Friday, September 30, 2011

今日のニュースから 9月30日(月末金)

 いよいよ今日で第3四半期が終わりです。9月もおかげさまで、前年比14%UPで終われそうな気配で9月の月間最高売り上げを5%上回りそうです。まあ、資金的に余裕があるのが一番嬉しいことです。
 10月はどうでしょう? ランチが最近は暇で、たまにラッキーの神様に救われますが、全体の10%程度でしかない、これを20%にまで上げたいのですがね、ここに関しては私は今のところ、敗北であります。

1、ちょっとしたニュースに敏感な株価は、今日は下げています。実は昨日も出だし好調でしたが、半ばで挫折、後半に盛り返したものです。今日の悪材料は2つありまして、8月の個人消費が7月の0.7%から0.2%に鈍化したというもの、それに加えまた収入も09年の10月以来の低い水準で0.1%減でした。予想は0.1%増だったので期待外れということですね。

2、今、この国の社会面をにぎわしているのはおそらく3つあります。1つはマイケルジャクソンの主治医の殺人疑惑、これはすでに公判が始まっており、毎日出てきます。1つ目はイタリアで少し前に起きた米人女性による殺人事件の裁判の行方、現地にレポーターを派遣して毎日報道しています。3つ目はサンディエゴのマンションで起こったアジア系女性のなぞの自殺、これについては妹が「殺人だ」と騒ぎ始めています。すでにケースはクローズしていますが、新たな物的証拠が出るようであれば、また捜査が始まるでしょう。

3、ミシュランが北海道版を来年4月に出すそうです。関東、関西に続き北海道? 今一ピンと来ないのですがね、そんなに名店が北海道にあるとは思えません。第3の都市、名古屋地区を無視したということでしょうか? 東海にもそれなりの名店がありますけどね。

4、富士重工業が5月に申請していた中国企業との合弁会社の設立を、中国政府が認可しない意向を同社に伝えていたことが分かりました。景気減速で自動車の過剰生産が懸念され、ハイブリッド車や電気自動車など最先端技術の導入を急ぎたい中国側の意向を反映した動きとの見方もあります。確か2年前が40%程度、昨年が30%程度、今年の自動車販売は数%増まで鈍化するのではないかという予測が出ています。急ブレーキがかかっていますから当然かも知れませんね。

5、ZIPコード30345は肥満地帯? こんな結果が出ています。これはDekalb Co. にありBuford Hwy.の近くですが、ヒスパニックが多いことから、住民の65%が肥満だそうです。


 気候が大きく変わりつつあります。41度は寒いわけではありませんが、これまでの最低気温690度からすると20度も低くなり体感温度はかなり「寒い」と感じることでしょう。
 ここで風邪など引かないようにしないといけません。皆さん、気をつけましょう。

投資指標~ひょっとしたら化けるかもの金融株

 たまたま、運用しているVanguradの中で、一山当てるわけではありませんが、ここ最近かなり売ってきたもので、5種類あった投資信託を一時は1つに絞り、債券系の投資信託を買い、次は何かを探っていたところ、今年かなり下げているものを発見、それが金融株を中心に運用している投資信託でした。
 私の調査では2つあり、その中の1つがVanguard Capital Vallue Fundです。これが今年だけで見ると、19.24%も下げています。過去1年では、14.35%のプラスですけどね。
 このファンドの中身を見ると、リスク度は4(5が最高でハイリスクハイリターン)になっています。
 直近の高値が17075ドルで、安値は13675ドル、リーマンのときの最安値は5876ドルです。ポートフォリオは、金融株が27.3%でWells Gargo, Bank of America, JP Morganが上位3社、次いで多いのがエネルギー関連、ITです。
 不振のバンカメ、今日の終値は6.35ドルで、1ヶ月前が約8ドル、1年前が約13ドルですから、底値を低迷しています。
 JPMorganは、今日の終値が31.39ドルで、1ヶ月前が約37ドル、1年前が約40ドルですから、これも底値をうろうろしています。

 問題は、10月末に起こるであろうギリシアの債務不履行ですが、このインパクトが米国の銀行にどの程度あるかですが、ギリシアの債券を米国の銀行が多く抱えていることは考えられず、あまり心配する必要はないという予測ですね。
 また、米国の大手銀行の場合、すでに淘汰及び整理がリーマンの後であり、これ以上の吸収や合併はないであろうという予測もあります。
 そして、仮に何かあったとしても「大きすぎて潰せない」のが現状ですから、そこまでの心配はしなくて良いでしょう。

 まあ、これはあくまでも私の私見ですから、投資は慎重に! ちなみに私はすでにゴールド系のファンドであるPricious Metals and Mining Fundをすでに売却しています。これはかなりの成果を上げました。
 今後は、3本柱でしばらくの様子見をしながら買い足す準備をしながら、10月末に起こるであろうXデーに備えます。ちなみに私は面倒なので、個別株は追いません。


 

これ美味しいの?:シリーズ Naked

 これは確かに美味い! 以前に紹介した同様のドリンクというかスムージーというかOdwallaの大きな競合相手になることでしょう。
 実際に何種類あるかは知りませんが、Costcoでは、ベリー、グリーン、マンゴの3種類が4本ずつ入ってパック販売されています。
 メンバーの方はご存知でしょうが、10月9日まではクーポンで4ドル引きです。

 野菜を食べない私には、こうした栄養的なドリンクはOKなのであります。

Thursday, September 29, 2011

生そばの扱いがスタート!

 以前に試食した生そばが、本格的にスタートしました。
 暖かいそばではあまり、差を感じませんが、ざるにするとやはり大きな違いが出ます。
 麺はラーメンの麺を作っている山ちゃんからの提供です。
 ただ、米人の大半は暖かいそばしか知らないのでね、ざるの美味しさを分かって欲しいのですが、無理でしょうね。

これ美味しいの? ジンセンドリンク

 もう、美味しいとか不味いの問題ではありません。単なる精神的な気休めです。
 高麗ニンジンドリンク飲めば、「さあ、やらねば」状態になります。
 そしてなんとなく効果があるような気もしますから、これで精神面の下支えをするわけですね。
 まさに韓国の「ファイト、一発!」ですかね。
 今週は、毎日1本飲み続けます。

今日のニュースから 9月29日(木)

 あと1日で9月も終わり。売り上げは何とか予算を上回る方向で進んでいますが、今週はスローな週です。それでも客単価で稼いで来店客数の少なさをカバーしています。親子2人で290ドルも使ってくれたお客さんがいました。
 決して満足ではありませんが、大トロが売れると売り上げは楽に稼げますね。2巻で14ドル、10巻売れば140ドル。このオーストラリアの畜養殖の本マグロの大トロ。決して自分で満足して売っているわけではありませんが、メバチのトロがないときの代用としては、扱わざるをえない商品です。それでもお客さんは「美味い」と言っているわけで、まあこうして売り上げ確保するのも1つの手段ではないかと思いますね。

1、良いニュースです。週間新規失業保険申請件数が40万件を下回りました。前週よりも3万7千件も減って39万1千件と、この数字は今年4月以来の低い数字となっています。これが1つ目の良いニュースです。

2、2つ目の良いニュースは、GDPですが、第2四半期のGDP確定値が予測の1.0%ではなく1.3%であったということです。この2つのニュースがダウを200ポイントも押し上げています。

3、市況を見てみましょう。原油82.2ドル、ゴールドは依然として軟調で1616ドル、ユーロが1.36ドルで少し戻し、円も76円92銭と戻しています。ダウは212ドルUPで11000ドルを回復、S&Pも20ポイントUPで11873ポイント、ナスダックが2535で動いています。

4、CDCは26日までにメロンが原因の集団食中毒で13人の死亡が確認されたと明らかにしました。CDCの統計によれば、食品経由での病気による死者数13人は、1998年に21人が死亡したホットドッグが原因の集団食中毒以降で最多です。カンタルーペと呼ばれるマスクメロンのような品種が対象です。原因はリステリア菌と呼ばれるものです。

5、トヨタは、家庭用電源から充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の市販開始時期を来年1月とすることを明らかにしました。これに合わせて全国の販売店やレンタカー店5000店舗以上に充電機器を配備します。現在、PHVをすでに官公庁や法人へリース販売していています。価格は300万円前後になる見込みで、欧米などにも投入し、年間計5万台以上の販売を目指すそうです。トヨタは電気自動車も来年中に発売する予定だそうです。

6、プリンターやミシンなどを製造するシルバー精工が東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表しました。負債総額は12億7226万円。ミシン需要の低迷やプリンター機器の販売競争の激化などから業績が低迷していました。ここで思うこと、ブラザーは勝ち組、シルバーは負け組み。衰退事業から成長事業にうまくバトンタッチできなかったことが負けの原因ではないですかね。

7、週末のメトロアトランタの天気予報ですが、暑いのは今日だけで83度、明日以降は76-69-69-76度となっています。特に日曜日の朝は46度まで気温が下がりますからゴルフをする私などは注意が必要です。そろそろ半ズボンにお別れですかね。

8、やはりギリシアは潰すしかない、というロイターの記事です。ギリシャ政府はあり得ない状況から脱する必要がある。ギリシャは政府債務が管理不能な水準(GDPの150%で、今年も10%ポイント上昇する見込み)に達しているほか、経済は崩壊(今年のGDPは7%以上減少し、失業率は16%に上昇する見込み)し、国際収支は慢性的な赤字(現在はGDPの8%)が続き、支払い能力を失った銀行からは急速に預金が流出している。
 ギリシャにとって、ソブリン債務のデフォルト(不履行)以外に道は残されていない。実際にデフォルトになれば、債務の元本は少なくとも50%削減されることになる。現時点では民間セクターが保有する債権の20%カットが計画されているが、それはデフォルトに向けた小さな第1歩にすぎない。
 ギリシャがデフォルトの後にユーロ圏を離脱すれば、新しい通貨を切り下げることが可能になり、需要を喚起し、いずれ貿易収支を黒字に転換させることもできる。そういった「デフォルト&デバリュー」戦略は、維持できないほど多額の政府債務や慢性的な経常赤字を抱えた国にとって標準的な手段だ。ギリシャがこれまでそうしなかったのは、ユーロ圏に加盟していたからにほかならない。
 市場は、デフォルトすることを完全に認識している。ギリシャの3年債利回りが最近100%を上回る水準まで急上昇したのはそれが理由。10年債利回りは約22%で、額面100ユーロの10年債は現在、14ユーロ以下の価値しかない。

 それなのに、ギリシャのデフォルトを防ぐ、先延ばししようとしている理由は2つある。
 第1は、ドイツやフランスの銀行や金融機関が直接的、あるいはギリシャや他のユーロ圏諸国の銀行に対する信用供与を通じ、ギリシャ国債に多額のエクスポージャーを抱えているため。デフォルトを先延ばしすれば、金融機関は、資本増強や満期を迎えた信用の引き揚げ、欧州中央銀行への保有債券売却などを通じ、エクスポージャーを縮小する時間を稼ぐことができる。
 第2は、ギリシャのデフォルトが他国のデフォルトを招き、特にスペインやイタリアなどの銀行システムを揺るがすリスクがあるため。S&Pが最近イタリアの信用格付けを引き下げたことで、そのリスクが一段と高まった。

