Monday, April 30, 2012

これは絶対に笑える!

http://www.wimp.com/classicbloopers

こういうのがあると、つらいときでも笑えるかも?ですね。

今日のニュースから 4月30日(月)

週末の金ー土曜日も売り上げは前年を超え、予想以上で進んでいます。今日はもう「消化試合」に近いですね。中盤で落ち込んだものの、最後に最高のマグロが入って盛り返してくれました。

その御褒美に空けた酒がこれ、生まれて初めて飲む「雫酒」です。岩手の旭扇です。極上純米大吟醸と書かれていますが、雫は酒を作る最後の過程で、圧縮せずに、吊るしてポトポトと落ちてくる雫から作られれています。混じり気なしの純粋な高級酒ですね。
味ですか? 美味いを通り越しています。水に近いような味わい、これなら酒をあまり飲まない私でも軽く1本は空けられるでしょう。Iパパ、次回は奮発してこれを空けましょう。ママには違うものを出しませんと「私の赤ワインは?」と攻められそうですがね。

私も決して金持ちではないので、こういう機会にしか飲めないでしょう。今回とIパパの訪米の2回目で「人生で2回飲んだ雫酒」となることでしょうね。

昨日のゴルフコンペでまたもや優勝、スコアは平凡だったものの、隠しホールに助けられました。ライバルのO君がSC州に遠征したのが良かったのかも?
とはいえ、事故の連続でした。まずはあるプレイヤーの頭部に他のプレイヤーが打ったボールが当たり、流血、救急車で病院に搬送されました。幸いにも大事には至りませんでした。
その後、日射病にかかるプレイヤーもいたようで、暑い日のゴルフは気をつけないと危険です。ビールはプレイ中飲まないこと、水をしっかり補給することですね。最近は私、エビアンを常温で飲むようにしています。去年までは、凍らせて冷たいものを飲んでいましたが、常温の水が一番だといいう判断からです。

いやあ、実に頭が固い! あるレストランのてこ入れを考えていたのですが、要請がなかったので、金曜日の徹夜ペンキ塗りは中止になりました。それでドリンクメニューは変わったのか? いまだに変わっていません。これで仮に週末にドリンクをすべて50セント上げていれば500人がオーダーしていれば250ドルも儲けだったんですけどね。

レストランビジネスはそんなものです。ペニーの積み重ねですからね。仮にこれが1年間であれば、1週間分で800人としましょう。2万ドルが1年間で変わってくるわけです。恐ろしい数字ですね、どうして簡単に値上げができないのか、メニューの変更ができないのか?不思議でしょうがないわけです。

例えば私の店は、私が家にコピー機と紙を置いていますから、変更があればすぐにPCでメニュー作って、その日に新しいメニューに変更できるわけです。待ったなしですからね。
もう、無駄な口出しはしないことにしました。潰れるのか再生するのかは知ったことではない。自分の腹は痛まないのでね。

日曜日の8時に寝て月曜日の朝7時半まで寝ていました。これって「最高」。金曜日の夜は明け方4時まで起きていましたからね。カンブリアの森本(料理の鉄人)の出演番組を見つけたもので、それを見ていました。すでに7店舗を構えています。まあ、米人受けする日本料理なら彼がナンバー1でしょう。
ただ、このトレンドはいつまで続くのか? 私はそろそろ曲がり角ではないかと思いますね。米人も馬鹿ではなく、かなり「本当の日本食」とは何かを気づいてきています。アワビのたこ焼きも良いが、本当のたこ焼きを食べさせる時期にさしかかってきているようにも思いますね。

ラーメンがこれだけ全米でブレークしていること、数寄屋橋次郎の映画がかなり人気を集めていることなどを考えると、そういう方向に向かうんじゃないかと思いますね。入り口はフュージョンでも中でどんどん変わって、出口では醤油にわさびで刺身になると思いますからね。

まあ、書きたいことは山ほどありますが、時間がないので、また次回にでも。

Friday, April 27, 2012

7月29日 チェスティン・パーク野外音楽堂

They will definitely be calling it “Hotlanta” this summer when Barry arrives for his concert at the Chastain Park Amphitheatre on July 29!

And…we want you to get tickets before the general public!

BMIFC and Front Row Manilow tickets are available this Monday (April 30) at 10 AM Pacific.

BMIFC tickets will be available at www.starz.bz/bmifc or by calling 310.957.5788.

FRONT ROW MANILOW tickets will also be available only at www.FrontRowManilow.com.

For the latest concert information and everything Barry, join us on Facebook at www.facebook.com/barrymanilow!

何とラッキーなことに日曜日ですからね、盛り上がりますよ。私月曜日にチケットをゲットします。
ロンドン公演のアルバムも先週、届きましたが良かったですね。
これも1つのマーケティングなのです。マニロウのファンの大半は白人の女性ですからね、私のターゲットとぴったり合うわけです。
売り上げ伸ばすには、スターも利用せんといかんですたい。

今日のニュースから 4月25日(金)

厳しい1日でした。客数は少なく、前割れを意識しましたが、後半に日本人とイタリア人の団体さんが60ドルコースで行ってくれたので助かりましたね、ギリギリのセーフです。5回戦のうち2回を制覇しました。この金ー土がひとつの山場ですね。それにしてもこれで4月が終わるわけです。

 GDPの速報値が出ています。2.2%UPは前期第4期の3.0%よりも鈍化、市場予想の2.5%にも届いていません。それでも企業の中には業績絶好調があり、今朝はアマゾンでした。これを受け株価先物は10%以上も上昇、この前まで180ドルだった株価は230ドルまで上げています。
 

私、アマゾン大好きですね。買いやすいのが一番。そして豊富な品揃えですかね。イーベイは一切買わない。アマゾン一本です。かつてはオーバーストックも買っていましたが、価格面ではアマゾンの方が良い。

 第一生命のサラリーマン川柳の大賞が発表されています。
今年で25回目となる『サラリーマン川柳コンクール』のベスト10を発表。大賞は6022票を獲得した【「宝くじ 当たれば辞める」が 合言葉】に決定し、思わず「あるある」と頷いてしまいそうなシチュエーションが、多くの人の共感を集めました。
 2位は、居酒屋やホテルなどで増えている“女子会”をテーマにした【女子会と 聴いて覗けば 六十代】。3位には、人気ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)をモチーフに日常を詠んだ【妻が言う 「承知しました」 聞いてみたい】が続くなど、ベスト5には昨今の流行を取り入れた句がズラリ。
 一方、日々の悲喜こもごもを詠んだ作品も多く、8位に【立ち上がり 目的忘れ また座る】、10位には【最近は 忘れるよりも 覚えない】がランクイン。また、今年は東日本大震災にスポットを当てた作品もノミネートしており、改めて日常を見直した【何気ない 暮らしが何より 宝物】が6位に選ばれています。
 私ですか?「早起きし、遅寝の日々で 短命か」
      「コリアンに 負けてはいかん 寿司だけは」 
 まあ、こういう分野は文才奇才の私にはお手のものです。

 
 芸能娯楽誌Peopleは、2012年の「世界で最も美しい女性」に歌手のビヨンセを選んだと発表しました。
 16回のグラミー賞受賞を誇るビヨンセを、同誌は健康的であり、ファッションリーダーであり、誇りを持った母親でもあると評価。同誌のインタビューを受けたビヨンセは、娘の出産が人生に新たな意味をもたらしたと話しています。
「出産したことで、今まで以上に素晴らしさ感じている。これほどつながっていると感じたことも、自分の存在にこんな風に意味を感じたこともなかった」そうです。


 サムスングループが日本人技術者の引き抜き攻勢を強めています。巨額の赤字に苦しむ国内電機各社による事業縮小と人員削減。開発環境や処遇が悪化すれば優秀な技術者が自ら会社を離れても不思議はなく、日本が先行する技術が人材とともに流出すれば、大きな競争力格差が生じかねず、逆境の今こそ持ち前の技術をビジネスに活かす人材戦略が必要です・

「ここ半年、人事担当役員が直接、コンタクトしてくる」――。某大手ヘッドハンターがサムスン電子などサムスングループによる日本人技術者引き抜きの様子を打ち明ける。これまでは日本に常駐するヘッドハンティング専門部隊が打診してきたが、最近は給与を即決できる役員からの「一本釣り」も多いと語る。
ハイテク業界で10年以上のキャリアを持つこのヘッドハンターによると、普段は東京、横浜、大阪に常駐している各10人前後のサムスンのヘッドハンティング部隊が独自に作成した人材候補リストを手に定期的に電話をかけてくる。だが、このところは役員が直々にヘッドハンターに働きかけ、年収の交渉に応じるなど採用のスピードを早めているという。

 これってどう思いますか? つまらない日系企業に忠誠を尽くすのか、それとも後で捨てられることを覚悟に2-3年で破格のお金をもらい引退するのか?
 こういう選択肢があることは良いことです。日本企業もこれにより「人材流出の危機感」を持つわけです、自社で育てた人材は最後の定年まで勤めるという時代ではないですからね。ハンティングに遭うということは能力があるということで、それをモノにしないといけない。
 安定を求めて燻るのか、それとも飛躍を求めて火になるのか? 私はもちろん、後者を選びますけどね。
 1億円ぐらい稼いで、引退して東南アジアに住めばいい。また複数企業のコンサルタントやってのんびり暮らせばいい。そういう人がジワジワ増えてきているそうです。

皆さん、良い週末を!じゅんじゅん、ゴルフ頑張りや!

Thursday, April 26, 2012

今週は2トレイあります!

先週の2倍の蛍烏賊を買いました、それだけ売れて美味かったということです。業者に聞けば買っているのは私の店だけみたいです。

やはりこういうところで「差別化」しないといけないですよね。売れないからね!と言う前に自分で食べてみて、それを自信をもって客に薦めるような努力をしないと売れません。

この生蛍烏賊、私が2012年に食べてものの中ではベストです。

そしてサクラマスですが、もう入ってきません。1回限りだったようです。というのも、腹の処理をしていないので、輸入禁止だそうです。寄生虫の問題でサーモンと名の付くものはすべてこの対象になるわけです。
まさに幻でしたね、そして実に美味かった。

昨日もマグロのブログは英語版では約100人が見ていました。普通は20人程度ですけどね、驚きです。

今日のニュースから 4月26日(木)

まずは、初戦突破です。45パウンドのマグロとの戦い。1日目を制しました。あと4日売り上げを上げないといけないわけですが、昨日はマグロとトロのスペシャル攻撃でよく売ったと思います。
 これがマーケティングですね。売りたいものを仕掛けて売る。昨日はランチが終わるとすぐにブログのアップデートを行い、マグロの各部の写真を掲載しました。すでに種は2日前に蒔いてありましたけどね。良いマグロが入る情報を流していたので、比較的楽でした。
 

 週間新規失業率は1千件下がったものの、38万8千件とあまり冴えない数字ですね。少し前まで35万件まで下がっていたことから比較すると鈍化しています。

かつての勝ち組が負け組みに!
 任天堂が発表した12年3月期連結決算によると、営業損益は373億円の赤字(前期は1710億円の黒字)、最終(当期)損益も432億円の赤字(前期は776億円の黒字)となっています。通期の営業、最終赤字は81年に連結決算に移行してから初めて。主力の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が計画を下回ったうえ、円高で海外での収益が落ち込んだのが響いたそうです。ゲーム機も一巡すると伸びが鈍化しますからね。3Dが思ったほど定着していないということですかね。
 私、全くゲームをやりません。実に下らない。仮想の世界ですからね。それならお金突っ込んでビジネスやりなさい。それが本当のゲームだ!人生は常にゲームだ!最後には勝たないといけない。スイッチ切るなよ!(自殺ですね)ですかね。

