな国ですよね。こういうときには政府も暴動しても逮捕しないんだから、本当に根性の悪い国です。

 まあ、「政治が不安定なときにこういうことが起きる」と外務省関係者は昨日語っていましたが、確かにそうです。民主党になって、「基地は要らない」と鳩山が言い出してからおかしくなっています。誰かが国を守らないと攻めてこられる、という意識が実に希薄になっているわけです。それだけ日本人の緊張感はないんですね。
 そして北朝鮮の馬鹿野郎がミサイル撃ってきましたね、ここでオドオドしている。明らかに挑発されているんですが、それに対して何もできない。そしてロシアの大統領が北方領土に上陸、それならと韓国の大統領も竹島に上陸、中国の活動家は尖閣諸島に上陸をジャブをバンバン打たれているわけです。ここでどうするんですか? 日米安保で米国に頼むことしかできないわけです。「武力には武力」しかないわけです。そこを理解していないと大変なことになりますね。

 「平和的解決、話し合いで」という寝ぼけたようなことは、この人類の歴史には通用しないのです。「相手を殺すだけ、それで解決」これが早いのです。
 私前にも書いたんですが、アメリカの歴史を見ると分かるでしょう? この国は民主主義ですか? とんでもない、軍国主義の塊です。それで利権のあるところに睨みを利かせて良い所取りをしてきたのがアメリカなわけです。国益のために、毎年何千人いや何万人の兵士が死んでいるわけです。これを日常化しているのがアメリカです。
 日本で自衛隊の隊員が1千人死んだらどうなりますか?「戦争やめてくれ、わが子を返せ」とか喚き散らすんじゃないですか? 銃社会のアメリカでは毎日、誰かが犠牲になり、また乱射もありで、無茶苦茶ですが、これすべて日常化というパッケージの中に収まっているわけですね。

 相手がちょっかい出せない程度の威圧は大事です。応酬しないといけないときはやりましょう。今回、10人程度の日本人が上陸許可もないのに、尖閣諸島に上陸して日の丸を掲げたことは、私は正しいと思いますし、よいパフォーマンスであったと思います。日本の領土に日の丸立てて何が悪いんですか? 当たり前のことを当たり前にやっただけですからね。
 あとは国有化をして領土保持のために、自衛隊を駐屯させ、近づいてくる海外船舶には攻撃をするべきでしょうね。そうしないと彼らにはわからないでしょう。
 要するに、舐められているわけです。馬鹿にされているわけです。それだけ日本の地位が低くなっているという証ですかね。

 結論として何をすべきか? 1)日米安保をさらに強くして米国に引き続き守ってもらう。 2)自前の軍隊を持つこと。 この2つの選択肢しかないと思いますがね、
 まあ、自前の軍隊を持つということは、軍事産業が生まれ、雇用の創出という面からしても、日本の活性化につながると思いますが、事は簡単ではないでしょうね。

Thursday, August 16, 2012

今日のニュースから 8月16日(木)

 昨日の最悪の客
 甘エビを注文して、頭のフライがないからということで「払いたくない」とほざく。私はわざわざ、テーブルまで行って、「そういうナンセンスなことを言うんじゃない、払いなさい」と半分怒って対応しましたよ。これがアメリカ人のせこさですよ。頭はあれば出すが、別にこれに請求しているわけではないのです。ただで出しているのに、これが出てくるのが当たり前だと思っているところが怖い。
 お茶もそうで、アメリカのレストランでアイスティー頼めば請求されますが、日本食レストランでお茶はただ? これは私はおかしいと思うのです。私は店ではクリスタルの水を使い、きちんと請求しています。水道水だけはただですけどね。水道水でお茶つくればただにしますが、お茶代もかかるし、サーブする人件費もかかります。ただにはできない、しないわけです。

 昨日の最高の客
 6人で来て1286ドル使ってくれたやや常連さん。久保田の万寿だけで3本です。刺身のおまかせが200ドル(トロだけで50ドル)、そして普通のおまかせが60ドルで6人分と来てこんな感じになるわけです。とにかく刺身を沢山食べたいという素晴らしいアメリカ人、そしてお金に糸目をつけない酒の飲み方。ワンダフルでした。おかげで少し暇だったビジネスが大きく躍進したわけですね。来た時間が遅かったので11時までの延長戦になったものの、皆満足。昨日のランチとディナーで働いたサーバーは300ドル以上を稼ぎました。これは1日の新記録でした。

 昨日の最高の出来事
 午後に弟子のお父さんから電話があって、日本からHPを見て問い合わせがあったということ。ワイキキのコンドを1900ドルでレントに出して1週間もしないのに有望な借り手が登場。それも犬がいるということで2千ドルで貸せるという、そして長期滞在になりそうなので数年も同じ人に貸せるというこれまた素晴らしい条件になりそうです。
 腐っても鯛は鯛、ハワイのワイキキは長嶋と同じ、永遠に不滅なんですね。これをまさに実証したようなものです。11月に梅井君の挙式でハワイに行きますが、自分の家には泊まれず、ホテルになること確実。それでもこれでローンの支払いがかなり楽になり、2軒目のコンド目指して頑張りやす。これらのコンドが10年後にそれぞれ50万ドルぐらいに値上がりしてくれると、2つで1ミリオンですからね、私のさし当たっての目標である「資産を1ミリオン持つ」という通過点にたどり着くわけです。
 これを夢と見るか、現実にするかはすべて「やる気」次第ですけどね。絵を描き、それに色つけていく。財産形成の方法はいろいろありますが、私は現在のやり方は堅実でよろしいと思っているんですけどね。

 もう今から買い物に出かけます。PC持参で店で暇を見つけてはAXIS9月号を打ち込む毎日、つらいがここが正念場ですね。日曜日は降水確率40%、このコースには雨が付き物のようです。

24頭の名馬が揃い踏み 日曜日はパッションカップ

 またまた、関係者以外には分からないコラムです。どうぞ、水洗トイレのように軽く押して流してください。


皆さん、何と前回の20頭を上回る24頭が勢ぞろいしました。さすが競技委員長の尽力か、脅しがあったのかは不明ですが、とりあえずかき集めた精鋭です。紹介していきましょう。今回は、私の生まれ故郷に敬意を払い、イタ語のイタロウに変換しております。少し教養を高めましょう。

