Friday, December 29, 2017

あと2日で2017年が終わる 12月29日(金)

Deciembre Veinte Nueve (Viernes)
 実質は3日なのですが、日曜日が休みのため、営業日では2日となります。2016年と比較してみましたが、微増で終わりそうです。2016年は2カ月店がなかったので、その数字を比較できないのですが、その2カ月を今年と同じ数字として計算しての微増です。厳しい実績です。5%以下の成長は2年目の店にしては厳しい。
 この前来た、露天商のUさんも、「今年は回る場所をかなり増やして、ようやく昨年並みの数字になった」と言っていましたから、同じことをしていたらマイナスだったということでしょう。

 うちも同じ、オイスターを始めたのは確か今年の初めだったと思います。一時、インドネシア産の冷凍マグロに走ったのを、また生のメバチに戻していきました、これはやはり正解、マグロは寿司屋の命、看板商品です。高くとも良いものを使わないといけない。
 バックヘッドから少し離れているだけで、ビジネス客は来ないものの、地元の人がジワジワ固定化してきて、これは良いことです。赤むつなどの高い魚も売れるようになり、さらに高いキンキをメニューに入れたのが夏のことでした。まだまだ完売にはいかないが、これも先への投資であると思っています。
 秋から始めたのは和牛。一時、炙りで扱っていましたが、今回は生での扱い、ウニとの相性が抜群で、これは継続できそうです。こういうのはインスタントとか「ごちになります」を見ていてアレンジしています。やはり情報はお金ということですね。
 人材面は相変わらず厳しい。家族をランチに入れ、秋からは産休子育ての妹分を1日ですが入れて何とか凌いでいます。来年は1人、フルタイムを入れるように検討中です。フロントの従業員をどう育てるか。来年は知識テストもしてみようと思います。ポン酢を記述せよ、ティラディトとは何か? グルテンフリーとは?などなど、お客さんからの様々な質問や要求に迅速かつ的確に対処できるようにするためです。

 まあ、前の店と同じ1ミリオンは売っているわけです。これが赤字にならずそこそこ儲かる売り上げのラインです。これを毎年5%で伸ばしていくことが希望ですよ。10%や20%急に伸びると品質がついていきません。急に伸びたものは歪みが生じるのです。年間5万ドルを伸ばすわけです。それを毎月に落としこめば、4千ドルを伸ばすことです。
 それはランチが少し伸びて、平日のディナーが伸びれば、容易なことです。そしてジワジワと客単価を上げていきますから、それは不可能ではない数字です。
 自分の店の位置づけを高級店とは思っていません、しかし大衆店とも思っていません、良い品が適正値段で食べれるお店です、うちはね。置いている魚は高級店と同じ、それでも彼らよりも安いはずです、それで今までバックヘッドに流れていた地元のお客さんをここで止める、そうすれば売り上げは上がるというものです。残念ながら、まだまだ力がないんで、それは少しずつ取り込んでいくしかありません。
 前の店のときのお客さんもバックヘッドから時間をかけて、店に来てくれますから、他店では満足していないということの証でもあります。そういうお客さんを1人でも2人でも増やすこと、それが毎週1回、2週間に1回のローテーションに入ってくれると自然に売り上げが上がってくるというものです。

 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない
 この東洋経済の記事ですが、今年はこんな記事が多かった。老後破産、貧困老人などなど、これは何が悪いのか? 社会が悪い国が悪いという前に、その人が負け犬であったからでしょう。資本主義ですよ、お金を持った人が勝ち、持っていない人は負けです。
 そうならないために、何をすべきか、何をすべきだったのか?ということではありませんか? 例えば住宅ローン、日本では35年ローンとかあるようですが、何歳で家を買いますか? 仮に30歳で買うとすると支払いを終えるのは65歳です。場合によっては35歳から買う、すると終えるときは70歳。70歳といえばもう引退しているはずです、それなのに借金があるのはおかしいわけです。ここいらの発想を変えていかないとダメ。
 日本は、もっと政府が持ち家制度などを作り、持ち家を促進させ、税優遇をしていくことが大事、資産を不動産で形成させること。
 これがないから、変な投資に向かうのです。聞いた話ですが、ビットコインの40%は日本人がやっているらしい。今はいいですよ、儲かって。しかしすでに高値から30-40%も下がって損している人もいる。バイナリーだFXだ、詐欺ではないが、難しい投資が山ほどあります。それにひっかる人もたくさんいるわけです。
 不動産は嘘をつきません、実態がありますからね、そしてゼロにはならない。そしてアメリカのように資産形成になれば良い。
 しかし、日本はどうも怪しい。新築至上主義があって、どうもその裏には、売らんがための、建設会社や住宅会社が暗躍しているように思えるのです。中古の何が悪い、直して古い家に安く住める方が良いでしょう。
 都心に皆さん、住みすぎですよ。毎日、満員電車に揺られ最低40分かけて都心に通う惨めな人達。マンションとは名ばかりの「集合住宅」に住んでいるわけですからね。一戸建てはまだマシ、ウサギ小屋と言われようがプライベートがある。狭いが庭もある。親が苦労して買ったものを放置する息子たち。なんとかならないものですかね。
 これも将来、ビジネスになると思いますよ。空き家を格安で買い、直して売る。アメリカでは、こんないい加減なアメリカでも築100年を超える家があり、ハワイのホテルには築200年もあるというのに、どうして匠の国日本でそれができないのか?????

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
雨もない、雪もない、ただただ寒いだけの1週間になりそうです。

 今年もほぼ休まずブログを書きました、昨日までに書いた本数は3813件です。これを365日で割ると、10.44になりますから、約10年も書いていることになります。AXISに落とし込むとはいえ、我ながらすごいもんだと思います。継続は力なりです。これが他の人にはなかなかできない。だから私は異常なんでしょう。これも1つの神様がくれた才能だと思いますよ、書いていることやコピーしていることは大したことないかもしれませんが、3813件もあるのは事実です。
 まあ、これが体力ですよ、原動力ですかねえ。自分を主張すること、間違っていようが、他人になんと言われようが、自分の思ったことを口にして文章にするというのは、大事なことだと思います。それがなかったら金太郎飴になってしまいます、埋没しますよ。それでは人間として生きている意味がない、私はそう思います。
Enya - So I Could Find My Way 1年の終わりにふさわしいかも。
It's just another New Years eve - Barry Manilow

Thursday, December 28, 2017

4日後にマリワナが吸える 12月28日(木)

Deciembre Veinte Ocho (Jueves)
 今朝の知っておくニュースの中にあったものですが、2018年1月からカリフォルニア、ネバダなどの州がマリワナを解禁します。これまで医療用でしたがそれが嗜好用でも買えるわけです。1400万人の人口を抱えるカリフォルニアでは7-8ビリオンの売り上げになるそうです。
 まあ、吸いたい奴は吸えばいい、それが私の考え方ですが、当局のお粗末さから、ドラッグの取り締まりができないので、一番簡単な方法、合法化してしっかり税金を取ろうというものでしょう。
 それに加え、どう見ても犯罪が減る傾向になく、刑務所は満杯状態のため、たかがマリワナで刑務所にぶち込んで、税金を使い管理するのがもったいないと感じたのではないか?州の経費削減、そして新たな財源確保で安定財政、まさに一石二鳥です。

 アマンダ・デイビス死去
  アトランタに長年住んでいる人なら知っているでしょう。元はFOX5の顔でした、それがDUIで捕まり、クビになり、もう1回何かで捕まったと記憶しています。
 そしてCBS46に拾われ、朝のアンカーを務めていましたが、昨日、父親の葬儀に行くため、空港に行ってそこで心臓発作で亡くなりました。

