Wednesday, May 9, 2018

もっと知恵出せ! 5月9日(水)

Mayo Nueve (Miercoles)
 頭使っても、終わりになることはありません。使え使え、考えろ、悩め!これが今の心境です。4月危機は乗り切ったものの、今度は5月危機です。
 総じて売り上げが良くないので、お金がない。お金を増やす=売上を増やすには何をするか? 知恵を出すしかないでしょう?
 どうやって経費を抑えるか。NJの友人の会社では、事務所兼倉庫を狭いところに移りました。
 うちは土曜日のランチを開けるには、人出がいません。しかしプライベートのパーティなら可能なので、この宣伝を行います。お子様の誕生日パーティや、友人家族の集いに利用してもらえると有難い。最低500ドルでOKにしようかと。
 ワインの在庫を抑えている最中です。他にも無駄なものがないか見直しています。

 アマゾンの配達だめですね。これはレストランのデリバリーの話です。ドライバー不足が原因のようですが、毎週1-2回、ドライバーが取りに来ない。それでお客さんがキャンセルする。作ってあるので、アマゾンに電話して補償をしてもらう。この繰り返しです。
 それは、アマゾンやグラブハブは、数か所の店の食べ物を1人のドライバーが集め、それを同じ地域の数軒に配達するからでしょう、おそらく。
 ポストメイトは、1人のドライバーが1つの店から食べ物を集配し、その商品だけを配達します。それゆえ、時間が守られる。誤配がないなど、評判が良いのです。
 巨大企業アマゾンですが、私は契約を打ち切ります。このままでは、店の評判にも影響します。ポストメイト、Post mateは売上の10-15%を占めていると思います。
 
 昨夜は最初のお客さんが来たのが6時前でしたか、ドイツ人の常連さんですが、いつもは家から5分で来れるのに、45分もかかったそうです。
 夕方のバックヘッドは車が動かない。というか3時半や4時くらいから働いている人が帰る、子供が学校から移動するなど、交通量が一気に増えてもうお手上げです。
 そういうことも考えると、晩御飯のデリバリーは助かるわけです。5年前には、ほとんどなかった業種ですが、ロンドンとかにもあり、世界中で増えています。そしてこの傾向は今後も増えていくことでしょう。

 私はこのオンラインデリバリーに期待していて、店のメニューにはないが、オンラインオンリーのメニューも考えています。
 その1つが刺身の盛り合わせで、一昨日50,80,100ドルと3種類作ったのですが、50ドルが1つ売れて手ごたえを感じています。
 それまでのメニューでは、刺身は30ドルのディナー用しかありませんでした。店のメニューにはない刺身の個別のメニューも昨夜作りました。
 このあたりで、まともに刺身が食べれる店でデリバリーをしている会社はないわけです。これを利用しない手はありません。

 さらに考えているのは、ブルーエプロンなどに対抗した「プリクック商品」です。例えば、うどんセットやラーメンセットを購入する。それは2-3日家の冷蔵庫で保管でき、食べたいときに温めるだけで店と同じものが食べれる、こういうことも必要かと思うのです。調理しない分、値段は落とします。そして2つをセットにして売る。これも1つの作戦ですよ。麺類では特にこれをしたいですね。
 家で簡単調理して、店と同じものが食べられるのは理想かと思います。日曜日に開いていない店の料理を家庭で食べられる。日曜日対策が少しはできるかと。まだまだ、他にも考えたものはありますが、公開しません。
 知恵を出せ、お客さんのニーズに応えよ、ですかね。

 Photo連絡体制?
 衝突を回避するために連絡しましょう。しかし共産党を信じて良いのか? 日本の領土を狙っている国ですよ。日本は中国を狙っていません。立場が違う。

 今朝の一面は、イラン合意の離脱ですが、これで制裁があり、原油が上がる。71.06ドルです、昨日コストコでガソリンを入れましたが、3.09ドルのままでした、しかしこれも時間の問題で、10セントは土曜日あたりに上がると思います。
 これで喜ぶのは、スパイ上がりのプーチンです。自動的に実入りが良くなるので、武器がたくさん作れる?支配を狙うにはお金と武器が必要です。

 カリフォルニア州上位裁判所の判事は、州内で販売されるコーヒー商品に発がんリスクを警告するラベルを貼るべきとした3月の暫定判断を確定。この判断で判事は、スターバックスなどコーヒーを提供する企業は、コーヒー豆の焙煎時に生じる化合物(アクリルアミド)による健康リスクが、コーヒー飲用によるプラスの効果を打ち消していることを示していないとしました。 
 スターバックスなどカリフォルニア州の多くのコーヒー販売店は、がんや先天異常などをもたらす化学物質の存在が明らかな場合に警告を義務付ける州の条項に基づき、すでに警告ラベルを提示しているといます。
 まあ、1日1杯なら良いのでは? なんでもそうですが飲みすぎ食べ過ぎは良くない。

 画像に含まれている可能性があるもの:食べ物食べ過ぎてください!
 ブルーベリーはどんどん食べてください。主食にしてください!ようやく値段が下がってきたのです、というかシーズンがスタート。コストコではデカいパックで9ドルで、これを私は爆食いしています。老化防止、抗酸化、目に良いなどなど、食べないと損!
 私の理論は、こうです。「人間のカラダの細胞がすべて変わるのに3カ月かかる。何かを試すにも最低は3カ月継続すること」。
 カラダに良いからと言って、少し食べて効くものではないと。毎日食べて継続せんと効果は出ません。56歳、まだ裸眼です、ブルーベリーのお陰?とはいいませんけどね。

 
 先の予報ですが、土曜日ー月曜日が90度以上に変更になっています。あーあこれでアトランタはホットランタになります。蒸し暑い、そして車社会で光化学スモッグが発生するのでは? 森の都とか言われながら、都市の発展のために、どんどん森を伐採していく、アマゾンの熱帯雨林を非難できないでしょう、この国は。
 北米大陸はもともと、南米もそうですが、自然がたくさんありました。入植した白人のせいで?その自然が失われている。国土が広いので、まだまだあるように見えますが、都心部では激減していますよ。問題ですね、経済活動も大事だが、人間の生命にかかわる自然の保護を怠ってはいけない。結局は金儲け金儲け。
 昨日もマグロが入ってきましたが、キハダしかいません。数年前にいたメバチマグロはどこに消えたのか? 乱獲ですよ。質の良いマグロはもういません? それでも人間が食べていく上で、生きていく上で、さらに魚を獲っていかないといけない。そういう現場にいるからこそ、危機感を感じるのです、このままではマグロはいなくなる!

No comments:

アトランタ犯罪事情 10月19日(金)

Octobre Diecinueve (Viernes)  昨日のこと、店に行くと、モールの警備員が寄ってきて、「おいおい、過去2週間に裏のアパートで物盗りが5件もあったらしい。犯罪はすべて平日の昼間に起き、被害はすべて1階だった」と言うのです。  裏のアパートは高級で、1B...