 スペインかイタリアのどちらかでもデフォルトを起こせば、ドイツやフランスの金融機関に深刻な打撃を与える恐れがある。ドイツ議会を通過した欧州金融安定ファシリティー(EFSF)はギリシャの資金ニーズを賄うだけなら十分な規模があるが、スペインやイタリアが金融市場で資金を調達できなくなった場合に対応できるほどの能力はない。そのため、欧州の政治家は、ギリシャですらデフォルトを回避できることを示すことにより、市場からイタリアやスペインが妥当な金利水準で借り入れを継続し、国内銀行に資金供給できるという信頼感を得たいと考えている。
 今後数週間のうちにギリシャがデフォルトに追い込まれれば、金融市場はスペインやイタリアも同様にデフォルトの可能性があると考える。そうすれば両国の金利が急上昇して国家債務が膨張し、債務返済が事実上不可能になりかねない。欧州の政治家はギリシャのデフォルトを2年間先延ばしすることにより、スペインとイタリアに財政を健全化する時間を与えたいと考えている。

 2年あれば、スペインの銀行が不動産価格の下落に対処できるか、あるいは住宅ローンのデフォルト増加で銀行破たんが広がり、スペイン政府が大規模な預金保証を行わざるを得なくなるかを見極めることが可能になる。さらに、最終的に中央政府が保証せざるを得ないスペイン地方政府の債務状況も明らかになる。
 イタリアについても2年あれば、財政収支の均衡を達成できるかどうかを市場に示すことができる。ベルルスコーニ政権は最近、税収を拡大し、2013年までに均衡財政を目指す財政法案を成立させた。財政引き締めはただでさえほとんど成長していないイタリアのGDPを押し下げ、税収を減少させるため、均衡財政の実現は困難。そのため、2年間のうちに、循環的な調整ベースで財政均衡が達成できたかどうかに関する議論が行われるだろう。また、2年たてば、イタリアの銀行が多くの人々が懸念しているほど困難な状況ではないかどうかも判明しそうだ。
 2年後にスペインとイタリアが十分に健全であることが確認されれば、欧州の首脳は他国への波及を懸念せずにギリシャのデフォルトを容認できるようになる。ギリシャに続いて、ポルトガルもデフォルトに追い込まれ、ユーロ圏を離脱するかもしれない。
 しかし、大規模な国々は妥当な金利水準で自ら資金調達することが可能で、ユーロ圏は存続できるだろう。だが、スペインとイタリアが2年間に財政の健全性について市場の信頼を得ることができなければ、金利が急上昇し、政府や銀行が支払い不能に陥ることは間違いない。そうなれば両国もデフォルトを余儀なくされ、少なくとも一時的には借り入れができなくなり、ユーロ圏からの離脱に向けた強い誘惑に駆られることになろう。

 だが、それ以上に差し迫った危険もある。たとえスペインやイタリアのファンダメンタルズが健全だったとしても、2年間待ってもらえない可能性がある。ギリシャの金利水準は、ギリシャのデフォルトが近いと市場が考えていることを示している。ギリシャのデフォルト前からスペインやイタリアの債券利回りが急上昇し、財政が維持不可能な道のりをたどる可能性がある。欧州の政治家は、市場を欺くことがいかに危険な戦略であることを思い知らされるかもしれない。

 ということは「Xデー」が10月中にやってくる可能性が高いわけですよね。この記事はマーチン・フェルドシュタインというハーバード大学経済学教授で、レーガン政権下で経済諮問委員会委員長を務めた全米経済研究所の元所長が投稿したものですがね。実際問題として考えると脅威には備えないといけないですね。

 津波の想定と同じじゃないですか? 5mを想定して防波堤を作ったが、実際には14mだったということにならないように備えないといけませんね。やはり10月の初旬に投資信託を解約して現金化して株の暴落に備えるのが賢いのか、また持続か。これがまさにマネーゲームでありますね。
 今の予測でいけば、欧州が混乱してもドルが上がればゴールドは下がります。ただ欧州から米国に火の粉が飛んでくると、ゴールドが急騰することも考えられます。
 ある人が「ギリシアの規模は米国でいえばウエストバージニアのようなもの、あってもなくてもあまり関係ない。ただし、イタリアはスペインはそうはいかない」と語っていました。10月は1つの山ですね。ここで儲けることができれば「天才」ですよ。失えば単なる「馬鹿、凡人」ということになります。


 今週は1年に数回ある「だるい週」でありまして季節の移り変わりに対してセンシティブな私は病気がちです。よってブログの更新をする気力もあまりないのです。休めば直りますけどね。







Wednesday, September 28, 2011

ハワイに不動産を買う前に 注意事項

ワイキキの銀行からの資料です。会社名義で不動産を買うのはなかなか大変なようです。
興味のある方は参考にしてください。

1.会社名義での購入の場合、通常新聞などにRateが出ているConforming Loanを組むことが出来ません。ローンのProgramがBank Portfolo Loanになります。


  Conforming LoanというのはFannie Mae, Freddie Macなどのように政府が保証し、Secondary Marketにお客様のローンを売ることが出来るのローン。Bank PortfolioはConforming LoanのGuideLineにそわないローンを各金融機関が自身の資金で融資するローンで銀行にとってリスクが高いためRateが0.25%~0.50%高いです。 また、頭金も30%必要です。 さらに会社の書類Article of Corporation、Financial Statementなど低移出する書類がかなり細かく要求されます。

これは余談かもしれませんが会社名義であってもローンは会社と個人の両方がBorrowerになりますので万が一、会社が倒産しても個人の返済義務は残ります。

将来の事を考えて会社名義になさりたいとのコメントがありましたが、もしRetireまでにローンの返済が可能な時間があるのであれば一旦個人名義で購入し、ローンを返済なさったときに会社名義に変更なさるのはいかがでしょうか?例えば30年ローンであっても早く返済するのにPenaltyなどはかかりません。 変更の手続きは簡単で費用も何百ドルかで出来ます。


2.個人名義で購入の場合:物件がConforming LoanのGuidelineに当てはまらない場合はやはりBank Portfolo Loanになります。例えば一部ホテル形式をとっているCondotelやAssociationが訴訟問題などを抱えている場合など。Investment Propertyとして購入の場合はそのビルディングのOwner Occupany Rateが51%に満たない場合もGuidelineから外れますのでやはり30%の頭金が必要です。 ただし、個人の収入が充分あり、他州に本宅がある場合にはInvestment PropertyとしてではなくSecond Homeとしてローンを組むことが可能ですからこの場合にはOwner Occupancy Rateは問われず20%の頭金でも購入可能です。ただし、コンドミニアムの場合は25%以上の頭金を入れないとベースのポイントに加えて、0.75ポイント、さらにLoan-To-ValueのAdjustmentで0.25ポイント、トータルで1ポイント高くなるので、なるべくでしたら25%の頭金をご用意なさるのをお勧めします。1ポイントというのはローンの金額の1%に相当する手数料のことです。

 Aパパ、ワイキキに一軒いかが? ゴルフも住民なら半額以下ですからね。

Sunday, September 25, 2011

Tour Championship 終了!

 いやあ、なかなかのドラマだった今回の最終戦、やはりプロのプレイを間近で見るというのは素晴らしいものです。
 特にEastLakeの場合は、入場者数が極端に少ないので、最前列でほとんどの選手を見ることができます。
 まあ思えば、タイガーなどの大物、リッキー・ファウアーのような人気者が出ていないこともあり、魅力が薄れているとも言えるのですがね。

 最年少23歳のジェイソン・ディのプレイは素晴らしいが、オーストラリア人では米人は付いてきませんね。ずっと世界ランキング1位のルーク・ドナルドでさえ所詮は英国人ですから、愛国心の強い米人には、あまり魅力がありません。そして30人しか選手が出ていないことも、それだけ引き付ける選手層が薄いということで、ガラガラの日曜日は仕方がないのかもしれません。

 それでもスポンサーは天下のコカコーラですから利益たっぷりで、人が入ろうが入らなかろうが、全く気にせず毎年開催してくれることでしょう。ボビー・ジョーンズというゴルフの神様のホームコースで、プレイできるということは選手にとっても聖地でプレイするようなものです。
 話によれば、オークランド墓地の彼の墓前には全選手が訪れてボールを置いていったとか。それだけの偉大なゴルファーを生んだアトランタという街は、ゴルフの世界に限っていえばすごい街なんだという認識を持たないといけませんね。

 さて、クーチャーに練習場で挨拶し、18ホールすべてを付いて回りました。6番で奥さんのシルビアに会い、オハイオのときの赤いパンツは良かったので、ああゆうのを身につけると「テレビ映り」が良いとアドバイス。パンツは意外にもクーチャー自身が選ぶそうです。
 9番ホールではお母さんにも挨拶し、お父さんがいるのも確認、家族総出で最終戦の応援のようです。

 一緒にプレイしたのはキーガン・ブラッドリー、PGAチャンピオンシップでごぼう抜きして勝った若者ですね。確かに巧い、ドライバーのフェアウェイキープ率はかなりのものでした。対するクーチャーはかなりの頻度でフェアウェイを外して、それが結果的に+3という不本意な最終日の成績だったと思います。

 優勝したビル・ハスについては、PGAチャンピオンシップでクーチャーと最終日が同じ組だったこともあり、よく観察していました。彼も巧い、特にピン側に乗せるのが巧かったように思いましたね。

 PGAのツアー選手の実力の程はほとんど紙一重ぐらいではないですかね。では、違いはどこに生まれるのか? それは、運が1つありますね。例えば初日は午後から雨でした。午前中にプレイしたプレイヤーの方が午後にプレイしたプレイヤーよりも有利だったことは明らかですね。そして2日目にはその逆になりますから、午前中はフェアウェイの乾きも完全ではなかったはずです。それが午後にはかなり乾いていたと考えられますから、この差は大きいと分析します。ただ、「組み合わせで負けた」とはいえませんから、そこは運でしかありません。
 
 もう1つの運は「水不足」ですね。例年になく干ばつ傾向のアトランタは、湖の水位がかなり下がっています。これが湖を左手に持つ17番ホールで「幸運」をもたらすことになります。水がない分、砂地が露出しているため、本来なら湖水に入り、ボールが打てないものが今年に限っていえば打てたわけですね。これは大きな違いだったでしょう。優勝したハスも1回砂地に落としていましたからね。

 そして最後に「波に乗れるかどうか」だと思います。シーズンを通して言えば、ブラッドリーなんて選手は無名でランキングも125位だったので、浮上してくるはずのない選手でした。ジェイソン・ダフナーも同様です。
 ところがシーズン後半になってジワジワ調子を上げてきた。そして開花したのがPGAチャンピオンシップですね。その後の3回行われたプレイオフでも、かなり良い成績でしたから、波に乗ったのです。

 波に乗るのは、18ホールのプレイ中でもあります。例えば今一プレイが続いていたところを、パー3でピン側に落とし、バーディを奪う。そうすると次のホールから別人のようなプレイになって、フェアウェイをキープし、ピン側に落とし、悪くてもパー、巧くいけばバーディを奪ってしまう。そんなプレイは素人の我々にもあることです。
 ブラッドリーが最終日に来ていた赤のオークリーの服は、PGAチャンピオンシップのときと同じ服ですね、明らかに弦を担いでいます。幸運をもたらすためですね。

 戦国時代の様相を呈しているPGAツアーですが、来年以降もこの陣取り合戦は続くと思います。下からはどんどん若者が参入してきます、彼らが上を突き上げて行きます。若い人の方がボールが飛び、プレイが大胆ですから、面白味はありますね。なんとなく30歳を超えるともう「ベテラン」扱いですね。
 ミケルソンは確か40歳で、今のところタイガーを除くと一番ギャラリーを集めることができますが、果たしてその人気がどこまで続くかは疑問です。今シーズンはマスターズの前のヒューストン・オープンでしか勝っていません。常勝できるプレイヤーになるとさらに人気は増すのですが、今のペースでは「スター不在期間中の中継ぎOR代役」でしかないように思いますね。

 一流の選手であることは大事ですが、「お客を呼べる力」があることも大事ですね。タイガーが出場すると視聴率が数%違う。チケットの売り上げが10%違う。良くも悪くも人気があるということは客を呼べる力があるということで、PGAもビジネスの1つですから、スポンサーが継続してPGAをサポートするには、チケットの販売数が上がり、テレビの視聴率が上がらないとダメですからね。そのためにマーケティングが大事なわけで、コカコーラが世界中で売れているのは、マーケティングに長けているからに他なりません。それは我々のビジネスにも共通するものがあります。

 そうそう、すでに2012年の木曜日のチケットを4枚いただきました。ツアーグッズを300ドル近く買いましたが、マスターカードで払うと10%引き、そして来年のチケットが4枚付いてきたということです。Aママ、差し上げますからAパパにお知らせください。






週末往来!