 韓国軍が竹島で防衛訓練 日韓合意検証発表の翌日に…日本側は強く抗議: 竹島(ロイター)これが竹島です。
 韓国海軍は28日、海兵隊や海上警察などと共同で、韓国が一方的に領有権を主張する竹島(島根県隠岐の島町)周辺の防衛訓練を同日、開始。文在寅政権下では6月に続いて2回目です。
 韓国軍側は「定例の訓練で、1カ月ほど前から計画されていた」と強調、しかし慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証結果の発表翌日の実施でもあり、日韓関係への悪影響は避けられない状況。訓練は、駆逐艦など艦艇5隻に加え、戦闘機や哨戒機、ヘリコプターを投入。「外部勢力の独島(竹島の韓国名)への侵入を阻止する」との想定で実施された。こうした実効支配が続いているのがおかしい、腰抜け日本と言われても仕方ない、来年は尖閣が中国の実効支配になるのか?そうならないために自衛隊の駐屯とすること。いずもを空母にするように改修すること、それはあくまでも防衛目的であること。
 中国の習近平指導部が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が難航。パキスタンやネパール、ミャンマーで中国が関与するインフラ建設案件が、相次いで中止や延期に追い込まれ、明らかになっているだけでトラブルは4案件で、建設費用は総額761億ドル(約8兆6千億円)。パキスタンなどにとり、支援の見返り条件が厳しすぎる上、軍事転用の疑念もぬぐえず、中国の“ゴリ押し”に不信感を抱いた点が背景にある。 一例は、中国が総額で140億ドルの資金援助と建設作業を申し出たインダス川上流のダムと水力発電所の建設案件で、対象国のパキスタン側が受け入れを断った。完成後のダムの所有権や運営権を中国側に譲渡することが支援の条件で、パキスタン側は「国益に反する」と判断。また、中国企業が参加して工事が始まっている鉄道やパイプラインなど総額560億ドルの大型案件も、複数の建設地点で中断が確認されている。ネパールは総額25億ドルの水力発電所の建設で「重大な疑念がある」との理由で中国の支援受け入れを断念。ミャンマーでも、中国の支援で始まっていたダムと水力発電所の総額36億ドルの建設が中断。このほかバングラデシュでの港湾、インドネシアでの高速鉄道なども計画通りに建設が進まず、「一帯一路」に連なる多くの案件が暗礁にこういうのは怪しいのですよ、お金出して、あとで恩を売る、そして支配下に治める。日本のODAのとうに、見返りなしの相手方の国の経済発展に寄与するものでないといけない。汚い根性の国ですよ。
 政府の地震調査委員会は、関東から九州・沖縄地方までの広い範囲で被害が想定される南海トラフ巨大地震について、来年1月時点での30年以内の発生確率を現在の「70%程度」から「70~80%」に引き上げることを決めました、ということはほぼ、間違いなく起こるということです。いずれ、日本列島は日本海溝の中に沈んでいくのは確実です、マントルは動き、どこかで新しい島ができるように、どこかで島が消えるのです。その前に地震が起きるのも当たり前のことと考えるのが適切です。日本に住むリスクは高いので、他の国に住居を構え、何かあったら逃げ出せるようにしておくのは保険としても大事なことです。
 私的なことですが、ハワイのワイキキの借金が10万ドルを切りました。購入から約6年でしょうか、昨日、今年の締めくくりとして1100ドルのエクイティを払い、残高が9万9千900ドルになりました。これで苦しいながらも今年の目標を達成しました。こんなうれしいことはない! 私はオフィスの壁に借金を張り出して、毎月書くようにしています。それによると、ハワイのコンドの借金はこの1年で10万7千100ドル減っている計算になります。来年はこの9万9千900ドルをゼロにするのが目標です。それをテコに翌年、もう1つのアラモアナのコンドの借金を10万ドル以下にする、そして2年後にゼロにして完済するわけです。60歳引退に向けて走るしかない! 男は借金できてナンボじゃい、踏み倒したらいかんでー、返して男が上がるんじゃい!と思います。
 来年のもう1つの目標は、生保からの借金をチャラにすることです。これが、今年から本格的に支払いを始めましたが、あだ5万ドル近くあります。この金利が実に8%と高いのです。自分が投資したお金を借りそこに金利を払っているわけです。コンドの金利は4.35%ですから、この生保の借金を返すのが最重要課題となります。もう1つ年金からも借金していますが、これはまだ返せないのが実情です。返すためには、売り上げて利益計上するしかありませんから、必死で働きますよ、心臓発作して死なないこと!
 イトマン事件とは何だったのか? 在日韓国人実業家の許永中、住友銀行をメーンバンクとするイトマンは、同行出身の河村氏がバブル崩壊の詰め腹を切らされそうになり、対抗措置として凄腕の地上げ屋である伊藤氏を常務に迎え、不動産開発、ゴルフ場建設、サーキット場などレジャー基地建設、そして絵画ビジネスなどに乗り出して、売り上げを膨らませて利益を捻り出した。3000億円は、伊藤プロジェクトの総体であり、それぞれに事業計画があり、仕入れがあり、仲介手数料があり、イトマンへのキックバックがあった。許氏は、絵画ビジネスを起点に伊藤氏に食い込み、伊藤プロジェクトのなかに「許ルート」を潜り込ませてイトマンの見せかけの利益に貢献するとともに、“中抜き”をした。闇に消えた3千億円でした。「ガイヤの夜明け」12月26日にその許が出ているそうです。 「カネさえあれば、極端な話、この世界、できないことはない。ポンとカネを積めば返す人はいない。99%(の人)がそう」「カネ儲けのために(仕事を)やったことはありません。カネは仕事についてくる」と、語ったそうです。現代ビジネスに出ていました。
 Atlanta, GA 7-Day Forecast
日曜日の雪はギリギリです、北は降りそうですが、バックヘッドから南は雨になりそうです。しかし20%。来週木曜日の雪警報はなくなりました。4日といえば学校が始まりますからね。
 思えば今年もいろいろありましたよ、その中で、仕事をして借金を減らすのが最大のやるべきことです。二極分化だ、貧富の格差だ、世間では好きなことを言いますが、それを批判するのはバカでもできますよ。だったらその極の上の方に行けばいい、格差のある富の方に行けばいい、ただそれだけじゃないですか。できない人に限って「世間が悪い、社会構造が悪い、時代背景が良くなかった、貧乏の家に生まれた」とか、まあこじつけが多いのなんの。そういう人間に限って、唯一平等に分け与えられた時間というものを粗末にしている。そしてお金の使い方を知らない。だから時間がないから何もできない、お金に嫌われるから、お金が寄り添ってくれないのです。それに気づく人は少ない、気づかずに一生終えるのです。


 
 

Wednesday, December 27, 2017

石つぶて ハマりますよ 12月27日(水)

Deciembre Veinte Siete (Miercoles)
 昨夜は、友達が来て、陸王が終わってしまい、見るものがなくなったという私に勧めたのが「石つぶて」、Wow Wowが作ったドラマです。
 『石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの』は清武英利作のノンフィクション。2017年に『石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』のタイトルでテレビドラマ化された。外務省機密費流用事件を追う警視庁捜査二課情報係の刑事を描く。
 ノンフィクションということは、そういう事実があった、あるということですか?? まあ、政治にはお金がかかる、そして帳簿に載らないお金が必要。それはスパイに渡すお金、裏金で必要な場合もある、CIAとて、工作資金が必要で、アメリカではこういうのは闇で処理されているでしょう。「OO国の転覆のため反政府組織に2億円払った」とか書けないはずです。
 まあ、このドラマは、機密費50億円が政府から外務省に支給されていたのが、慣例で20億円は上納され首相官邸に戻されていたという話です、大筋を言えば。それを政府要人の海外出張を取り仕切る外務省の担当官が経費として渡されたお金を着服し、私的に使い、また彼はノンキャリアなため、キャリアの上司のご機嫌取りに使ったというもの。
 いろいろ探していたんですが、5話と7話しか見れていません。最終回もあるので見れます。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 明日からやけに寒くなります。このCBSの予報よりもアイフォンの予報はさらに厳しいです。明日の朝は27度、日曜日が雪マークになっています。そして最高気温も上がらないので、仮に大晦日が雪になると、カウントダウンを祝い人はレストランなどに行けなくなります、翌日の朝が確実に路面凍結になるので、危険を冒してまで出かける人はいないということです。
 さらには、4日の木曜日も雪の予報になっています、仮に雪が積もれば、これまた金曜日と土曜日の営業に大きな影響を与えます。

 ここにも勝ち組と負け組が! 看板ドラマ枠の最終回視聴率をめぐり、TBSとフジテレビの年の瀬に明暗が分かれている。日曜劇場「陸王」最終回が20・5%を記録したTBSは、昨年末の「逃げるは恥だが役に立つ」に続く20%の大台越えで仕事納め。一方のフジは、月9ドラマ「民衆の敵」最終回が月9ワーストの4・6%に沈み、大ショックで越年することに。

 メキシコの殺人件数が今年、1997年の近代的な統計開始以来最多を記録。発表された内務省の統計によると、メキシコでの殺人事件の件数は今年1─11月で2万3101件となり、2011年の2万2409件を上回った。ただ、人口に対する殺人の割合で見ると10万人当たり18.7件で、2011年の19.4%前後を下回っている。また、国連統計によると、入手可能な最新データである2015年の10万人当たりの殺人件数比率は、ブラジルとコロンビアが27件、ベネズエラが57件、ホンジュラスが64件、エルサルバドルは109件となっている。米国での比率は5件。ロイターから