 方や、ソフトバンクは、13年3月期の連結営業利益が「7000億円を確実に上回る」との見通しを発表しました。具体的な数値は公表しなかったそうですが、ここは勝ち組を維持していますね。

 米国中部で起きるマグニチュード(M)3以上の地震が、10年前に比べ6倍以上に急増していることが米地質調査所(USGS)の調べでわかっています。もともと地震があまり起きない地域で、研究チームは、シェールガスなどの採掘活動などに伴う「人為的な地震」が関係しているとみています。

 日韓メーカーがしのぎを削る次世代テレビ市場で、LG電子が一歩を歩いています。LG電子は55インチの有機EL(エレクトロルミネッセンス)テレビを5月に欧州の複数の国で発売するそうです。今年下期という当初の計画を大幅な前倒しし、国内ライバルのサムスン電子に差をつけ、長らく日本メーカーが支配してきたテレビ市場の主導権を少なくとも今は、韓国勢が握っていることをも鮮明にするものです。
かつて、最高品質のテレビを買うならシャープかパナソニックかソニーだったが、そんな時代は去った、とすでに言われています。
1980年代、90年代と世界のテレビ市場は日本勢が席巻していた。しかし、韓国勢の激しい攻勢を受け、需要低迷や円高に苦しみ、日本の家電のテレビ事業は軒並み赤字となっています。
 テレビ市場は技術を選択する時期を迎えていて、クレジット・カードのように薄い有機ELテレビか、それとも超高精細テレビです。
 ソニーは2007年に世界初の有機ELテレビを発売したものの、世界的な景気悪化を背景に3年後に生産を停止。3Dテレビに軸足を移しました。
 一方の韓国勢。サムスン電子とLG電子は今年1月、米ラスベガスでの家電見本市「CES」で55インチの有機ELテレビを披露。すでに有機EL分野で積極的に展開する方針を示していたサムスン電子は2月にLCD部門のスピンオフ計画を発表しています。
 こういう家電凋落から何かを学ばないといけない。「円高でダメでした」の白々しい言い訳はもう通用しないでしょう。「技術で負けた、すいません」じゃないですかね。

Wednesday, April 25, 2012

今年4月で一番のマグロです


四分の一の腹サイドですから脂が良い。



 綺麗なトロですが、まだ2日早いですかね、これから熟成します。





マグロのカマ、いかに大きいかはワインボトルでわかるでしょう。これも今回は食べます。


私のランチです、ネギトロ丼。皮の上をスプーンで削ったものですから脂たっぷり。

今日のニュースから 4月25日(水)

昨日は久々の前年割れ、100ドル足りませんでした。結構暇ですよね。その中でよい顧客に恵まれ売り上げは行きかけたんですが、失速。第4コーナー(9時以降)に少し入って達成するかと思いきや、終わってしまいました。それにしても最近は9時半以降のお客さんが多い。
昨日は映画JIROを見た帰りの米人カップルでしたが、寿司の映画を見て寿司を食べたくなる気持ち、分かりますよね。
にぎりのおまかせを食べ、さらにマグロなどを食べていました。マグロにソースを塗り、そこに刻み山葵を乗せるとこれが鼻にツーンと来ますが、この快感がたまらない。私は冗談めかして「マグロのコカイン仕様」だというわけです。1回やったらやめられない。この1人、結局私の罠にはまり、再びマグロに飛びつきましたからね。これが顧客の1本釣りです。暇なときにはこうして1人1人を釣り上げていかないといけない。
そして生簀にいれて特製のえさを与えて養殖するわけですね。

マクドナルドの原田さんに関するこんな記事が先週ありました。

コーヒーで客を集め、ビッグマックで稼ぐ

 「最近、社内で「マーケティング大学」を始めました。20代の若手社員を中心に、私が講師となって、商売のイロハを教えるというものです。1回、2時間。教科書やテーマはありません。いろいろな事例を取り上げて、我々のビジネスに置き換えるとどうなるのか、話し合う講座です。

 たとえば、どの企業にも「金のなる木」と呼ぶべき稼ぎ頭の商品があります。英語で「キャッシュ・カウ(Cash Cow)」といいます。マクドナルドのそれは何か。ビッグマックです。利益を生むキャッシュ・カウを、もっと大きなキャッシュ・カウにするにはどうすべきか。投資の配分を考えるうえで、最も重要なポイントです。
 でもビッグマックへの広告宣伝はしていない。マーケティングの予算が割かれているのは新規メニューに対してばかりです。大事なキャッシュ・カウへの投資はどうなっているのか──。

 つまり、ビッグマックの売り上げを高めるためのプロモーションをもっと積極的にやれということです。2008年にクオリティを大きく高めた「プレミアムローストコーヒー」を100円で発売しました。これはコーヒーを呼び水にしてビッグマックを買ってもらおうとの狙いからです。ですから、私は「マーケティング大学」で、こう問いかけました。
「プレミアムコーヒーを開発したのは、新しいマーケットをつくるためじゃないよな。コーヒーを飲みにきた人に、ビッグマックを食べてもらうためだよな。じゃ、その確率はどれくらいなの?」
 こうして、マーケティングの基礎、セールスの基礎を教えていきます。

 人を育てることは、マクドナルドのビジネスにとって、一番大きな基礎になっています。ハンバーガーは誰にでも1個は作れるものです。しかし、同じ品質、同じ工程、同じスピードで、毎日数百万個を提供することは、普通ではできません。
 それを実行しているのが「クルー」と呼ばれる店舗スタッフで、全国に約17万人います。その半数は1年間で入れ替わりますから、クルーの経験者は、日本だけでも数百万人に上る。そして年間のべ16億人のお客様が来店します。ハンバーガービジネスは、とてつもない「ピープルビジネス」なのです。

 またハンバーガーは、きわめてスピードの速いビジネスでもあります。私はかつてアップル社にいましたが、IT業界よりも速いのです。IT業界の変化の激しさは、よく「ドッグイヤー」という言葉で表現されますが、それはテクノロジーの変化であって、ビジネスはそれほど速くはない。たとえば今日やったことが、明日の結果に表れるようなことはないのです。
 ハンバーガービジネスは、今日やったことは、その日のうちに業績に表れます。雨が降れば、客足が落ちる。携帯クーポンを出せば、すぐに結果がみえる。すこし気を許せば、その日からクルーが足りなくなる──。
 16億人のお客様から1円多くいただければ16億円の利益、逆なら16億円の損失です。それだけに、一人ひとりがみずから判断し、率先して動くことが重要になります。ところが、頭のいい人間ほど、テストをやりたがる。

 こんな例があります。ある店舗を全面禁煙にしました。店長に聞くと「一時的に客数は落ちたが、その後は新規顧客が増えてリカバーした」という。私は、マーケティング部に「全面禁煙」の大きなステッカーを店の前に張るように指示しました。しばらくして「どうなった」と聞くと「実験をします」という答えが返ってきました。ステッカーを貼ることで非喫煙者がどれだけ増えるかを調べるのだといいます。私は「そんな実験は要らない。失うものは何もないぞ」と叱りました。

 また別の店舗で、コーヒーを試験的に100円から140円に値上げしました。1週間後、店長に聞くと「客数がものすごく減りました」と暗い表情です。しかも実験はあと2週間続くと言います。私は本部の担当者に「実験は終わったぞ」と言いました。理屈で考える人は、「3週間のテストは3週間やらないと」と考える。商売の現場感覚と、かけ離れてしまうわけです。

 間違いは誰にでもあります。一生懸命に考えて、精一杯チャレンジして、その結果としての失敗は、むしろウエルカム。そういう人は、指導していくことで、いくらでもよくなります。
 逆に、何の問題も起こさないような人のほうが、問題なのです。つまりチャレンジをしていない。もしかすると、やるべきことさえやらずに、サボっているのかもしれない。そういう人は、徹底的に責めて、許しません。
 新しいことにチャレンジすれば、失敗するのは当たり前です。大切なのは、そのときに上司が適切にフォローすること。管理職の仕事は、部下を管理することではありません。部下の成長を支援することです。評価を下すのではなく、コーチングをするのです。
「部下に優しくしろ」と言っているのではありません。教育とは、お仕着せのトレーニングを受けさせるようなものではなく、経験のないような厳しいチャレンジをさせることです。そうして若い人を伸ばしていくことが、企業の成長につながります。企業の成長のドライバーとは、「お金」ではなく、「人」なのです。
 このため私はできるだけ若い人と接点を持つように心掛けています。どんなポテンシャルを持つ人間がいるか、いつも探しています。

 よくマネジメントが勘違いすることがあります。
 あるポストに空きがある。50歳と30歳の2人の候補がいる。現時点で比較すれば、50歳のほうが能力はやや高い。だから安定感のあるベテランをそのポストにつける──。
 しかし、よく考えると、そのポストに求められる能力は、2人の能力よりもはるかに高いことが多いのです。1年後を考えたとき、現時点の能力の差は微々たる違いにすぎないかもしれない。若ければ若いほど、伸びますから。
「いま誰の能力が高いか」ではなく、「最もポテンシャルが高いのは誰か」を考える。1年後や3年後の姿を想像する必要があります。だから、私はよく「今日の能力で人材配置を考えると危ないぞ」と周囲に話しています。

 私の父は93歳になりますが、いまだに私を子ども扱いします。同じように、新卒からずっとみているような社員は、どこかまだ力不足にみえる。でもそれは正しい評価ではないかもしれません。客観的な目でみる力を持たないと、人材を見逃してしまいます。
 優秀な人材には、つい頼りがちになります。しかし、その結果、若い人が新たなポストにつけず、成長を阻害してしまう恐れがある。社内ではそういう存在を「ブロッカー」と呼んで、戒めています。
 今日自分を助けてもらえる人に頼っていると、ブロッカーはいつまでも発見できません。一見すると優秀だけど、よくみると部下が育っていない。そんな人はブロッカーだといえます。
 後進を育てるというのは、自分のために行うものなんです。自分がもっと伸びるために、いまの自分の仕事を任せられる人をつくる。後継者ができると自分の居場所がなくなる。そんな考え方の人は、それ以上伸びません。後継者を育てた人にこそ、次のチャンスがあるのです。」
原田さんのカンブリア宮殿のビデオがhttp://v.youku.com/v_show/id_XMzcxMDc2MDM2.html
ここにあります。
 売り上げ伸ばしている人の言うことは説得力がある。そういうことです、勝てば官軍ですからね。先週書いた「ダメな店」、結局見て見ぬふりはできないので、てこ入れに参加することにしました。早ければ今週からその作業に入ります。すでに模様替えの提案はしました、低予算でどれだけ店の雰囲気を変えることができるのか、私の腕の見せ所です。金曜日の夜の閉店後に2-3時間かけて壁を塗りますけどね。
 さすがに土曜の夜は翌日のゴルフがあるので、睡眠時間を削るわけにはいかない。それでじゅんちゃんにでも負けたら恥ですからね。私、思うにちゃんはおかしいと思う。ここは1つ「じゅんじゅん」とかに改名すべきじゃないか?
 Iママ、久々のブログ登場ですが、気になるものがあるので私の代行で食べてください。牛どんのキンピラごぼうトッピング、高級志向のママがすき家に行くとは想像できないのですが、帽子かぶってお忍びで行ってください。感想は、娘にもらしてくださいね。うちでも近々やります。私、白いご飯にキンピラだけで食べれますよ。
 日産シーマがHVで復活、735万円だそうです。どうもフロントが不細工、全体的な流れで見るとフーガに近い、かつてのシーマらしさに欠けるというのが私の感想。そうして見るとレクサスのLSのフロントは実にスポーティで格好が良いんですよね、私はそこが気に入っているわけです、そしてサイドのラインも実に流れるように美しい。
 結局、アップルの純益は94%増だったそうで、すごいですね。Baiyuも74%増でした。Paneraブレッドが上場していたとは知りませんでしたが、ここも26%増。こうした庶民が行く店が伸びているということは景気の回復度は高いわけです。私の店もあと5日を予算通りにクリアできれば23%増で4月を終えることになります。売り上げは3月よりも低いものの、4月としては過去最高の売り上げを更新します。勝ち組に入れて嬉しいですね。勝っているときも「売り上げOK」ではなく、なぜ良いのかを分析しないと悪くなったときに原因と対策が分からないわけです。ただ「客が入っている」では分析にならず、そういうのは長続きしません。お客さんは常に回遊し、どこかでお金を落としているわけです。ルーレットのような順番を待っていても仕方ありませんからね、お客を引き付ける磁石を持たないといけない、そうですね。

