Friday, January 12, 2018

CES開催で電気自動車 1月12日(金)

Enero Doce (Viernes)
 ベガスで世界で一番大きい家電の見本市が開催されていますが、電気自動車の紹介がたくさんあります。少し前までは薄型テレビのオンパレード、今では電気自動車の見本市のようになっていますかねえ?
Slide 3 of 31: <p>A brand-new car from an all-new automaker was revealed at CES 2018. Chinese startup Byton debuted a new all-electric SUV that it estimates will cost from $45,000, will roll out in China in late 2019 and both Europe and the U.S. from 2020, and is promising to ‘redefine’ the SUV in the upcoming era of autonomous cars.</p> <p>Two models will be offered, a 268 horsepower rear-wheel drive model, and a 469 hp dual-motor all-wheel drive version. Byton is promising a range of over 380 miles on a single charge of the mid-size SUV’s top-spec 95 kWh battery pack (cheaper rear-drive cars offer a 71 kWh battery and a 295-mile range). In time, an SUV and MPV will be derived from the SUV’s flexible platform.</p>Byton
Byton、中国で作られる新しい車です、19-20年に$45000で発売予定。
Slide 6 of 31: <p>But its batteries are not the only reason to get excited about the eMotion. Just look at it. Svelte and sexy, huh? Hard to believe it’s being pitched as an alternative to a luxury sedan, one still offering five seats within those amazing butterfly doors, and a lavish interior fully future-proofed with next-gen tech.</p> <p>It’s naturally going to be autonomous. Five neatly-integrated LIDAR sensors take it up to Level 4 autonomy, and these too are packed with patents. Fisker himself feels the eMotion places the firm “clearly at the forefront” of a revolutionary new era in automobiles. A new era that will be here sooner than we think, too: production of the eMotion is confirmed for within the U.S., the location of which will be announced later in 2018. Prices? Yours from $129,000.</p>Fisker
Fiskerはアストン・マーチンの派生車? 13万ドルは高いですけど。
Slide 30 of 31: <p>Coolest of all Honda’s CES 2018 robots is this fantastic ATV-based autonomous EV off-road vehicle, fully equipped with AI. It’s an AWD EV and takes a multitude of attachments, making it idea for use by firefighters, construction and agriculture.</p> <p>It’s indestructible (Honda’s been making ATVs like this for three decades now), and the great thing about it being autonomous is that it minimises the human exposure to danger in extreme conditions. Think of it as a Moon Rover for Earth, if you like.</p>HONDA
これ、ホンダのオフロード車です。
Slide 17 of 31: <p>It’s not just Uber. NVIDIA is also supplying AI tech to Volkswagen, for use on its future electric cars including the I.D. Buzz. A combination of AI and deep learning will help power the cars’ self-driving functionality, but also many of the onboard functions such as voice, gesture and facial recognition.</p> <p>Volkswagen will use the NVIDIA Drive IX Intelligent Experience platform to give the new cars auto-unlock by facial recognition, natural language voice control, gesture control and other neat capabilities it’s dubbing ‘Intelligent Co-Pilot’. “In just a few years, every new vehicle should have AI assistant for voice, gesture and facial recognition as well as augmented reality,” said charismatic NVIDIA founder and CEO Jensen Huang.</p>VW
ワーゲンもAI搭載
Slide 9 of 31: <p>There's a new automotive term we need to get familiar with: Mobility as a Service, or ‘MaaS’. This is where companies such as Uber, Amazon and even Pizza Hut will transport goods, people or take away pizzas via autonomous cars - and Toyota wants to be a car company offering them a basic vehicle which they can then develop and customise.</p> <p>The e-Palette Concept Vehicle is its idea of a fully-flexible purpose-built autonomous electric vehicle, into which those companies can add their own tech to better serve their customers. Fully scalable and customisable, even down to open source software, Toyota’s offering it as part of a new e-Palette Alliance that will collaborate to make the mobility ecosystem concept a reality.</p> <p>Suddenly, the idea of an autonomous vehicle delivering your pizza, or your purchases from Amazon, or even picking you up for a ride, seems a little less far-fetched than it was...</p>Toyota
トヨタのこれが将来のバス?