「アミノ酸」が多い……卵、レバー、牛乳、チーズ など
「ビタミンB群」が多い……豚肉、うなぎ、青魚、玄米、納豆 など
「カリウム」が多い……納豆、みそ、豆腐 など
「ヨウ素」が多い……コンブ、ワカメ、ハマグリ、青魚 など
「体を温める」……トウガラシ、生姜、長ねぎ、カボチャ など
さて、これらは何の目的でしょうか? 代謝を上げるのです。私たちは、毎日の食事で栄養素を摂り入れ、それを体内で燃やして、活動するためのエネルギーにしています。このように、栄養素をエネルギーに変え、生体の活動を維持していくシステムを「代謝」といいます。
 体温を調節したり、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、食べ物を消化・吸収したり、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせたりするのも、みんな代謝の働きによるものです。代謝は、私たちの生命活動です。代謝の上がる食品を食べることで、体が疲れにくくなります。

 昨日は、マイアミから友達が訪ねてくれました。元銀行員の彼は、アクションフィギュアなどを販売する仕事をしています。カーゴバンに商品を積み込み、各州のイベントに参加して、そこのブースに出店して売り上げを作るというもの。バイタリティあります。確か、マイアミの他に、ジャクソンビル、アトランタにも家があります、まあコンドみたいですけどね。仕事はハードでも実入りが良いからそういうことができるのでしょう。
 やはり、個人事業主の友達がいて、彼らと情報交換するのが楽しいですかね。サラリーマンではなかなか話が合わない。自分のお金を出してビジネスして、リスクを背負っている人間だからこそ、言えることもあります。よく「サラリーマンでも同じ、下手したらクビになるからリスクは同じ」と言う人もいるでしょう。しかし、その度合いが違いますよ。気合も違いますよ。
 その一つが、個人事業主は病気になってはいけないということです。風邪ひけないのですよ、休むわけにいかないからです。休んでもピンチヒッターはいません。だから、毎日の生活は用心用心です。カラダ鍛えて緊張感保ち、病原体を体内に入れないことが病気にならない秘訣だと思います。レストランオーナーの中で、「風邪ひいて休みました」という話を聞いたことがありません。逆に言えば、病欠するようでは、ビジネスオーナーにはなれない、ということでもあります。

Tuesday, December 26, 2017

銀行もジャパンライフも同じ? 12月26日(火)

Deciembre Veinte Seis (Martes)
銀行はこの記事を対岸の火事だと笑えるのだろうか?
「山に行こう」。愛知県の80代女性は約7年前、友人からそう誘われ、ジャパンライフの代理店に連れていかれたという。 店では「腰がよくなる」などと言われて磁気ベルトなどを体験。その後、女性宅を訪れるようになった担当者から、「商品を購入してレンタルすれば、預貯金より利率がいい」「レンタルユーザーが殺到している」などと勧誘を受けるようになった。「相続税対策にもなる」などとも言われた女性は平成22〜27年ごろにかけて30回以上契約し、計1億円以上を支払った。
 ジャパンライフの担当者が自宅を訪問していることや、女性が多数の契約を交わしていることに同居の孫が気づき、弁護士に相談。この女性は返金を受けることができた。 「ジャパンライフ被害対策中部弁護団」には、こうしたジャパンライフとの契約に関する相談が多数寄せられている。相談に来るのは70〜80代が中心で、勧誘される商品の多くは100万〜600万円と高額だ。高齢者らは店でマッサージを受けたり、温泉施設に集められて舞台鑑賞をさせられたりする中で心を許し、契約を交わすケースも多いとされる。 「高齢者らは『磁気治療器を購入するとお金がもうかる』との思いだけで、契約内容を十分に理解しないまま契約を重ねるケースが目立つ」と弁護団の杉浦英樹弁護士。中には、総額でいくら支払ったか把握していなかったり、配当金を会社側に積み立てる形式を取らされて新たな契約代金に充当したりする者もいたという。
 ジャパンライフはこれまで、弁護士が間に入って解約を求めると返金に応じてきたが、夏ごろから変化も出てきているとされる。 「最近は『分割返金』を求めるようにもなってきていた。新規の顧客の契約代金を既存の顧客への利回りに充てる『自転車操業』の状況が続き、返金が苦しくなっている様子もうかがえた」と杉浦弁護士。弁護団は今後、全国弁護団の結成を目指す。また来年2月末にも、ジャパンライフの経営陣らに対する損害賠償請求訴訟を名古屋地裁に起こす方針という。
 最近、高齢者を狙う詐欺が「おれおれ」が効かなくなったことから、こんな手口もあるということですが、どうして銀行? それは銀行も外貨型生命保険で高齢者を半ば騙して販売し、高額な手数料を上げているからです。1千万円を売ると50-70万円の手数料が入り、それは投資信託に比べ、5-10倍も高く、自分のノルマも達成でき、支店の成績も上がり、出世もできるということです。まさにこれは半沢直樹の世界?
 実は、「陸王」が終わったことで、暇を持て余し、半沢直樹を見ていました。所詮、汚い金貸しです、銀行とは本来、経済の発展のために、事業にお金を貸す、出資してその利息で儲けていくもの。それがいつの間にか、サラ金が消えた後の街金のようなことをして15%近い高金利でお金を貸し付け、それが返済不能になるまで甘い汁を吸い続け、それが監督官庁から指導が入ると、今度はこうした金融商品を高齢者を中心に「お願いセールス」と称して売りつけて、利益を上げているのです。それが先週のNHK「クローズアップ現代」に出ていました。
 2017年3月末、「週刊文春」が報じたハリウッド俳優・渡辺謙(58)の不倫疑惑。ここにきて、妻の女優・南果歩(53)と離婚に向けた話し合いを始めたことが明らかになった。そして桂文枝(前の三枝)74歳は58歳の女性と8年の交際、これがフライデーにバレた。芸能界は年末も忙しい、まあこれも芸の肥やしですよ。
 これは映画にもなっているそうです。
 ナチスのことを題材にした映画の公開が2017年も続いていて、欧米の映画製作者にとって「ヒトラー」「ナチス」「ホロコースト」が今も切実なテーマであり、日本も含めて、熱心に見る観客がいるということがわかる。「永遠のジャンゴ」などは、ナチスによるロマ弾圧を描いているというのに、今年のベルリン映画祭のオープニング作品だった。
 本書はそのなかの「否定と肯定」の原作。「ホロコーストの真実をめぐる闘い」という副題がついている。著者は米国の歴史家で、現代ユダヤ史とホロコースト学を教えるエモリー大学教授のデボラ・E・リップシュタット。
 彼女は1993年に『ホロコーストの真実 大量虐殺否定論者の嘘とたくらみ』という本を出版した。その中で、200語ほどを使って、英国の歴史叙述家、ディビッド・アービングのことをホロコースト批判論者として取り上げた。「馬の目隠しをかぶった盲目的なヒトラー信者」「史実を歪曲し、文書を改ざんし・・・歴史的な定説に真っ向から反する結論を引き出すため、データに間違った解釈を施す男」と評した。
 他の否定論者と違って、アービングには第二次世界大戦と第三帝国に関する著書が多数あった。そのうちの何作かは高い評価を受けていた。彼のホロコースト否定論は、他の否定論者に比べてはるかに注目されており、それゆえ「最も危険な存在」だった。
 ホロコースト否定論をすでに公にしている以上、まさか名誉棄損で訴えられるとは思っていなかった。しかし、アービングは96年、英国でリップシュタットを訴えた。
 英国の法律では、名誉棄損は被告の側に立証責任がある。放置すると、名誉棄損が成立し、「ホロコーストはなかった」という主張が正しかったことになる。リップシュタットは多数の人々の支援を受けて、厄介な裁判を闘うことになる。その顛末が本書である。結論から言うと、彼女は2000年、裁判に勝った。アービングは多額の賠償金を支払うことになり破産宣告を受けた。裁判結果は他のホロコースト否定論者にとっても大きな打撃になり、一部は活動をやめた。
 本書は米国でユダヤ人として生まれたリップシュタットの少女時代から始まり、ホロコースト否定論の研究に入ったきっかけ、裁判準備の資料収集、法廷での論争などが粛々とつづられている。ベテラン翻訳者、山本やよいさんの訳は流れるようになめらかだ。文庫とはいえ全体で600ページを超える大著。巻末には著者インタビューや訳者のあとがきもついている。発行元は世界有数の出版社ハーパーコリンズの日本法人、ハーパーコリンズ・ジャパン。 映画公開と邦訳出版に合わせて著者が来日、あちこちでインタビューに応じていた。なかでも11月28日の朝日新聞は記憶に残った。「フェイクとどう闘うか」という見出しがついていたのだ。ネット時代、フェイクニュースがしばしば問題になっている。米国では大統領自身が、発信者として批判されたりしている。「ホロコーストはフェイクだ」という主張と闘った本書の話が、いまや他人事ではない時代に生きている。
J-Castに出ていました。

 今年、トランプは何をしたのか?
1)TPP(環太平洋パートナーシップ協定)から脱退
2)メキシコとの壁を築くと宣言
3)中東移民の制限も行った
4)地球温暖化防止の新たな枠組みであるパリ協定から脱退
5)ユネスコ(国連教育科学文化機関)からも脱退
5)エルサレムをイスラエルの首都に認定
6)北朝鮮の核ミサイル問題を巡って金正恩政権との口合戦
まあ、世界中で暴れ回っています。これは果たしてアメリカファーストなのか、孤立してもアメリカは生きて行けますが、これは正解なのか?

