Tuesday, February 6, 2018

投資も怖けりゃERも怖い! 2月6日(火)

Febrero Seis(Martes)
 昨日のNY市場で1175ドルという市場最大の下げ、それがアジアに飛び火して、日経平均は1071円安。すでに始まった欧州株は2%程度の下げ、間もなく開くであろうNY市場の先物は267ドルの下げとなっています。
 どうなるのか? 分かりません。ビットコインも同じく下げていて一時7000ドルにまで、これは最高値から70%の下落でしょう。仮想通貨に浮かれていた人は、まさに仮想通過したわけです。そんな、もっているだけでどんどん増える魔法のコインなんてありませんよ。7000ドルという数字をどう見るかは分かりませんが、半分以上の投資家は損を出している状態ではないかと思います。
 株については、金曜日からの合計で高値から6-8%程度の下げと考えれば、昨年の利益から想定して、まだ損をしている状態ではないと思います。普通の投資信託で昨年は15%程度上昇していますからね。

 ついに来ました請求書。1月終わりの結石事件でのER訪問。先週、CTスキャンで500ドルの請求があり、これは送りましたが。
 昨日の額は$9216ドルです。合計が$9466ドルです。その一部は当日に$250払っていますから、その残金です。
 しかし、これをよく見ると、ここから保険会社に請求すると書いてあります。では、どうしてこんなものを送ってくるのか? 心臓に悪いですよね。
 自己負担が私は$2500だったと思いますから、この程度は最低払うことになりでしょう。それにしても高い。
 明細を見ますと、一番高いのはCTスキャンで$4900.ERの部屋代が$3130、モルヒネ代が$846です。2時間半でこれですよ。1日いたら3万ドルですか?1週間いたら10万ドルを超える??これがアメリカの医療の実態です。
 そして「Please contact us to discuss your discount option.」と書いてあります。さらには個別に追加の請求があることもあります。とも書かれています。何ですかこれ? さらに追加の支払いも生じるわけです。まさに恐ろしいERです。まあ911して救急車には乗らなかったので、1千ドルは節約できたということですが。保険のカバーがどこまであるのか、実に不安です。元々健康なため、自己負担の高い保険料の安い保険にしか入っていませんからね。

 
 気温だけは上がります。明日は100%の雨が確実となっています。そして土日もまた雨の予報です。
 このERの本当の支払い額が確定するまで、私は湯鬱になるでしょう。

No comments:

アトランタ犯罪事情 10月19日(金)

Octobre Diecinueve (Viernes)  昨日のこと、店に行くと、モールの警備員が寄ってきて、「おいおい、過去2週間に裏のアパートで物盗りが5件もあったらしい。犯罪はすべて平日の昼間に起き、被害はすべて1階だった」と言うのです。  裏のアパートは高級で、1B...