 今日がPGAツアーの最終戦です。1枚のチケットをもらったので、観戦に行ってきます。元々チケットは買ったことがありません。大抵は、米人の知り合い経由でもらいます。こういうコネは実に大事ですね。
 誰が優勝してもおかしくない混戦ですが、私はやはりマット・クーチャーを応援しているので、18ホールしっかり回ります。
 すでに優勝戦線からは離脱していますがね、それは関係ないことです。

 このクーチャーという男、なかなか義理固いところがあります。礼には礼で尽くすというところが人情を感じさせますね。

 4月のマスターズで、和牛の差し入れをしましたが、そのお礼というか7月の自分の誕生日には、私の店で2回目のバースデーパーティを開いてくれています。私はそう思っているんですがね。
 実は、4月には、もう1人の贔屓プレイヤーにも和牛を差し入れていますが、彼は8月のツアーチャンピオンシップの期間中、一度も店を訪れることがありませんでした。調子が悪いのもありますがね、それでもそこに「人間性」の違いを感じましたけどね、私はね。
 そういうことで、また来年はクーチャーに和牛を差し入れます。フィレが好きだそうで、それなりの上物を仕入れて贈ります。彼の方が優勝には近いですしね。

 久々に土曜日の売り上げの方が金曜日よりも良かったという異変?が起きました。今週はMusic Midtownがあるため、暇であろうという予測でしたが、それは当たりました。ただ、土曜日は少なからずも来店に継続性があり、9時以降もすれが続いたことが売り上げ確保につながりました。

 そんな中、1つクレームめいた話があります。最後のお客さんがうちのRainbow Rollが高いという。17ドル50です。彼女いわく、「Rainbow Rollは、California clubが中で、外が各色魚のトッピングで普通は12ドル50だ。お宅の寿司は高い。マーケティングが専門の私は、今後のあなたのビジネスを憂慮するので下げたほうがいい」とまで言うわけです。
 大きなお世話だと思いながらも、「意見は聞き入れますが、私は値下げしません。100%のお客さんを満足させるビジネスはやっておりませんから、80%以上が満足していれば、問題はないと思いますからね」で話を打ち切りました。
 まあ、500人に1人ぐらいの割合で、必ずこういう「値段が高い」というクレームをいただきますが、それは結構です。

 私なりのマーケティングでいえば、質の高い客を取るには値段を上げることも大事ですからね。TAKAの値段が高いと思えば、他へ行けば良いのです。値段以外の値打ちを見出せる人がTAKAに来て食事をすると思っていますからね。こういう点では私は強気です。それで実際に売り上げが落ち込んでいるのであれば、間違っているので値下げでもしますけどね。こういう価格を全面に打ち出すお客さんは相手にしないのが方針です。

 REMが31年のグループ活動に終止符を打ったというニュースが今週流れました。REMといえばベース担当のマイク・ミルズさんは常連さんで、今週も来ていました、そしてその2日後の解散宣言でした。調べてみると元々、Athensで産声を上げたロックバンドでした。普通の米人とは違い、寿司と刺身を綺麗に食べる人です。こういう人が理想のお客さんですかね。

 マーケットですが、株式に歯止めはかかったものの、コモディティは総崩れですね。ゴールドは101ドルも下がって、1640ドルですから高値の1920ドルからは14%の下落しています。シルバーに限っていえば48ドルから30ドルですから37%の下落です。やはり投資は慎重にそして読みが大事。
 今回は泡銭がたまたまあったので高値でゴールドを買ってしまい失敗してしまった私。それでも、昔買った含みが十分にあるので、全体としては損はしていませんがね。

 今後はやはりハワイの不動産購入に向けて全力で取り組みます。思うに、やはり借金はやる気の原動力になるんじゃないですかね。
 ビジネスが安定してある程度の余裕があるのは、幸か不幸か良くないと私は思いますね。余裕があると考えが甘くなり、「多少損してもいいじゃん」ぐらいにしか考えなくなります。手元に金がないと1セントでも惜しいから、頭を使うわけですね。そういう意味で「借金はせんといかん」という結論になります。

 思えば、あと16年で65歳となり、定年を迎えます。事業主に定年はないものの、ある程度の仕事を削減して週に2回はゴルフしたいですよね。
 ハワイの不動産を買い、その家賃収入から給与の一部を取るようにしていくことは、収入の安定化を図る上で大事ではないかという判断です。そして引退後も家賃収入+ソーシャルセキュリティ+投資からの運用益でゆとりのある老後を保証できますからね。

 知り合いのお父さんがハワイで、不動産屋を経営していますが、彼は今日本に行って(1ヶ月滞在するそうですが)、「超円高時代のハワイ不動産投資」というセミナーを数回開くそうです。1ミリオンの物件でも1ドルが100円と60円では40%引きですからね。円を持っている強みを発揮する時代ですかね。残念ながら私は円とは縁がないんですよ。
 紙くずドルしか持っていませんからね、その目減りをいかに少なくするかに頭の悩ませ、ゴールドを買い、株式運用も行っていますが、行き着く先はやはり不動産ですかね。

 昔から、財産三分法という財産三分法とは、現金(預貯金)、証券(株式・債券・投資信託など)不動産の三つにお金を分けて資産形成をする考え方のことです。収益性や安全性や流動性を勘案した投資方法のですが、米ドルを現金として持つのは今後危険なのでゴールドに切り替えているわけです。

 一般の方のようにサラリーマンであれば、退職金が数千万円入り、企業年金もありますから、あまりそういうことを考えないかも知れませんが、私のような中小企業事業主は、自分で貯めて増やしていかないと老後の安定はないわけです。花も綺麗だが、実はさらに美味しい。そんな人生を送りたいですよね。


Friday, September 23, 2011

今日のニュースから 9月23日(花金)

 花金にして欲しいところですが、マーケットはすでにネガティブで動いています。これはまさに「炉心融解」と表現しても良い。
 第1号機は米国、第2号機は日本、第3号機は中国、そして第4号機は欧州、と4つの原子炉が炉心融解に近づいています。
 制御棒が効かず、水温が上昇しています。米国は言わずと知れた財政債務と失業問題や景気失速ですね。日本はやはりとてつもない額の財政債務、やがて1千兆円を超えるのですよ。中国は景気の鈍化による住宅バブルの崩壊、これによって不良債権がすでにありますが、ドッと表面化する。欧州は国家破綻問題ですね。まだ原子炉は爆発していないものの、熱を持ち始めていますから危険です。

 ムーディズがギリシアの8銀行の格付けを2段階下げました。また先日、欧州中央銀行がイタリア国債を大量買いしていることが分かっています。煙の出ているところを消す役目ではなかったかと思います。

 東南アジアの株式動向ですが、ジャカルタ市場は今週1週間で10.7%急落し、週間ベースでは東南アジア6市場で最も値下がりしました。他市場は、マニラ市場が9.4%安、バンコク市場が7.3%安、クアラルンプール市場が4.54%安、シンガポール市場が3.2%安といったところです。

 コモディティが冴えません。ゴールドは55ドル安の1689ドルまで下落、率にすると3.15%、シルバーはもっと悲惨で4ドル安の32ドル、率にすると11%、銅は3.33まで下落、率にすると4.27%となっています。今後の見通し? 簡単に1700ドルを割ったので難しいですね。1600ドルまでの下落を想定しないといけないでしょう。ここ最近の高値で買った人は少し不安になるでしょうね。私のような泡銭で買うには半分趣味の買いであり、前の含みが十分にありますから気にしませんけどね。まあ、将来のドル下落を考えると(私は50円まで行くと想定)、ゴールド買って防衛するしかないわけです。

 原油もゴールドに横並びで、大きく下落しています。現在78.41セントです。値段が下がって嬉しいのは原油だけではないですか?ガソリンの2.99ドルが見えてきますからね。

 為替を見ていきましょう。ドル=ユーロは1.348と少し戻しています。円=ドルは悲惨で76.19ドルと76円を割り込む勢いですね。もう80円に戻る日は来ないんじゃないですか?
 都合良く考えれば、1ドル50円ならかつての100円から考えれば半額。ハワイに家でも買いましょう。50%OFFではありませんか? CAに家を買っても良いでしょうね。日本人も少しは金持ちがいるのですから、中国人や韓国人のように投資をどんどんやっていかないといけない。

 昨日あたりの株式市場をみると、日本とドイツが2%下落していますが、他の市場は1%程度で少し落ち着いています。昨日、株屋と話をしたところ、ダウが1万ドルを割ることはないだろう。私は極論で「リーマンより悪くなる可能性大で、8000ドルまでの下落を想定した方が良いのでは?」と投げかけたんですがね。ただ、こいつは若造で、親の会社にいますから、私よりもマーケット事情を知らない、楽観主義者であります。


 今の状況を私になり分析すりと、世界の金余りは、依然として続いています。それは原油をはじめとするコモディティが、リーマンの後で数倍に値上がりしたこと、株価が底値の6千ドルから2倍近くに回復したことなど、複合要因があります。
 そして、世界の4つの大きな震源地に微動が始まっていることから、現金化して様子見をする態勢に入ったともいえるでしょう。

 実際に、数ミリオンを株式で運用していた友人は、ここ数ヶ月でキャッシュの割合を増やしたといいます。それだけ、先が読めないのでしょう。
 危ないと感じたときには、現金化して資金を引き上げ、何かあってドーンと下がったら、そこでまた買い始めるというセオリー通りの買い方をしていくのではないですかね。
 誰もがダウが6千ドルに下がったときに、「今がチャンス、今後2年で2倍になる」と思ったでしうょうか?それはごく一部の人であったのでは?