1枠 Occidente Fiume  オチデンテ ヒューメ
 ここ最近、超多忙な仕事のため、カップを欠席しがちだったが、ようやく参加。それも今回は一番乗りということで1枠の座を射止めてしまった。測量はまさに「毎日の仕事」、ヤードは常に正確に測っている。

2枠 Dritto Bambino ドゥリット バンビーノ
 往年の技が復活しない。やや陰りが見え始めているが、化けると怖い。私はこの馬のスイングを見て「ちょっとババ(Buba)じゃないか?と思ったが本人は否定している。大穴

3枠 Occidente Isola オチデンテ イソラ
 9月のハワイを控え、上り調子じゃないか? まあ、年々確実に巧くなっていることは確か、ただ、まだまだ上位に食い込めるだけの力量はないのでは? 

4枠 O Non オノン
 イソラとほぼ日曜日にプレイしていると推測。ドライバーはかなり飛ぶらしい、でも私は見たことがない、未だに一緒にプレイしたことがないので未知数。

5枠 Piccolo Vedere Montagna ピッコロ ヴェデーレ モンターニャ
 独身貴族を満喫しているようで、ゴルフにも気合が入っているものの、新しく買ったドライバーを封印しないとスコアが維持できないところを見ると、まだまだ買えない。いつ開花宣言を出してくれるのか? もう秋でっせ。

6枠 Alto アルト
 何かが良いと何かが悪い。ドライバー、アイアン、パットの3拍子が揃わないが寄せの精度が上がってきており、そこでカバー。店が大繁盛で疲れ気味なのでスタミナが問題。

7枠 Collina Questo コリーナ クエスト
 確か先月は、「フォーム改造」の途中でスコアを乱したと記憶しているが、その後どうなったかは不明。長距離を走れるのでスタミナは十分と見ている。

8枠 Cololina Questo Junior コリーナ クエスト ユーニョル
 最年少馬は、さすがに若いだけあって上達が早いと聞いている。そろそろ化けてくるのか?それとも若年のプレッシャーに負けるのか?

9枠 Commemorare  コメモラレ
 先週はREUNIONで初の90台を出して苦手コースを返上した。今回は比較的、女性には簡単なコースという判断からして買い。問題はパットと5番ウッドだけである。

10枠 Citta Risone チッタ リソーネ
 順位よりも美味しい賞品をさらうことで有名。まあ、安定はしていて、確か先月はベストグロスであったと記憶している。優勝候補の一角に据えておく。

11枠 Piccolo Stagno ピッコロ スターニョ
 まさに日本政府を代表して、毎回出馬してもらってるようなもの。前回は初めて一緒にラウンドした。ドライバーは飛ばないが精度は高い。では何が問題なのか?それ以降である。

12枠 Giacomo ジャコモ
 ホームコースのHETRITAGEだけ強いという、風評がすでに立ち始めている。若さに陰りが、それともプレッシャーに弱いのかは不明。万馬券ではないか?ここ最近はファンの期待を大きく裏切っていると言っても過言ではない。

13枠 Lungo Risone  ルンゴ リソーネ
 またもや「ホームコース」の強みを見せるのか? 木曜日にラウンドをして調整をしているらしい。地の利を生かした容赦ない攻め、飛ばないが確実な寄せで老年ならではの匠の技を披露してくれる。そろそろ人間国宝か? アメリカにはないそうだが。

14枠 Robert ロベルト
 唯一のコメコメ。一緒にプレイする人には気の毒。まさに米人というプレイでたまに呆れてしまう。まあ、静かにおとなしく18ホールを回りたい人はOK。

15枠 Importante Governo インポルタンテ ゴベールノ
 久々の参加、スケジュールの都合とかで、なかなか出れないが、五輪よろしく「よくぞ参加してくれました」で終了。

16枠 Grande Ponte グランデ ポンテ
 一緒にプレイする方、9ホール終わったらビールの手配をよろしくお願いします。参加することに意義がある。芝の上でビールを飲む快感は、この馬のためにあるんじゃないか?

17枠 Grande Porta グランデ ポルタ
 かつてこの馬とはこのコースで同じ組だった。今でも思い出す10番ホール。チョロが2回あったと思う。そこから考えると、この馬はよく進化したと思う。全体的に巧くなっていると思うので、まさかのときの興亜火災で考えた方が良い。

18枠 Coda Forma コーダ フォルマ
 レース界から飛び入り参加で、未知数。ハンドルをクラブに持ち替えてどこまで操ることができるのか、まあ異業種ということで歓迎する。

19枠 Occidente Originale オチデンテ オリジナーレ
 過去1ヶ月の重圧から開放され、休養も十分か? 飛ばしのドライバーだが、真っ直ぐ飛ぶのか? これまた未知数だが、データからするとかなりの精度で上位に食い込んでいる。

20枠 Gricine Risone グリシーネ リソネ
 ルンゴと同じ厩舎、木曜日に下見でプレイしているので買い。ただ前半飛ばしの後半バテバテのパターンが変わっていないといけない。本命にはできない。

21枠 Villagio Risone ヴィラージオ リソネ
 初の招待馬のため、データが一切ない。何者?北のスパイ? 日本人? すべてが不明。たぶんあの赤い農機具の会社だろう。

22枠 Piccolo Salice ピッコロ サリーチェ
 前回に続き、参加を表明。プレイよりも、その後の楽しみで来ているんじゃないか?と思う。そちらに勘が働き、前回はガッツポーズだったと思う。

23枠 Giovane Verdure ジョーヴァネン ヴェルドゥーレ
 これまた2回連続の出場。まだまだジョーヴァネンだから仕方ないか。その腕前は不明、まあこうして場慣れすることが良いプレイをやがて生み出すということを学ぶだけでも参加する意義があると私は思うのだが。よくぞ決意してくれた。

24枠 Campana Albero カンパーナ アルベロ
 妻子誘惑ならぬ、最終枠はカンパーナ。一時は幹事の面目が潰されるところだったが、何と前回を凌ぐ参加者を集めたことでかなり自信を持ったことであろう。かつての万年2位、確か先月も2位だったと記憶している。手堅い馬であるが、やや体力が落ちてきてないか?