Tuesday, April 24, 2012

今日のニュースから 4月24日(火)

やや売り上げが鈍化してきています。先週は平日OKで週末だけの数字で見ると、かろうじて前年を上回っている状態でこれまでの伸びがない。月曜日にグロサリーのオーダーを入れるので、業者に聞いてみるとやはり同じ回答で、ここ2週間は沈んでいるそうです。
 ワインの業者も急にアポなしでやってきて「メニュー見せてくれ」です。自分のところのワインが入れる隙間を探している。月曜日といえばオーダーのある日のはずですがね、オーダーがあまりないとおいうことは週末売り上げが今一だったということになります。

 アップルが冴えません。株価急落、一時646ドルまで行った株価は今日も下がって560ドル付近で動いています。実は今日が第一四半期の業績発表の日で、一部の間では株価1千ドルになるといいう予想もあったんですがね、ここで急ブレーキがかかっています。おそらく業績は良いと思いますよ。それでも過去の例で上がらない理由があります。
 それがhttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83N04V20120424
このロイターの記事の通りなのかどうかは不明、なかなか興味深いと思いますね。

 下がった株でも上がっている例があり、それは身近なスタバです。2年前には業績不振で14ドルまで下がっていましたが、現在は58ドルまで回復、3倍以上になっていますね。そういうのもあればレンタルビデオのNetflixは最悪で、1年前に200ドル近くまで行ったのが現在89ドルですからね、なかなか株価の見通しを読むのは簡単ではない。ということで個別の株は買わないのが私。

 東南アジア関連のニュースを少し、タイ全土で4月1日から最低賃金が約40%引き上げられました。この政策は、昨年の総選挙で勝利したタイ貢献党インラック政権の公約の目玉、しかし物価上昇や外国資本の近隣諸国への流出が懸念され、企業による人員削減で労働者の所得向上に必ずしもつながらないなど、裏目に出る恐れがあるそうです。
 インドネシアでは、同国の特別捜査機関「汚職撲滅委員会」が、裁判官に対する贈賄事件に関与した疑いで、日本の電線メーカー「オーナンバ」の現地法人の日本人社長を容疑者として捜査すると明らかにしています。インドネシア名物は賄賂です。なんでもスハルトのときには、賄賂があっても統制が取れていたそうです。ところがユドヨノになって民主化され、もう無茶苦茶になってきている。賄賂の額もうなぎ上りだそうで、ここが頭が痛いところ。
 これから東南アジアの時代とはいえ、所詮は後進国ですからね、まだまだこういうのが当たり前です。最たる例が中国でしょう? 世界第2の経済大国とはいえ役人の賄賂が横行して私服を肥やしているのが山ほどいます。それがアメリカあたりの不動産を買いあさり家族を移して、いずれは自分も海外に住むという理想を描いているわけです。

 日本の話題、高田純次がCM界でモテモテ、震災直後は日本中に暗い雰囲気が蔓延。テレビをはじめとするメディアは、事あるごとに『きずな』『頑張ろうニッポン』といった言葉を押し付け、誰もが息苦しく感じていた。そういう中で彼が口にするスコーンと抜けた迷言やおやじギャグが空気を明るくし、見る人にそんなに肩に力を入れなくてもいいと思わせてくれる。その気楽さが救いなのです。仕事が増えているのも分かる、という分析。
「ごめんね、いい男で」とか「無責任でいることがオレの責任」などと言って照れもせず、嫌みにも聞こえない60男。
 まあ、確かに3月11日後は、日本中が落ち込んでいましたからね、「自粛」「派手なことはやめよう」と実に日本的な計らい、気配りなんでしょうが、それが疲労したわけですね。のど元過ぎればで良いじゃん!私は本当に、また地震が起こる可能性のある地域を捨てて他に移り住むことも考えるべきだと思うんですがね、日本人ほど「ふるさと意識」の強い国民はいないんじゃないですかね。そのくせ「愛国心」が希薄なような気がしますよ。この中途半端さは何?

 米国人はその逆で、自分の仕事や家族に合わせてどんどん移動しますからね。ただ、愛国心だけは半強制的に植えつけられているので強いわけです。国歌が流れて足り止まり胸に手を当てるなんてことは私にはできない。これは「パブロフの犬」以外の何物でもないというのが、私の分析ですけどね。
 愛国心ゆえ、戦争に行って死ぬことも恐れない。それが栄誉、名誉とされる。これもおかしいと思いますけどね。
 ただ、日本もいずれアメリカから親離れして「自分の国は自分で守る」という体制を整えないと今ある領土さえも守れない可能性が大きい。

 こうして一見、大きく見える地球の中で多くの人が暮らし、金銭でもめ、資源で争い、殺害を繰り返している節操のない世の中ですが、これをズームアウトすると、小さな惑星は太陽という親の管理下にあり、その活動が今やマイナスになっているという説が正しいなら、地球はやがて寒冷化し、我々の多くは滅亡するわけです、大胆な予測を立てればの話ですよ。
 そうなるとお金儲けがどうの、石油がどうの、温暖化がどうの???なんて、関係のない話になってきますね。皆いずれ死ぬわけですから。
 ということは、やはり何が起きても「あー幸せな人生であった。わが人生に悔いなし」でいつでも死ねる体制を整えておく事も大事なんじゃないかと思います。
 つまらないことでくよくよするとか、悩むとか実に下らないことなんだということを認識するチャンスかも知れませんね。

 いまいま、業者から電話があり、エクアドルから脂ののったマグロが入るそうです。今月の締めです、1/4で45パウンド。ここで勝負させてもらいます。寿司屋は博打です! 人生も博打です。売り切れば儲けですからね。

Monday, April 23, 2012

獲物を捕まえろ! 自然の世界から

http://www.youtube.com/embed/nA3LtXnNIto?feature=player_embedded

またもや、素晴らしい影像です。このアルゼンチン人の友人、なかなかこういうのを探すのが巧い。
小魚からヒラメ、サーモンまでよくつかんで放さないものです。

我々のビジネスもこうではなくちゃ。狙った獲物に全力で食らいつき、放さない。ですかね。

Saturday, April 21, 2012

週末往来! ダメな店を視察!

知人に頼まれて売り上げが不振の店(ピーク時に比べ客数が40%近く下がっている、そして赤字寸前)に時間を作っていってきました。
その感想と対策です。レポートにまとめ報告しましたが、それが以下です。


驚きです。田舎の場末のダイナーよりもひどいですね。それが正直な雰囲気の感想です。
照明の1つが壊れてそこにテープを貼ってある。同じものが売っていないらしく、そのまま放置ですかね。
客目線で見るとバーに座るとバーの中がすべて見え、床にゴミがたくさん落ちていて汚い。これじゃ、うまいもんは出てこないでしょう。
当然ブースの横の壁のペンキが剥がれていて、そのまま放置されています。
メニューはざっと目を通しましたが、ドリンクメニューを見て驚きました。すべてのワインがグラスとボトルであります。この効率の悪さ。

たとえばChardonnayは6-8ドルまでで、4種類もあります。「4つもあって、客が迷うだけでしょう。2つで十分」とアドバイス。
さらに赤ワインに今、一番売れているMalbecがない。複数オーナーですが、そのオーナー、Malbecを知らない。
訊けばそのドリンクメニューは4年前に作ったままだそうです。Updateなしで4年です。価格改定もされずにね、恐ろしい。
それで、売り上げが下がってると嘆いています、当たり前です。停滞は後退ですからね。
まず、ドリンクメニューをUpdateして値段を最低でも25セントは上げるよう指示しました。そして同じ種類では2種類で十分、そこで価格差を2-3ドルつけることも言いました。

この店の特徴は低価格なので、ここは触ることができないが、アペタイザーのオリジナルなどは関係ないので、価格改定を行うよう指示。毎週11カテゴリーで25セントでも上げるようにしないと損するだけだと言っておきました。自殺行為としか私には思えないからですね。

一番大きな壁に3枚の素晴らしい絵が飾ってありますが単調で、少しラインを入れるとか、お金をかけずに変化をつける方法があることを伝えました。これは今日、3時にオーナーの1人がTAKAに来るので、うちの店のペイントを見せることができます。

店の一部を最近改装したようですが、個室感覚で使うなら壁の色を変えてアクセントをつけないと面白くないと言っておきました。
こんな感じですが、まずは当座の金がないので何もできないのが現状ですが、商品の値上げを行い、お金を捻出し、改装費用を作ること。とりあえず、小汚い椅子の座を自分で張り替えることぐらいはできるので、すべて赤にするとかアクセントをつけなさいと指示しました。
それが終わったらブースを何とかしないといけないし、中央も円卓にするなど少し変化をつけると面白くなると思います。エキサイティングな客間にしないと楽しめないですからね。
かつて500人、現在300人だそうですが、300人でも入ってくれているなら、客単価を1ドル上げると1300ドル儲かり、1ヶ月では9千ドルですか?そうしてお金を貯め、1日も早く全面改装しないと厳しいと言っておきました。

複数のオーナーで責任が誰にもない。なすりあいであろう、要するに無責任が複数集まった状態なのだと言っておきました。

TAKA
追伸

ブースのテーブルが実にみすぼらしい、安物の中華レストランよりもさらに下に見えます。
この解決法として美食でやっているように、ガラス板をトップにしてテーブルトップとガラス板の間に紙とか布を敷いてカバーすれば、見栄えも良くなるし、テーブルトップを新規購入するよりも安上がりです。こうした見た目のアップグレードを早急にやらないといけない。
元々が食べ物で客を引いている店ではないので、雰囲気だけは良くしておかないと内装の綺麗な同業に負ける、すでに負けているということです。
店のポイントに花や造花で少し色をつけるのも作戦。壁にキャンドルをプレイスして雰囲気を出しても良いですね。

