Thursday, October 11, 2018

史上三番目のハリケーンだった 10月11日(木)

Octobre once (Jueves)
 超閑散な昨夜のディナーで、少し早めに店を閉めましたが、これでまた赤字幅が広がる、頭の痛い問題です、自然災害は仕方ないですけどね。
 上陸時にはカテゴリー4から5になっていました。それでも2人しか死んでいないのは避難が良かったのか、政府の対応が良かったのか。日本ならもっとたくさんの人が死んでいたかも? 災害慣れしているのがアメリカで、事前の情報徹底、そして復旧も意外と早い。対して日本は災害慣れしていないから、いざというときに弱い。
 今後起こり得る「南海トラフ地震」もそうで、70-80%の確率といわれ、100年周期で定期的に起こっている事実がありながら、その訓練や対応もできていない。
 どうも、日本という国は現実に起きてからでないと、真剣にならないのか?

 郵便代が来年の1月から55セントになります。現在50セントから10%の値上げです。郵政公社は大幅な赤字なので、仕方ないのかもしれませんが、55セントの封筒がカロライナもハワイも同じ値段で届くという、全米統一料金は良いのか悪いのか? 市内や州内で儲けて、遠距離の赤字を埋める、たぶんそうなのでしょう。

 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
 豊洲が初日でした。大混乱、大混雑、大渋滞です。これに慣れてこなしていくしかありませんがね。アメリカへの輸出は2週間ありませんが、他の市場から魚が来ます。

 NY800ポイント下げ、東京1000ポイント下げ、となった昨日の世界の株式市場ですが、これを%で見るとこうなります。
東京   3.89%ダウン
NY     3.15%ダウン
ロンドン 1.75%ダウン
上海   5.22%ダウン
 この前まで3100ポイントか3200ポイントあったであろう上海の指数は現在、2583ポイントしかないのです。ということはすでに20%の下落+調整局面に入っているということです。インドや東南アジア、欧州もこの2カ月で下げていたらしい。上がっていたのは、東京とNYだけであった。

 すでに住宅市場は減速というか停滞を見せています、これはアメリカの話です。ということは今、建てられている住宅やアパートはゴミになる?
 ブルックヘブンにコスコがありますが、そのすぐ近くに、高級タウンハウスがあります、確か2年前に完成したときは90万ドルが売値でした。しかしこれが売れていない。それで昨年80万ドルに値下げして1個売れたようなのですが、その後全く売れていない。で、最近ここを通ると70万ドルに値下げされています。率でいえば23%の下落です。このすぐ横にふつうのタウンハウスがありますが、確か45万ドルで売り出して完売していたはずです、これが4-5年前です、ゲート付きのコミュニティです。しかし70万ドルの物件はゲートさえもない。むき出しの70万ドルですよ。日本円でいえば元1億円が8000万円に値下げされた。これはこの値段でも売れないでしょう。

 ということで、すでに調整は起きているのです。そこにFRBの利上げがあったものだから、借金して家を建てて売って儲けていた人がもう、家を建てなくなります。そうでしょう?金利高いのに借金して家を建ててそれがいつ売れるか分からなくなってきています。下手したら倒産ですよ。
 うちの店の後ろにもデカいアパートが建っていて、現在外壁が終わり、内装に入っています。おそらく1月からリースの開始で入居者を募集するでしょうが、入る人はいるのか? 1BRで1400ドルです。2BRで1700ドル。郊外にいけば家が買える、そしてローンが払える金額です、私は厳しいと思います。この地区はアパートの供給数が増えすぎています、完成しているのに入っていないアパートがすでにあります。

 この前、英国人のお客さんと話をしましたが、最近結婚してAbernathyに住んでいるそうですが、朝夕の交通渋滞が激しいので、I-285の中に戻りたいと言っています。元々の家はまだAshford Dunwoodyで、タウンハウスがあるのですが、結婚して移り住んでこれです。
 Sandy Springsはメルセデスベンツの北米本社があり、600-800人がここで働いていると言われています。そのため、渋滞が激しくなっています。もう車は動かないわけです。

 1つだけ良かったのは円高? 現在112円27銭で動いています。日本からお金を持ってこようと思っていたので、円安よりも円高の方が助かります。

 一夜明けて始まった欧州市場は下げています。FT指数が1.5%の下落、DAXが1%です。NYの先物は現在、144ポイント下げています。今日も下げるでしょう。下手したら200-500下げるか上がっているのがゴールドで、1204ドルです。1800ドルまで下げていましたから、かなり上げています。

 これでどうやら3拍子揃ったといえるのでは? 景気減速の3拍子?
1)車が売れなくなった
2)住宅が売れなくなった
3)株が下がる
こうなるとレストランで食事をする人が減ります。旅行に行く人も減ります、物を買わなくなります、そうするとお金が回らなくなります、停滞です。

 季節は冬になりますが、懐は一足早く冬になるでしょう。用心して対処しましょう。Searsは明日にも破産法の申請を行います。年内に閉まる店が増えるでしょう。耐えられるのか、我慢比べがこれから始まります、
 とまあ、良いことは書けないですよ、そうならない、そうなって欲しくないですがね、現実の数字がもうそうなってきている。株だけが上がってきたのがおかしいと、ずっと思ってきたわけです。こんなのはレストラン業を20年もやっていて、数度ありましたから、初めての経験ではありません。人員を減らし適切な人数にして人件費を削る、在庫を適切に保ち、不良在庫を作らない。売り上げが下がっても、赤字にならないようにするだけです。

No comments:

アトランタ犯罪事情 10月19日(金)

Octobre Diecinueve (Viernes)  昨日のこと、店に行くと、モールの警備員が寄ってきて、「おいおい、過去2週間に裏のアパートで物盗りが5件もあったらしい。犯罪はすべて平日の昼間に起き、被害はすべて1階だった」と言うのです。  裏のアパートは高級で、1B...