 それはゴールドの運用も同じで、2年前の800ドルのときに、どれだけの人が「2年後に2倍以上に跳ね上がる」と予想したでしょう。

 こうして見ていくと、次は不動産ではないですかね。今が底値、良い場所に良い物件を持つことにより、それがやがて回復したきに、大きな利益を生む。

 投資とは、長期の展望に立ち、安く買い高く売るという原理原則を守ることにより成り立つものですからね。 皆さん、良い週末を!
 






Thursday, September 22, 2011

今日のニュースから 9月22日(木)

 地獄からの「脱出」に成功しました。ようやくAXIS10月号の原稿書きを終えることができました。昨夜はスタッフが1人休んだため、寿司バーは2人体制で、急に混み必死の思いでそれを乗り越えたこともあり、へとへとで何も深夜作業ができなかったですからね、今朝駆け込みで仕上げました。

1、ずいぶん、世の中が乱れてきています。「第2のリーマン」とすでに囁かれています。マーケットは大きく下げています。これ皆すべて昨日のFRBバーナキ発言から来ています。単純には「景気刺激策は十分でなく、想定内の発表であった」ことから失望売り、これがダウを283ポイントも下げさせ、アジアに飛び火、日経平均が2%、ハンセンが4.85%、上海が2.75%も下げたわけですね。これがさらに欧州に引火、FTが4.69%、ドイツが4.29%、フランスが4.92%下げるというまさに「世界丸ごと火の車」になっています。

2、さて開いたばかりのNY市場は現在、ダウが300ポイント下げ、2.67%ダウン、ナスダックが60ポイント下げ2.63%下げ、S&Pは29ポイント下げ2.5%の下げとなっています。

3、ユーロが対ドルで134と下げていることからゴールドが売られ(たぶんそれが原因だと思います)、ゴールドは3.9%下げて1736ドルまで急降下しています。シルバーはさらにひどく、7.25%の下げです。

4、当然景気の動向が気になりますから、原油は下落、現在80ドル43セントで取引されています、下落率は6.39%です。

5、こういうときに「どうでもいいけど安心」な円は買われていまして、76.26円まで上げています。「日本沈没」? 「超円高にはこうして備えよ」?という本があったら買いなさい。そんな状態ですね。大田区の町工場までもが、タイやインドに出ていかないとやっていけない状態になりつつあります。まさに日本は円高により空洞化していくのです。そして日本人の労働者は海外で稼ぐしかない、日本国内の残っているのはジジババ(失礼しました)ばかりになりかねません。

 こんなことを書いている最中でも、ダウは下げ続け、330ポイントの下げになっています。500下げてもおかしくないですかね?
 実は私は2日前に投資信託の約半分を売却して現金化しております。リスクを半減できたことになります。
 ゴールド鉱物系のファンドはすべて売却し、その一部をボンドものに切り替えています。ボンド=債券ものはわけが分かりませんがね、一応グラフを見ると、ファンドの中でここ1ヶ月唯一上げ基調なのがボンドものでした。

 その一方で、金貨は今週少し購入したので、焦げ付きですね。まあ、「寝かせて育てよう」方針ですから10年後を見ていますから、下がったらまた買いますけどね。問題はゴールドの底値がどこなのかです。この20分でも少し戻していまして、今は1742ドルです。ということは1700ドルを割り込むことはないか?という線ですかね。

 今週のビジネスは、月曜日は暇、火曜日は三菱電機さんに助けられOK、昨日は前年超えと、比較的安定しています。ただ見ていると相変わらず高いワインは売れていませんからね、楽して儲ける状況ではないのです。
 ジャパンフェストはしんどかったものの、売り上げを作っておいたことで9月のビジネスは安泰ですから、本当にチャンスあれば、モノにして稼がないとダメということです。10月にも1つイベントがあり、参加します。
 何事もそうで、「そこにお金が落ちていたら拾わんかい!」の姿勢が大事。そのお金が綺麗であろうが汚かろうが関係ありません。
 汚い金? 洗えばええじゃないか? マネーロンダリングだ、何だと言われようが、お金はお金ですたい! 商人はそうでないといかんのですたい!と少し左門豊作口調になっておりますが、「やるときはやらねば」「他人蹴落としてでも生き残らねば」でいかないと世界のビジネス戦争に勝てないということであります。諸君!頑張りたまえ!いざとなれば神風特攻隊ですぞ。命落とす覚悟でやれば成功する!暴言失言、失礼しました。

Wednesday, September 21, 2011

三菱電機の洞さん、帰国決定!

 毎年、この時期になると必ずやってくる日本人がいます。
 三菱電機の方ですが、それは昨年も書きましたが、コカコーラがスポンサーのFedex Cupがあるからですね。
三菱電機は、あの有名な「ジャンボトロン」をPGAツアーに提供しています。したがって最終戦を見にくるわけです。

最初の来店は確か3-4年前だったと思います。それから田中さんだったと思いますが、彼が昨年社長になったと思うのですが、一緒にやってくるわけです。

これが実に面白いというか、毎年1回しか来ないのに覚えており、親しみがあります。これが商売なんだなあ、とも思うわけです。

 今日はSuwaneeの三菱電機にも行かれるそうで、そこの方に「もっと商工会のゴルフコンペに参加するように」と言っておきました。
 ちなみに、ポロシャツの方が、洞さんです。

 なかなか、三菱って、財閥系で紳士イメージがあります。私、はっきり言ってこういう財閥系のようなブランド派は大嫌いなのですが、三菱は腰が低いように思います。これが温和な紳士を作るのでしょう。

これが韓国産の養殖ヒラメ

 前に書きましたが、米国内で捕獲された天然のヒラメは、寄生虫の恐れがあるため、FDAの指示により、冷凍処理を施してからでないと販売できないことになりました。

 それで、養殖のヒラメであれば、生のまま売れるということで、値段は高いものの、この韓国産のヒラメに切り替えです。
 済州島で養殖されているそうですが、腹部を見ると、藻が付着していますから、養殖とすぐに判断できます。

 やはり天然に比べ動かないので、脂が軽く乗っています。これが逆に「旨み」となるかも知れませんね。

ちなみに藻は、皮を引けば、全く問題はありません。

それにしてもブログの更新が遅れてしまい、すいません。世界中の「TAKAブログファン」が怒っていることでしょう。
ジャパンフェストが終わっても、今度はAXISの10月号締め切りが迫っており、バタバタしています。まさに地獄は続いているのです。
昔、若いころは4-5つのプロジェクトを聖徳太子のように同時進行させてきた自負がありましたが、耄碌したもんです。今では3つも同時進行できなくなりました。

Monday, September 19, 2011

ジャパンフェストが無事、終了!

 こうして日曜日の夜に久々のブログ更新をしているということは、生きている証です。今年のジャパンフェストはなかなか面白かったですね。
 やはり売り上げ目標を達成できると嬉しいものですが、入場者数も土曜日の午前中で1万人を突破し、大混雑の土曜日でした。
 我々は土曜日の夜の営業があるため、私は3時で場所を去り、他のスタッフも4時には去るといことで早仕舞いをしたわけですが、6時まで開けたところもあり、そういうところは良いビジネスだったと思います。来年はせめて5時まで延長したいという希望的観測がありますが、その役目を誰が担うのかが問題です。臨時のバイトを雇わないと無理でしょう。

 今回は2つ大きな失敗がありました。鴨のローストが半分はオーブンに入れたままで焦がして台無しにしたこと。その翌日にもチキンをオーブンに入れたままでこれはドライになってしまいました。見えないところにあると気づかない。きちんとタイマーをかけておけばそういうことにはならなかったのですが、スタッフを叱っても後の祭りですからね。

 ただ、そうした事態が起きたために、急遽取り入れたとんかつとカツカレーは好評で、来年のメニューに昇格です。
 意外にも検討しなかったアイテムは、ヤクルト、柏餅、水饅頭でした。このあたりは実に難しいですね。美味しいと思い仕入れて売るわけですが知名度がないと売れません。当然ながら和菓子の好きな方には満足していただけたと思いますがね。

 メニューは毎年同じパターンなのであまり考えませんが、やはり新しいものを入れていかないとダメ、そして売り上げを作るには出来合いのもの、調理しなくて済むものを扱わないと手間ばかりかかって売り上げは達成できないですね。

 今年もしんどかったのですが、毎年ジャパンゲストは命がけのイベントです。実際の商品作りは1ヶ月前から入り、開催される週になると毎日の作業の隙間を縫うように仕込みをこなしていきます。
 そして金曜日の夜と土曜日の朝と夜、日曜日の朝が大変。徹夜は当然、危険なのでしませんが、それでも4時間睡眠が2日連続でした。
 今夜も早く寝るはずが、売り上げ集計などがあり、午前1時になろうとしています。

 結局、ジャパンフェストとは何なのか? 命をかけた戦いであります。それゆえ「楽しい」のかも知れません。仕込んだものが当たるように売れるとそれは快感ですからね。逆に売れないものがあればストレスとなります。最後は投売りして在庫を処分してエンドとなりますが、在庫処分の数をいかに減らすかですね。

 今年が最後と自分では思っていたものの、また来年もやるしかない、運命のように思います。

Wednesday, September 14, 2011

ハリウッド映画の撮影があります

 今週の金曜日にTAKAレストランの側で、ハリウッド映画のロケが行われます。この映画はWhat to Expect when you're expectingというロマンスコメディで、主演はキャメロン・ディアスやジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクスという超大物スターとなっています。
 当日は、午後5時半から深夜までPharr Rd.の端からですが、Grandview Ave.が全面通行止めになり、非番の警察官が警備を担当するようです。
 ロケのディレクターによると、TAKAの店の前にも発電機からのケーブルが配置され、ややパーキングの数が減るようですが、大した影響はあまりなさそうです。
 ただ、実際にはかなりの野次馬が大物見たさに集まる可能性もあり、予測がつきません。アトランタのミーハー田舎者はこうしたスターに弱いでしょうからね。

 私?キャメロン・ディアスはかわいいと思いますが、美人の部類ではない。あの2回?も折れた潰れかけた鼻は私の美人の定義からは外れています。
 ジェニファー・ロペス? 生意気そのものにしか思えません。ラテン系で気が強いのは当たり前のことでしょう。
 以前に、ケイディ・ストリックランドが1週間に5回も来店したことがあり、話をしましたが、彼女は肌が綺麗で美人でしたけどね。

 実は、友人のリックは照明の仕事をしていて、CMやドラマ、映画も受けるようで、この映画のロケも以前から知っていました。最近は、ジョージアのロケが頻繁にあります。この映画の撮影にも参加しているようです。

 

これ美味しいの?:シリーズ フローズンヨーグルト

巷では、フローズンヨーグルトがブームのようです。
アイスクリームのヨーグルト版?なのかヨーグルトのアイスクリーム版なのか?
この前、あるフローズンヨーグルトチェーンのオーナーからサンプルをいただき「アイスクリームよりもヘルシー」という言葉も添えてもらったので、興味もありました。
そこでKrogerでKEMSブランドを買ってみました。
まずは、カロリー調査です。下がLow Fatのタイプで、120カロリーです。そして上の普通のものが190カロリーですから、断然、LowFatが健康的ですね。米国のLow Fat物は不味いという定評がありますが、このKEMSブランドに関しては問題ありません。そして人工甘味料などの独特の味もしませんから、合格としておきましょう。
 ちなみに、通常のアイスクリームは230カロリー程度ですから、普通のフローズンヨーグルトが若干ながら健康的、Low Fatを食べれるとカロリーは約半分で、さらに健康的ということになりますね。

