Wednesday, March 29, 2017

今日の出来事から 3月29日(水) よしよし!

 ということで、しんどいが、売り上げ高いと気分が良い。これも「日ごろの努力」の成果かと、良いときはこう思うのです。
 昨日もスペイン産のタコのグリル、1テーブル8人から追加もあって3オーダー、この前もタコ好きのカップルが3オーダーしました。
 これは売れる!だからタコがあれば常に買うのですが、なかなか定期にありません。もう日本食ではありません。ギリシアやイタリア、スペインなどの地中海風です、しかしそこはシーフード、こうしてお客さんが好むものを売っていき売り上げにしないといけません。オイスターはもう時期が終わりという判断で、やめました。次のスペシャルの柱を探さないといけません。

 米WHが破産法申請、今期純損失は1兆円超の可能性=東芝良い決断?
 東芝は、米国のウェスチングハウスを破産法11条によって破産させました。再建型破たん処理の手法で、日本の民事再生法に相当。WHは米国2カ所で建設中の原発4基のコストが想定を大幅に超過したことで経営難に陥っていました。とりあえず、大量出血は止めた、しかしひん死の重傷には変わりありません。

  3月28日、米電力会社2社のために建設が進む2カ所の原子力発電所でのコストが想定を著しく上回ったことを受け、東芝傘下の米原発子会社ウエスチングハウス(WH)は、米連邦破産法11条の適用を申請する。写真は建設中のボーグル原発。ジョージア州で2月撮影。提供写真(2017年 ロイター/Georgia Power/Handout via REUTERS )
 これがオーガスタの近くに建設中の原発です。
WHは、サウスカロライナ州とジョージア州で建設が進むこれらの原発ですが、38年前のスリーマイル島原発事故以降、初の新規建設案件でした。どんどん人口の増えるジョージアは今後どうするのか? このままでは原発は完成しないでしょう。

 先日、101歳で亡くなったデビッド・ロックゲラーはこう言った! フォーブスに出ていたものです。
1. 利益は事業にも人生にも重要 ─「利益」の魅力が雇用を創出し、富を生み出し、その他のいずれの社会的、経済的システムも成し得なかった方法で人々に力を与える。

2. 離婚と政治にはカネがかかる

3. 仕事を通じて作るのは金と友人

4. ボスは2人より1人がいい ─ 最高経営責任者を2人置く体制は機能しない。気まずい妥協の結果が方針に反映されるからだ。
5. 友人とビジネスを始めるのを迷うことはない ─ 一緒にビジネスをして最もうまくいくのは、相手との間に信頼関係と理解、忠誠心があるときだ。これらは、友人関係に欠かせないものでもある。

6. 資本主義は擁護すべき ─ 金を稼ぐことに罪悪感を持つべき人間などいない。

7. 資本主義に必要なのは政府と市場の協力 ─ 全ての問題を解決し、全ての病気を治すために政府と市場のどちらか一方だけに依存することは、現実的ではない。

8. オフィスの外に出ること ─ (チェース・マンハッタン)銀行の顧客に会うために私が訪れたのは50の州のうち42州。ビジネスのために誰かとした食事は約1万回(ニューヨークでの食事は除く)。取引先や顧客との会議は何千回にも上る。

9. できる限り遠くまで出かけること ─ 私が飛行機で移動した距離は、世界200周分。銀行で仕事をしていた35年間に、103か国を訪問した。

10. 腹立たしいことがあるなら、議員に手紙を書くこと ─ 誰でも議会や政府に自分の意見や懸念を伝えることができなければならない。

11. 名字が「扉を開く」こともある  ─ 「ロックフェラー」の名が有利に働くこともある。私からの電話には、誰でも出てくれるようだ。

12. 反対に「閉じる」こともある  ─ 一方で、人から疑われたり、皮肉を言われたりすることもある。自分の努力で何かを達成しても、「名前のおかげ」と言われることもある。
13. 言いたい奴には言わせておけ  ─ ほんのわずかでも「出る杭」になる人が、面の皮を厚くしておくことは非常に重要だ。