以上の名馬が9時半から出走します。朝食は主催者としてバナナ、スポーツバー、玄米おにぎりなどを持参する予定になっています。当日の予想最低気温は64度、最高気温は82度となっています。馬場は良好です。
また、すべてのパー3にニアピン賞が付きます、これはルンゴ馬の協賛。そういうことで私アルトも少し何か持参じゃなあ。

Wednesday, August 15, 2012

神の雫 英語版があります!

The Drops of God [beach reading]

drops of god wine1  米人の友人がフランスで見つけたものです。まあ、漫画もここまでくると大したもんですね。SONYやSHARPがこけても、日本にはMANGAがあります。ここだけは韓国や中国には負けんでしょう!
英語の勉強に読んでみてください。

“Dad’s reading a comic book!”
My kids thought it hilarious to see me reading Drops of God, the Japanese manga sensation that swept through Asia. Its alluring powers were even on display on the beach where my younger son wanted to me to read it to him though eventually he wandered off and resumed building sand castles. But if you are old enough to enjoy wine, the innovative, enthralling, soap opera for wine geeks will lure you in no matter if you’ve just cracked your first moscato or if you were weaned on Meursault. And it is perfect beach reading (as I can testify having selflessly read it in situ on your behalf).
The story’s protagonist, the young Shizuku Kanzaki, embarks on a quest laid out in his father’s will: to correctly identify twelve “apostles,” or heavenly wines that are the “drops of God” in title. Shizuku turned his back wine while his father was alive, rebuffing the beverage that made his father into a legend of the wine world as a critic as well as a fortune (he bought a lot en primeur and consulted to wineries, neither of which damaged his reputation as a critic, apparently). But his father always offered him things to smell and taste, which honed his sensory perception for his quest. Or contest, more aptly: Shizuku is pitted against Issei Tomine, just the sort of young, suave, arrogant, know-it-all who makes the perfect rival for Shizuku’s more passionate approach as he evolves swiftly from wine newbie to master. At stake, is the entire collection that the elder Kanzaki amassed over a lifetime, as well as the family’s grand house.
Along the way, wines are praised rapturously, both in two-page illustrated spreads as well as with lavish descriptions. Consider this one for the first of the “twelve apostles:”
I wander deep within a forest thick with pristine primeval growths,
As the humid scent of life wafts from the moss-covered trees,
I walk toward the heart of the forest in search of solace.
The bounteous blessing of nature suits a virgin forest unsullied by human hands
Ah, behold, a pair of violet butterflies, tangling in flight!
Perhaps this little spring is your Holy Land.
The two contestants parse the words and embark on a method of arriving at an answer to the riddle. Shizuku’s approach is more fun as he discusses it with friends, finagles ways to taste rarified wines, closing in on the region and village to ultimately make his pick. Along the way, he helps a woman with amnesia recover her past through a glass of wine, gets a tutorial from an eccentric wine expert who literally stores rarefied Burgundy in a hole in the ground, and squares off with a business rival in a blind tasting.
It’s easy to see how the books drove wine sales across Asia more than any wine critic who merely assigns anodyne point scores to wines. Drops of God succeeds at the highest level: not only does it inform and engage the reader through the narrative and illustrations, it makes you yearn to start your own quest, to research regions and producers while pulling some corks on fine bottles to share with friends.

Tuesday, August 14, 2012

今日のニュースから 8月14日(火)

まだまだ、良いマグロが入ってきています。かつてはトロであぶりをやっていましたが、今は「ネギトロ丼」です。これが一番米人に訴求力があります。良いマグロ=売り上げ確保ですからね。

 昨日もおまかせが2件入り、売り上げを維持しています。今月は月間売り上げ新記録更新がかかっています。初の大台に達するのか、このあたりをひそかに楽しんでいるわけです。

 今週日曜日のローカルツアー、参加者がやや少ないようです。というか返事しない人が多い。このあたりは仲間内でもきっちりして欲しいですね。
 主催者及び、幹事はこれでなかなか大変で、それに加え、プール付きの豪邸貸切ですから、人数が確認できないと料理の量も決まらないわけです。

 揺れる日韓関係、今度の大統領はなかなか強気ですね。国内人気が今一でパフォーマンスでやっているという記事もありますが、天皇の訪韓に「謝罪せえ」と言っています。前の天皇が謝罪しているのに、歴代の天皇に謝罪させるわけですか。
 韓流スターが竹島にリレーで泳いでいくとか、五輪サッカーで日本にたまたま勝って調子こいて「竹島問題」を見せたり、あれが韓国人のやり方です。本当に土足で入り込んでくるようなことを平気でやる。肉食人種ですよね。血が熱いというか、調子の乗りすぎですね。愚かな行為としか思えない、だから表彰式に「出るな」と言われてしまった。
 だいたい、五輪と政治は切り離すってのが、当たり前のことで、その場でああゆうことを分かっていながらやるという図々しさはロスでかつて黒人に嫌われて商店街を焼き討ちされたのと事情は同じじゃないですかね。「おまえら、ルール知らんのか」ですね。

 グルーポンよ、おまえもか?ですね。IPOの上場価格は20ドル、そして昨日の終値は70%安の6ドルです。相当の人が損しているでしょうね。フェイスブックも同じ、35ドルが20ドル前後ですか? やはり脚の付いていない会社は怖いですね。サービスを売って利益を稼いでいるわけです。物を売っていないですからね。

「全米で最も恥ずかしい、または気の毒な町名」という怪しげな称号が、アーカンソー州のトードサック(Toad Suck、カエルしゃぶり)に与えられました。ジョージア州のクライマックス(Climax、絶頂)、2か所のボーリング(Boring、退屈)を抑えての「栄冠」でした。