今の照明は最悪、ブース席はグリーンのランプカバー、バーは黄色系のランプカバーではミスマッチ。本人もそれを認めているものの、「金がない」で放置状態ですからね。
帰りがけにフロントの炎を見て失望。キャンドルの代わりに固形燃料(フードウォーマーに使うもの)を裸むき出しで使っています。何を考えているんですか? キャンプに来ているわけではありません。お客さんに対して失礼でしょう。こういうところの「チープさ」が不振の大きな原因です。
「家賃が上がり公共料金も上がり、すべての支払いが厳しい。かつては500人入っていたが今は300人。これじゃきつい」
確かにそうですが、努力を怠ってきてこの言い訳はできない。500人を維持する努力を何もしてこなかったことの反省がない。
それはドリンクメニュー1つ取ってもすぐに分かるでしょう。お客さんが先に進んでいるのに、店が停滞=後退しているわけで、200人のお客さんに取り残されてしまったという事実を認識するべきです。今残っている300人のお客さんもどんどん離れていくのは目に見えています。残るのは下層のどうでもいいような客ばかりになりますね。
フードも見直しが必要。スープ飲みました。辛い、中に必要のない具が入っている?これ何ですか?そんなもの入れる必要性はあるのか?サラダ食べました。レタスのみの単調。今はオーガニックの時代で、色とりどりのリーフを入れると見栄えも良くなり、値段も上げられる。
特徴的なアペタイザーを食べました。えびですけどね。元々期待はしていなかった。出来合いの冷凍を使っているのは知っていましたからね。
「どうして作らないのですか?」「忙しくてそんなもの作っている時間はない」が回答。食べ物に対する情熱がない、「忙しいとお金がない」はダメな店の言い訳です。
手作りで美味しいものを作れば値段も上げられる、お客さんの評判も上がる。できない理由は何もない。複数の経営者のうち1人が金曜日にいない(早く帰ったかどうかは不明ですよ)、週末に3人働き、それも一生懸命働かないと従業員もついてこないですね。
忙しい?というなら日本の「餃子の王将」はどうですか?忙しいといって彼らが工場で作られた冷凍餃子を提供したら店はどうなりますか?すぐにお客さんにバレてしまいますね。
あれは店の見せるところで実演しているから効果があるわけです。安い美味いそしてボリュームの3拍子が揃っているからこそ、王将は繁盛しているわけですね。王将の忙しさに比べるとこの店の忙しさはゼロです。
米国でのレストランの繁盛のポイントは「安い、美味しい、ボリューム」この3つで攻めるのが一番簡単です。この店は高級ではないので、ここで攻めるしかないのに、フードに手抜きをしているから評判を落としている。
忙しい=時間がない=出来合いで間に合わせる=美味しくないものを提供する=客が離れる
これを
時間を作って手間暇かけて作る=美味しい=評判が上がる=リピートが増える=イメージが変わる
に変えていかないといけない。
彼らが忙しいといって、私よりも忙しいでしょうか? 私は5ランチ6ディナーで家を出るのが朝9時過ぎです。買い物を2件済ませ店に10時半に入る。ランチのスペシャルを考えて作る。ランチの営業はほぼ任せていますからそこでペーパーワークをする。
2時前に店を出て家に帰り、AXISの仕事をする。4時に店に戻り、ご飯を炊く。水加減は大事なので私が必ずやる。
10-11時に閉店。遅くとも12時前には帰宅。それからAXISの仕事するなどで1日平均睡眠時間は4-5時間ですけどね。これよりも忙しくて大変なら仕方ないですがね。
とにかく、店が傾いているときに休むんじゃない。原因を見つけること、そして解決策を探ること。それだけのことです。


Friday, April 20, 2012

キンピラごぼうを普及させたい!















 野菜を食べる米人が増えています。海草サラダ、揚げ出し豆腐、ほうれん草の胡麻和えなど、日本食レストランにしかないものがかなり定番になってきています。
 そこで、ごぼうを私は持ち出します。繊維質が多く、健康に良い、また表皮は朝鮮人参と同じ効能があります。
 この前までは、ごぼうの天ぷらを売っていました。最初はかなりサンプルとして無料配布しましたが、ニックネームをJapanese French Fryとしたところ、かなり受けました、ジャガイモよりも健康、そして食感があります。
 最近はこれを作るのが手間になり、忙しいときに時間がかかるので、対策を考えていましたが、そこで「キンピラごぼう」にしたわけです。
 甘辛いので受けるのではないですかね。すべて手切りの手作りです。ここで冷凍などで横着をしないことがポイントですかね。なんとか、これを軌道に乗せたいと思います。
 本当に食べず嫌いの米人が実に多いのです。知らないから仕方ないのですが、それで済ませると前には進まない。
 そこで、サンプル配布して食いつきを見るしかないですね。美味しいものは万国共通、きっと受け入れられると思います。

今日のニュースから 4月20日(金)

昨日は、混まず暇でもなくちょうど良いビジネスで大変満足しています。やはり中身が伴わないとダメ。やっていても面白くないですからね。忙しくて金儲けができるのは幸い、ただそれだけでは空しいですね。
良質のお客さんが、自分が売りたいものを食べてくれるのが一番です。
最初のお客さんは、「築地Xプレス」というアペタイザーを食べてもらいました。築地の魚を4種類、1つにまとめたもので、昨日掲載した魚たちが乗っているわけですが35ドルもします。まあ、日本の魚は高いので、分かる人に食べてもらわないと意味がない。
 そして最後のお客さんはリッツからのお勧めでの来店、ベルギーからカップルでしたが、どう見ても品が良い。ご主人はネクタイ、奥さんもスーツを着ていましたからね。サクラマスを出すと、追加が出る。そして握りの築地Xプレスを出し、そこに生蛍烏賊の握りなどを入れると、それも追加が来る。事前の情報では、奥さんは白身が好きではないとのこと。
 それゆえ、あえて白身で勝負するわけです。マハタ、太刀魚、マナガツオと個性のある白身で攻撃です。すると「美味しい」という。彼女の白身は北欧なのでヒラメ系の淡白なものばかりなわけです。そこに脂のある魚やこりこりの魚を出すと全く違うのに驚くわけですね。
 仕上げに何をと考えていたところ、ベルギーということで肉で締めることにしました。これは私の誘導で、前週の牛タンシチューがあったので、それを出すことにしました。そして添えのドリンクにKasteelのローグ(チェリー味のビール)を出すと、もう大喜びでしたね。これはベルギーのビールですからね。そしてこのブルワリーのオーナーを知っていて来週に会うという、ここまでのつながり、最高じゃないですか。200ドル近くを使ったと思いますが、大変満足して帰っていただき、寿司を提供した私も大変満足、気持ちの良い1日だったということです。これがレストランのドラマなわけですね。脚本なんてないですよ。お客さんはどこから来るかは分かりませんからね。舞台と同じですね。何かのアドリブが必要で、そのアドリブができたことに喜びがあるわけです。

涼しい気候ですね、冷夏? というか気になる記事があります。
雑誌NEWTONからです。
太陽の極域は,表面の爆発などの活動の原因となっている重要な場所だという。だが,実際に極域で何がおきているのか,よくわかっていなかった。このたび太陽観測衛星「ひので」は,極域のようすをくわしくとらえることに成功した。そして意外なことに,北極と南極の両方が,磁石でいうところのN極になりつつあることが明らかになった。
 太陽表面にあらわれる黒いしみのようにみえる部分のことを「黒点」という。黒点の多い時期は,太陽の活動が活発になる。黒点の数が減ると,太陽の活動はおだやかになる。黒点が最も多くあらわれる活動的な時期を「極大期」,黒点が最も少なくなる時期を「極小期」という。
 実は,黒点は強力な磁石そのものだという。そして,太陽の極域には,黒点の種となる南北をつらぬく磁場がある。そのため,太陽の極域は,太陽の活動や磁場の起源を理解する上でも重要な場だ。これまで,地上の太陽望遠鏡や太陽観測衛星によって,太陽の極域が観測されてきたが,極域の磁場のようすを把握するのは困難だった。
 太陽観測衛星「ひので」は,JAXA(宇宙航空研究開発機構)と国立天文台などによって,2006年9月に打ち上げられた。「ひので」に搭載された可視光・磁場望遠鏡により,太陽の磁場の構造をこれまでにない解像度で観測ができるようになった。国立天文台の常田佐久教授,下条圭美助教,理化学研究所の塩田大幸研究員らは「ひので」で両極域の観測を継続し,極域の磁場の全容を知ることができるマップを得ることに成功した。
 常田教授らは,太陽の活動が低下しつつある時期(2007年9月)と活発化しつつある時期(2012年1月)の極域の磁場の観測結果を比較した。2007年は,北極がS極,南極がN極となっていた。そして2013年なかばごろに予想される太陽活動の極大期には両極域の磁場が同時に反転すると予想されていた。ところが2012年の観測結果から,北極域のみS極からN極への反転が進行していることを発見した。
 常田教授は次のように話す。「今,太陽の基本的な対称性がくずれていると考えられます。本来は両極域とも次の極大期にほぼ同時に極性が反転すると考えられていました。しかし,北極域は本来の約11年周期で極性が反転しつつあり,南極域は約12.6 年で反転する可能性があります」。
 2007年の太陽は,磁力線が南極側のN極からでて,北極側のS極に入るふつうの構造(2重極)だった。それが,2012年1月では,南北の両極域にN極ができ,太陽の中心付近にS極ができるという構造になっている。つまり,棒磁石が二つ連なった構造(4重極)になっていると想定できるという。
 太陽の極域の観測は,将来の太陽の活動を予測する上できわめて重要だ。2012年10月ごろに予定されている,「ひので」による北極域の集中観測によって,北極域の極性がN極に完全に反転しているかどうかを確認できるという。
 マウンダー極小期(1645年~1715年)など,黒点がほとんどなかった時期は過去にもあった。これが原因となって,地球の平均気温が低下し,寒冷化をもたらしたといわれている。これらの極小期の直前は,太陽の周期が13年や14年と長いという特徴があった。今回,直前の太陽の周期は12.6年だった。もしかすると,地球を寒冷化させる太陽の極小期にふたたび突入する可能性もあるかもしれないという。
 常田教授によると,あと10年は極域の調査をしないと,今後の太陽の活動予測はできないという。今後の観測結果を待ちたい。  

 とありますが、壮大な話なのでちんぷんかんぷんですが、簡単にいえば、太陽の気分次第で、地球はどうでもなるということです。自然に逆らっちゃいかんということですね。
 太陽が少し活動を弱めると寒くなり、我々は滅亡しますしね。逆に活動を強めても暑くなって、これまた同じわれわれは死にますよ。それも都合良くオゾン層が紫外線を遮断してくれているからこそ、ガンにならずに我々巧く生きているわけですからね。実に面白いもんです。適度の距離+適度のバリアの中で生かされているといっても過言ではない。
それで、北朝鮮がどうのこうの、イランがどうのこうの、と馬鹿なことばっかりやっているわけで、人間ってのは本当に小さな哀れな生物であると認識すべきなんですね。昔の人の方が、太陽を神として拝み、まともな生活を送っていたんじゃないですか。

まあ、週末です。ここいらあたりを掘り下げて、「自然には逆らえない」ということを認識し、人間らしさを取り戻すのも良いかと思います。私ですか?緑の芝の上で人間らしさを取り戻しますよ。自然と戯れですからね。はい!