Tuesday, September 13, 2011

今日のニュースから 9月13日(火)

 今週は、Japan Fest を週末に控え、最終の仕込みなどがあり、地獄の1丁目あたりをさ迷うことになりますから、ブログ更新が毎日できない状況になることを予めお知らせしておきます。
 昨夜もゴルフの疲れから早く寝たのですが、体がだるい。まあ過労しても過労死することはありません。

 実は、先日のことですがね、日本の友人と話をしていてそんな話題が出ました。あるブティックの店長、といっても60歳を超えていました。7月末に人が1人辞めて、8月は休みがなかったそうです。

 そして売り上げが8月ですから暇で、数字の悪い日を自腹で埋めていたんだそうです。そして毎日体がだるいとか言っていたそうですが、9月の頭になって自宅で脳内出血で急死したそうです。
 もちろん、過労死に決まっていますよね。でもこんなケースはニュースにもならないようです。

 先日、大阪の自販機の飲料補填の仕事の若者が過労死で、親が会社に損害賠償の請求を出したニュースを書いたと思いますが、こうして「表」に出るのはごく一部のように思えますね。

 最も、私の場合は会社のオーナーであり、全く違う状況にありますから、「過労死」とは誰も認めてくれないでしょう。「過労死」、あんた好きでブログ夜中に書いて、ランチとディナー開けて寿司作って、皆趣味みたいなもんだから過労死じゃないよな、と言われそうですね。これは過労死とは呼ばず、自営業者における就労依存症とでも診断してもらった方が良いのか、または過度の重労働における億万長者途上症候群とでも診断してもらいましょう。

 まあ、こういう馬鹿なことを夜の1時半に書いているんですから、過労死の認定はしてもらえませんね、少し前まで椅子に足を置いて寝て、15パウンドのダンベルを両手に持ち、それを頭の後ろから腹まで移動して、腕の筋肉を鍛えていたぐらいです。こうした普段使わない筋肉を鍛えることが「ひょっとしたらゴルフの上達になるかもね」とも思いながら20回繰り返しているわけです。
 それで先週末から腕の付け根あたりが筋肉痛になっているのですが、使い慣れると痛みは取れると思っています。
 「背筋の鍛錬がゴルフのスイングには大事」ということを聞いたこともあります。ただ背筋を鍛えるのは簡単ではないそうです。背中にある筋肉ですからね。腹筋は簡単なんですがね。

 ギリシアが10月末にデフォルトするという噂などから株式が下落して、「リーマンを上回る悪夢」になると予測されていますが、イタリア国債を中国が買うことが明らかになると、相場は一気に前向きになり、株が下げ止まり、上昇に転じました。
 下落に歯止めがかかったことは良いことですが、その歯止めがどこまで効くのかですね。

 欧州経済の状況は悪化するばかりという見方が実に強い。今回は少し上げ基調に動いても、悪いニュースの方が圧倒的に多く、相場はすぐに崩されてしまいます。

 地元アトランタで少し良いニュースがありました。9月の住宅差し押さえが低い数字であるということです。9月の差し押さえは7324件で、これは今年一番高かった2月の10848件に比べるとかなり下がってきたということです。
 また7月の中古住宅販売数も昨年比で26%増加したそうです。ただし昨年の数字が悪すぎたので、この26%増は大した数字ではないということですが、それでも+傾向は良いことですがね。

Friday, September 9, 2011

これ美味しいの?:シリーズ 韓国製のご飯

 うちの副編集長はなかなかの「韓国食通」でして、負けじと私も探してまいりました。
 これはBFMで$1.28です。日本製のご飯は白菊ブランドが一番安く、3パックで$5.48だったと思います。ということは1個あたり$1.82。ですかね。
 それで「韓国製のご飯は美味いのか?」ということで試食。中身は全く日本製と変わりませんでしたね。
新米のようなもちもち感は、日本のご飯と全く同じです。
したがって、これは買いですね。

にんにくの芽は健康の宝庫!

昨日のランチで提供したにんにく牛丼です、すき家にもあるそうです。スタミナ食と言えばニンニクですが、ニンニクの芽も栄養価はほぼ同じ、加えてカルシウムやビタミン類は普通のニンニクよりも豊富、さらに食物繊維も摂れる、いいことづくめの食材みたいです。
 ちょっと匂いが気になりますが、芽はあまり匂いません、ニンニクの匂いの元である成分アリシンには、ビタミンB群の吸収を助ける効果があり、疲労回復、滋養強壮にはもってこいです。もちろんニンニクの芽にもアリシンが含まれていますがね。


今日のニュースから 9月09日(金)

 週末ですね、といっても今週は例のごとく短いので、大変嬉しい。日曜日は商工会のゴルフコンペがありますが、すでに賞品の手配も終わっているので、土曜日にバタバタすることはないでしょう。
 思えば先週の無様なゴルフは何だったのか?力みと大振りのように思いますね、コンパクトスイングを忘れた結果がダフりにつながって、アイアンを綺麗に打つことができなかった。そういうことです。

 昨日は約10日ぶりの好成績を達成、オバマスピーチにNFL開幕戦で忙しくはなかったものの、常連さんと美味しいお客さんに助けられ、息を吹き返した感じ。美味しい?? Krugのシャンペン250ドルを空けてくれたお客さんがいましてね、このテーブルで約600ドルを使ってくれたのは「美味しい」と表現しないといけないでしょう。
 思えば、100ドル以上のワインが最近空くことはなく、バブルは終わったのだと思っていましたがね。私自身は飲みに行っても100ドルのワインは空けない。まあせいぜい90ドルでやめてきますね。

1、9・11を2日後に控え、10周年メモリアルのテロが起こるのではないかと警戒が強まっています。ワシントンとNYCがターゲットであるということ以外は、何も分かっていません。ビンラディンの殺害があったばかりですから、「報復」があってもおかしくないですね。そういう点では「アトランタ」ってのは南部の田舎でテロの標的になりません。ここでテロしてもあまりインパクトがない。目立つ建造物もない。主たる政府機関もCDC以外にはない。ということで、皆さん安心してください。ここを攻撃する意味がないからテロは起こりません。

2、オバマの演説を聴いていましたが、あまりに長いので疲れて犬の散歩に行って帰ってきたらもう終わっていました。「政治は茶番」「Show Time」としか言い様のない、米国議会の臭い芝居のような振る舞い。何かあると拍手、スタンディングオーベーションですか??? 「おまえら、皆グルだろうよ」と言いたくなりましたね。
 まあ1つ面白かったのは、「国内でKiaやHyundaiを見るのではなく、韓国でChevry、FordやChryslerを見ようではないか、米国製品を世界で売らなければならない」のようなことを言っていましたね。これが時代の流れ? 依然として日本車の方がシェアが高いものの、「敵は韓国車」みたいな皮肉めいた言い方をしていましたね。
 Mde in USAの復活宣言のようなことを言っていたわけですが、こういう言葉に聴衆は実に弱い。アメリカは一番だとか、みんなで団結しようとか、今すぐやろうとか、言うは容易い、行うは難しいのであります。そんな能書き言うなら、まずやらんかい!ですよね。
 前回もそんなこんなで大金使って、米ドル刷ってばら撒いて、それが雨水のように地中に染み込まず、土砂降りの雨のように流されていったのではなかったかい?
 効果が出るようなお金の使い方をして、チェック機能をどうのこうのとも言っていたが、あんた所詮、米人のやることはザルじゃないかい?どんどん、漏れているじゃないか?ですよね。
 今朝の株式先物は、この演説を全く好感しておらず、下げていますから、やはりバーナキが何か決断してQE3をやるしかないのです。ということで私の評価を締めくくります。

3、カリフォルニア南部とアリゾナの一部で大規模な停電が起き、数百万人に影響が出ています。サンディゴにある原発が自動停止したためですが、アリゾナからの送電線にも異常が起きており、それらの原因は分かっていません。

4、快心、ユニクロ! 今度はアジアで2020年までに1千店舗を開店する計画を発表しました。現在7店舗ですが、今後はアジアの主要都市に旗艦店を開けていきます。すでにNYCでは5番街に10月に世界最大店舗を開ける予定になっています。まあ、GAPなどのような世界的に知られる低価格帯のブランドになるということですね。人材育成にも力を入れていますから、大枠としてはできるんじゃないですかね。
 ただ、問題はファッションは流行がありますからね、そこをどう捉えていくかだと思います。ユニクロがファッション性で売れているとは思いませんがね、私はむしろ機能性+低価格で売れているのだと思います。そしてファッションだけではなく、下着市場も食っていったということではないでしょうか?かつてのベネトンのようなイメージもありますがね、シンプルかつ多色で人を引きつける? 専門家のAパパ、どうなんでしょうか? パパもユニクロに負けずに頑張ってください。ジャカルタ進出の際にはお手伝いさせていただきますよ。
 ASEAN域内での今後の出店計画について柳井会長は、インドネシア、フィリピン、ベトナムを挙げ、「できるだけ早く出店するが、具体的にはまだ未定」と説明した。またバンコクを含め、マニラ、ジャカルタなどアジアの大都市は「10年後には日本の東京、フランスのパリ」のようなアパレル市場に成長するとの見方を示した。


 現在183店を展開するアジア市場(日本以外、中国含む)では、年200店のペースで出店を進める計画。20年に世界全体で4,000店、売上高5兆円の達成を目指すそうです。
 アドバルーンは高く上げなさい! そしてそれに向かって努力することが大事。「言うだけかい」で終わってもいい。何がが芽を出し、成長していくものです。
 私のアドバルーンを見てみなさい。「10年で1ミリオン、ハワイに別荘、ジャカルタで寿司屋、ジャワ島で農業、インドネシアから日本に人材派遣」などなど、数え上げたらキリがありません。この中の1つでも2つでも達成できればそれで良いのです。

5、熱伝導率の高いアルミニウムと保温性の高いステンレスを組み合わせた「全面多層構造」の調理器具で調理した野菜の摂取で、動脈硬化の原因とされる酸化LDLの値を下げられることが、武庫川女子大学国際健康開発研究所)の実験で分かりました。薬ではなく、食品の摂取で効果が実証されたのは初めてだそうです。
 全面多層構造の調理器具は熱効率が良く、短時間に少量の水で野菜をゆでる「無水調理」が可能。このため、水に溶けやすいビタミン類や熱に弱い栄養素を保ったまま、効率的に摂取できたとみられるという。 
 でも、これよく考えてください。それなら生野菜をバリバリ食べた方が早いのでは?それなら100%栄養素を吸収できますからね。動脈硬化を防ぐには「調理するな、サラダ食え」ということになりませんか?


 今日は2週間ぶりのカイロに行ってきます。今回が3回目ですが、腕はかなりよくなってきました。皆さん、良い週末を!




Thursday, September 8, 2011

今日のニュースから 9月08日(木)

早くも木曜日、あと2日働けば日曜日です。できれば将来は日ー月を休みにして、週5日働くような寿司屋またはビジネスをしたいですね、これ当たり前のようですがレストランのようなサービス産業ではできませんね。働き続けたいという願望はありますが、体を考えると週3-4日が老いてからは良いのでは?