 これは、家族史サイト「ファインドマイパスト(Findmypast.com)」が英語圏7か国在住のユーザー1754人を対象に行ったアンケート結果。風変わりな名前の米自治体の候補の中から最も気に入った1つを選んでもらったものです。

 トードサックの名は、19世紀にアーカンソー川を運航する蒸気船の乗組員が町に寄港した際、地元の居酒屋で酒を「しゃぶりつくすように」飲み、カエルのように腹を膨れ上がらせていたことに由来するという。現在では、奨学金の資金集めのため毎年春に開催する祭り「トードサック・デーズ(Toad Suck Daze)」が有名で、多くの観光客を集める。
 2位に入ったクライマックスは、ジョージア州サバンナとチャタフーチー川の間を走る鉄道沿いの標高最高地点にある人口300人の町です。
 3位には、今年スコットランドのダル(Dull、つまらない)村と姉妹協定を結んでニュースになった米オレゴン州のボーリングと、メリーランド州にあるもう1つのボーリングが選ばれています。
 候補には他に、次のような町名が挙げられていました。
 ・オクラホマ州のフッカー(Hooker、売春婦)
 ・バージニア州のアサウーマン(Assawoman、尻女)
 ・マサチューセッツ州のベルチャータウン(Belchertown、げっぷ吐き町)
 ・イリノイ州のローチタウン(Roachtown、ゴキブリ町)
 ・ニュージャージー州のラブレディーズ(Loveladies、女好き)
 ・カリフォルニア州のスクワブルタウン(Squabbletown、口げんか町)
 ・ケンタッキー州のモンキーズアイブロー(Monkey's Eyebrow、サルの眉毛)

 Iママその後お元気ですか? 孫のR君がどうやらPre-Kに進級したそうですね。落第しなかったのは立派!その分、早起きせんといかんみたいですけどね。まあ、私は2時に寝て7時起きですからね、これに比べたら若いもんは、まだまだ気合が入っておらんと思いませんか? 確かに体はだるいですけどね、そこでやらないと追いつかないものがありましてね。無理やり体を動かしていますよ。もう少し稼いで早めに引退します。

Monday, August 13, 2012

緊急情報!! 梅井君の挙式日程決まる!

 申し訳ございません、関係者以外の方は「梅井って誰?」でしょう。
まあ、とりあえず、11月20日、オアフ島のコーリナで挙式が決定になっております。
仕方ないので、私日曜日から木曜日(感謝祭)まで店を閉めて行ってきます。
ということで、とりあえずの報告です。
挙式及び、お祝いゴルフコンペ参加の方は、私まで連絡ください。
このワタベが経営するコーリナチャペルで挙式する日本人が実に多いこと!!!

私は毎朝、ここのそばのビーチを1時間ほど散歩していました。

Saturday, August 11, 2012

週末往来!

木曜日のこと、新しいイタリアワインを試飲しました。ヴェルナッチャというぶどうの種類で、これまでイタリアの白といえばピノグリジオしかなかったわけです。赤ならいろいろ知っているんですがね。
 皆さん、驚くなかれイタリアにはぶどうの種類だけで1千から1千5百あるといわれており、その数だけのワインが造れるわけです。ヴェルナッャはトスカーナ地方のシエナで栽培されているぶどうだそうです。もちろんDOCGですからね、安心です。
 さて、こんな記事を見つけました。

1960年代のこと。イタリア政府のマリオ・ソルダーティー氏がDOC(原産地呼称制度)ワインの選抜の旅でイタリア各地を巡業していた時、ここ、サン・ジミニャーノにて最も歴史的なワイナリーのうちのひとつ"ピエ―トラフィッタ"に辿り着き、ヴェルナッチャを試飲した際におもわずこう叫んでしまったそうです。  

 「この白ワインは、わが国に存在する他のどんなワインにも異なり、まさに驚愕である・・・・。
 シチリアのワインのように燃え上がらず、カプリのそれのように酸味が浮き出てもいない。トレッビアーノ種みたいにこってりともしていないし、ルッカ産の持つ軽甘さやヴェルメンティーノ種の芯薄さ、ヴェネト州のワインのような爽快さやトカイ・フリウラーノ種の骨太さ、コルテーゼ種のようなまとまりも見られない。香り立ち、風味に満ち、滑らかで魅惑的・・・・。」  

 こうして舞い降りることとなったイタリア最初のDOC称号、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノを凌いでまでもそれを獲得したワインとしての輝かしすぎる名誉・・・・。

 "白ワインの中の赤ワイン"とも呼ばれ、実際、他のイタリア産白ワインと比べてあまりにも個性的なボディの厚みを披露し、後にやはり類稀な"リセルヴァ・タイプ"としてのDOCGを受けるにまで至れば、様々な試みにも及ばず、この地のみで成し得るテイストなどなど、まさに異例の白ワイン"ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ"。


 
実際に飲んだ感じとしては確かにその通りなんですね、負けない白?とでも言いましょうか。

 今週は寿司バーのカウンターの張替えを行っています。まずは作る方を小奇麗にしています。これまで木にニスを塗っただけでしたが、今回はその上に竹を張りました。かなり見栄えが良くなり、次回は、お客さんが座る方も綺麗にしたいと思っています。1日かかるので、サンデーゴルフが消えるわけですね。まさに突貫工事で土曜日の夜に仕込んで、日曜日に一気にやらないと月曜日のランチに間に合わないわけです。常に綺麗な店を維持することは大事なことで、それはお客さんの見えない所も同じです。従業員が気持ち良く働ける職場は大事ですからね。

 土曜日の朝だというのにゆっくりする間もなく、店に出かけ仕上げをしてきました。その後はもろもろの買い物を済ませて家に帰り、これを書いているわけですが、2時半には面接でまた店に向かいます。好調を維持するのも大変なんですよね、「いつ落ちる」の重圧と戦っているわけです。些細なマイナスポイントも見逃さない。それが重なると大きなマイナスになりますからね。徹底してマイナスを消す作業に追われるわけです。今まで以上に細かくなりましたかね。重箱の隅を突くぐらいの細かさをもって仕事をしないと崩壊します。この緊張感が解れるのは、売り上げを達成したときですね。やるべきことをやって数字を作るのが快感でしょうか。