今日入った魚の中身

マハタです。透き通るような白身ですが、こりこりした食感がありさらに脂がのっています。それゆえ、美味しいわけですね。



サクラマスです。天然の綺麗なサーモンピンクは見事です。身が実に柔らかいのに驚きます。そして脂があるから美味しい。

ちなみに生の蛍烏賊はそのまま、生のままで処理して握りにしました。酢味噌が抜群に合います。今週はテスト販売で22しか来なかったのですが、来週は2倍仕入れます。
なんと、アメリカ人とベルギー人が再注文したほどの美味さです。

Thursday, April 19, 2012

新しい魚たち

まずは、富山から生の蛍烏賊です。これを待っていました、先月は茹でたものでしたからね。
それでも湯通しして酢味噌が美味しいようです、何事も挑戦ですね。

マハタです。グルーパーの仲間ですが、これがまた味が違う。スズキのような食感がありながら脂があるわけですね。だから美味い。

サクラマスです。鮭の種類で英語でもチェリーサーモンと呼びます。天然のサーモンなのですが、身が柔らかく口でとろけます。ここが美味しさの秘密ですかね。これは間違いなく米人に受けるでしょう。この1尾で150ドルです。お高い品ですね、季節限定です。

今日のニュースから 4月19日(木)


このアイスクリームですよ、私の体重を170パウンドに増加させた張本人です。やはり夜のアイスクリームは禁物ですかね。確かに美味いのなんの。大変危険です。やはり、表に「太りすぎに注意」とか「太る恐れがあります」という警告が欲しいですよね。昨日はサラダを昼と夜に食べてなんとか今朝は168まで落としました。



また、うなぎの価格改定です。いよいよ夢の400ドル台ですかね。写真は上が14オンス、下が12オンスです。うなぎの場合、小さい方が高いのです。昔は9オンスが主流でしたけどね。9オンスはすでに大台を超えています。このうなぎも来週から値段が上がるというので、またもや買いだめです。この買いだめを今年確か2-3回繰り返しています。
ちなみに、大きいうなぎほど、骨が当たるわけで、従って小さい方が高いのです。それでもコストを抑えるためには多少のことは目を瞑るしかないのです。
昨日12オンスと14オンスを試食した結果、12オンスを買いだめすることにしました。スーパーでもそうですね、昔はうなぎの蒲焼は1枚5-6ドルでありました。今では3倍の15ドルからです。
 過去10年でマグロの値段は2倍にしかなっていないのに、うなぎは3倍になっています。

 チュニジアで’ゴルフを考えている方http://www.theresidence.com/tunis/golf-en.html、を参考にしてください。ベルギー人の友人がここに住んでいます。
 元はコカコーラの方で、昨年でしたか、コーラのアフリカ戦略のためにアフリカに派遣されたわけです。マーケティング部門の人で、まあコーラは駐在には手厚いので、良い場所に住んでいますね、海に面しているそうです。ベルギーまで週末に飛行機で2-3時間で帰れると思います。

 
 
少し勇気づけられる話しです。
東日本大震災は若者の仕事選びにも影響を与えている。東京都世田谷区の安原健朗さん(24)。東大大学院在学中に国家公務員1種(キャリア官僚)の採用試験に合格しながら、震災ボランティアがきっかけとなり、今春、NPOの職員になった。
 安原さんは、被災地に延べ約1万人の学生ボランティアを送った国内最大級の支援団体「ユースフォー3・11」の創設メンバーの一人。4月からは教育関連のNPO「ティーチフォージャパン」で生活保護世帯の多い学校にボランティアの学生教師らを派遣する活動に携わる。

 大学院1年で難関の国家公務員1種試験に合格。教育格差の問題に関心があり、中央官僚として「トップダウンで国の教育を変えよう」と考えていた。
 あの日、東京・渋谷にいた。交通機関はマヒし、学生仲間3人とハンバーガーショップで時間を潰した。店には携帯電話を手にした同世代の若者がひしめき、安原さんたちもカードゲームを始めようとしていた。仲間の一人がつぶやいた。「ここで何もできなかったら、俺たちもかっこ悪くないか」。みんな黙って店を出た。

 その夜、支援団体をつくった。やる気はあっても手段のない学生と、人手を求めているボランティア団体を結び付けようと考えた。ツイッターでボランティア希望の学生を募る一方、被災地入りする団体に電話を入れ、学生を紹介する代わりに現地での宿泊施設や交通手段を提供してくれるよう頼んだ。
 活動は予想外の広がりをみせた。最初の1週間で700人のボランティア登録が殺到し、国の支援の手がまだ届かない被災地にも入っていった。安原さんは学生の研修やボランティア団体との調整で都内を駆けずり回った。自宅の一角を事務所として無償提供してくれる人もいた。ボランティアの世界で生きる人は魅力的だった。
 6月、教育実習を機に活動を退いた時、ふと気づいた。「ボトムアップでも社会は変えられる。この世界の人たちとつながっている方が幸せそうだ」。省庁の面接には行かなかった。
 NPOでは、ボランティアの派遣先を探して教育委員会などを回っている。熱心に説明しても、年配の担当職員から、からかい半分で断られることも多い。でも4月上旬、母校のキャンパスで開いたイベントは、若い学生で会場が満員になった。「自分の選択に後悔はないですよ」。そうほほ笑んだ。

 あまり日本人に対して高い評価をしない私ですが、中にはこういう若者もいるのかと感心させられました。ボトムアップ?良いじゃないですか。上から言われるままに動くのではなく、下から動いて上を動かす、時間はかかりますが、確かに大きくなれば土台が揺らぐので動かざるを得ない、ですかね。




Wednesday, April 18, 2012

今日のニュースから 4月18日(水)

唐突ですが、ホタテって縦に切るのと横に切るのでは、味に違いがあると思いますか?実はあるんですね、縦に切った方が美味しいそうです。見た目からすれば、輪切りにしたほうが同じ大きさで綺麗ですが、味は全く逆。昔、テレビを見ていてやっていただけの話しですが、裏づけとしては、繊維が縦に走っているので、それを切らないほうが美味しいということだと思います。最近は生のホタテが良く売れるので、毎日10個近く買います。紐も久しぶりに掃除して煮て干して出しています。

 今度は日本政府が尖閣諸島を買うと言い始めましたが、ようやく中国が「無効、違法」と意見を出しました。実際のところはどこの領土なんでしょうか? 結果は強い国の領土でしょうね。それは米国を見ると分かりますし、アルゼンチンのフォークランド諸島を見ると分かるでしょう。

 昨日のビジネスは何だったんでしょう? 週末を超えるような忙しさでした。寿司飯がよく終わらなかったもんだと思いましたね。寿司飯の量は週末の半分しかなかったのですから、それで売り上げが同じということは客単価が高かったということですね。

 そうして考えると、平日の客単価を上げるようにもっていけば、さらに売り上げは伸びるということになります。また1つの課題が浮上したということです。
 

 例えば自分の会社の業績が世間と比較してどうなのかを見るときには、私が参考にするのは毎月の自動車販売台数ですね。これがやはり米国の主幹産業ですから、車が売れると景気が良い、逆に車が売れないと景気は悪いわけです。確か3月の自動車の販売台数の伸びは全体で20%近くUPだったわけですから、自分の会社の売り上げもそれなりに伸びていないとおかしいことになりますね。1つの指標ですよ、あくまでも。

 ファストフードのメニューは塩分量が高い傾向にあることが指摘される中、その塩分量が国によって違うことが、米国・カナダ・英国・フランス・豪州・ニュージーランドの6カ国を対象に行った調査で明らかとなっています。医学誌「Canadian Medical Association Journal」に発表された調査結果によると、マクドナルドのチキンマックナゲットやチェーンレストランのピザなど、ある特定の食べ物の塩分量において、米国やカナダよりも英国の方が少なく、米国で販売されるチキンマックナゲットの塩分量は1.5グラム、カナダでは1.7グラムだった一方、英国では0.6グラムと半分以下でした。

 調査を率いたオーストラリア「George Institute for Global Health」のエリザベス・ダンフォード氏は調査論文で、塩分量が違う原因は明らかではないとした上で、「ファストフードの塩分量は食べ物の種類によってだけではなく、生産する企業や国によって異なる」と指摘しています。

 「世界は2-3年以内にクラッシュする」と言ったのは私の同い年の米人の友人です。彼はすでにリタイアし悠々自適の生活を送っていますが、その生活費はすべて投資から来るものです。それゆえ、自身の資産運用には敏感なんでしょうが、それを昨日来たタイラー(父親が投資会社を持って自身も働いている)にしたところ、「どうかな?」でしたね。
 

 私自身の考えでいえば、可能性はある。どこも時限爆弾を抱えているのは間違いないわけです。日本は財政悪化、アメリカも同じでまた中から人が腐ってきている、欧州はごらんの通り、そして中国の厚化粧が剥がれるのはいつか? そうした数多くの時限装置というか地雷が埋まっているわけで、それを踏まずに前に進まないといけないということですね。

 「アマゾンが勝ち、ウォルマートが負ける日」という記事を読みました。確かに将来的には店を構えた小売という存在は淘汰されていくでしょう。車を運転して買い物しに行く時代からクリックしてカードで引き落とし、2日後には玄関先に荷物が置かれているという状況がさらに増えることでしょう。

 この前のニュースでしたか、最近CEOが辞めたBESTBUYですが、ここの1sqftあたりの売り上げは18ドル、一方のアップルストアの売り上げは1千ドルだそうです。同じ小売店でも流行の店と家電デパートではこうも違う。「BESTBUYで見てネットで買う」という言葉もすでに定着しています。

 ようやく、助けを得て昨日2社の会計データを1台の新しいPCに移し変えしました。これで「オフィスの持ち運び」ができるわけですが、最近は店のランチ時間の暇なときを見つけては、AXISの記事を書いたり、出版する本の校正をしています。
 こうして空き時間を巧く利用していかないと仕事が終わらない状態になっています。恐ろしいことです。店が少し忙しくなると時間が取れなくなるわけですね。パソコン持参は正解です。

 NY州のAD氏、最近アトランタから訪問者があったようですね。その方から報告を聞き「ご家族皆さん元気です」とのことでした。今なら貴君に勝てるかもしれませんぞ。
 6月の例のウェルカムゴルフトーナメントにはぜひ、ご家族でアトランタで’おいでませ。中国山脈対決になるのか、陰陽対決になるのかは知りませんがね、負けへんでえ。

Tuesday, April 17, 2012

今日のニュースから 4月17日(火)

どうも日曜日の飲みすぎから体がダルビッシュ?ですかね。
昨日は久しぶりに暇な月曜日でしたが、それでも単価で数字は作りました。今日がTAX納付の締切日のため、今日が暇なんじゃないかと思っていたんですがね。今日の日付のスタンプさえあれば、税務署は認めるということで、郵便局は深夜まで臨時営業します、毎年恒例のことですけどね。

 O君、5月のハンディは18になります。5つ下がるわけですが、80の後半で回れば入賞のチャンスがまだありますぞ。85なら優勝、いきなりグランドチャンピオンの候補にもなれます。
 そういう私は18から7つも減って11になり、現在一番ハンディの低い人が10なのでその次になるわけです。ここで優勝を狙うには75程度で回らないといけないので無理。仮に80で回れば69でなんとか上位入賞で、ポイントを小刻みに稼ぐことができます。
 まあ、過去の優勝者の事例では、「優勝の翌月のブービー」という例がよくあり、これを避けないといけない。

 実は日曜日の好調には1つの要素があり、それは遠州殿の事例ではありませんが、ドライバーの長さを短くしたことがあると思っています。
 大抵の人は市販されているドライバーをそのまま合うか合わないかは知らずにとりあえず買っているわけで、それに自分を合わせていっていますからね。
 最近はグリップを短く持つ私で、それなら「切ってしまえ」で0.75インチほど短くしたわけです。それで昔のようにグリップの端を持つようにすると綺麗に振れる。バランスがどうのこうのと言われましたが、ボールは比較的真っ直ぐ飛んでいたので問題なしと思い、そのままプレイしました。そのドライバーは4年前に買ったキングコブラの古いものでした。しばらくはこれで行きます。
 長いシャフトほど振りづらいわけで、それなら短くすれば解決ですからね。いろいろ調整せんといかんということです。

 世界銀行は、理事会を開き、米国が推すダートマス大学のジム・ヨン・キム総長を第12代となる次期総裁に選出したと発表しました。 任期は7月1日から5年。キム氏は韓国出身の米国人で、初のアジア系総裁となります。米国は総裁選で新興・途上国側から初めて対立候補を擁立されたが、創立以来70年近くにわたる米国出身者の「指定ポスト」を確保したということです。
 国連の事務総長も韓国人、そして世界銀行も韓国人、なにか見習うところがあるんじゃないですかね。その地に土着するということで、米人化することは大事なのかも。地元アトランタでも韓国人は公職に結構就いていますからね。

