Sunday, December 29, 2013

年末往来!2013-2014

 29日の日曜で雨は上がったのですが、やはりコースの条件が良くないということで、ゴルフは中止、御用納めにはなりませんでした。
 まあ、12月1日以降はクラブ握っていないので、やらなくて良かったともいえますが。かつては土曜日の朝には打ちっぱなしに行っていましたが、今はもう買出しとテニスにすり替わっています。やはり仕事優先です。儲けてなんぼの世界ですからね。

 昨日はTUK TUKのオーナー、DeeDee とその両親、チャーリーとナンと韓国ランチでした。もう引退してタイに住んでいますが、1年に数回はアトランタに来ます。まあ前回はオーガスタですれ違っただけでしたから、年末でもありランチしたわけです。
 ナンは、来年のアダム・スコット主催のチャンピオンディナーの料理を務めます。ビージェイに続いての名誉あるディナーパーティのシェフですからね、大したもんです。

 Dee Deeによると、25日の夜の営業の後で何者かがオフィスに入り、金目のものを奪っていったそうです。財布やクレジットカードなどもすべてですから、その処理が大変です。うまいこと、隙をついて泥棒は奪っていくのです。

 そういう私も昨日は、車をパーキングでぶつけました。雨の中で夜間で後方確認を怠ったのが原因です。バンパーの修理が必要です。これもやはり、隙をつかれたと自分では思っています。ずっと忙しかったのに、昨夜は死んでいましたからね。土曜日の売り上げは金曜日の半分でした。12月に入って土曜日の売り上げはずっと良かったのですが、ドカーンと落とされました、ややショックでしたが、ショックにショックが重なったわけです。前年比も20%UPから17%UPに下がっています。
 
 今年全体としては2012年に比べて11%UPで終えそうで、増収増益を確保しています。12月の売り上げでいえば過去最高、10年前の2003年に比べて売り上げは約4倍になっています。と全体を見ると悪くないのですが、たまに個々で暇な日があると嫌なんですよね。贅沢なんでしょうか? 
 全体の売り上げは個々の毎日の売り上げの積み重ねです、その小さな売り上げを落とすわけにはいかないのです。

 今年は去年よりも日本人の利用が増えたように思います。データは何もないのですが、Buckheadで高かくもなく、安くもない価格帯は法人にも個人にも受け入れられているのではないかと思っています。特にラーメンのブームの後は少し増えてきたように感じています。
 そういえば昨日アメリカ人がラーメンを頼んでいましたが、飲んでいたものは赤ワインでした。もう何でもありでしょうか?

 30年前の恋人、いまだにライン続いています。すでに3週間が経過していますが、山のようにテキストし合っています。これを2人で分析しているのですが、「新鮮さでもない、懐かしさでもない、愛でもない」のです。では何なのか?ですが、「ガキなんだよ」というのが私の結論です。10代の頃って、よく長電話とかしなかったですか? もう3週間、まだ3週間ですが、話題が尽きないですね。不思議な関係を保っています。まあ、私のライフアドバイザーだと思っています。
 30年前なら噛み合っていなかっただろうに、それが今噛み合っているわけです。おそらく普通の人には理解できないと思います。まあ、楽しいことは事実で、それなら良いではないですか。

 太陽の大きさ、分かりますか? 地球の直径は1万2756kmですが、そんな地球を1mの球に縮めると、簡単です。
例えば、月はビーチボール程の大きさになり、太陽は東京ドーム程の大きさにもなるそうです、いかに太陽が地球よりもはるかに大きな物体なのか分かります。

 安倍首相の談話が出ています、全文です。 
「本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。
 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。
 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子どもたちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。
 今日は、そのことに改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。
 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。
 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。
 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。
 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。
 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権1年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。
 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。
 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。」

 これで何が悪いのですか? 
中国、韓国が靖国神社への首相の参拝に抗議し始めたのは、1985年に中曽根首相が公式参拝をしてからのようで、A級戦犯が合祀された1978年以降、大平、鈴木、中曽根が首相就任中に靖国神社に参拝をしていますが、抗議も懸念の表明もなかったのです。
 懸念を表明したのは、日本国内で一部の新聞が(たぶん、朝日じゃないですか)A級戦犯合祀などを取り上げたことをきっかけにして、「(公式参拝は)世界各国人民、とくに、軍国主義の大きな被害を受けた中日両国人民を含むアジア各国人民の感情を傷つけるだろう」(1985年8月14日、中国政府外交部スポークスマン)などと言い始めたに過ぎなかったのです。
 なぜ中国は、それまで問題にもしなかった靖国神社参拝を問題にし始めたのか。中曽根内閣が中国の批判にうろたえて、翌1986年8月14日に「本年8月15日の内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝について」と題する後藤田官房長官談話を発表し、次のように述べて中止したからでだそうです。
 同談話は、「靖国神社がいわゆるA級戦犯を合祀していること等もあって、昨年実施した公式参拝は、過去における我が国の行為により多大の苦痛と損害を蒙った近隣諸国の国民の間に、そのような我が国の行為に責任を有するA級戦犯に対して礼拝したのではないかとの批判を生」んだ。「国際関係を重視し、近隣諸国の国民感情にも適切に配慮しなければならない」ので、「明8月15日には、内閣総理大臣の靖国神社への公式参拝は差し控えることとした」結局、日本政府が自分で嵌っていったのでしょう。
 元々が大戦の戦死者を祀っていたのですから、問題はなかったということを我々は知っておくべきでしょう。