1、今日はNFLのキックオフで、ウィスコンシンのグリーンベイで開幕試合があるため、またもやレストランビジネスは暇になるでしょう。また7時からはオバマが何か喋るみたいで、これも影響するのではないかとみています。昨日は寒さで暇なうえ、魚が思うように集まらず、大幅欠品の中、ビジネスをしました。今日はなんとか日本の鮮魚が入るので格好だけはつきますがね。

2、マーケットです。欧州が前に動き出したということで、株価大幅上昇でした。その分、ゴールドが下がり1800ドルを割るかと思いましたが、ここで「バーゲン買い」が入り、下げ幅は小幅にとどまりました。今日はすでに上げています。ということはゴールドは底堅い、すなわち景気の将来に不安があるということです。私の予測では「世界景気、特に欧州のデフォルトなどの諸問題は結果的には片付かない。ただ先送りする分、安心感があり、株価は上がる。とりあえず上がるということですね。そして「とりあえず」のような根拠のない上げであるこから地盤が弱く、何かあるとすぐに下げるということです。慎重な投資思考が大事ですね。

3、週間新規失業保険申請件数は2千件上がり、41万4千件となりました。まあ、大幅な上昇ではないものの、良いニュースではない。オバマはこのあたりを喋るようです。

4、太陽電池関連の企業の経営破綻が相次いでいます。太陽光発電の普及は「脱石油」と雇用創出を結びつけるオバマ政権の重点分野ですが、米国以上に手厚い政府支援を受けた中国企業などとの競争に苦しみ、景気低迷や議会の風当たりも強まり、大統領のクリーンエネルギー政策が軌道修正を迫られています。8月末に連邦破産法11条を申請したソリンドラ社、カリフォルニア州に拠点を置いて太陽光パネルを製造する同社は、多くのベンチャーキャピタルが出資し、政府からも5億ドルを超える融資保証を受けて事業を近年急拡大してきました。大統領は昨年5月に工場を視察するなど、「クリーンエネルギーを中心に米経済を立て直そうとするオバマ政権の戦略の象徴的存在」だったんですがね。しかし、政府系金融機関から支援を受けて安価な製品を供給する中国など海外企業との競争が激化。新規上場を取りやめ、経営陣を入れ替えても業績は回復せず、1千人を超える従業員は解雇しました。他にも数社破綻しています。
 これもアメリカ式? 行けると思えば融資が入る、そしてお金を集めてどーんとやる。そしてダメなら諦めてすぐにクローズ。確か韓国式もこんなイメージでは?日本でもシャープ、三洋、京セラをはじめ多くの企業が太陽電池というか太陽光発電に参入していますがね、どうなんでしょう?そこは日本式、「将来芽が出るものなら、赤字でも他で埋め合わせして事業を継続じゃ」となるんでしょう。これも1つの作戦だと思いますね。

5、今日も涼しいアトランタですが、明日から80度を回復します。そしてこのまま秋に突入かと思えば、月曜日以降はまた87度と四捨五入すると90度になるという暑い夏のような気候に逆戻りするのであります。ハリケーンも誕生しています。すでにMが出ていますからね。

 投資信託残高が1つの目標である金額に達しました。いやあ、この目標は2-3年前からのもので、ようやく投資が面白くなってきます。これもゲームですからね、上がるときには儲かるし下がるときには簡単に2週間分の給与が消えます。鉱物資源関連が良かったこと、またアグレッシブなものを2つ買い、それが比較的上がってきたことが良かった。ただ、ハイリターンは裏返せばハイリスクなんですがね。それでもこれだけUSドルが下がってくると持分を維持するには、積極的な投資をしないと現金持っていても目減りするだけですからね。
 「NY株式市場は、おいらのラスベガスだ」という言葉を残しておきましょう。

 そうそう、O君。すきやの「にんにく牛丼」を知っていますか? 今日はこれがランチです。食材が入ればの話ですがね。




Tuesday, September 6, 2011

この店美味しいの?:Table & Main

 メトロアトランタ北部にお住まいの方、お待たせしました。まあまあ食べれるアメ食屋の登場です。
 食べれる? そうですね、なかなか美味しく最後まで食べれる店がI-285の外には少ないですから出かけるときにはなかなか苦労すると思います。

場所はあのHistoric Roswell、名店が並ぶ通りで、日本人妻が健闘するあの美味しいパン屋、ArtisanもこのCanton St.にあります。

さて、料理ですが南部料理がベースです。とうもろこしの揚げ物あり、オクラありですね。アントレはポークチョップ、ビール、ステーキ、チキンなど一通り揃っていて、とりあえずOKの味付けでした。全般としては薄味ですかね、日本人には合うかも知れません。

1028 Canton Street Roswell, GA 30075 678-869-5178


dinner
tue-thu: 5pm – 10:00pm, fri-sat: 5pm – 10:30pm, sun: 5pm – 9:30pm, mon: closed

brunch
(Opening Date TBD) sat-sun: 10:30am – 2:30pm

今夜飲むもの パイパー・エドシックのロゼ

創業1785年という歴史のあるシャンパンですが、パッケージはなかなか派手。
映画カサブランカで飲まれ、あのモンローが愛飲したというパイパー。
パイパーの醸造所に行けば、モンローからの感謝の手紙を見ることもできます。
このボトルはロゼのソバージュ(Sauvage)というもので、ソバージュの意味は野生的なんですが、「既成概念にとらわれない」といった意味。その名の通り、いきいきとした活気に満ちたロゼシャンパンです。

上質なルビーを思わせる色合いの秘密は、ベースとなる約50種類ものクリュのブレンドに加えるシャンパーニュ産赤ワイン。最低30ヶ月の熟成を経て生まれます。
モレロ・チェリーを主体とする赤い果実にはじまり、柑橘系の調和のとれた香り、シナモンの余韻となってフィニッシュします。
パイパー・エドシック・ブリュットのキュヴェをベースに、アッサンブラージュ時にピノ・ノワール100%で造った赤ワイン加えています。
という解説を信じて今夜は飲むのです。決して高いシャンペンではありません。50ドル以下で購入できます。




今日のニュースから 9月06日(火)

 天気が大荒れなら、マーケットも大荒れです。米国の8月の雇用統計から端を発し、欧州の火種が燻り続ける中、今朝もドカーンと下がっています。

1、マーケットです。ダウ267ドルダウン、ナスダック50ポイントダウン、S&P29ポイントダウンで始まっています。率にすると2-2.5%ですが、昨日の欧州は5%近い下げでしたから、まだまだ下がる可能性があります。

2、こうなると強いゴールドはNY市場でも12月先物で1900ドルを回復しました。現在1909ドルで取引されています。原油は下落し84ドル前後、ユーロが対ドルで1.40まで下落しています。ドル=円は77.40円で取引されています。

3、こうなると米国はもちろん、FRBのQE3に期待せざるを得ません。誰かが歯止めをかけないと、世界経済が麻痺します。

4、ハリケーンKatiaが軌道をかなり曲げており、本土上陸の可能性がなくなりました。したがって、水曜日以降は晴れです。ただし気温は低めで、というかようやく秋の気温になりそうです。メトロアトランタは80度を若干上回る程度で過ごしやすいでしょう。

5、8月の雇用統計の詳細が出ていますが、黒人の失業率は白人の2倍、16.7%に増えています。これは1984年以来の悪い数字です。これをさらに性別で見ると、黒人男性は19.1%、黒人女性は14.5%でした。またヒスパニックの失業率は11.3%で横ばいでした。

6、「ユーロ危機は今後も続く」というフィナンシャルタイムズの記事を読みました。当然危機回避に向け救済策が取られたわけですが、これはすべて「回復すればこうなる」という回復を前提にした策であるということが大きな問題だそうです。最悪の事態を考えて作戦を立てたわけではないのです。「いずれ回復すればこうなる」という楽観的な見方による戦略のようです。最悪のシナリオはユーロの崩壊ですが、可能性は高まっているようです。

7、中国がリビアのカダフィ政権に武器の売却をしていたという文書が見つかっています。2億ドル相当ですが、国連安保理では武器の禁輸を定めています。また米国がブッシュ政権時代にアルカイダなどのテロ容疑者をリビアに移送し尋問を委託するという文書も見つかっています。
どちらも常任理事国であり大国ですが、表向きの行動と裏で展開している行動が相反するものとなっています。大国の傲慢さ、自国の利益最優先の戦略に他なりませんね。

 ハワイのワイキキのど真ん中に良い物件があり、紹介されていましたが、買うことを断念しました。売り出して10日にオファーが入り、「TAKAさんもどうですか?」と言われましたが、見てもないものを30万ドル以上払って買えないでしょうよ、というのが私の考えですね。紹介してくれた不動産屋さんも「確かにそうですね」でした。
 バケーションハウスになるのか、投資か、また引退後の住まいになるのか、いろいろ構想はあるものの、場所が遠いので、簡単に見に行かれないのが難点です。まあ、1年以内に一度行き、調査をしたいと思いますがね。やはり、日本に近い場所に1つ不動産を持つというのは良いと思います。
 また、ワイキキはあくまで投資が主になりますが、実際に住むのであれば、のんびりしたいのでワイキキには住まず、郊外に住みますね。そうなると30万ドル払う必要もない、半分で十分です。近くにビーチとゴルフ場さえあればそれで幸せですからね。
 まず、今月は車の買い替えが最優先課題で、セカンドハウスは急浮上してきたことなので先送りにします。

 昔というか2-3年前にアトランタにいた「歌う不動産屋」のトミー磯部は現在、ハワイ島でタイムシェアのコンドを売りながら大自然に囲まれて楽しい生活を送っているようです。こういうのも1つの理想じゃないですかね。あの人、私に昔は「TAKAさん、ハワイで黒豚を飼育して日本に送りましょう」と言っていたんですがね。私はむしろ農産物とかに興味がありますね。とにかく、食料を作る仕事がこれから10-20年後大変重要になりますから、この方向に行きたいというのは間違いがないのですがね、そこを「どう楽して3K産業を花形産業に転換するか」ということなんですね。こんな夢も描きながら、寿司屋のお兄さんは今日も頑張るわけです。今日はカーペットの掃除と、買出し、明日からのオープンの準備です。


 

Monday, September 5, 2011

医学情報:動脈硬化

 前に書いたと思うのですが、私の単純な考え方は、血管すなわち動脈や静脈は川と同じです。いつも水が流れていないといけない。川の流れが停滞すると水が腐りますね。どぶ川が臭いのはこのためです。そして清流には魚が住みます。血管も同じじゃないですかね。

 少し関連していると思うので、動脈硬化を掘り下げましょう。一言でいえば「血管が老化現象を起こして硬くなる症状」を指します。
 動脈硬化は体質的な遺伝などによる場合もあるものの、その原因ははっきりしておらず、また決定打といえる予防法や治療法もいまだに見つかっていません。
 一般に動脈硬化を起こすもっとも大きな要因は「加齢」そして「長年の生活習慣」であると考えられています。

 動脈硬化そのものは、特段の自覚症状があるわけではないですし、程度が軽い場合には、臓器の機能においてもなんらの支障を生じるわけでもありません。
 しかし動脈硬化が進むことによって、血管(動脈)の弾力性が失われたり、血管が傷ついて破れたり、あるいは動脈瘤ができて血の流れが悪くなったりします(ちなみに、血管壁にコレステロールや中性脂肪が沈着することにより、血の流れを妨げるコブが大動脈にできますが、これは「動脈瘤」と呼ばれます)。