 原慎太郎・東京都知事は、ワシントンでの講演で、中国と台湾が領有権を主張する尖閣諸島(中国名・釣魚島)を、都が買い取るとの構想を明らかにしました。石原知事は講演で、「尖閣諸島は東京都が守る」と発言。すでに同島の日本人地権者との間で交渉を進めていると述べ、都議会での審議を経て年内に購入したいとの意向を示した。ただ、議会がこの計画を承認するかどうかは不透明です。都民は好意的にみているようです。ただし、台湾はすぐに反発、中国は今は黙っています。
 
 私、この発想は面白いと思いますね。金のあるところが買い取ってしっかり日本の領土管理をしてくれればいい。 石原、危険な男ですけどね、バリバリのタカ派でしょう?それでも、こういう男がいて「日本を守る」と強行に言わないと、他の人は何も言えず「そこ話し合いで解決」と言うわけです。それじゃ、相手に取られてしまいますからね。



Monday, April 16, 2012

今日のニュースから 4月16日(月)

昨日のジョージア日本人商工会で優勝してしまい、皆さんがそのコメントを期待していると思いますので、控えめに少しだけ。

まあ、良いときはすべてが良い。といって昨日は特別良かったわけでもなかったのが本音です。腰痛が80%完治した状態で、痛みはなかったんですがね。
1番で(18番になりますが)、池ポチャ。このホールをWボギーで終えました。そして元の1番に戻ってパー、2番もパーとなり感触を戻していくも、次のショートの3番でバンカー、これを巧く出してボギー。4番はピン側に寄せてパー、5番がこれまた短くロングパットを逃してボギーでした。6番も同じ、第一打は巧く打ったものの、2打目でバンカーにチョリ、ここも巧く出してボギーでした。
神がかっていたのは次のホールでした。長いパー4ですが、第2打を深いバンカーに入れます。これを傾斜を利用して落とそうと思ったにもかかわらず、ボールはラフにひっかかって落ちてこない。これを軽く合わせて下りにも関わらず、うまく入ってパー。8番のロングも2打目をバンカーに入れたものの、ここでサンドをうまく使いピンそばにオンさせバーディは逃したもののパー。9番も同じえ第2打が巧く乗ってパーを取りました。これが前半39という数字になった。
もう、後半になると意識しますからね、だんだん緊張感が出てきますが、10番も第2打をミスったものの、3打目で寄せ、これが短いにも関わらず次のパットを沈めてパー。次の打ち上げのパー3は大ミスで右の丘に落としました。寄せるはずが大きく、グリーンの奥まで行き、ここから傾斜を巧くとらえたパットはこれも神がかって入りパーをセーブ。
池超えのパー4は苦戦してWボギー。迎えた簡単なパー4で大叩きしましたね。急に下手ショットの連続でチョロリが続き4オーバーでしたが、ここで崩れず、打ち下ろしのパー5で第2打をグリーン周りに落とし、寄せがさえてバーディをゲットすると、次の打ち上げのパー5でも第3打で綺麗に乗せてパー、簡単パー3もパー、最後の17番でまたミスってWボギーとして終わったものの、結果オーライですかね、ハンディが18もあるので、ネット66で2打差でO君を退け優勝してしまったわけです。まあO君が優勝すると洒落にならない。パッションの連中なら分かることですが、「O君でも優勝、俺たち何やってんだ」状態になりますからね。そこはしっかり私が抑えたわけです。

 昨夜は後でディナーの約束が米人の友人とあり、ブルックヘブンの家に出向き、外で火を炊きながらの豪華ステーキでした、もちろんスパークリングは空けて乾杯しましたけどね。それで11時半まで雑談して家に帰ったら12時を回っていました。

 経団連の研究機関、21世紀政策研究所は、2050年までの日本と世界50か国・地域の長期経済予測を発表しました。4つのシナリオに基づいて日本経済の成長率や規模を試算したが、少子高齢化の本格化で日本は30年代以降にマイナス成長に転じ、効果的な成長戦略を実施しなければ先進国から脱落しかねないとの見通しを示しました。
 日本の生産性が他の先進国並みを維持する「基準シナリオ」では30年代からマイナス成長となり、41年~50年の国内総生産(GDP)成長率は平均マイナス0・47%となります。現在世界3位のGDPは4位と、中国と米国の約6分の1の規模となる。1人あたりGDPは世界18位で韓国(14位)に抜かれる、という予測です。

 米国人の自宅での金銭の保管先を調べた調査で、回答者の4人に1人が文字通り、資産を冷凍庫に「凍結」していることが分かりました。
 マリスト大学世論研究所(MIPO)が全米で成人1080人に電話調査を行ったところ、27%が冷凍庫に保管していると回答した。性別や年齢、地域別にみても、冷凍庫と答えた回答者が最も多かったわけです。
一方、19%が靴下に保管していると答えたほか、11%がベッドのマットレスの下に、10%がクッキーを入れる瓶に保管していると回答しました。

 米国の大学に入学する際に受験が必要なSATやACTといったテストに新たな規則が設けられ、大学運営側は不正入学防止に向けた期待を寄せています。
導入された新規則では、申し込みの際に受験者に写真提出を求める。また試験監督者は、提出された写真と、試験会場に到着した際に提示が必要な写真入りIDや受験生本人の顔と比較することが義務付けられるようになります。
今回の規則改変は、いわゆる替え玉受験を防止することを目的としている。ニューヨーク市郊外のロングアイランドでは昨年、数十人の学生が最大3600ドルを第三者に支払い、代わりに試験を受けさせたという事例が発覚しました。

 まだまだ、体がだるいですね、いわゆる月曜病です。毎週月曜日はしんどいのですがね、’昨夜は遅くまで英語で’談笑していたので余計に疲れるわけです。

Saturday, April 14, 2012

そして出来上がった壁のデザインです!

まあ、我ながら良くできたというデザインですかね。これまでのL字デザインから飛躍しました。これまで縦横が多かったので、斜めをぜひやりたかった、斜めにするとどう見えるのかということもあっての今回のデザインです。シンプルかつゴールドとレッドでアクセントが十分にありますね。
 これで「昔、パンプスのデザインもしていた」と少しは理解していただけるでしょう。

 こういうデザイン発想はどこから生まれるか? 頭の中で勝手に出てきますね。真似たものはないですけどね。またやっている中で変更もあるわけです。そこが面白いところですね、半分は筋書きがありながらアドリブで変えていく。

Friday, April 13, 2012

こんなイメージで進んでいます!


ペイントで大事なのは、マスキングです。これさえきちんとやれば、あとは塗るだけですからね。
今から仕上げに入ります。現時点で70%完了!

Thursday, April 12, 2012

さて、次は何?


昨日の閉店後、マスターズのデコレーションを撤去してグリーンのペイントをカバーしました。さて、次は何?少しばかりの構想はありますけどね。
今から、早出して仕上げる予定であります。腰? 少しはマシ、従って日曜日のコンペには出る予定を立てています。逆に力が抜けて無理しないスイングで高スコアになるのでは?とも考えています。
じゅんちゃん、ここは勝負でお願いします。

Wednesday, April 11, 2012

今日のニュースから 4月11日(水)

もうニュース書いている場合じゃないですよ。昨日の朝から突如の腰痛で、昨日は寝たきり老人のようでした。カイロには行きましたけどね。マッサージにも行こうかと思っています。

 これで、今週のゴルフコンペ出場は「健康上の理由から」欠場となる可能性が高まっています。今朝、寄せの練習だけはしたんですがね、クラブは振れそうにない、今のところ。まあ、年ですね、怖いですね、と一転弱気になりますが、仕方のないことです。

 昨日、SONYの話を書きましたが、昨夜SONYの方が来店しました。持ち帰りをしたのですがね、携帯電話の方で、こちらはat&tに納品が決まり頑張っています。以前に京セラの方も来店していまして、こちらもat&tに納品をしたいと願っていましたが、一歩届かずで断念したようです。日本メーカーが米国社に納品するって簡単じゃないでしょうね。日本からの「系列がらみ」で米国に来ている会社は最初から商売がありますが、何もコネのないところから新規開拓をする会社は大変だと思います。
 ただ、それが普通のビジネスですからね。最初から取引があるなら、人間あまり努力せんでしょう? 無理を可能にするから知恵がでる、努力するわけですね。SONYへの苦言を「励まし」だと受け取りますと言ってくれた彼、頑張ってもらいたいものです。
 まあ、私も別に「SONY潰れろ」とは言っていないわけで、アップル旋風が巻き荒れる中で、負け組みはここで悔しい思いをしながら、どう再生、復活していくのかを楽しみにしているわけです。そこが人間物語なんだと思いますがね。

 マーケットはやや持ち直していますが、先行きは不安の塊です。欧州危機再熱ですからね、ギリシアが片付いたと思いきや、スペインとイタリアです。この1週間で国債の利回りが上昇しています。聞けばスペインの若者の50%が失業しているそうです。
 元々、南方系の国は仕事をしない国民性ですからね。気候が良いと楽したくなるんでしょう。欧州で危機なのはすべて地中海諸国ですからね。

 それでもマーケットは下がりすぎたということで、少し上げそうです。原油は101ドル台です。円が消去法で強くなっています。81円まで上げています。

 今日、約1週間余り米国に’滞在していた日本人の旅行者が帰国します。先週の土曜日にはゴルフを一緒にしましたけどね。友達ではないのですが、友達のような関係になってしまいました。
 その方は半年に1回来るわけですが、真相を聞いてみると薬のようです。1つは養毛剤、同じものは日本でも売っているが3倍するそうです。確かにこの養毛剤は効くそうです。はげの方、お試しください、私はげとは縁がないので名前忘れました。たしかPで始まったような。
 もう1つは血糖値を下げる錠剤を買うためだそうです。これは日本では認可されていないので売られていないそうです。日本では同じものが注射でしかないそうです。

 ここを掘り下げて、彼の言い分ですが、なぜこれが日本で認可されないのか?おそらく医師と製薬会社が単価の高い注射で儲けるためじゃないか、錠剤にして薬局でも売れるようになれば、旨味が逃げていくわけですね。そのためにわざと作っていなんじゃないかと推測していました。
 確か、すい臓か肝臓の血糖値を下げるそうで、確かに下がるそうです。(私、専門家ではないので詳細は不明)

 まあ、日本に有りがちな話ですよね。結託といえばそれでお終いですけどね。知っている人は海外まで出かけて薬を買うわけです。こういうのをもっと知らせないといけないですね。国内で高い価格で買わされている人は山ほどいるはずです。内外価格差を是正しないと日本は豊かになりませんからね。

Tuesday, April 10, 2012

今日のニュースから 4月10日(火)

イースター明けで暇かと思ったのですが、ふたを開けてみると忙しい1日でした。予約は当初10人のパーティのみでしたが、来るときは来るもんですね、おそらく月曜日の過去最高の売り上げを記録しています。今月も想定外の売り上げを計上するかも知れません。16日がTAXの支払い締め切りで、この週は少し落ちるのが常ですけどね。

 届いたばかりの日経ビジネスにパナの新社長津賀さんのコメントがあります。「伝統と決別」だそうです。「脱テレビ」とも語っていますね。なにせテレビの赤字が大半で7800億円の赤字を計上したわけですからね。

 一方のSONYは平井新社長が、2月13日号で「創業当時への回帰」を掲げ、トップ自ら開発現場へ足を運ぶことを言い、「SONYらしい」商品を見定めようとしています。ただテレビに関しては、継続の意思を打ち出しています。最近、1万人規模の人員削減を発表したばかりです。

 テレビは明らかにもう「ブランド」で選ぶ時代ではなくなってきています。特にこのアメリカという巨大な市場で「良いものが安い」が前提ですからね。それは車がそうであったでしょう? 日本車が過去に売れたのは「壊れなくて安い」があったからですね。結局、消費者にとって「お得」だったわけです。
 それが韓国車が真似しながら同じものをさらに低価格で作りだしたら、シェアを取られても不思議ではありません。やがては中国も韓国の後を追いながら攻めてくるでしょう。そうした際のポジショニングが実に大事になってきますね。自社の位置づけをどこにするのかですね。