 そして対する東の覇者、中国はどう動くのか? 2018年は、「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)という習近平政権の外交スキームを使って、どんどん「攻め」に転じる年になるだろうという予測が出ています・
 中国がかつてのアメリカのように世界の警察官になるのか?それはないとしても領土拡大の野心は消えないでしょう。尖閣や沖縄さえも危ない。ネパールが中国に併合される可能性も高いそうです。

 5番目から1位に
 カリフォルニアの山火事は、この前まで過去5番目でしたが、今は過去最大になっています。1位になって喜んでいる場合ではない。これも温暖化ですよ、乾くところはますます乾くのですから。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 せっかくのニューイヤーズイブが雪になる可能性が出ています。それも夜からというから、大晦日に稼ぐ店には影響が出そうです。家でおとなしくするのが正解かと思います。

Friday, December 22, 2017

うぬぼれジャパン 12月22日(金)

Deciembre Veinte Dos (Vernes)
・日産自動車(2017年9月): 無資格者による自動車の完成検査
・スバル(2017年10月):無資格者による自動車の完成検査
・神戸製鋼所(2017年10月):アルミ、銅などの品質データ改ざん
・東レ子会社(2017年11月):タイヤコードなどの品質データ改ざん
・三菱マテリアル子会社(2017年11月):シール材などの品質データ改ざん
今年発覚した企業の不正ですが、これらを称して「うぬぼれジャパン」というのだそうです。そして「みんなで不正すれば怖くない」それは「赤信号、みんなで渡れば怖くない」になりますが、これがアメリカで起きると、タカタのように潰れてしまいます。
 ビットコインはルクセンブルクのビットスタンプ取引所BTC=BTSPで17日に1万9666ドルまで上昇し、他の市場では2万ドル台に乗せましたが、その後は下げに転じ22日は下げが加速。ビットスタンプでは20%安となる1万2560ドル。0850GMT時点では15%安の1万3320ドルとなっています。バブル崩壊かと??? これ、池上さんの解説で見ましたが、ビットコインというのは数量が決まっているそうです、発行額みたいなものですが、それゆえ希少性もあって上がる、まさに金のような投機だそうです。池上さんは持っていないそうです。
  ニュート・ギングリッチ氏の妻であるカリスタ・ギングリッチ(51)が22日、在バチカン米国大使に就任。バチカンは移民、気候変動、エルサレムの首都認定問題などで米政府と意見が食い違っている。 ギングリッチはかつて大統領候補でもありましたが、まああまり好きなタイプではない、確かI-20の西の田舎の出だったと記憶しています。
 インスタやっていると、つまらない勧誘が実に多い、いいねからコメントしてきて、「在宅で月収50万円可能、バイトしませんか」「バイナリーで儲けて会社辞めました。毎月20万円は確実、やり方を教えます」などなど、週に1回はこんなアホな勧誘が来ます。そんなうまい話があるわけないやろ! 日本の平均年収が500万円もないというのに、そう簡単に毎月50万円も稼げるわけがないでしょう。
 「電子たばこ」には禁煙効果があり、喫煙をやめる、あるいは喫煙本数を減らすメリットがあるという主張がありますが、実際には電子たばこは禁煙の成功率を3分の1低下させ、禁煙には向いていないという調査結果を、国立がん研究センターが発表しました。 調査は、電子たばこ使用による禁煙の有効性は低く、電子たばこを使用した人は、使用しなかった人よりもタバコをやめられた人が37%少なく、電子たばこが禁煙の成功率を3分の1以上低下させているという結果でした。値は、米国など海外で発表されているメタ解析の結果と一致しています。
 28人死亡
 韓国のビル火災のニュースがアトランタのニュースにも出ています、冬場は火事の多い季節です。気を付けましょう。決して風俗店で死なないようにしましょう。
 Atlanta, GA 7-Day Forecast
来週からまた寒くなりそうです。日曜日は晴れに変わりましたが、土曜日の90%が気になります。
 先週届くはずの給料が届いていないので、再送付してもらいましたが、それがもう1つの会社のもので間違い、それで一昨日また送ってもらうと、これが昨日また届いていない。いろいろ調べた結果、同じモールの中で受け取りになっています。それで他のテナントを回ってみたがそれでも不明、また再発行してもらうかのぎりぎりの時に、最後の砦、裏のアパートに行ってみると、コンシェルジュが受け取っていました。E100とうちの番号があるのにそこまで見ていない。しかし大きな原因はUPSの誤送です。年末で忙しいので臨時のパートが働いているのです。おそらく先週の分もここに来ていたのでしょう。日本もアメリカも同じ、宅配便が多くて配送業者は悲鳴を上げているんでしょう、きっと。それでも誤送はいかんよ、絶対に。ペイロールの担当者とはこの1週間、メールのやりとり、電話など何度も話ました。少し親しくなった感じで、お互いにお疲れさんで、最後はメリークリスマスを言って電話を切りました。
 

Thursday, December 21, 2017

今年最もアメリカで売れた車 12月21日(木)

