Saturday, July 14, 2012

週末往来!

明日は早起きして、商工会のゴルフ大会に行かんといかん、と言うのにブログ書いていていいのか?

今週の出来事は、最近日本からの派遣が増えている某企業の話です。店で食事をしてチップを端数しか置かなかったので、知らないんだと思い、会社の先輩にメールで「教えておいた方が良いですよ、恥をかく前に」と伝えました。
日本からの旅行者もそうですが、チップを「心づけ」ぐらいにしか思っていない人が多いですね。ウェイトレスはチップワーカーで、チップで生活しています。よくガイドブックには15%と書いてありますが、うちの店の平均は18%となっています。心地よいサービスを受けたと思えば20%いや30%置いても良いわけです。
またウェイトレスのお姉ちゃんが可愛いとかそういう理由でも多めに置くことにより、意思表示ができます。
逆に不愉快な思いをした場合には、極端な話、ゼロでも良いわけです。5%でも可ですね。それがチップというものです。
私自身は大抵20%置きますね。また、知り合いの店などで食べて、ディスカウントを受けた場合には、割引前の請求に対してチップを置くのが正しいのです。
やはり、こういう「アメリカ生活の常識」みたいなところを、現地に赴任する前に指導しないといけないと思いますね。右も左も分からないで恥をかく前に、するべきことがあると思います。

No comments:

週末往来 2月も終わり名古屋?

気になることを書きましょう。  2004年に3.4%、現在は6%、さてこれは何でしょう? アメリカの 連邦政府の財政赤字が国内総生産(GDP)に占める割合です。正確には来年から再来年にかけて6%になり、これは戦後最大となるのです。  景気は良い、企業は収益を上げている。そし...