 何もしないで売り上げが上がるのが一番怖い。それは他力本願ですからね。自力でやれば、仮に売り上げが下がっても原因が分かるだろうし、対策も打てるわけです。「景気が悪いから仕方ない」というのは他人のせいにしているわけで、「景気悪ければ、人のパイを食べる」ぐらいの意気込みを持ち、人は潰れても自分は生き残るぐらいのズルさも必要ですよね。ボランティアで商売しているわけではありませんからね。あくまでも営利目的です、なあなあはダメ、常に厳しく当たり、目標を達成するのみです。

 I-285の北側の東行きがかなり混んでいます。工事渋滞で2-3車線が閉まっているせいですね。I-75からRoswellRd.までの間が特にひどいようです。

 ライアンが副大統領候補に選ばれました。ウィスコンシン出身の42歳の若手ですが、CNBCにはよく出ているので、顔は知っています。予算委員会のメンバーでもありますからね。なかなかの人選だと思いますよ。若い人を起用するのは良いことで、オバマのバイデンは少し老け顔で、どう見ても精彩がありません。まあ、今のことろはオバマ有利ですが、これから逆転勝利に向け頑張ってもらいたいですね。
 どうも私は共和党寄り? 弱者を救済する民主党のやり方は好きではないですね。弱者が救済を狙って仕事しない、政府の金を充てにしていますからね。それじゃ、資本主義ではないでしょう? 努力するものが報われるのは当然、そして何もしない者が救われるのはおかしい。
まあ、そんな週末です!

Friday, August 10, 2012

8月19日 パッションカップ迫る!

ということで「またですか?」なんですね。毎月恒例のジョージアローカルツアーが開催されます。今回は、若馬ウエストアイランドの結婚を祝い、豪華にゴールドのシャンペンを私、主催者としては準備しておるのでございます。それもマグナムボトル(1.5L)ですからね。
日本でも売られていますが、だいたい珍しいので即売り切れになっています。そんな貴重品を2本も振る舞いますぞ。
すみません、関係者以外の方はご遠慮くださいませ。


さて、今回のコースの解説を例によって、主催者が製作しましたので、参考にしてください。アルファレッタのトロフィークラブです。

Trophy Club of Atlanta Course Guide 男性6328ヤード、女性5012ヤードになっています。これは前回同様、混合ティを採用し、8月大会に相応しいように難しくまた攻め辛くしてあります。まさにPASSIONを持った名馬だけが輝く王冠(そんなものあったか?)を手にすることができるのです。
August 19 Men Tee 6328Yd August 19 Ladies Tee 5012Yd
1
G406
10
B503

1
W289
10
GR403
2
G527
11
B164

2
W455
11
GR120
3
G166
12
G339

3
W125
12
W320
4
G369
13
B429

4
W259
13
GR280
5
G321
14
B141

5
W236
14
W108
6
B141
15
G378

6
W117
15
W302
7
B340
16
G374

7
W319
16
W296
8
B416
17
B395

8
GR313
17
GR277
9
B505
18
B465

9
GR372
18
W421
total
3191
total
3188

total
2485
total
2527

1番 G406、W289 真っ直ぐですが、2番ホールに打ち込む人、右に逸れる人がいます。グリーンは2段になっています、奥と左奥に打ちすぎると下まで転がります。

2番 G527 W455 距離がありますが、打ち下ろしです。やや狭く感じるかも知れませんが、途中から広がっています。まずは右の林に要注意でしょうか。第2打で残りを120ヤードぐらい残せば跡は簡単ですが、グリーンが見えません。細長い奥行きのあるグリーンはやや上げています。右奥は避けるべきでしょう。外すなら左ですね。

3番 G166 W125 最初のパー3はやや打ち下ろしです。手前のバンカーは広いので誘ってきます。誘惑に乗らないように。またグリーンの奥行きが意外と短いのでトップしてオーバーすると惨め、池まで行くこともあります。

4番 G369 W259 距離だけ見ると短いのですが、上りでかつ細いですね、ここがポイントです。真っ直ぐ打たないと大変なことになります。グリーンは右奥にかけて上っています。ということはピン位置に寄りますが、上に付けると、パターが下りで大変ということです。

5番 G321 W236 やや右ドッグになっています。左は奥行きがあるのである程度OK,右の林に入れる人の方が多いですね。2打目ではグリーンの左は下り坂です。注意が必要。

6番 B141 W117 2回目のパー3も打ち下ろしです。この高低差を10ヤード程度見てください。比較的オン率は高いと思いますが、オーバーしないこと、するとやや惨めになります。

7番 B340 W319 やや視界の狭いティーです。右の林も左の林も入れないように、真っ直ぐ確実に打ってください。第2打はやや上げていると想定してください。オーバーする分には構いませんが、寄せが下りで大変でしょうね。

8番 B416 GR313 眺めが実に良い。この高さで張り切ってしまう。そして右の林に入れる人が結構いる。また飛ばし屋さんは左の池も要注意。問題はグリーンがアイランドになっていて、短いと池の端に落ちるわけですね。このあたりの作戦をよく考えることです。オーバーする分には問題ありません。

9番 B505 GR372 池超えですが、問題なく超える池です。問題は第2打目がブラインドになっているので、方向を見失わないこと。そして3打目はアイランドになっており、短いと谷底の餌食になり、長いとオーバーします。意外にも奥行きがないグリーンです。

10番 B503 GR403 狭く感じますが、広がっています。右に逸れても18番に入るだけで問題なし。2番目が少し短い刻みになるか、思い切って狙うかはあなたの判断です。ただし、小川が流れていますからね。ここを考えてください。

11番 B164 GR120 またもや打ち下ろしです。これしかないんかいな?と嘆くなかれ。チョロしない限りはミスってもボールはあります。ただ短いと下まで落ちる可能性あり。

12番 G339 W320 真っ直ぐだが細いのが要注意の印。奥行きのある長い細いグリーンです。まあ、安全パイのホールですかね。

13番 B429 GR280 やや距離のあるパー4です。右の丘はOK.左に入ってもある確率は高い。ただし、第2打は狙えない。グリーン手前が少し細くなっており、右の林に注意が必要。