Deciembre Venite Uno ( Jueves)
久々の車の情報です。今年1-11月までのデータですが、順位に不動はないと思います。
20位
Slide 2 of 21: YTD Sales: 179,419<br>Vs. 2016: 3.0%<br>After experiencing strong sales all year — including a 4 percent increase in November versus a year ago — the Tacoma is now one of the top-selling vehicles in America. Toyota’s compact pickup was all new for the 2016 model year featuring a more aggressive design, a new V6 engine, a smoother ride and stellar off-road capability. The Tacoma is available in several configurations with two cab styles, two bed lengths, five trim levels and a choice of 2WD or 4WD. TOYOTA TACOMA
YTD Sales: 179,419 Vs. 2016: 3.0%
19位
Slide 3 of 21: YTD Sales: 191,507<br>Vs. 2016: -3.5%<br>The GMC Sierra had a strong showing throughout most of last year; but sales have dropped a bit this year — November had a 4 percent drop compared to a year ago. Virtual twin to the Chevrolet Silverado, the Sierra features GMC IntelliLink with a new 7-inch touchscreen display, an available remote-locking tailgate, wireless phone charging and available Apple CarPlay and Android Auto. For those seeking a luxuriously appointed pickup truck, GMC also offers the fully-equipped Sierra Denali with leather seats, magnetic ride control, a powerful V8 engine and LED headlights. GMC SIERRA
YTD Sales: 191,507 Vs. 2016: -3.5%
18位
Slide 4 of 21: YTD Sales: 192,179<br>Vs. 2016: -22.1%<br>Ford’s best-selling passenger car has experienced a sales decline over the last few months compared to a year earlier, and this continued in November with sales down 15 percent compared to the same month last year. That said, the entire Ford car lineup is down around 15 percent compared to this time last year. Fusion has been refreshed for the 2017 model year with subtle exterior design changes, interior improvements, new driver assistance technology and two new trim levels. Fusion remains the best-selling passenger car in the U.S. from an American brand.FORD FUSION
YTD Sales: 192,179 Vs. 2016: -22.1%
17位
Slide 5 of 21: YTD Sales: 194,724<br>Vs. 2016: 17.3%<br>Toyota’s 7-passenger crossover has experienced impressive sales since January; although November sales were down around 10 percent compared to a year ago, overall the Highlander is doing well this year. The success can likely be attributed to Highlander’s major update for the 2017 model year, including performance upgrades, refreshed styling and a new SE trim level. The SE stands out as a sportier version with 19-inch alloy wheels, sport-tuned suspension, dark paint for the front grille, dark headlight housings and dark roof rails. Also new is the fuel-efficient Highlander Hybrid, which features a direct-injection 3.5-liter V6 gas engine teamed with an electric drive motor-generator to produce a total of 306 horsepower while delivering a combined 29 mpg.TOYOTA HIGHLANDER
YTD Sales: 194,724 Vs. 2016: 17.3%
16位
Slide 6 of 21: YTD Sales: 201,617<br>Vs. 2016: 2.0%<br>As with other manufacturers, Nissan is experiencing a general decline in passenger car sales; however, Sentra is bucking that trend with a nice increase. Sales in the last two months have been a bright spot for the compact Nissan, with an impressive 25 percent increase in November compared to the same month last year. In 2016 Nissan introduced a new Sentra with updated styling, retuned suspension and a refreshed interior. Sentra is available with several advanced safety features, including Forward Emergency Braking, Intelligent Cruise Control, Blind Spot Warning and Rear Cross Traffic Alert. Joining the Sentra lineup this year was the new high-performance NISMO edition.NISSAN SENTRA
YTD Sales: 201,617 Vs. 2016: 2.0%
15位
Slide 7 of 21: YTD Sales: 217,074<br>Vs. 2016: 14.8%<br>The Jeep brand had considerable success last year, and that trend continues into 2017 largely due to America’s love affair with the SUV. The flagship Grand Cherokee leads the Jeep procession with sales showing an increase of 8 percent versus last year. The Grand Cherokee continues its tradition of offering impressive off-road capability in an attractive SUV package. Available with several 4WD systems and trim levels, the Grand Cherokee line added the off-road-focused Trailhawk and the luxurious Summit to the lineup to bolster sales momentum. Jeep now brings the high-performance Trackhawk into the lineup— with a staggering 707 horsepower as its calling card.JEEP GRAND CHEROKEE
YTD Sales: 217,074 Vs. 2016: 14.8%
14位
Slide 8 of 21: YTD Sales: 236,797<br>Vs. 2016: -16.2%<br>Once Nissan’s best-selling model, the Altima experienced a decline in 2016, allowing the hot-selling Rogue to claim its position as the top-selling Nissan in America. This sales dip has continued into 2017 and is part of an overall decline in the popularity of passenger cars — Nissan passenger car sales are down around 10 percent compared to last year. However, Altima is still one of the best-selling passenger cars in the U.S., and is holding its own thanks to an update last year with new interior and exterior styling, and enhanced technology and connectivity. For 2018 all Nissan Altimas will come standard with Automatic Emergency Braking and Forward Collision Warning. NISSAN ALTIMA
YTD Sales: 236,797 Vs. 2016: -16.2%
13位
Slide 9 of 21: YTD Sales: 242,565<br>Vs. 2016: 7.0%<br>Although Explorer experienced sales fluctuations last year, this family-size SUV remains a fixture on the best-sellers list with a big sales increase of about 23 percent versus a year ago. The 2017 Explorer offers many high-tech convenience and safety features including the latest version of SYNC, Ford’s voice-activated infotainment system. Two EcoBoost engines are available, including a powerful 3.5-liter twin-turbo V6 that makes 365 horsepower. Note: Explorer figures include sales of the Explorer-based Police Interceptor Utility, which is reportedly the most popular vehicle for law enforcement officers; current sales of the Interceptor are slightly above last year’s figures.FORD EXPLORER
YTD Sales: 242,565 Vs. 2016: 7.0%
12位
Slide 10 of 21: YTD Sales: 257,674<br>Vs. 2016: 19.8%<br>Chevrolet has introduced an all-new Equinox and the sales numbers indicate that this refreshed crossover is a big hit. Sales of the Equinox are down slightly compared to November of 2016; however, overall sales have solidified the SUV’s position as one of Chevrolet’s best-selling models. In addition to its updated styling and comfortable interior, the new Equinox is equipped with the latest in high-tech safety features and now offers the option of a fuel-efficient diesel powertrain.CHEVROLET EQUINOX
YTD Sales: 257,674 Vs. 2016: 19.8%
11位
Slide 11 of 21: YTD Sales: 282,043<br>Vs. 2016 0.3%<br>This small 5-passenger crossover from Ford has been the best-selling American-brand SUV for a long time. Although sales had been down earlier this year, the Escape turned in strong numbers for November, which helped put overall sales on the positive side. Ford introduced a redesigned Escape for the 2017 model year featuring a new exterior look, updated interior, new fuel-efficient engines and advanced safety technology. The most obvious change is the new raised trapezoidal grille that ties Escape’s look more closely to other Ford SUVs.FORD ESCAPE
YTD Sales: 282,043 Vs. 2016 0.3%
10位
Slide 12 of 21: YTD Sales: 300,540<br>Vs. 2016: -3.5 %<br>Honda has introduced an all-new Accord which is arguably better than the previous generation in just about every way. Early 2017 sales had been in decline over the first few months, and November has continued that trend compared to 2016. With a new Accord coming to market, we fully expect sales figures to start moving up. The new model features fresh styling, an updated interior, a suite of high-tech safety features as well as a lineup of new engines. Honda recently announced the new Accord 2.0T which gives this family sedan a turbocharged 252-horsepower engine.HONDA ACCORD
YTD Sales: 300,540 Vs. 2016: -3.5 %
9位
Slide 13 of 21: YTD Sales: 309,227<br>Vs. 2016: -10.9%<br>Corolla is one of the most time-honored names in the Toyota lineup; although the name connotes longevity, the iconic small car was all new last year. Sales of the compact sedan have declined slightly in the last few months, allowing the Corolla’s direct competitor — the Honda Civic — to overtake it. The new Corolla iM (formerly the Scion iM) makes up a very small percentage of total Corolla sales, but Corolla’s continued success can be attributed in part to its impressive fuel economy, roomy interior and extensive list of standard features.TOYOTA COROLLA
YTD Sales: 309,227 Vs. 2016: -10.9%
8位
Slide 14 of 21HONDA CR-V
YTD Sales: 340,912  Vs. 2016: 6.7% 
7位
Slide 15 of 21: YTD Sales: 343,750<br>Vs. 2016: -3.2%<br>Camry has held the title of best-selling passenger car in America for 15 years, but with sales in slight decline compared to a year ago and the popularity of the new Honda Civic, the Camry has relinquished its crown — at least temporarily. However, we won’t be surprised if Toyota takes back this top spot thanks to the all-new 8th-generation Camry that recently began arriving in showrooms. Lower and wider than the previous generation, the new Camry has an updated front grille, integrated headlights and sculpted lines to give the sedan a more engaging presence, as well as a completely new interior and choice of fuel-efficient, powerful engines.TOYOTA CAMRY
YTD Sales: 343,750 Vs. 2016: -3.2%
6位
Slide 16 of 21: <strong>Manufacturer:</strong> American Honda Motor Company<br><strong>Number of vehicles affected:</strong> 5,404<br><strong>Report Date:</strong> November 9, 2017<br><strong>Issue:</strong> Honda (American Honda Motor Co.) is recalling certain 2017 Honda Civic Sedan and Coupe vehicles. The right halfshaft may have been improperly heat treated, reducing its strength. The improper heat treatment can result in the halfshaft breaking, preventing the engine from moving the vehicle, and can allow a possible roll away situation if the parking brake is not engaged. This can increase the risk of a crash.<br><strong>Solution:</strong> Honda will notify owners, and dealers will inspect the halfshaft’s serial number, replacing it as necessary and aligning the front wheels, free of charge. The recall is expected to begin December 15, 2017.<br><strong>Contact:</strong> Owners may contact Honda customer service at 1-888-234-2138. Honda’s number for this recall is K0E.HONDA CIVIC
YTD Sales: 345,880 Vs. 2016: 3.1%
5位
Slide 17 of 21: YTD Sales: 363,293<br>Vs. 2016: 25.5%<br>Small crossovers are clearly among the most popular vehicles with American shoppers, and Nissan has capitalized on this with the versatile Rogue. A strong showing over the last several months has helped Rogue become Nissan’s best-selling model for the first time, and while sales were up an impressive 35 percent in November versus 2016, it wasn’t quite enough to unseat the equally popular Toyota RAV4. In the latter part of 2016, Nissan introduced an updated 2017 Rogue with fresh styling and new features. The new Rogue has a 170-horsepower 2.5-liter 4-cylinder engine with an advanced Xtronic transmission with Eco mode, boasting an EPA fuel economy rating as high as 33 mpg. The 2017 Rogue is also available as a hybrid, and is now joined by a smaller model called Rogue Sport. NISSAN ROGUE
YTD Sales: 363,293 Vs. 2016: 25.5%
4位
Slide 18 of 21: YTD Sales: 375,052<br>Vs. 2016: 19.1%<br>Toyota’s RAV4 crossover experienced impressive sales in 2016, and with a redesigned model that trend continues into the new year. The RAV4 started 2017 with its best first half ever — impressive considering it had record sales in 2016 — and November continued the trend with a 2 percent increase versus 2016. The updated RAV4 features edgier styling and is available in several trim levels. Also available with front- or all-wheel drive, the RAV4 can be powered by a 2.5-liter gas engine or a more powerful and more efficient hybrid powertrain. TOYOTA RAV
YTD Sales: 375,052 Vs. 2016: 19.1%
3位
Slide 19 of 21: YTD Sales: 455,816<br>Vs. 2016: 3.2%<br>Ram continues to take advantage of America’s love affair with the pickup truck, posting a strong showing so far in 2017, following the best annual sales the pickup has experienced in the last decade. Sales were flat in November compared to 2016, but good enough to keep this full-size truck locked into the third-place position. With many body styles and powertrains available, Ram continues to iterate special editions that keep customers coming back to the brand. The latest to join the Ram lineup is the Limited Tungsten Edition, billed as the most luxurious Ram pickup ever. RAM TRUCK
YTD Sales: 455,816 Vs. 2016: 3.2%
2位
Slide 20 of 21: YTD Sales: 518,188<br>Vs. 2016: -0.5%<br>The perennial runner-up to the Ford F-Series, Chevrolet’s Silverado had a slight sales growth in October with a 2.6 percent increase in sales versus a year ago. Silverado is available in many configurations with different cab and trim-level options, ranging from a basic work truck to the ultra-luxurious High Country. Silverado also is available with many advanced safety technologies, including a Teen Driver feature that allows parents to view the vehicle’s maximum speed, distance driven and the number of times active safety features were engaged during a drive. CHEVROLET SILVERAD
YTD Sales: 518,188 Vs. 2016: -0.5%
1位
Slide 21 of 21: YTD Sales: 807,379<br>Vs. 2016: 10.1%<br>The Ford F-Series pickup truck has been the best-selling vehicle in America for 35 years, and 2016 marked its 40th year as America’s best-selling pickup truck. The F-Series shows no signs of slowing, kicking off 2017 with its best sales start since 2004, underscored by its best November sales since 2001. Another contributing factor to this year’s F-Series sales juggernaut was the arrival of an all-new Super Duty, boasting plenty of innovative features and impressive capability. Also adding to the truck’s success is the introduction of an updated 2018 F-150, which is on sale now. FORD F-SERIES
YTD Sales: 807,379 Vs. 2016: 10.1%
ということで、1-3位はビッグ3のトラックが占めています。それにしてもさすがフォードのFシリーズ、売れてい数字が違います。そしてポンコツのクライスラーでもRAMとJEEPの看板商品で生き延びています。
全体的にはセダンはダメでSUV系が強いという傾向に変わりはありませんが、シビックのセダン1位は評価できるでしょうし、昨年比でも伸ばしています。
来年、新型カムリがスポーティになって、どこまで伸ばせるかでしょう。