14. 父親になることが、新しい視点を与えてくれる

15. 家族を大切にする  ─ 祖父とパートナーたちは、仕事の上では厳しくやり合うこともあった。だが、それは仕事上に限ってのことだった。

16. 家族のために行動する ─ (兄の)ネルソンの選挙運動に表立って協力することはあまりなかったが、時には一緒に人前に顔を出す義務も感じた。

17. (しかし、)一番驚かせてくれるのは家族だ ─ ネルソンと(二番目の妻となった)マーガレッタ・ハッピーの不倫関係を知ったときには、ショックを受けた。一番近くにいる者が最後まで気付かないというのは、よくあることだ。

18. 趣味を持つ

19. 良き師を見つける ─ 私が歴史に興味を持ち、ずっと関心を失わなかったのは、6年生のときの先生のおかげだ。

20. 人間は自分にないものに引かれる ─ 妻と一緒に過ごす時間は楽しかったが、私たちはそれぞれ異なる関心事を持ち、相手がそれに時間を費やすことを互いに認めてきた。それが、長く幸せな結婚生活を送るためのカギだったのだろう。

21. 分相応に暮らす ─ 簡単に借りられる金は投機に使うこともできるし、手を広げすぎることにもつながる。

22. 冒険心を大切にする ─ 兄のローレンスは、何でも一度は試してみるという考えの持ち主だった。新しいアイデアに対する兄の関心は決して衰えることがなく、ベンチャーキャピタリストとして大きな成功を収めた。

23. 外国について知る

24. 後悔せずに生きる ─ 祖父は後悔のため息をついたことがなかった。(違法だとして解散を命じられた石油トラストの)スタンダード・オイルも、社会に利益をもたらしたと確信していた。

25. 永遠に残るものを作る ─ ビジネスを通じて得ることができる喜びには、永続性と自分自身を超える価値の創出がある。
これが成功者の教訓です。学び、得るものがあれば実行しましょう。

  Atlanta, GA 7-Day Forecast
 昨日はパティオに座る人が多かったですね。店が広くなった分大変、そしてパティオがある分、これまた大変。今日は混みを予測して1人人を増やして対応します。混めば正解、暇なら外したことになります。
 昨日のファイナンシャル・プランナーとの年次ミーティングは15分でした。近況方向と方向性の確認です。投資したお金は平均5.5%程度の利回りで増えています。まあ老後資金ですから分散投資して減らないように、リスクをなるべく避ける投資をしています。3つもアカウントがあります。1つは毎月一定額を投資しているもの。次は1年に1回投資するIRAとかいう税金控除になるもので引き出すときに税金がかかります、最後はこの会社と付き合うときにあっ自己資金を突っ込んだもので毎月や毎年の余分な投資はしていません。ただ増えるのを待つだけです、これも引退して引き出すときに税金がかかる、毎年の利子には税金がかかりません。これにハワイのコンドへの投資、そして額は小さいが生命保険の投資となっています。あとはゴールド、今は塩漬けですけどね、私の投資はこれだけです。これらが巧く機能し、63歳になってソーシャルセキュリティーを早めにもらえば完全リタイアです、一応の計算上はですよ。
 今からタコを買いに行ってきます。あれば売り上げ作れる、なければ違うスペシャルを考える。9時半には店に入り、飯炊き、11時半に店を出て配達があります。
 あと5年! そうです、苦しいときは「あと5年で釈放!」と叫ぶのです。

No comments:

今日の出来事から 7月28日(金)

Julio Veinte Ocho ( Viernes)  あと3日営業日で、7月も終わり。厳しい7月です。昨日はたまたまフィーバーして777となりましたが、それでも子供が多く単価が低い。  株価はナスダックが6800ポイントと高い=景気も良い? そんなのは妄想ですよ。街角景...