 「咀嚼・嚥下困難」が「日本の国民的課題」になる。この意味分かりますか? ひとり暮らしの高齢者が、無理して「かみ切れない食べ物、例えばから揚げなど」を食べ、喉に詰まらせて息ができなくなる。助けを呼んでも駆けつけてくれる人は誰もいない。唐揚げひとつが人間の生死に影響する、そういう意味なのです。
 そこまで深刻でなくとも、「少し喉に引っかかる」といった軽度の「噛みづらさ、飲み込みづらさ」を持つ人もいます。2015年は65歳以上の老人が全人口の3割に達する年です。
 噛む力、飲み込む力、すべては体力なんでしょうか? そして丈夫な歯を長持ちさせることの重要さを感じますか。まずは歩いて体を鍛える、運動してシェイプアップする。健康なものを食べ、バランスを保つ、いろいろやることはありそうです。

 アメリカンドリームはまだあるのか?
 ある調査によれば「あなたの国の子供たちは、その親の世代よりも豊かになれそうですか?」という質問で、米国では、豊かになれるとの回答は33%、貧しくなるとの回答が62%でした。
 欧州はもっと悲観的で、子供の世代の方がそれ以前の世代よりも豊かになるとの回答はドイツでは28%しかなく、英国では17%、イタリアでは14%、フランスは9%でした。
 ブルッキングス研究所の調査よれば、労働年齢にある米国人男性の賃金は1970年以降、インフレ調整後ベースで19%下落しています。
 オバマは、不平等の拡大と社会的流動性の低下について指摘し、それらがアメリカンドリームを、私たちの生活様式を、そして私たちが世界各地で支持しているものを根底から揺さぶる脅威をもたらしている、と述べていますが。
 それでも、世界から合法であれ不法であれ移民が入ってくるこのアメリカという国は何かあるんだと思いますよ。でなかったら韓国人があんながむしゃらに仕事しないですよ。この国、まだまだ働けば働いた分、取れるようになっているんだと思います。
 それは私もそうで、今年の年収は過去最高、この売り上げペースを維持して来年は24%UPにしようと思っています。去年7月にコンド買って、また数週間後にもう1つのコンドを買える(ローンですが)、これって驚きです、自分でもね。その分、働いていますよ、韓国人並みに。
 だから、アメリカンドリームはあると思います。まだまだ金持ちは増えていきます、ITの躍進ぶりを見て下さい。
 一昔前なら外で遊ばない、もやしみたいな体した「オタク」という否定的な連中がPCとかいじっていましたが、今では彼らが時代を引っ張っています。かつてのビル・ゲイツ、スティーブ。ジョブス、みな根暗のオタク野郎だったんですから、それがまあ稼ぐは稼ぐ。
 そういう会社が上場して、資金をどーんと得て、創業者利益をもっていく。マーク・ザッカーバーグが良い例では? 30才で何千億円も持ってどうするんですか?? 使い切れないお金、私も経験してみたいものだ。それができるのがアメリカですよ。
 TUK TUKのDee Deeもバンコックにコンドもっているみたいです。父親も母親もリゾート地に別荘があります。レストラン業で成功した人たちです。まだまだアメリカンドリームあります、それが私の結論です。どこの分野に賭けるかは、皆さんの判断しだいですけどね。

 来年も米国景気は堅調だと思っています。強気で問題ないと思います。為替が大きく円安にふれ、日本はますます栄えると考えてよい、というか底が長かったから、栄えるというよりも回復ですね。ただし、波に乗れない人も多くいる。格差社会です、景気の恩恵を受けないといけないが、20%程度しかできないでしょう。それが資本主義だと思っています。
 来年も頑張りましょう、皆さん。アメリカにいる理由・定義は何か?=豊かな生活を享受することですね、そのために頑張りましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=P66Bjh0IcRo
こんな素敵な歌があります。 It's just another New Year's Eve. バリー・マニロウ
ピアノのソロがなかなかです。

No comments:

今日の出来事から 7月25日(火)大雨

 いやあ、昨日の大雨ひどかったですよ。お客さんがいなくなったので2時過ぎに閉めましたが、それから約1時間断続的にゲリラ豪雨? ドアの隙間から水が染みてきました。  あるお客さんはスーパーに行って、1時間そこに滞在していたそうです。  そして日本でも東京都西部でゲリラ豪雨、バス...