 昨日、確か埼玉のソープランドで火災があり、3人が死んでいます。男性が1人、女性が2人だったと思いますが、この男性の家族、少し惨め? 仮にお父さんだったら、家族は恥ずかしいかもしれません。Hしに行って死んだわけですからね。
 偶然か、韓国でも忠清北道(チュンチョンプクト)堤川(チェチョン)市の8階建てのビルで火災が起き、少なくとも28人が死亡し、26人が煙を吸うなどして病院に運ばれています。現場は沐浴湯と呼ばれる銭湯やサウナ、ジムが入ったビルで、入浴中の客らが多数死亡したとみられています。

 またもや脱北
また北朝鮮の兵士が南に逃げ込みました。そして一般の市民も竹島の近くで韓国軍に保護されました。中から崩壊していくしかないと思います。

 関係改善のはずがなぜ、中国が韓国への団体旅行を再び禁止か(字幕・20日)また渡航禁止
 韓国の旅行会社によると、中国当局は来年1月以降、同国への団体旅行を再び禁止する措置を取りました。両国関係を巡っては、米国の新型ミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備に対する報復として、中国が韓国への団体旅行を一時禁止する措置。しかし今月、韓国の文宣寅大統領が訪中するなど、関係は改善に向かっていると思われていたのですが、屈辱外交は何の成果もなし。

 IKEAがマリエッタに!
 メトロアトランタ2軒目のIKEAがマリエッタのFranklin Gateway corridorにできます。確かこの場所は名前からしてI-75沿いだと思います。

Atlanta, GA 7-Day Forecast
 土曜日の80%が気になります。冬場のゴルフは天候との闘いです。

 昨日は元YKKの重鎮、坪川さんが久々にランチに来られました。77歳だそうで、うちのゴルフ仲間の大将と同い年です。コンサルをやっていたそうですが、もう引退するそうです。そこで私は「あと4年で寿司屋を引退します」と宣言しました。まあすでに周知の事実? 先の見えない世の中で、金稼ぎだけに人生を終え、その使いみちがなくなることが一番、怖いわけです。貯めるだけ貯めてエンジョイできないのでは、何のために働いてきたのか意味がありません。預金通帳見て、ニコリと笑うのも良いでしょうが、お金は使ってこそ意味があり、生きるというものです。またお金を使えない人間は寂しい。使うために稼ぐ、それがお金、使えばまた戻ってきます、一方通行ではやがて行き詰まります。
 

Wednesday, December 20, 2017

ヒットで得点を稼ぐ 12月20日(水)

Deciembre Veinte ( Miercoles)
 なかなかホームランは出ない、それでもヒットの連続、そしてエラーが運よくあれば’得点になる、それもまたビジネスではないですか。
 昨日は、常連さんがクリスマス用に和牛のブロックを買ってくれました。これが610ドルの売り上げです。仕入れ値は510ドルですから、100ドルの儲けにしかなりませんが、これは「Costcoよりも安い」が売りなので良いのです。調理したものではなく、ある在庫を売るだけです。それで100ドル儲ければ良いというのが私の考え方。
 夕方にも知らないお客さんが、2パウンド欲しいと言ってきて、店で使っている残りがうまくあったので、それを売りました。これで120ドルの売り上げになりました。
 レストランが小売りをしても良いではないですか、売り上げが喉から手が出るほど欲しい時期です、売れるものはなんでも売ろうというのが私の考え方。今日も違う常連さんが来る予定で、和牛を検討中です。

 昨日は6時半に起きて、8時過ぎにはフルトン郡のオフィスにいました、保健所のエドナさんに会うのは5年ぶりです。すでに1月に引退することを知っているので長年の勤務にご苦労様の意味を込めて、花束とギフトを進呈しました、テストは90問あり、全く分からなかったのが5、怪しいのが5あると想定して75問正解で合格なのでなんとか合格していると思います。4日ほど必死で覚えたことが少しは役に立った。

 昨夜は仕事が終わって家の近くのクローガーに買い物に行きました、いつも深夜勤務の黒人のおばちゃんに、50ドル分のギフトカードをクリスマス・プレゼントしました。
 このおばちゃん、大抵深夜にいて、昨年でしたか、しばらく見なかったのですが、その後話をしたところ、手術をしたそうです。こうしたスーパーで深夜の仕事をするということは裕福ではないでしょう。そして手術をしたということは、生活も大変だろうと推測していました。
 まあ、1年に1回の感謝、別にスーパーの店員に感謝する意味は全くありませんが、このおばちゃんには、それをしたかったわけです。こうしたサプライズは、人を幸福にするのです。アメリカですから「神様、ありがとう」と思ったことでしょう。

 私は一昨日、サプライズがありました。常連さんが、ニッカのウィスキーをくれました。これはクリスマス・プレゼントです。この人は夏に心臓発作で倒れたのです。それで奥さんが店に来て、「病院で何か食べるものを欲しい」というので、何を作りそれを請求もせず、お見舞いとして渡しました。
 きっと、そのお礼もあったのだと思います。こうして何かをギブすればテイクもあります。これもアメリカらしいところでしょうか。
 これを見返りを期待することなく、お客さんは「家族」であるという気持ちを持ってやることが大事です。このお客さんの場合、どう見ても20年近く知っているのです。こういう行いをして当然です。ひと時のお金儲けだけが、レストランではありません。長い付き合いがお客さんとはあります。それを大事にしていかないと商売は持続しません。こちらが困ったときには、お客さんが助けてくれるのですからね。

 Pictures of the Year 2017
 これが今年の写真オブザイヤー、ベガスのマンダリンベイホテルの横を飛ぶエアフォース1です。思えば今年も銃の事件が実に多かった。
 