 その結果、その動脈を通って血が流れ着く先の臓器が影響を受け、その機能低下を招くことになり、脳卒中や大動脈瘤、腎不全や心筋梗塞などの様々な重篤な病気が引き起こされることになります。
 日本人の死亡原因の6割を占めるとされる「三大死因」はがん・心臓病・脳卒中(脳血管疾患)となっていますが、このうち心臓病と脳卒中(脳血管疾患)については、動脈硬化がまさしくその引き金をひいているわけです。

 動脈硬化の原因は特定されていないものの、血中コレステロールや中性脂肪の増加(脂質異常症)、さらに高血圧や糖尿病などの生活習慣病も、動脈硬化を促す要因となることがすでに明らかになっています。

 「じゃあ、どうするんじゃい?」となるでしょう?それは調べてありますから心配なく。

 動脈硬化の予防という観点からみた食事のポイントとしては、摂取エネルギーの制限による「肥満の解消」、および「動物性脂肪と塩分・アルコール・コレステロールの摂取量を減らすこと」が必要になります。 当たり前のことですが、肥満はとにかく良くないということになりますね。
 コレステロールを減らすのに有効な栄養成分として「DHA(ドコサヘキサヘン酸)」や「EPA(エイコサペンタエン酸)」などがあり、これらはサバやハマチ、サンマなどの魚類に多く含まれています。得に青魚が一番であるということになりますね。

 血中の悪玉コレステロールを除く作用がありながら、善玉コレステロールには影響を及ぼさないとされる「オレイン酸」も、その効果を高める「ビタミンE」といっしょに摂ることにより、動脈硬化の予防に効果があるとされます。
 オレイン酸はアーモンドやマカデミアナッツなどの食品に多く含まれていますが、ビタミンEといっしょに摂れるという点で「オリーブ油」がおすすめとされます。

 上にあげたビタミンEの他にも、脂質の代謝に必須のビタミンB群、ごまに含まれるセサミノール、赤ワインやチョコレートに含まれるポリフェノール、納豆や大豆食品に含まれる大豆サポニン、豚レバーや卵に含まれるコリンなどの栄養素が、動脈硬化予防の観点からは積極的に摂りたい栄養素とされます。

 先日紹介した私の「マグロ長生き丼」を覚えていますか?こういうのを食べないといけないですね。ネバネバは長生きの秘訣であります。最も私はヨーグルト系の乳酸菌も大好きなのですがね。


 「身体に良いもん、食ったらOKかい?」と言う方、運動も大事なんですよ。

 運動面においては、週2~3回、1回30分程度のウォーキングや水泳、エアロビクスなどを生活に取り入れることにより、太りにくい体質をつくることができます。

 運動不足もよくありませんが、中高年世代にとっては激しい運動もまた危険ですので、その点は注意が必要です。そう考えると「ゴルフ」が最適なスポーツであると思いませんか?走らないので体に負担がない、自然と坂道などを歩くことにより足腰の鍛錬になる。カートに乗ることにより適度な休憩が入るので、疲労が少ないですね。
 さらに生活習慣として、長時間労働による疲れすぎや寝不足・ストレスの蓄積なども禁物と心得て、日中の短時間仮眠の確保や規則正しい就寝など、まとまった休息・リラックスタイムを、生活サイクルにおいてきちんと確保するようにしましょう。
 私のように過労をしていても、毎日の昼寝30分が休養面で大きな役割を果たしております。
 自覚症状の乏しい動脈硬化は、通常は特定健診(いわゆるメタボ健診)や人間ドックを受診したときに脂質数値の異常などを指摘されることによって、その兆候にはじめて気づくケースが多いはずです。
 動脈硬化の進行を放置した場合には、最終的にきわめて重篤な結果がもたらされるであろうことをよく自覚するべきです。

 人間の体は、体の隅々まで血管が行き届いていることによって、細胞が生きてすべてが機能しています。その一部でも機能しなくなると大変! 血の巡りが悪いところが出てくると大変ですね。
 その1つの解決法はマッサージです。全身をマッサージすることにより血の巡りが良くなる、すなわち血液循環が良くなりますね。温浴が良いとされるのも同じ理由です。
 そして体に良いものを積極的に食べる。アルコールは適量に留めることにより、体の中を良くしていく。
 最後に運動をして体の外から鍛えていく。この3つを実行すれば動脈硬化にならない?かも。
TAKA

医学情報:Thoracic Aortic Aneurysmとは何か?

 今日は、御大将を見舞ってきました。腹部の痛みから緊急入院し、手術も無事に終了しましたが、悪い所は取ればいいのですが、実に心臓にもいろいろ問題があり、それがThoracic Aortic Aneurysmです。日本語でいえば大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)ですね、少し調べてみました。

 大動脈とは、全身に血液を送る大血管のことです。大動脈はまず心臓から頭側に向かって出ると、弓状にカーブを描き、胸部の左後ろを下に向かって走行します。そして横隔膜を貫いて腹部に入り、臍の少し下の高さで左右に分かれますが、一般的にここまでを「大動脈」と呼びます。この間で、人体の各部へ送られる血管が枝分かれしています。横隔膜の上を胸部大動脈、下を腹部大動脈と呼びます。
 大動脈瘤とはこの大動脈の一部が「瘤」=「こぶ」のように膨らんだ状態のことです。一口に大動脈瘤と言ってもさまざまに分類されます。
 確か動脈は心臓から綺麗な血液を全身に送るパイプ、静脈は全身から汚い血液を心臓に送るパイプでしたよね、それぐらいの知識しか私にはありません。

 瘤は大動脈のいろいろな部位にできます。胸部、腹部、また両方にまたがれば胸腹部となります。胸部でも上行、弓部(弓状になって脳へ向かう重要な血管が出ている部分)、下行と区別されています。これら部位によって手術方法が大きく異なってくるのです。

「こぶ」といっても、大きく2種類の形があります。「紡錘状」のものと「嚢状」のものです。

 大動脈の壁は通常、内膜、中膜、外膜の3層構造になっています。大動脈瘤になっている壁の構造によって3種類に分類されます。
 1.真性瘤:瘤の壁にも通常の大動脈の壁構造がみられるもの。紡錘状、嚢状ともある。
 2.解離性瘤:大動脈壁の解離によって出来たもの。ほとんど紡錘状。
 3.仮性瘤:瘤の壁に大動脈の壁構造がみられないもの。ほとんど嚢状。外傷、感染など特殊
  な原因で生じるまれな瘤。

 さて、真性瘤(仮性瘤も)の多くは破裂しない限り症状がありません。逆にそれがこの病気の恐ろしいところです。まれに破裂しないでも症状が出ることがあり、瘤の場所によって異なります。頻度が多い症状では、胸部の瘤が神経を圧迫することによって起こる「嗄声」(声がかれること)があります。腹部大動脈瘤で破裂していないのに腹痛や腰痛を自覚することがあります。この場合、多くは「切迫破裂」といって破裂の前兆ですが、「炎症性腹部大動脈瘤」という特殊な病態で腹痛を生じることがあります。また「感染性大動脈瘤」と呼ばれる怖い病気があり(まれです)、細菌などの感染が原因で大動脈に瘤ができる疾患で、これも瘤そのもので痛みを伴います。
 破裂したら症状は重症で、激しい痛み、呼吸苦、意識障害などを起こし、突然死することもあります。切迫破裂のように数日間症状がじわじわ持続することもあり、この場合も早期診断、治療が必要です。

 まあ、手術にも2種類あり、1つは胸部~これをステンドグラフトといい人工の血管を付けるわけですね、そして胸部を切って直接カットして新しい管でつなぐ方法があるようです。
 
 動脈瘤の最も恐い合併症は破裂です。破裂した場合の、治療成績はきわめて不良で場合によっては病院にたどり着けずに突然死となることもあります。日本全国で年間約8万件の突然死がありますが、そのうちの約1割が動脈瘤の破裂と推察されます。東京都医務観察院の統計によると急死例の7.7%が動脈瘤の破裂であったということです。

 心臓は身体のエンジンですかね。脳が司令塔だとすれば、心臓はエンジンそのものではないですかね。そして毎日動いているわけです。我々が寝ているときにも動き続け、全身に血液を送り続け、また戻ってくる血液を受けているわけですね。大事にしないといけませんね、暴飲暴食は慎みましょう。

次のコラムに続きます。

Sunday, September 4, 2011

週初往来 ホリデー版

 久々の3連休になり、のんびりしていますが、読み物をせんといかん! 充電とはこういう仕事のない日にやるもので知識の入れ替えや蓄積を行い、頭の中の整理を行い、前列には一番大事な情報を並べて、いつでも引き出せる状態にしておかないといけないわけです。

 英国の経済状況が好ましくなく、これが長続きしそうであると報じられています。すでに「恐慌」という言葉を使い、これは原則としてGDPがマイナスになっている状態を示すそうですが、2012年4月を超えるようであれば、今世紀で最長の恐慌となるそうです。ちなみにこれまで2回あり、1930年代の恐慌、そしてサッチャー時代の1979年からの恐慌の2回があります。
 先日の暴動騒ぎもこうした経済の低迷から派生したものと見て良いでしょう。ただ実際問題として打つ手がないのが、現状で世界的な自然回復を待って、その流れに便乗するしかないようです。かつて栄えた国が滅んでいく、それはギリシアーイタリアースペインなど、皆同じパターンがあるように思えるのですよね。

 野田新首相は、戦後3番目に若い首相だそうで、54歳といえばうちの兄と同じ年齢ではありませんか?昭和32年生まれですからね。ちなみに一番若かったのは安倍首相で52歳、田中首相が同じ54歳でしたが、2ヶ月若かったようです。
 野田氏は前原氏と同じ、松下政経塾を出ており、引退後の松下幸之助が将来の日本を憂慮して私財70億円と投じて作った塾ですね。いかに幸之助が先見の明があったかが分かります、確かに今の日本の政治はボロボロというかお粗末過ぎる。

 生活保護費を暴力団員が不正に受給していた問題が報じられていましたが、全国の生活保護費の支給は年々上がる一方で、最近のデータでは年間3兆円だそうです。「生活に困ったら大阪に行け」という言葉があるように、大阪市は生活保護者にとって天国のようです。
 こういう問題が起こること事態が日本も世紀末に入っていると思いませんか?私の記憶が定かであれば、というか推測が定かであるならば、生活保護を受ける人というのは、収入の低い母子家庭、また身体に障害があり何らかの形で一定収入を得ることが困難な人、年配になり預貯金が少なく日常生活を送ることが困難な人、この3つのパターン程度しか浮かんで来ないのですが、最近はこの他に「働く気がなく、自治体からの援助を充てにしている人」が含まれているのだと思います。

 これは何も日本に限ったことではなく、この米国にも山ほどいますから驚くことはありません。フードスタンプはその一例でしょうし、働く意欲のない、それでもって「政府が国民の面倒を見るのは当然」ぐらいにしか思っていないカスのような連中が多いのが米国の現状でしょう。何もそこを日本が追随する必要はないのですが、資本主義の末裔ですかね、勝ち組と負け組に分かれてしまった結果の出来事だと考え、軽く流すのが一番の方法かも知れませんね。