 これはSONYやパナだけの問題ではなく、日本の家電メーカーの問題です。家電メーカーがいつまでも家電を作っている場合じゃないのでしょう。繊維メーカーが繊維だけ作っていて潰れたところがあり、多角化して新規事業に賭け、生き延びたところがあるのと同じ、大きな流れが今そこにあるのでしょうね。

 話は変わり、この前某船の会社の人と話をしましたが、去年も大赤字、今年も大赤字、来年も大赤字だそうです。「それでどうやってサバイバルするんだい?」と私が訊けば、「我慢比べです」と言う。もちろん、数年前まではバカバカ儲かっていたらしい。その利益があるから赤字でも耐えられるのでしょう。私は素人で船舶のことは全く知りませんが、まあ船の数が多いので価格が上がらないのが現状で、こればっかりはどうしょうもないとのこと。

 私も一端の経営者であり、赤字は大嫌いなので、こういうのを聞くと「何とかせんかい」と思うのですがね。レストランのビジネスが人生の半分ですが、後は小売しか知らない。
 それでも今は「絶好調そのもの」ですが、大きな赤字というのは創業期の3年程度であとは、右肩上がりで来ています。景気も回復しつつあり、悪くない環境にありますが、それでも潰れている店は数多いわけです。

 寿司で考えると、メトロアトランタに200軒あるとしましょう。それでスーパーの中にも寿司があり、オーバーストアの状況です。ところがハイエンドの寿司屋となると5軒もないわけです。きとんと日本から魚を仕入れて販売している寿司屋は5軒もないから、競争がないわけです。従ってそういう場所で商売をしているので悪いときでさえ、落ち込みがない。
 マーケティングの最たるものは「魚がいるところで釣りをしなさい」ですからね。良い客がいる場所で釣りをしているのが私のビジネスです。
 もちろん、それに加え顧客のケアをしっかりやり、セレブのお客も来るとなるとそれに釣られてその下の層が寄ってくるわけです。
 
 
 

 話を元に戻し、船舶数が多いから赤字で我慢比べでは、他社が潰れるのを待つしかないということですかね。そうであれば、人件費の安い国の会社が潰れた会社から船を買い、それで低価格の船会社を作り、攻勢をかけて来ると、結局同じことの繰り返しにならないだろうか?ということです。
 レストランも全く同じで、ある店が潰れると、また新しい店がオープンします。これの繰り返しなわけですね。
 といって、私の店も胡坐をかいていると売り上げが落ちてしまいます。これを維持するために。常に新しいことをやりそれを繰り返していかないといけない。
今春はマスターズのペイントを例年通りやり、ごらんの通り、日曜日にゴルフタオルを12枚も買いこみ、来年用のディスプレイにも変化をもたせるようにしました。さらにマスターズを強調します。パティオの植え込みもすべて新しい木に植え替え、花の鉢も多く買い、見栄えも良くしました。さらに夏は何か考えないといけません。

 「環境の変化に対応できなかった恐竜は滅んだ」まさにそうですね。恐竜には頭がなかったわけです。といって人間に頭があるのか? あっても使っていない部分が実に多いわけです。まだまだ悩み考え、新しい知恵を生み出すスペースは残っています。そのためには「脱日常、脱常識」の発想でいかないとダメなんじゃないですかね。決して自慢ではありませんからね、「次は私」かも知れません、その危機感が新たな発想を生むわけです、いや生まないとけない。生み続けなければならない、子供は生めないんでね。発想だけは生める!!

しんどい、疲れたときに見るべきかも?

http://www.youtube.com/watch?v=3Zl9puhwiyw&feature=youtube_gdata_player

約5分間の癒しです。英語ですが、分かりやすいので理解できるでしょう。

この4人が分かればゴルフ通です!

http://www.youtube.com/watch?v=PM2NocuEihw

さて、この4人は誰でしょう?

PGAもこうして人気集めをしないといけないわけですね。

遠州殿
つまらない、ゴルフの歌よりもこれじゃないですかい? オー、オー、オー、オーですがいな。
レフティーがマスターズで勝ったといって、自分のことと勘違いせんように!釘を刺しておきます。

Monday, April 9, 2012

マスターズを終えて

 今年のマスターズ、なかなか見ごたえがありましたが、やはり「神がかり」の選手が最後にグリーンジャケットを着る、という感じでした。
 ボギーなしで回ることの難しさとも言えますかね。18ホールをすべてクーチャーに付いて回りましたが、その後ろの組がワトソンでした。パー5のアルバトロスにも驚きましたけどね。
 クーチャーについていえば、9番のWボギーで運が尽きた。2つ伸ばしていたのに元のー5に戻った。それでも我慢のゴルフをしながらパー3でバーディ、その次もバーディで波に乗りかけた。次の15番はパーで16番で池超えのスーパーショットでイーグルを取りー9まで伸ばして首位タイに並んだのですが、16番のパー3で運命は分かれてしまった。右のエッジに落としましたからね。そこから巧く打ったと思うが、オーバーしてボギーとした。これがせめてグリーンに乗ってさえいれば、そしてパーを取っていれば流れは変わっていたかもしれない。
 それはミケルソンについても同じことが言える。比較的簡単なパー3で藪に入れてしまう。そこでー8からー5に3つもスコアを落とす。後半追い上げるも届かなかったわけです。ミケルソンの神がかりは3日目で尽きたわけです。後半を30で回って66で終わっていますからね。これが4日目に起きていれば優勝だったわけです。
 
 

 すべてのトッププロの技量はほぼ互角で、そのときの運が大きく左右しますね、風が吹いていたが止むこともあり、その逆もあります。数ヤードでバンカーに入れる人もいれば、数ヤードでオンする人もいる。すべては運じゃないですかね。

 その運とは何か? ルーレットのようなもので、そのうち順番が回ってくるんじゃないですかね。ただし、順番が回ってきたときに準備できていないと運は逃げてしまう。そんな気がするんですがね。

 最後にドーマン氏には実にお世話になりました。日曜日の10時にゲートに行き、セキュリティに名前を言ったものの通じず、右手のチケットを預かっている場所に行って、電話をしてもらったものの、捕まらなかったのですが、彼は突如、現れました。そして「そういう話はした。でも来るとは思わなかったよ」と言われ少しがっかりしたものの、2枚のチケットをもらいました。実は3人で行って、あつかましくも「もし3枚あればお願いしたいのですが」と言ったものの、2枚しかその場ではもらえませんでした。
 それで1人をゲートで待たせて、2人入ってから、また出てくるということになっていたんですが、私がゲートから出てくると、待っていた1人はチケットを持っていました。
 
 ドーマン氏が後で「奇跡的に1枚あった」と言って持ってきてくれたそうです。なんともあり難いことでしょう。まあ、これが演技だったのか、本当に奇跡的にあったかどうかは不明ですが、大変よくしていただきました。

 ワトソンの表彰式の後ろにも彼はいましたね。かなりの大物です。友達ではないが、マスターズの大きなコネです。大事にしないといけませんね。彼は現在、モトローラの会長です。

Friday, April 6, 2012

今日のニュースから 4月06日(金)

マスターズ2日目です。最高の気温というか、朝は肌寒いかも知れません。NYCあたりはかなり冷え込んでいます。これが今日のゲームにどう出るかですね。1位のウエストウッドは9時40分のスタートです。まあ、イーブンまでは土曜日以降に進めるでしょう。それ以下の人「どうぞ、お帰りください」がゴルフの宿命ですね、石川君、+4ですがたぶん荷物をまとめて帰らないといけない。松山君、健闘しています。思えば去年の日曜日に彼に1番ホールの前で挨拶したのを覚えています。今年は羊羹でもこっそり差し入れしましょうかね。つらいとき、待ちのとき、日本製の一口羊羹を食べて、あの小豆の甘さを噛み締める。「日本を感じて頑張れ」ですかね。2本持っていきますよ。

 クーチャーは予想通りのー1で射的距離です。ポールターは、イーブンでまあこれもOK。今日1つでも2つでも伸ばさないと優勝圏内に入れません。決勝に出るのは間違いないと思いますがね。なにせ日に日に、ピンの位置が難しくなります。そしてグリーンがさらに短く刈られ早くなります。最終日なんて、もうつるつるの床で転がしているようなものです。それは2年前のイーストレークでプレイしたときに思いました。プロのグリーンは実に恐ろしいですよ。

 昨日のハイライト? たまたま家で見ていたんですが、ステンソンの18番でした。それまでー5で回っていたんですが、1打目を左の林に入れます。深い林で出すのが精一杯ですが、出したところがフェアウェイではなく、松葉の上、フェアウェイの脇だったんですね。それから第3打を狙いますが、1日目のピンは一番奥でした。その3打目はゴロゴロのゴロで、残り100ヤードでしたかね。ここでステンソン、クラブを芝生にたたきつけます。怒り爆発ですね。しっかりカメラに収められています。さて4打目ですが、グリーンに乗って転がり観客席まで到達しました。そこから第5打を狙います。寄せですね。これをミスってグリーンのエッジ。ここから第6打ですが、ここで時間切れで私は家を出たのですが、後でスコアを見ると+4になっています。wスコアですね。私でもたまにやる「Wの悲劇」ですかね。ボギーで上がっていれば、-4で2位タイだったんですがね。これがゴルフというもんです。

 データで見る、昨日の一番の難関ホールは1番でした。パー4445ヤードですが、Wボギーが9、ボギー29、バーデイは実に4つしかありませんでした。もちろん、イーグルはなし。ここで松山君、バーディを奪っていますからね、ポイントが高かったわけです。実に大きなグリーンで、去年の最終日は一番奥でしたが、まあ何とちょうどで打っても転がって下まで行くわけです。そこからまたうまく戻していかないとチョロもあります。行き過ぎると惨めになります。

 3月の失業率が出ました。2月の8.3%よりも下がって8.2%ですが、その反応は鈍い。民間の雇用が12万件しか創出されなかったからですね。市場予想は20万件でした。今日はグッドフライデーで、マーケットは休みなのですが、先物は動いており、一時100ポイントの下落でした。下がっても市場予想よりも低いとなると失望するわけです。
 ただし、3月の自動車販売は良好、小売の売り上げも良いわけで、決して悪い状況ではありません。

 電子ーメールのパスワードを忘れました。参りましたね。母親の出生地も入れたのですが、県だったか市だったか町だったか覚えていないので、サインインできず、24時間待ちになってしまいました。銀行の口座3件、投資信託の口座2件、その他パスワードが必要なものが10近くもあります。いちいち覚えていないですよね。メモ書きするわけにもいかず、たまにしか使わないものは忘れてしまいます。生年月日の数字などを組み合わせていますが、最近はペットの名前とかも使っています、父親の名前も使いますけどね。まあ、それでもしばらくサインインのままにしておくと忘れてしまうわけですが、今回は特にひどい。まあ、最終的には電話しますけどね。

 昨年3月の東北地方太平洋沖地震による大津波で流され、現在アラスカ沖を漂流中の日本のトロール漁船について米沿岸警備隊は、付近を航行する船舶に危険を及ぼす恐れがあるとして、砲撃によって撃沈しました。東日本大震災の大津波で流され、太平洋を数千キロメートルにわたって漂流した末、前月24日、カナダ沖で発見されたものです。