 すでに「ボケ老人」の領域? トランプは、急に英国訪問を中止しましたが、「私がロンドン訪問を取りやめる理由は、オバマ政権がロンドンのおそらく最高の立地にあった最高の大使館を『はした金』で売却し、12億ドルもかけてへんぴな場所に新大使館を建てたことが気に入らないからだ」、「ひどい取引をしておいて、私にテープカットをしろだって―お断りだ!」とTwitterしています。 この準備をしてきた多くの人は怒り狂っているでしょう。不動産社長のままに、大統領になって、なんでも自分のわがままで通ると思っている。確かにアメリカの大統領は権力があり、なんでもできますが、こういう子供じみた行為に私はうんざりです。
 そして今朝のトップニュースは、昨日の議員らとの会合で、ハイチやアフリカの諸国から移民を受け入れる必要性に疑問を呈し、下品な言葉(汚い便所みたいな国)を使って一部の諸国を「不潔極まる」と呼んだことが、関係筋の話で明らかになったのです。 トランプは個人の技能に基づく移民制度がある諸外国に倣い、米社会や経済に貢献し、社会に同化できる移民を受け入れることで国を強くする恒久的な政策を求めていると言いたかったのでしょうが、なにせボキャブラリーがないので、こういう言葉しか吐けないのです。知能は極めて幼稚、配線は直列です。
 この前の正月でしたか、北朝鮮のアホ孫が「俺の机の上には核のボタンがある」と言ったのに対しボケ老人は「俺の核ボタンはおまえのよりデカい」とか、言っていますよね。そういう問題ではないのですよ、今回の言動で世界各国からバカにされるだろうし、見下されるでしょう。アメリカは孤立、自国だけ良ければいい、これがこいつの戦略ですよ。
 
 新しい言葉、「最強寒波」、今週の日本は寒波で大変、新潟では列車が大雪で止まり、15時間も缶詰状態。北海道では400台の車が立ち往生などなど。13日も、強い寒気が居座り、北海道や東北の日本海側、北陸から山陰は雪が降る見込み。すでに北陸を中心に大雪となっているが、さらに雪が強まるおそれがあり、交通障害に警戒が必要となります。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast

 日曜日のゴルフは可能になりそうです。今回は念のため場所を違う場所に移すことになりました。MLKデーの後からまた10度台の寒さになります。こりゃ、人生短いに越したことない! 今の子供が大人になる、そして老人になることは暑いか寒いかで人類は相当数が減っているでしょう。
 昨日は違うファンドから17年の運用実績が来ていましたが、過去1年で13.36%UPでした。10年比では7.46%UPとまあ、株式市場と債券で運用しているのがほとんどの金融商品なので、過去1年の株の上がり方を見ると、こんなもんでしょう、と思うわけです。
 昨日もイマイチの暇で、繁華街に店のあるオーナーも「スローなスタート」と言っていました。いろいろ作戦を考えないといけない。12月は和牛を売った。今月は刺身をサクで売ってやろうかと今朝思いました。
 刺身などを大勢で食べる人には有利。切りつけせずに、ブロックで売るわけです。これで少しでも売り上げが上がるなら、やってみる価値はあるかも?で来週からトライします。アトランタに鮮魚の魚屋がないので、レストランがこうした小売りをしてもそれはやり方次第で売れる可能性があるでしょう?
 だから、まだまだ頭を使わないといけないわけです。知恵は無限大に出てきます、そしてこんなトライはリスクがありません。10回トライして1つ当たれば上出来ですよ。失敗は成功の素、失敗なしに成功はない。失敗するからこそ成功がある。成功の影には失敗がある。次こそは今度こそは成功する。皆さん、良い週末を!
 

No comments:

パスポートはいくつまで持てるのか? 1月23日(火)

Enero Veinte Tres (Martes)  昨日はM7.9の地震がアラスカ沖であり、アラスカーカナダ、カリフォルニアにかけて津波の警報が出ていましたが、解除されました。   昨日の午後、群馬県の草津白根山で噴火がありましたが、これの警報は一切ありませんでした。幸...