Monday, June 25, 2012

雫の会 2012年夏はこれで決まりか?

さて、雫の皆さん、いかがお過ごしですか? とは言え、本日ゴルフを一緒にしたばかりですがね、そろそろ、夏本番を迎え、また「一時帰国」という理由をつけて、駐在員の中には2週間近くも日本に帰るメンバーもいるではありませんか?
そこで、皆さんが帰る前に会を催したいと私が独断で決めさせていただきます。今回はかなりの美人をそろえております。題して「2012年ポール・ホッブス 飲み比べ」ですね。妻子のいない今だからできる「2012年の秘め事」ですかね。

スターターは、ロシアンリバーバレーのシャドネーに切ってもらいましょう。夏はやはり白ですからね。パーカーは90点をつけています。
Characteristically bold, yet refined in texture and seamlessly integrated, this opalescent, pale straw chardonnay is seductively aromatic with white flowers, stone fruit and lime rind. A tautly structured palate is creamy and layered with flavors of Fuji apple, yeasty brioche, meringue and ginger. This intense weave of flavors persists over a crisp, lingering finish accented with wet stone and citrus.

次いで、軽めの赤ということで、同じロシアンリバーバレーのピノノアですね。ただし、シングルバインヤードです。Lindsy Estate ですね。パーカーは95点をつけています。
From the iron-rich, Goldridge soils of our estate vineyard emerges a pinot noir of striking complexity, concentration and sophistication. Ruby-hued and intensely aromatic with Bing cherry, spice and forest floor, it resonates with pure pinot noir character. Seamless layers of wild raspberry, cola, violets and cedar intertwine and gain depth through a midpalate framed by supple tannins and clove that create an elegant, lingering finish.

ここからどんどんポールさんの世界に入っていきます。3本目はキャブです。ステージコーチバインヤードの2005年の用意しております。パーカーは93点をつけています。
Produced from a superior small section of rocky, red volcanic soils at high elevation, it is deep garnet in color and fragrant with bold, ripe red berries, cassis, red licorice and sage. Texturally, it is weighty and muscular, from its assertive entry through to the finish, where well-delineated fruit flavors harmonize with leather, toasted vanilla bean and ripe tannins that permeate the finish.

そしてハイドバインヤードのキャブが登場します。これが2006年です。これはカルネロが産地なんですね、パーカーは94点をつけています。
This violet hued, cool-climate Carneros cabernet sauvignon boasts intense aromas of blackberry, Chambord and lavender. The palate’s silky texture is seamlessly interwoven with concentrated flavors of black cherry, licorice and pencil shavings. The long, luxurious finish is supported by fine-grained tannins and accentuated with black fruits and dried tobacco leaves.

そして閉めは、トカロンです。2006年ですが、これはパーカーが96点をつけています。
Sourced from favored rows within the exclusive BV4 block, the 2006 release achieves formidable complexity and refinement. Its black crimson hues are resplendent with aromas of blackberry, red currant and graphite. The palate is silky and graceful, yet powerfully charged with intense, finely sculpted layers of crème de cassis, bittersweet cocoa and cedar. The mid-palate confirms the wine's breadth with a surprising lift brought on by very subtle notes of yeasty bread and vanillin, in a crescendo toward an endless finish graced with firm, stately tannins.
トカロンは、ここがナパ最高の畑、と言っても過言ではないのがこの"ベクストファー・ト・カロン・ヴィンヤード"です。このヴィンヤードを飲まずしてナパは語れないでしょう。ちなみに、2005年だと日本で2万8千円で売られています。

ここまでのコレクションを飲むというのは実に気分が良いと思いますよ。お問い合わせはS嬢までお願いしますね。まあ、8名程度しか席はないと思ってください。

No comments:

健康保険がない!アメリカの保険事情と世界の事情

Noviemebre Veinte Dos ( Miercoles) 感謝祭前なので特別寄稿  先日のこと、アメリカ人の友人が来て、来年の健康保険がないと言うのです。7社当たってすべて断られたそうです。  彼は金持ちですよ。私と同い年でもう引退していますしね。最終的には保険の...