 やっとの思いで手に入れたマスターズの貴重なチケットを愛犬に食べられてしまった男性が、ハプニングを乗り切ったという話しがあります。
 昨年8月の抽選でマスターズのチケット4枚を当てる幸運に恵まれ、友人3人とともにオーガスタに出かける日を心待ちにしていた。
ところが31日の夜に外出して戻ったところ、床に散らばった切れ端を発見。愛犬がチケットを4枚とも食べてしまったことに気付いた。
 翌1日早朝に搭乗予定の便の出発まで残りわずか数時間。ガールフレンドに電話で助言を求め、低濃度の薬剤を与えて安全に吐かせる方法を勧められた。
 こうして吐き出させたチケットは無残な姿になっていたが、破片を寄せ集めて組み合わせ、何とか4枚分のチケットらしいものが出来上がった。これを携えて現地へ出発。同行の3人には、がっかりさせたくないという思いから、チケットのことは黙っていた。
 現地に着いた2日朝、元のチケットの写真と購入確認の電子メールを準備して、チケット発行元に電話をかけ、何とか入場させてほしいと頼み込んだ。「10分後に折り返しの電話があり、『お腹をすかせた犬の飼い主はあなたですか』と尋ねられた」。
 そして2日後、新しく印刷されたチケットを受け取り、無事にマスターズ練習ラウンドの観戦を果たしたというものです。

 今夜はSC州経由でマスターズ観戦をしてアトランタに来るという日本人カップルが来店します。今回が2度目の来店ですが、ゴルフ大好きみたいです。実は日本の住所が世田谷の池尻で、私もこの付近に住んでいたので、話が合うわけです。世間は狭いとはよく言ったものです。
 池尻って結構穴場です。渋谷に近いこともあり交通の便は最高。そして意外と美味しい店が多い。芸能人も結構、このあたりに住んでいるようです。お隣は目黒区で、高級住宅街の青葉台もありますしね。




Thursday, April 5, 2012

今日のニュースから 4月5日(木)

マスターズ初日です。セルジオが指を痛めているそうです。これがニュース?そうなんですね。注目のティータイムは10時2分がマット・クーチャー、11時52分がイアン・ポールターです。2日連続の雨でコースは少し重くなっていますから、午前中の選手には不利ですかね。
 そして今日も香水確率は70%で、嵐が夕方に通過すること間違いなしだそうです。現地に入っている人の話を聞くと、昨日は4時から雨で2時間中止だったそうです。

 欧州の主役がギリシアからスペインに交代しました。昨日のスペイン国債の売れ行きは不調で、これが足を引っ張っているようです。これを受けて欧州株は下げていますが、その下げ幅は前日よりはマシです。

 一方の米国は、週間新規失業保険申請件数が出ていますが、6千件下がって35万7千件でした、この数字は08年4月以来の低い数字です。これがダウを13000ドルに戻すかどうかが今日の鍵ですね。

 そんなこんなで原油は101.87ドルまで下落し、ゴールドも1627ドルまで下落しています。円ードル相場は82.0円で、ドルーユーロは1.30ドルまでユーロが下がっています。

 カリフォルニアで、こんな事件があったんですけどね、どこかで聞いたような話です。
バックパックを盗んだ黒人の大学生が警察官に射殺される事件です。被害者の男性が「銃を持っていた」とウソの通報をしたことが銃撃を招いたとして、警察はこの男性を過失致死容疑で逮捕しました。
 ロサンゼルス近郊のパサデナで3月24日夜、「タコスを買おうと車から降りたスキにパソコンとバックパックを盗まれた」との911通報がありました。犯人は2人組で、2人とも拳銃を所持していた。駆けつけた警察官らが1人を路地に追い詰め、これは19歳の学生でした。

 警察によると、彼はパトカーの方に向かいながら、ベルトに手をかけようとしたため、拳銃を取り出すとみたパトカーの警察官が約3メートルの距離からただちに発砲。徒歩で駆けつけた警察官も続いて発砲、犯人さんは撃たれ、近くの病院に運ばれ、まもなく死亡しました。

 警察は間もなく、仲間の17歳の少年を窃盗の疑いで逮捕しました。少年が実行犯で、射殺された19歳は見張り役でした、これは監視カメラにすべて映っています。ただし、2人とも武器は持っていなかったのです。
 警察は通報で「犯人は銃を持っている」とウソをついたとして、窃盗の被害者を過失致死の疑いで逮捕しました。警察の捜査で、バックパックの窃盗は確認されたが、拳銃もパソコンも見つからなかった。この容疑者は「犯人が銃を持っていると言えば、警察が素早く動いてくれると思った」と自供したそうです。

 これが人種差別にあたるのではないかと問題になっているわけで、フロリダで起きた事件と少し関連性があるということです。確かにバッグを盗ったのは悪いが、撃つ必要はなかったのではないかということです。

 CDCはサルモネラ菌がジョージアを含む19の州で蔓延していると警告しています。すでに挽肉を製造していた会社が倒産しています。生肉はよく火を通してから食べるようにしましょう。

 
 ターゲット、メイシーなどの大手小売の3月の売り上げが期待していたよりも良かったことが速報で分かっています。全体的に3月が良かったということでしょう。4月も今のところのペースでは、好調であると確信しています。お金が回ることが大事なんじゃないですかね。儲かったら使う、それがどこかに回りまた使われることによって景気が好循環するんだと思いますね。



Wednesday, April 4, 2012

今日のニュースから 4月4日(水)

Iママ、少し疲労だったようですね。育ち盛りのR君の口攻撃には、さすがのママも「参った」ですか。そうそう、例の品、頂きました。毎回、気を使っていただき誠にありがとうございます。
マスターズが始まりますので、私も緊張しバタバタしております。ダスティン・ジョンソンが背中の痛みで欠場を決めたばかりです。

さて、マーケットが冴えません。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が追加金融緩和の可能性低下を示唆したからですが、支えなしで行けるという判断からだったのでしょう。木曜日の失業保険申請件数も着実に下がっています。3月の自動車販売も好調で、今更政府が景気刺激策をするのもどうか?ですね。

結局、3月は私の店も前年比35%とこれまでにない伸びを示し、2月の過去最高売り上げを塗り替えたわけです。後半、春休みで落ちるかと思えば良いマグロが入り、これに伴うスペシャルで客単価が上がったことも寄与していますし、ワインのグラス売りで15ドルがあることも強みかも知れません。とにかく、お客さんがお金を使う体制に入っていることは間違いなく、底堅いと思います。
昨日も雨の中、満員御礼でしたからね。大体、予約が入るときは売り上げが高いのです。機能は平日で10近い予約がありましたからね。ビジネスとはそんなものです。

ということで、一時的に下がっているマーケットですが、私はすぐに戻すというイメージしか描いていません。今日が13000ドルの攻防戦になりそうですが、それでも結果的には戻していくでしょう。しかしながら、ダウが年末に14000ドルに届くかどうかは疑問です、そこまでの勢いはない。

2言語を身につけながら育ったバイリンガルの子供は、1言語の子供よりも語彙を増やすのには時間がかかるが、複数の作業を平行して行うのは得意だというカナダの研究者による論文が、学術専門誌「Child Development」に発表されました。

トロントに本部を置くヨーク大学の2人の心理学者は公立小学校の6歳の生徒104人を対象に、英語だけを使う子供と英語の他に中国語、フランス語、スペイン語をそれぞれ使うバイリンガルの子供の計4グループにテストを受けさせて、その結果を比較しました。

テストでは動物と色に関する2種類の映像を見せ、それぞれの映像にあわせてコンピューターのボタンを押してもらい、注意力、計画性、構成力、戦略性などの能力について調査しました。

すると動物の映像だけ、あるいは色の映像だけについてボタンを押させたときの反応スピードは全員がほぼ同じだったものの、動物が映った場合には色に置き換えて、最初のテストのときとは別のボタンを押すように指示すると、バイリンガルの生徒のほうが切り替えが早かったそうです。それだけ、頭脳を使っているということですけどね。

Aちゃん、今日はまたもや鯖さんです、一夜干し、なかなか好評なんでね。そういえば2日見かけていないですね、旅行の下準備ですかい?

 この前書いたナイキのフライニットの閲覧者が過去最高の200人となっています。この画期的なシューズに皆さん興味があるようですね、驚きです。何でも興味を持ち、疑問を感じる。そこにビジネスが生まれると思います。

Tuesday, April 3, 2012

マスターズ 開催 初日

2時間半かけて、オーガスタまで行くのはなかなかしんどいものです。今回は午後1時半に出て4時に着き、7時半にオーガスタを出て10時にアトランタに戻ってきました。

店での集合時間が1時ですが、カレーライスをご馳走し腹ごしらえを済ませました。メンバーはいつものボブとスチュワート、なぜか彼とは3年連続で月曜日のオーガスタに行っています。

今年は別行動で、イアン・ポールターの親友のアンディとトレーナーのフィジオが英国から参加しています。ただ車は別なので別行動です。

面白いことにアンディは金曜日にアトランタ入りする予定ができませんでした。DCの空港に英国から着いて泥酔していたため、イミグレで次の飛行機への搭乗を拒否されたようで、そのまま逮捕されてDCの刑務所に一晩お世話になっています。そして彼は土曜日の夕方にようやくアトランタに入ったわけです。

さて、4時に着いて、ポールターの家に直行ですが、なかなかゴルフ場から戻ってきませんでした、ようやく5時すぐに父親のテリーと戻ってきて挨拶、すべての話題はアンディでした。私はカレーとエナジーバーなどを渡し、日曜日に会うことを告げて去りました。

そしてクーチャーの家に行き、フィレなどの差し入れを渡して話しをしていたところにエージェントのマーク・スタインバーグが仲間と入ってきました。

マーク・スタインバーグって誰? プロスポーツのエージェントで、彼はタイガーのエージェントもやっているので、プロスポーツ界では有名な人物です。そのコネたるもの凄いでしょうね。私も、どこかで顔を見たことがあると思っていたんですが、家に帰ってグーグルして驚き、かなりの大物です。

前に「ジェリー・マクガイヤ」という映画がありましたね? トム・クルーズが演じていましたが、まさにあれです。プロスポーツ選手のエージェントはCMやスポンサーの契約などを仕切っています。クーチャーは、今回新たにウオッカのグレイグースと契約したようです。

さて、ポールターもクーチャーも同じことをしていましたが、ヤードブックを開けて、過去のオーガスタのグリーンと今年のグリーンの違いを細かく比較していました。どこにボールを落とすとどうボールが転がっていくかということがそれを見ると分かるわけですね。

過去の1日目から4日目のピンの位置も記載されていましたが、オーガスタのメンバーの中の1人がそれを決める権限を持っているようです。そんな裏話を聞けるのも選手と直に会うからですね。

クーチャーは日曜日にスネデカーと彼の友人、そして私にチケットを手配してくれたドーマン氏の4人で18ホール回っています。今日も暑い中、18ホール回り疲れたそうで、火曜日と水曜日は9ホールで済ませると言っていました。

帰りにダレン・クラークに会う予定でしたが、明日の朝に着くそうで、滞在場所の確認だけしてそのまま帰りました。

オーガスタに行く人は分かりますが、プレイヤーはベンツのGLクラスが支給され、その車体がすべてシルバーなので、その車を見ると選手が乗っているのがすぐに分かります。ほとんどの選手はコースの周辺の家を借りているので、GLが止まっていれば選手がそこのいることが分かります。

さて、日曜日にグリーンのジャケットを着るのは誰でしょうかね?

世の中では、かなりのお金が動いているようです。こうしたギャンブルも公には禁止ですが、皆やっているようです。

今日の出来事から 8月18日(金) テロですか???

Agost Dieci Ocho ( Viernes) 思い出の地、バルセロナでテロですか? それもISISですが、この組織がバルセロナを狙う意義や意味はあったのか? Jamón ibérico! イベリコ豚のハムですよ、ハモン・イベリコです、艶が違います、それはドングリを...