14番 B141 W108 あえてチャンスホールと呼ぼう。手前のクリークを気にしなければ楽勝? あとはピン位置だけ考慮すること。

15番 G378 W302 ドライバーは禁物。第2打を考えてどこに落とすか。第2打はやや左に曲がって下がっている。その周りには川が流れている。

16番 G374 W296 サービスホールです。あまり書くことはないが、それでも両サイドは注意、ただし右は比較的OK。グリーンも長いのでオーバーOK。まさにサービスホール。

17番 B395 GR277 これまた見えないところに打つ感じ。2打目が打ち下ろしになるが、オーバーしないように計算しないといけない。

18番 B465 W421 最後は少し短くしてどんでん返しを狙っています。グリーン周りの右がやばいので、セカンドオンは難しいかも。 長いグリーンは最後が下がっているので要注意。右のバンカーはやや深い。

打ち上げはプールつきの豪邸を貸しきっております。主も大変張り切っております。21日からハワイに旅立つため、その送迎会も兼ねて盛大にやりたいと思うのでございます。


今日のニュースから 8月10日(花金)

やはり「誤審」があったんですね。昨日のなでしこの試合。ハンドを目の前で見逃したのは大きい。それでも日本の監督は「主審の判定を尊重する」と淡々と語っていました。主審の出身地ドイツでもまた米国でも誤審が有利に働いたことを認めています。
 なぜ、ビデオ判定やらんのですか? アメフトはそういう面では大変フェアです。おかしいと思ったことにチャレンジできますからね。五輪はあくまでも「人間の目」を重視する。人間は間違い犯しますけどね。

 あと2日で五輪は終了ですが、思った以上に日本が活躍しているように思いませんか? そしてやはり先進国に有利な競技が多い。自転車など見たこともない競技がどんどん増えています。もう少し、古代の五輪のような形に戻るべきでは?とも思います。単純に「走る、飛ぶ、投げる」という人間本来の力と技を競う大会であって欲しいように思うわけです。
 どうも「メダル欲しさの競技種目膨張」のように感じるんですがね、これは私だけでしょうか?

 韓国の李明博大統領が10日に竹島を訪問しましたが、日韓が領有権を主張する敏感な土地であるため、両国関係に与える影響を考慮して歴代大統領も上陸は控えてきました。韓国メディアは「『独島はわが領土』であることを内外に明らかにするための布石」などと大きく報じている。
 控えめで気遣いのある日本の首相は「相手に配慮」したかどうかは不明ですが、上陸していませんね。ここで負けている。このつつましさが良いのか、韓国の実力行使的なあつかましさが良いのかは分かりませんが、私なら行きますね。先に行ったものの勝ち?って感じがしないでもない。

 野田首相は10日夜、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法が成立したことを受け、首相官邸で記者会見しましたが、「消費税を引き上げること、国民の皆様に負担をお願いすることは2009年の総選挙で民主党は勝利したが、マニフェストには記載していなかった。この機会に深くおわびしたい」と述べています。これが日本の政治家の姿勢ですね。
 このままでは財政破綻し、国が行き詰るからこの法案を通したわけです。それを「おわび」することがおかしい。この弱気な態度がリーダーシップの欠如と言われるんじゃないですかね。仮にオバマがこんなことをして「おわび」するでしょうか? 「未来の日本を良くするためにやりまして、どうぞ皆さんご安心を」ぐらいのことしか言わんでしょう?

 住宅メーカーの大和ハウスがゼネコンのフジタを500億円で買収することが決まりました。分野が違うのに買収? これで東南アジアを攻めると語っています。まあ、フジタは準ゼネコンみたいですけどね、大手は鹿島を筆頭に清水、大成、大林、竹中ですが、この5社は売り上げが1兆円以上あり、「スーパーゼネコン」と呼ぶそうです。なんと大袈裟な!!そしてこの中では竹中が唯一、非上場だそうです。

 インドネシアのニュースです。興味ないでしょう?流してくださいませ。
インドネシア統計局が発表した2012年第2・四半期の国内総生産伸び率は前年同期比6.4%と、第1・四半期の6.3%から加速しました。エコノミストの事前予想では、輸出の落ち込みを背景に6.1%に減速すると見込まれていたが、堅調な国内消費と投資が寄与しました。
前期比の伸び率は2.8%で、予想の2.5%を上回っています。
 今回のGDP統計は、中央銀行が当面は利下げ圧力に直面しないことを示しています。インドネシア中銀は、昨年10月から今年2月にかけて政策金利のBIレートを計100ベーシスポイント(BP)引き下げた後、ここまで5カ月連続で同金利を過去最低水準の5.75%に据え置いています。
 また第2・四半期の国際収支が28億1000万ドルの赤字になったと発表しました。前四半期の10億3000万ドルの赤字から赤字幅が拡大しています。
 第2・四半期の経常収支は、輸出が大幅に減速したことを受け、69億4000万ドルの赤字となり、 インドネシアは4月から6月まで3カ月連続で貿易赤字となっています。
 ちなみに第1・四半期は、経常収支が28億9000万ドルの赤字、金融・資本収支が21億8000万ドルの黒字でした。
 国際収支の赤字とは、単純に物を海外から多く買い、逆に海外に売るものが減ったということですが、天然資源の輸出が中国と欧州の景気減速および停滞から減ったことが起因しています。ただし、国内需要は旺盛なため、GDPは伸びているという分析です。こうしてニュースを読むと楽しいでしょう? そのうち、インドネシアは化けますからね!!