 アメリカのテレビ番組どう思いますか? 私は平日はビジネスのCNBC専門ですが、たまにCelebrity Rehabとか見ます。かつて「花」だったスター選手や俳優、ミュージシャンなどが麻薬がアルコールに溺れ、それを更生していく番組です。一応、追跡で「その後」を放送して見ている限り、更生していますが、これも米国の現実なのかと思ってしまいますね。

 もう1つは最近発見した「Restaurant Impossible」ですね。これは日本でも昔同じような番組がありました。業績不振で潰れかけた店をてこ入れするもので、2日で2千ドルをかけて改装、メニューを作り直し、従業員のトレーニングを行うというものです。
 ただ、見ていて本当にひどい店が登場します。そして共通するものは「店の内装が悪い、フードが不味い、サービスが悪い」の3つに当てはまるのです。それに気づかず経営していること事態が私はおかしいと思って見ているんですがね。

 今日のゴルフは久々の不振で98を叩きましたが、その主な原因は「力み」であったと分析しています。自称「飛ばし屋」を名乗る人物とプレイしたわけですが、力が入っているので、こちらも入ってしまった、というのが反省。自分のゴルフをしないといけないのに、他人の振り見て染められてしまったわけですね、これじゃリラックスしたプレイができるわけないですね。いかにゴルフが単純そうで難しいものかを思い知らされました。
 それでもPGA仕様のドライバーはかなり良い感じになってきました。ただ、これを使い続けるかどうかは疑問で、RAZERがまもなく届くので、その間の中継ぎになると思います。そのRAZERを戴ける相手に今日、ゴルフ場で会った際に「家にあるからそのうち」と言っていたのを信じましょう。
 最近は、あまり買わないというか、戴き物が多いですね。良い傾向です。すべてはコネあっての無償提供ですから、このパイプを大事にせんといかんのです。

 自販機の清涼飲料の補充をする仕事をしていた27歳の男性が、過労自殺し、両親が「猛暑の中、過酷な労働をさせた」として会社に対して約8千万円の損害賠償を求める訴えを起こしたそうです。
 単純作業かつ重労働だったんでしょうか? KAROSHIはすでに英語になっているという話も聞きますが、実はかなり昔に米国の新聞に登場しています。1988年にシカゴの新聞がKAROSHIという言葉を使って、経済戦争による戦死者という解説をしています。
 1日あたりの労働時間が12-19時間、休みなしが50日、夜勤と日勤の組み合わせなどが合い重なり体がギブアップする状態になるんでしょうね。
 それに加え、ストレスが神経系を襲う。胃潰瘍に始まり円形脱毛症、出社拒否症などすべてストレスからくるものでしょう。体と頭を酷使してその結果、ご臨終になる、それは心不全などで体が機能を停止するという作業に入るんでしょうね、具体的に言えば。

 私の事例で言えば、月曜日から金曜日まではだいたい睡眠時間が1日平均5-6時間です。それでは死ぬので、ランチとディナーの間に30分の昼寝、これが結構効果あります。それでも眠いことはありますよ。そしてこれだけやっても仕事が追いつかないときがあり、この連休などを利用してペーパーワークをしているわけです。
 土曜日は、運動の日としてゴルフの練習に行き、日曜日はこれまた早朝からゴルフに出かける。それも土曜日の夜というか日曜日の朝2時ごろ寝て、6時半か7時に起きてゴルフ場に向かうわけです。だからスコアがダメなときは言い訳ができる。
 私なんかまだ4時間以上寝ているわけですが、一緒にプレイする某レストラン関係者はさらにひどく、3時帰宅の6時起きとかを平気でやる。それでも18ホール周り、そのあとまた仮眠して夜の仕事に向かうわけです。
 私は大抵、ゴルフを終えるとアルコールを飲んで、疲れから昼寝3-4時間するのが常ですけどね。それでまた夜中まで起きて、腱鞘炎覚悟のタイプ打ちをしているわけです。コンピューターの発達は良いが、すべてが指先運動で、決して体には良くないですがな。

 たまに忙しいと、ブログをサボることもある。というかAXISの印刷仕上がりとかになると本当に時間がなく、書けない状況に陥るわけです。すると「更新されていない」と熱烈なTAKAブログファンから抗議を受けるわけです。そうなると「まとめ更新」をするわけですね。
 今日はそんな日であり、日ごろ書きたかったことをどんどん短くまとめて書いているわけです。これが意外にも私なりの「ストレス解消」でもあります。思っていることを書くので体に貯めない。ということはストレスフリーとは言わないまでもかなり低減できていると思いますよ。

では、また明日。

 

湯霜をすると美味しくなるのか?

小鯛です、真鯛の小さい版ですね。いつもは皮を引いて出していますが、今日は湯霜をしてみました。
皮付きの白身にペーパータオルをかけて上から熱湯をかけます。そして瞬時に氷水に漬けて冷めたら水気を取ります。この簡単な方法が旨みを引き出します。
 よく鱸の洗いはそうしますし、真鯛もやっていた時期がありましたが、皮がひっかかるので、やめました。
 今回は小鯛で、身が大変やわらかいので、皮を引くときに身割れを起こすことがあります、それを防ぐ意味もあっても湯霜です。
 調べてみると金目鯛もこの手法が良いようで、今後トライします。

また「焼き霜」という手法もあり、サーモンなどは皮目をバーナーで焼きます。とどのつまり、皮の後ろの旨みを食べてしまおうということなんですね。

魚をどう料理すれば一番美味しいのか、まだまだ勉強ですね。

そういえば、FDAの規制が新しくなり、米国内で獲れたヒラメは、寄生虫の恐れがあるため、最低でも1日程度の冷凍を義務づけられます。
かつて、寿司というものが日本人だけの手で作られ売られていたときには問題なかったのですが、街角のどこにも「SUSHI」がある今の世の中でアジア人をはじめメキシコ人までもがSUSHIを作っていますから、その衛生管理に問題が出始めていると言えますね。
 そうなると当局は、どんどん規制していきます。今回の処置がやがて「すべての鮮魚は一度冷凍してから解凍して使うように」という御達しが来るのも時間の問題かと思います。
 それでは「鮮魚」を売る意味がなくなりますね。そのあたりが寿司屋の転換期になるんじゃないですかね。
 美味しいものを提供できないとなると、やる意味合いがなくなる。冷凍した魚を解凍するとドリップ(水)が出ますからね。脂身のある魚は少ないと思いますが、そうでない魚はかなり品質が劣化すると思われます。


これ良いの?シリーズ?現代の孫の手?

こういうつまらないものをついつい衝動買いするのですが、店のインドネシア人にも人気であります。
私は特に、手首やひじをゴリゴリやります。するとかなり楽になるのです。
タイプをする人には良いかも知れませんね。
買った場所ですか? 秘密です。

というわけにはいかないので、RAKUというラーメン屋(Duluth)の右にある韓国系の化粧品屋さんです。

Saturday, September 3, 2011

秋なので、衣替え

少し背景とかと、触ってみました。秋ですからね、秋らしくというか、少しシックに仕上げてみました。Aママ、ファッション的にはどうなんでしょうか?このTAKAセンスは。

ということで、模様替えしたものの、黒の背景に白い文字では見にくいという指摘を初老の方、2名からいただき、早速変えました。といっても元に戻すのは嫌なので、違うイメージにしてみました。

週末往来! Labor Day Weekend

 最後の夏休み、LaborDayの週末です。予想通りの暇なビジネスでしたね、明日はこれに輪がかかります、さらに暇ということですね。幸いにもインターステートの道路工事は今週末に限ってはないようですから、遠出はOKですね。ただしダウンタウン付近は明日も、UGAのゲームがあるため、大変混雑することでしょう。

 クルマをCraigsListで売り出しましたが、反応があったのは1件だけでした。それも値下げはあるのかという問い合わせ、他にも2件電話がありましたが、これらは皆ADをしないかというマーケティングの誘いでした。こういう電話が一番うっとおしいのですぐに切ります。最悪はCarMaxにでも持ち込んで処分しますが、これは最終手段です。

 今日の一番嫌なお客さん~店から帰ったあとで戻ってきて、「酒をこぼされたので、クリーニング代を弁償してほしい」というものでした。確認するとパティオのテーブルが少し不安定だったためにかかったようですが、それで「いくらですか?」と訊けば、「8ドル」と言ってきたので、きっちり8ドル渡しましたよ。帰るときに言えばよいものを、少し時間が経過して戻ってきましたからね、こんなケースは初めてでした。

 株価は200ドル下げ、先行き不透明になってきました。というか雇用が今一安定しないからですね。7月も9.1%、8月も9.1%だったこと。新規雇用がゼロに等しかったことを嫌気しての大幅下落でした。それを受けてゴールドは「しめしめ」で1882ドルまで上昇しましたね。
 少し株というか投資信託の持分を減らそうと思います。金余りの中、預金していても面白くないので、投資信託に入れているわけですが、これだけ不透明になると買い時が難しい。利益の出ているうちに売却して不動産でも買い、老後に備えるということですね。

 思えば、来年50歳になります。早ければ60歳で引退しますが、引退しても安定した収入を得るためには何をすればよいか、それは不動産に投資して賃貸し家賃収入を得ることではないかと思った次第です。
 思いついたら私は早いので、すぐに行動に移します。現在、ハワイの不動産屋と連絡中で、やはり簡単に貸手が見つかるハワイではないかと思います。すでにリサーチは終わり、良い物件があれば、1つ試しに買ってみようかと思います。引退までに最低でも3つ物件を所有し、1つは自分が住み、2つを貸す。これで毎月の安定収入を得るわけですね。

 首の皮、1枚でつながっていたものが、また元に戻りつつあります。人生どう転ぶか分かりませんが、これでまた従来の人生設計図を見直すことになります、ただ、今回は選択肢が増えるので良いことなんですがね。

 AXIS9月号が昨日上がってきて、今日はもう郵便局で出してきましたから一安心です。こういうのがあるので、忙しいわけですが、峠を無事に越しました。明日1日働けば3連休になりますが、日曜日のゴルフは確定、月曜日もしたい気分ですが、雨模様の天気です。メキシコ湾に熱帯低気圧が近づき、ルイジアナで上陸した後、ジョージアに旋回するようです。これが始まるのが月曜日ですね、これが通過しても安心はできません。

 今度は東からハリケーンになるであろうKatiaが近づいています。この最終進路はまだ決まっていないものの、キューバとマイアミの間を通過しそうですね。そうなると北上しますからアラバマあたりから上がってジョージアに入るわけです。最大でカテゴリー3になると予測されています。
 ちょうど、来週から気温が80台に下がるようですが、明日土曜日は92度ですが、日曜日は86度、月曜日から81-82-80度といったぐらいでかなり涼しくなります。ただ高い降水確率ですけどね。

 皆さん、良い週末を!

今日の出来事から 7月28日(金)

Julio Veinte Ocho ( Viernes)  あと3日営業日で、7月も終わり。厳しい7月です。昨日はたまたまフィーバーして777となりましたが、それでも子供が多く単価が低い。  株価はナスダックが6800ポイントと高い=景気も良い? そんなのは妄想ですよ。街角景...