 ウォーキングなどの運動は継続することが重要。運動する習慣のない人でも、運動を始めて「全身持久力」を向上させると、糖尿病リスクを下げられます。運動強度を高めると、死亡リスクを下げられます。
 全身持久力は、体力をかたちづくる要素のひとつで、持久力やスタミナなどとも呼ばれます。ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動によって高めることができます。
 2型糖尿病の多くで、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が起きます。ウォーキングなどの運動によって全身持久力を高く保つと、インスリン抵抗性が改善するのに加え、筋肉が増えることでブドウ糖消費量が増え、血糖値の上昇を抑えられるのです。
 継続的に全身持久力を満たしていない人は、満たしている人に比べ、糖尿病リスクが40%上昇すると考えてください。 
 週末に公園を歩くのも良し、私のおすすめは、ゴルフ場での歩きです。カートを引いて歩くと大変なので、カートに乗りながらも最後のアイアンを打ってからグリーンまで100-150ヤードを歩くようにします。これでもずいぶん違います。芝生の上はコンクリートやアスファルトに比べて柔らかいので足には良いと思います、またゴルフ場には坂もたくさんあり、これも効果があります。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 昨日も温かい1日でしたが、今日も雨ながら温かい、まあ午後には上がるようです。今から買い出しです。週末に備えます。お陰様で売り上げが上がってきました、前年を超えたので一安心、5%増で終えたいと思います。

Tuesday, December 19, 2017

20年の経験を1年では買えない、習得もできない 12月9日(火)

Deciembre Diecinueve (Martes)
 先週から、ある韓国人が店に来て、まあ知り合いの知り合いだったのですが、寿司をやりたいという、そして学びたいというのです。
 昨日も来て、皿洗いでもサーバーでも良いので、雇ってくれと言われましたが、断りました。
 まず、教えることをが済んだら辞めることが確実、韓国人の特性というか、物事を簡単に考えて先走りするのが彼らの特徴かと。それが良い面に出ることもあれば、悪い面に出ることの方が多い。

 そして何よりも、寿司の技術は、人に教わるものではなく、自分で確立するものであると私は思うからです。
 魚1つ買い、捌くにも、その人なりの考えがあると思います。先日、見たビデオでは、確か菊乃井では、鮮魚が着くと、一番にそれを下していました。
 その意味は、血合い(骨の周りの血の部分)を綺麗に掃除しないと、そこから悪臭が出てくるからです。
 私はそれまでそれを指や包丁の先で取っていましたが、菊乃井が小さいほうきのような竹製のようなもので取っていたので、ナイロンの繊維質でできたペイントブラシを買い、それを短くカットして使っています。これなら細部まで血合いが取れるからです。
 20年も寿司をやっていて思いついたことです。だから自分で考えて勉強して習得するしかないというのが私の考え方です。

 ちょうどドラマの陸王が今週の日曜日に最終回を迎えますが、あの足袋屋でもそうでしょう。100年の歴史は足りないものをお金で買収してきて成長してきた会社には真似できないのです。

 もう1つ、韓国人は教えた通りにやらない。どんどん彼らの都合が良いように流れるのです。その一例が「間」というレストランです。せっかく九州の居酒屋から人を招いて、指導してもらったのに、それが生かせないから、今年の秋に閉店しました。店が開いてちょうど1年で閉店です。
 指導で来た日本人は、福岡の人で、居酒屋やラーメン屋などを何軒もの店を経営されていました。成功した人を引っ張ってきて、教えてもらって真似さえできない、でもなんとなく流行っているものをやりたいわけです。
 それはお金儲けだからでしょう。居酒屋やれば儲かる、ラーメン屋やれば儲かる、寿司屋やれば儲かるからでしょう。しかし、それは売り上げが伸びて継続できての話です。
 そんなに簡単にできるものでは、ありません。レストランはそんなに甘くないですよ。予期せぬこととの闘いです。

 寿司屋は同じことをしている。ご飯を炊いて、寿司飯を作り、魚をおろして、握るだけ、と思っている人も多いでしょうが、そこには進化があります、年季や経験です。
 毎回、違う魚が入ってきます。特にマグロはそうです。天然の魚が同じわけないのです。先週は徳島から魚を買いましたが、初めての魚もありました。
 そういうときは、グーグルして魚を勉強してから対応しています。20年やって初めての魚もあるのです。だから終わりがない。
 そういうことで、寿司は学ぶものではなく、盗むものであり、そのあとは独学で仕上げていくものだというのが私の結論でした。

Monday, December 18, 2017

今週末はクリスマス 12月18日(月)

Deciembre Dieciocho(Lunes)
 早いのなんのです。今週末は2連休、ふつうの人は3連休でしょう。欲張る人は2週間休み、特に欧州人の多くはこの時期に欧州に帰ります。クリスマス休暇が欧州の冬の名物ですかね。アメリカは1カ月前に感謝祭があり、これまた学校がたぶん、水曜日で終わり、冬休みになります。
 その翌週も私は2連休となります、大晦日が日曜日なのでお休みです。そして元旦はもちろん休みとなります。
 
 今朝のニュースは、

1)アトランタ空港の大停電、11時間にも及ぶ停電でした。今日も影響が出ます。
2)CA州の山火事は過去5番目を通り越し、過去3番目に昇進?? まだ燃えてる。
3)NC州のNFLパンサーズのオーナー81歳にセクハラ疑惑で球団が身売り、2B以上。
4)CIAがロシアのテロリスト逮捕に情報協力でプーチンがトランプに感謝の意。
5)おそらく今週減税法案が通り、正式に決まる。

 まあ、ひどいもんです、地下のケーブルが燃えて、11時間も停電で、空港大パニックです。これが今週末に起きていたら、日本に帰るはずの駐在員家族は帰れない、そんな感じですかね。23-25日に帰国する人がかなりいると思います。そして元旦から3日にかけて戻ってきます。

 減税ですが、私はどうでもいい。別に10%減税で戻ってきても、だからどうしたの? 会社の経費が使える人間としてはあまり気にしません。
 それよりも、政府の赤字は膨らむばかりなのに、こんなに減税して大丈夫なのか? 後先考えない、今だけ良ければいいのアメリカは、永久に財政赤字から抜け出せない。
 私的なことよりも公的なことを私は考えてしまうわけです。そしてこの見せかけの減税には裏がある。国民の半分は貧しいから「減税」という言葉は響きが良い、実際にお金が還ってきますから。しかし、医療保険はどうなった? 生活費は毎年上がっている。市や郡のTAXも毎年のように上がっているから、それは上手く相殺される。国民はそういうところを見ていないのではないかと思いますよ。

 昨日は霜でゴルフが2時間半も遅れるというので、諦めて家にいました。雨も降ってきて買いたいものがあったので、出かけましたが、モールは大混雑していました。買い物のピークは昨日で終わりましたから、今週末はやや落ち着きます。
 これがクリスマス明けになると、冬物のセールが始まります。季節品はすべて値下げとなります。昨日は、カール ラガーフェルドのダウンジャケットが激安だったんで、買いましたけど。
 アメリカには、品物が溢れかえっています。豊かな国の象徴のように思えますね。そして国民がどんどんお金を使う。お金が回っています。消費による経済効果は大きいと思います。この国こそ、お金みんなで使えば怖くない、といった感じです。

 防衛省統合幕僚監部は18日、中国軍のスホイ30戦闘機など計5機が同日、東シナ海から対馬海峡を通過し、日本海を往復飛行したのを確認したと発表。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して対応し、領空侵犯はなし。中国軍の戦闘機が対馬海峡を通過して日本海に進出したのは初で、防衛省で目的を分析しています。
 日本のことをガタガタ言う前に、自国の襟を正せ! と言いたいのですが、暴走する国を停めることは不可能でしょう。
 この愚かな国を戒めるのはその中にいる国民だと私は思います、彼らに正しい情報を送り、中国共産党をつぶすこと、それが一番賢いやり方です。天安門事件などを封印してはいけない、どんどん情報をネットで上げていくこと。そして日本など海外に来る中国人にもそれを知らせることです。中国にもいつか春が来る!

億万長者なのにファストフードしか食べないトランプ、JBプレスの記事 選挙の時の関係者が書いた本が出てことで、このアホの爺さんの食生活が暴かれています。 やはり体に良いものを食べないと、人間腐るということです。

 トヨタは、25年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすると発表。世界で販売する全車種を、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車といった電池とエンジンの両方で駆動する電動グレード設定車か、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)などの電動専用車にします。13日には確か世界販売台数に占める電動車の割合を現在の15%から30年頃には50%以上に引き上げる方針を表明していました。目標を上げてそこに向かっていく、トヨタはそうしないと生き残れないと危機感を感じているわけです。
 寿司屋をやっている人は、「やがて魚がいなくなる、その後をどうする」ことを考えているだろうか。

先日のAlways10ですが、これをオランダの友人に送ったところ、Be Positiveを入れてきました、常に前向きに!良い言葉です。彼はこの前、欧州に行ったときに晩飯を食べましたが、私のために観光ガイドを綿密に作ってくれていました。こんなこともできるのかと感心したものです。岡山の笠岡市の出身です。それ何処?という人が多いでしょう。カブトガニの産地です。多分日本で唯一のカブトガニの生息地だったと思います。
Always- Be Positive
Always- Do What is Right
Always- Help Those in Need
Always- Be Responsible
Always- Work Hard
Always- Be Fair and Honest
Always- Be a Team Player
Always- Get it done on Time
Always- Make a Difference Everyday
Always- Communicate to the Customers well
Always- Have Fun!
 まあ、ある種の秀才ですよ。賢い人間だと思います、筑波大学に行き、あるメーカーに入り、アトランタでゴルフをした仲間です。上を目指せといつも言っています。彼自身もそう思っています。
 このAlwaysをインスタにも掲載しましたが、アメリカ人のウニ好きは「Always eat Uni」とコメントしてきました。私はこれにAlways be lovedを入れたいとも思います。