 週末のマーケットです。株価は総じて下げています。欧州の流れを受けてのことでしょう。ユーロが1.225に下落していますからね。円もやや高く78円21銭です。ゴールドも下げていますが、底堅い1619ドルです。レンジが1570ドルの底値から1600ドルの底値に上がったように思いますね。
 原油は92.22ドルです。過去1年以上にわたって資金流出が続いていた農産物関連のコモディティファンドに、投資資金が戻っていることが明らかになっています。米国が半世紀ぶりとなる深刻な干ばつに見舞われ、農産物価格が急騰していることが背景にありますが、データによると、農産物の先物や指数に連動する上場投資信託や他の金融商品には7月だけで1億1000万ドル近い資金が流入し、流入額は2011年3月以来の高水準に達しています。
 これらの商品からは5月まで14カ月連続で資金が流出していましたが、6月に流入超に転じ、8月も資金流入が続いています。
 農産物価格は、シカゴ市場のトウモロコシ先物CZ2が第3・四半期になってこれまでに30%近く上昇したほか、大豆先物SX2も15%近く上昇しました。お金は常に、儲かりそうなところに流れていくわけですね。勘を働かせて儲けないといけません。
 皆さん、良い週末を!!
 

Wednesday, August 8, 2012

今日のニュースから 8月8日(水)

いやあ、もう平日の売り上げ新記録でしょうね。イベントも何もないのに大入り満員で行列!! もう、体力との勝負です。
 この売り上げを維持するために、ここ1週間で策を講じているわけです。まずは10年間使ってきたチェスとフリーザーを交換しました。今回のは2倍大きいですからね、沢山入ります。これまでは入りきらないものは、すべて自宅に持ち帰り、そこのフリーザーに入れていたわけです。店の倉庫スペースが小さい分、我が家のガレージに冷蔵庫が1台、冷凍庫が2台設置されています。これで巧くやってきたわけです。今後少しは楽になりますね。

 そしてスシバーの椅子を交換中です。先週に試し買いしてOKだったので、残りを注文、それが昨日届いて組み立てています。
 幸いにも昨夜は某日系企業がミーティング前夜ということで飲み会だったので、延長戦になり、ここを利用して椅子を組み立てていました。あと2脚作ればお終いです。
 あとはスシバーの作る側のカウンターの張替えをやりたいと竹を昨日買ってきたんですが、たぶん土曜日の朝になるでしょう。今週中に済ませたいところです。


忙しくなっても、いつもと同じ料理が出せるようになることが大事。当たり前のことですがね、混んでくると手抜きが出る。それがいつかバレて店は衰退するわけです。手作りをどこまで押し通せるかですね。実は昨日からランチに弁当BOXを採用しました。これまでは花形の器に盛り付けていましたが、この皿が8枚しかないため、対応ができなくなっていました。弁当BOXなら重ねることもできますからね。
 NYCでは大戸屋が進出して話題になっているようですが、私の弁当はまさに健康志向です。元々は単身赴任の駐在者が多いことで、栄養バランスを考えたランチをという発想でしたが、これを何とか米人にも食べさせたいわけです。これが成功すれば、かなりの地位を維持できますからね。古来からの和食は健康に良い、それをどうやって現代の米人に食べさせるかですね。医食同源がベースにあります。これをもってすれば米人に訴求力があるのでは?
 

 メキシコ戦1-3で負け。まあ、当たり前ですけどね。メディアは「なぜ負けたんだ」ぐらいに書いていますが、元々の実力が違いますよ。ワールドカップ常連のメヒコはやはり強い。前回、たまたまスペイン?にまぐれで勝ったのを勘違いして「いけるんじゃないか」と思ったら大きな間違いです。私、非国民でしょう?ただ正直な意見ですからね。女子はいけると思いますよ。

 PGAチャンピオンシップ開幕! タイガーはどこに泊まっているか知っていますか? 彼は自分のボートに泊まっています。SC州に別荘を持つお客さんが写真を見せてくれました。かなり大きな船です。50人ぐらいは乗れそうですね。そして名前がPrivacyです。さすがですね、プライバシーの尊重ですかい? この下半身暴れん坊将軍がですよ!!!
 さて、今回の優勝は誰?予測不能です。40マイルの風が海から吹いてきます。ブリティッシュオープンよりもひどいんではないかと予測されています。運が良い人が勝つ、それしか言えないですね。


Tuesday, August 7, 2012

このマグロに言葉は要らない!

腹の方ですからね、OK.サシも入っていませんでした、合格!


側面から見るとさらぶトロの厚みが分かりますね。


そして皮の反対側をスプーンで削るとこんなにトロがあります。

今日のニュースはなし、孫さんのビデオ鑑賞です。

今日は忙しく、更新する時間がありませんが、孫さんのこのビデオ見て、志を高くもってください。 久しぶりに転寝が朝まで続き、起きたら朝の6時半でした。

http://www.youtube.com/watch?v=OT_Fjo00Jew&feature=g-vrec
http://www.youtube.com/watch?v=8Fth71wg7Ik&feature=related

Monday, August 6, 2012

今日のニュースから 8月6日(月)

8月6日、原爆の日です。広島県人の私にとっては忘れることのない日ですね。止むことのない争い、実に醜いと思いますが、停められないのは事実。
シリアの内戦、何ですか? もう無茶苦茶に近いですね。といって米国国内はといえば、ウィスコンシンの寺院で銃乱射。コロラドからわずか数週間しか経過していません。
今回の銃乱射は、FBIとしては「国内テロ」として捜査しているそうですが、世紀末を感じますよね。このまま、12月に世界が滅んだ方が、人類にとっては逆に良いことなのかも?と考えてもおかしくないような!!! 皆滅べば、争い起きないですからね。

貧富の差と犯罪率は比例するそうです。当然のことながらアメリカには世界中の金持ちが集まり、ダントツで世界一となっています。2位以下は大きく離されて中国、スウェーデン、ドイツ、日本の順番ですが、その一方で貧困及びそれに近い人およそ1億人(ということは国民の30%近くですかね)いて、それを加えて均した世界の平均財産ランキングは17位に後退するわけです。富裕層も多いが、貧困層も多いという複雑な国で、所得格差は殺人事件数に影響するんだそうです。
 これはハーバードの調査ですが、世界銀行による調査でも、所得格差と殺人は密接な関係にあると出ています。ということは今後もアメリカで拡大する格差社会によって、治安が危なくなります。
 ちなみに貧困者の定義は、独身で年収1万1千ドル、4人家族の年収2万2千ドルの収入で生活する人たちになります。月収で1千ドルに満たない人ですね。

