Wednesday, August 5, 2015

今日の出来事から 8月5日(水) 帰国した男

 昨日が最後の晩餐?でした。某日系企業駐在暦7年の通称「O君」。欧州から始まった駐在生活はアメリカに移り7年間のアトランタ生活にピリオドを打ち、今日帰国です。
 まあ、また海外に派遣されるのは間違いないと確信。一度海外に出たものはまた海外要員となる、それだけ国内に海外派遣候補が少ないということでしょうか。会社も欧州、北米、アジアと世界にありますから、ぐるぐる回しているようなものです。
 ある家電メーカーは、ハワイが最後の名誉職だそうで、あまり仕事はなく、日本からの役員の接待、ゴルフのお世話ぐらいの仕事しかないと聞いたことがあります。

 それにしても駐在員の赴任と帰任のときは「家族全員ビジネスクラス」、この制度をいい加減やめたらどうかと思うのです。
 その分、お金をもらう方が有難いと皆さん、同じ意見です。大人はいいですよ。先日帰国した家族の場合、2歳の子供もビジネスクラスで、単なるお金の無駄使いでしかない。そして帰国してから家具をそろえるとか、いろいろお金がかかるので、足が出るのは当たり前です。
 家族4人で2万5千ドルかかるなら、コーチにして8千ドルで抑え、1万ドルを帰国準備金に上乗せするのが良いではないですか。こういうのが日本の会社、頭が固い。慣例をなかなか変えれないのです。

 久々にソーシャルセキュリティのサイトにアクセスしましたが、私62歳で引退したら1581ドルを支給されるそうです。満額の65歳で2455ドル、70歳で3168ドルの支給です。
 まだまだ少ない。それは20年の米国生活のうち、最初の10年間は年収5-6万ドルでしかなかったので、その影響です。あと数年間、高収入を維持して62歳で2千ドルに引き上げるのが目標ですかね。引退しても最低5千ドルの生活費は維持したいものです。ハワイの物価の高さを考えると、それぐらいないと生活できないかも知れません。
 ちなみに今、障碍者になれば2042ドルもらえるそうです。永住者はたまに自分の年金がどの程度もらえるのかを把握しておくと良いと思います。70歳まで働くことは良いことか悪いことかは知りませんが、遊んで暮らせる余裕を持ちましょう。 


 これが次回のレクサスSCです。長い間、モデルチェンジをしていませんでしたが、たぶん8-9万ドルになると推測しています。

 インフィニティQXもこんな感じになります。新型MURANOの流れをくんでいると思います。

コルベットのZORA 17年に登場の予定

逆立ちしても買えないブガッティ、たぶん3億円を超えます。

ホンダのリッジライン、2代目となりますが、前回の方がインパクトがあったような?

ベントレーのSUV? 30万ドルですか???

締めは、フェラーリ488GTB
このような車が16-19年の間に発売される予定になっています。

 5日の地震情報です。
茨城県南部でM3.0
福島沖でM3.7
千葉沖でM2.7
宮城沖でM3.4
釧路沖でM4.0
福島沖でM5.1 各地で震度3を記録しています。

 過労死防止法が昨年11月に施行になりましたが、それでも減らないのが現状。こういうのを法律にしないといけないところが情けないではありませんか。
 2010年、当時24歳だった息子を過労自殺でなくした母親の話。「飲食店の社員になった息子は、1年も経たないうちに店長にさせられ、長時間過重労働を強いられた」
 亡くなる前の7カ月間で取れた休みは、有給休暇の2日間のみ。朝から深夜まで働かされ、残業時間は少ない月でも162時間、多い月では227時間。厚労省が定める過労死ライン(80時間)をはるかに超える時間だが、残業手当は支給されていなかった。
 162時間ということは、1日5時間の残業で、227時間は1人7.5時間に相当します。休みがなかったことを考えるとまあ、そうなるのでしょう。11時半にランチをあけるために朝の9時半に店に入る、ランチ終わって休憩あり4時から仕込みして5時に開ける。そして11時に閉店、片付けに1時間かかるとしたらランチの労働時間が5時間、ディナーが8時間で13時間労働になります。1日5時間の残業は的を得ています。それに週一であったろう休みがないとしたら、13時間X4日で52時間の残業がプラスされ、だいたいの計算が合うわけです。
 まあ、私、これに近いことをしていますよ、ほぼ毎日。土曜日のランチがないのが幸い、そして日曜日が休みなのが幸い。だからまだ生きていますよ。ははは。

 これから新しい店が開くアトランタ。ある店では人が辞めて、新しい店に移るようで人手不足になっていると聞きます。
 まあ、ギリギリで回しているのがどこも同じです。1人辞めたら、その穴埋めが大変なのです。そして日本人シェフの高齢化、10年後に誰が寿司を作るの??となる時代になるかもです。

 アンケートによる、男性が嫌がる女性のしぐさ
4位:姿勢が悪く歩き方がおかしい「ガニ股女子」
3位:なんでも我慢すればいいと思っている「可愛げない女子」2位:舌打ちやため息をつく「不平不満あらわ女子」
そして1位は?1位:タバコを堂々と吸っている「スモーキー女子」だそうです。
 タバコ? ガンになりたいんでしょ? 私はそう思っています。開き直って吸うには関係ないですよ。自分の問題ですからね。

 An assembly worker attaches wooden handles to broom brushes at Detroit Quality Brushes in Livonia, Michigan.低調
 7月のADPによる民間雇用数は18万5千人と4月以来の低い数字だそうです。

 住宅ローンの会社から通知が来て、10月から1年間の金利が0.25%上がり、これまでの2.75%から3%になるという内容でした。これまで585ドルだった毎月の金利が637ドルになるというもの。来年にも家を売る私は別に金利が上がろうが下がろうがあまり関係ありません。
面白いことに総支払い額が1825ドルから1801ドルに下がっているのです。この金額を288ヶ月払えば完済するそうです、24年です。毎月3千ドルを払っているのでこれも関係ありません。住宅金利ほどバカバカしいものはなく、できるだけ元本を減らすことです。100ドルでも200ドルでも多めに払えば、完済時期が早くなります。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 今日さえ凌げば、少しはマシな天気になります。昨日は車の温度計が11
1度を指していました。私の感覚でいえば、ジョージアの8月は日本の9月に相当し、暑いのですが、ジワジワ気温が下がっていきます。たぶん、峠は越えたと思います。

  tasmania-snow-03.jpg
タスマニア島で積雪です。オーストラリアの南にある島ですが、1986年以来の積雪とか。やはり南半球は例年にない寒さのようで、これがそのまま今冬、北半球に起こるとすれば、厳寒になるというのが私の予測です。「夏は夏らしく暑い、冬は冬らしく寒い」そんなのとんでもない話です。
つまらない話、このタスマニアではワインも作られています。ピノノア、悪くないですよ。

 

No comments:

今日の出来事から 10月19日(木) 奉仕してなんぼよ

Octubre Diecinueve ( Jueves)  売り上げ悪いですね、まあ今はどこも悪いらしい。昨日もワインの卸屋が来て、小売りも良くないと言っていました。  私は思うのですよ、こういうひまなときに来てくれる人が一番ありがたい。棟方志功は「仏さんありがたい」と言った...