 行方不明
 ケネソー市で、この十代の女の子が水曜日から行方不明になっています。殺害されていなければ良いのですが。

 
 現在、メトロアトランタは濃霧注意報が出ています。100メートルくらいしか見えていません。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 水曜日まで雨の予報、そして週末も崩れそうなお天気です。

 明日は朝一で、フルトン郡のオフィスに行き、レストランの講習とテストを受けます。
Serve Safe Serve Safeというもので、レストランに必ず1人はいないといけない決まりになっています。5年ごとの更新で、今回が3回目です。過去2回は先生に助けられなんとか合格しましたが、今回は自力で合格しようと思い、YouTubeで想定問題をやっています。この同じようなものが10近くもあり、暇があればやっています。昨日はまあまあでした。ひっかけ問題に近いものが多く、また英語力の問題もあって、理解できないこともあるので、問題と答えを記憶するようにしています。
 すでに200近くは解きました。明日までにあと200近く覚えていく予定です。勉強するのは久しぶりですが、これも頭の体操かと。従って明日のブログはありません。
 

 

Friday, December 15, 2017

あと10日でクリスマス! もうすぐ来るざーます! 12月15日(金)

Deciembre Quince (Viernes)
 まあ、昭和の駄洒落ならお任せください、死ぬまでコレですよ、私は。今週はなかなか手ごたえのある週です。まずランチが客足が良い。やはりクリスマス前で人が集ってきている。昨日もディナーは持ち帰りが多かったが、売り上げを目標を超えて達成!!これでようやく、先週金曜日の閉店での傷を修復しつつあり、前年の数字に追いつきました。最低ラインは5%UPです。おそらく今日が今月で一番忙しい1日となります。しっかり仕込みして事に当たります。

 The 10 Always

Always- Do What is Right
Always- Help Those in Need
Always- Be Responsible
Always- Work Hard
Always- Be Fair and Honest
Always- Be a Team Player
Always- Get it done on Time
Always- Make a Difference Everyday
Always- Communicate to the Customers well
Always- Have Fun!
 これは、今週来た、タイヤ会社の社長にもらった名刺の裏にあったものです。とても明確で良いので、これをタイプ打ちして、店に貼ることにしました。
 マーク・カフマン、Kauffman Tireの社長です。お爺さんがオハイオで創業、父親の時にアトランタに来て、本社をここに移し、マークが社長を継いでもう10年以上ですか、彼は私と同い年です。
 まあ、人との出会いとは分からないもので、彼を紹介したのはグラントという人物で、彼も同級生、グラントは私の最初のアメリカ人の友達です。グラントとマークは同じ大学に行った仲なわけです。
 たまたま、ここの日本人の友達のビジネスになるかもしれないので、マークの連絡先をもらい、私もこういう素晴らしいThe 10 Alwaysをもらったということです。

 昨夜、深夜にこうした明訓はないかと調べてみました。
実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報力の差
真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり
本気でするから大抵のことはできる
本気でするからなんでも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる

吉田松陰はこんなことを言っています。
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし
人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。
一つ善いことをすれば、その善は自分のものとなる。一つ有益なものを得れば、それは自分のものとなる。一日努力すれば、一日の効果が得られる。一年努力すれば、一年の効果がある。
 2017年という1年をあと15日で終えるにあたり、今年の自分はどうだったのか、本当に頑張ったのか? 手抜きはしなかったか? 何人の人を救ったか? いくつの良いことをしたか? いくつの社会貢献をしたか? 反省するのも良いでしょう。
 力が発揮されずに終わったには必ず原因がある。原因があれば解決策があり、解決策があれば道は開ける、その道があっても歩く勇気と走る勇気がないと結果は出ない。結果を出すには全力で事に当たるしかない、私はそう思います。

 LSがアメリカに登場!
 日本ではすでに発売されていますが、アトランタのディーラーには届いていません。これが私の次の車です。新車で買えば8-9万ドルです。これを3年落ちで、誰かがリースアウトした3-4万マイルを買うわけです。5-6万ドルするでしょうけどね。それも1つの夢であり目標です。
 ただ、2週間前にここのレクサスをディーラーのサイトを見た限り、あまり車が売れていないと推測しました。2017年モデルがかなり残っていました。
 特に、こんな新型が来るのに2017年の旧型LSを買うバカはいないと思います。それなのにまだ定価で売っている。誰も買いませんよ。2割引きでも新しもの好きのアメリカ人は買わないでしょう。
 そして金持ちはリースが基本です。新しい車を3年ごとに乗り換える、これが楽しいのではないかと思います。

 1枚目に投稿したショット(画像は深田さん公式インスタグラムのスクリーンショット)
 私もフォローしている深田恭子、20万人がいいねしています。

トヨタとパナソニック提携の裏に潜む「中国企業の大きな影」
これが現代ビジネスに出ています。現代ビジネス 電池の記事
 これを読むと、中国のALCT社と韓国のLG電子がパナソニックのライバル。今は世界一のパナが負ける?可能性は高い。家電の悪夢は再び来るのか? そしてあのトヨタでさえ危機感がありあり。
 この前も書きましたが、今から20年後には世界で販売される車の半分は電気自動車になっているのです。10年後は20-30%がすでに電気自動車??
 そして誰でも作れる、中国人を侮るなかれ。日本人も器用だが、中国人はさらに器用でずる賢い。昔の中国の古美術を見てください。実に器用なのかよく分かります。
 それが現代の家電などには出てきてないだけです。うちの店には安物のハイアールのワインクーラーがあります。いつも数カ月で氷ができてしまいます。その理由が先月分かったのです。隙間が空いていてそこから空気が入るから、それが氷に変わるのです。それで私も工夫して隙間ができないようにいつもは紐で縛っています。
 これが悪い例のメイドインチャイナですよ。ドアの下は閉まっているのに上が開いている、ガスケット(ドアについているゴムのようなもので、それが本体との隙間を埋めて本来は空気が漏れないようになっている)がダメなのか、ゆがんでいるのか不明です。
 電気自動車も中国はやってくれるでしょう。粗末なものを作りますよ、それも低価格で。走ってとりあえず安全ならアメリカ人は安い中国車を買うでしょう。トヨタが3万ドルなら中国製は1万8千ドル? 韓国が2万5千ドル? かんたんにつくれる電気自動車ならあとはデザインだけです。それもリースで月額150ドルなら、さらにこちらに流れるかも。だから章夫君は危機感を募って、急げ!の号令をかけているのです。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 日曜日の雨は午後3時以降になり、雨は回避されたので、ゴルフはできます。
 今週は勝負です、全力東急!ならぬ全力投球です! 皆さん良い週末を!

Thursday, December 14, 2017

今日の出来事から 12月14日(木)

Deciembre Catoce ( Jueves)
 東芝は、経営破綻した原発子会社ウェスチングハウスへの債務保証のうち、32億2500万ドル(約3614億円)を前倒しで支払ったと発表。これで保証額の6割を払い終えたことになり、残る約2200億円分についても来年3月までに支払う予定。実現すれば、米原発の損失額が確定して税負担が減り、債務超過を解消できます。これですべて「終わり」なら良いのですが、他に膿がないかどうか再確認が必要。
 シャープは、戴正呉社長名で国内で働く全社員に「3万円」を配布。現金2万円と、自社のインターネット通販サイトで使えるクーポン券1万円分。東京証券取引所1部に復帰したことに対する「感謝のしるし」です。業績改善を受けて3月末に支給した前回の10倍に増えました。
 2つの有名企業に起きたことですが、どちらも業績不振、1つは台湾の会社に買われ再建、もう1つは身売りなどしながら資金を集め、借金返済。あとは稼ぐだけじゃん!と言いたい。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
昨夜、飲みすぎで、体調不良です。ヤバかったので店で寝て帰ってきたんが2時半でした。まだ頭が痛い!
 

苦しさを超えて 4月20日(金)

Abril Veinte (Viernes)  いやいや、平日でそこそこの売り上げを維持できるようになってきました。昨夜はそんなに期待していなかったのですが、多くの女性群が押し寄せ、売上を達成しました。  ようやく、TAXも終わり落ち着いてきたのか、「女性に人気の店」が定着...