 そのうち、アジア人に対する妬みが増えて、それが元で犯罪に結びついてもおかしくないですね。特に韓国人はよく働き、お金持ちになっていく傾向があるようで、彼らをターゲットにする犯罪も数字には出てこないものの、増えていると思いますよ。顔の近い日本人はここで要注意が必要です。韓国人と思われて襲われたんじゃ、しゃれになりません。


 
そして面白いことに、貧困が増えると出生率が下がるそうです。リーマンショックのあった2008年からアメリカ人は子どもを産まなくなっています。今年のアメリカの出生率は1.87と見込まれ、2007年のピークであった2.12から12%も減少するそうです。 これが2013年には1.86まで減少すると推測され、これは1987年以来の低水準です。
 ただ、白人やアジア人の出生率は増加していて、黒人やヒスパニックが下がっているんですね。出生率の低下原因は経済的理由で、不況によって貧しい人は子どもを産
めない状況にあるということです。日本の出生率 知っていますか? 1.36ですね。人口減って当たり前です。

 女子マラソンで日本が惨敗、その原因は何だったのか?と解説した記事がありましたが、「駆け引き」に負けたと書かれていました。かつては有森が、そして高橋、野口とアテネまではメダルが常識だった日本。それが前回の北京に次いで今回もメダルなし。
 揺さぶりでついていけない、そしてスピード化に負けたという分析ですね。さらにはトラックの選手(ダンプじゃないですよ、トラック競技のことです)がマラソンに転向してきていて、マラソン専門の日本の選手はそこで差が出ているということですね。例えば3千メートルを走っていた選手が高齢化でマラソンい転向する、ダッシュが利く選手が入ってくるわけですね。それがレース中に駆け引きをしかけてくると、負けるということです。

 「失敗の本質」という本があり、日本の戦争における失敗を分析しているのですが、なかなかこれを現代のビジネス戦争に置き換えると、これまた面白い!
 これを掻い摘んでみましょう。
◎危機的状況に陥ったときに合理的な判断を奪う、極めて日本人的な特性がある。
◎日本人は一つの目標が設定されたときには一致団結して立ち向かう強さを発揮する、逆にそ
 の強さゆえ、設定した目標自体を揺るがすような意見は徹底的に排除する特性を持っている。
「そうせざるを得なかった」という極めて日本人的な組織の発想で行動を左右されている。

正しい方向転換を妨げる空気を生み出す「4つの要素」というのがあります。
(1)既にある多くの犠牲を取り戻したい心理(埋没費用) 
サンク・コスト(埋没費用)は経済用語の1つでもあるのですが、簡単にいえば既に投下したが、回収不能だとわかったコストを意味します。既に多くの犠牲を払ってしまったプロジェクトに対して、完成しても採算が取れないと(途中で)わかった場合でも、多くの人は投入した損失そのものを取り返すために、さらに損害を重ねることがあります。日本軍の参謀たちは、ずさんな作戦計画で多数の兵士が犠牲となった戦場に、あくまで固執して部隊を投入しています。味方兵士の多大な犠牲を払ったことで、逆に勝つまで撤退できないと強く思い込む心理は、まさにサンク・コストの罠にはまっています。

(2)未解決の問題への心理的重圧から逃げる
 問題に対して解決策を見つけられない状態は、大変ストレスが溜まります。特定の集団が、ある問題に対して苦労して解決策を導いた場合、その解決策が実施の際に適切に機能しなくても、未解決の状態に戻りたくないという心理が働くことがあります。当初組み上げられた「作戦計画」が上手くいかないことを認めると、未解決の状態へ逆戻りすることになります。この心理的重圧から逃げたいという欲求で、上手くいかない現実を認められない状態になるのです。

(3)愚かな判断を生む人事評価制度
 日本軍は「やる気を見せること・積極性」が組織内の人物評価として重視され、戦果や失敗責任については考慮される比率が低い集団でした。この歪んだ人事評価制度はのちに、無謀な作戦を実行し責任を取らない人物を日本軍の内部に増加させてしまい、敗北を決定的にします。 組織内政治、ゴマすりばかりが上手な人物が出世することになれば、実務能力があり判断の優れた人物が無能な人間の指揮下に入ることになり、前線の混乱と敗北は避けられないでしょう。 組織は内部で出世させる人物の「基準」によって、極端に無能になることもあれば、極めて優れた成果を生み出す集団にもなるのです。

(4)グループ・シンク(集団浅慮)の罠

 特定の集団内における関係性、立場などを客観的な事実より優先して物事を判断すれば、現実世界における目標達成力を失う原因になります。歴史の長い老舗企業、巨大組織などで過去の関係性、肩書き、人間関係などが判断において大きな比重を占めるなら、その集団は外部における現実への対応能力を大きく損なうことになるでしょう。

 こんなの調べて書いたら、終わりません。今日はここで終了。武力戦争で負けても経済戦争で勝てば良い! それが私の理屈、今の世の中、金持った者の勝ち! 特にアメリカはそうでしょう? 綺麗ごと言っても何も始まりません。
 まあ、過去から学ぶのは実に楽しいじゃないですか。現在は過去の上にあり、未来は現在の上にあるわけですからね、単純明快です。


Iママへの短い手紙 Iママ、久しぶりです。英語ではロングタイムノーシーといいますけどね。私の父親への気遣いの感謝します。まあ火曜日に兄が近所の介護施設への面談に付き添うようです、ここで合格すると入れるということですね。実に下らないんですが、入れる資格があるかどうかが問題らしいですね。そういうIママ、早く米国に来ないと飲ませるワインがどんどん貯まっていきますよ。そこんところをお願いしますね。なかなかの一品をセラーで寝かせてあります。 R君の叔父より

今日の出来事から 7月28日(金)

Julio Veinte Ocho ( Viernes)  あと3日営業日で、7月も終わり。厳しい7月です。昨日はたまたまフィーバーして777となりましたが、それでも子供が多く単価が低い。  株価はナスダックが6800ポイントと高い=景気も良い? そんなのは妄想ですよ。街角景...