Monday, July 3, 2017

今日の出来事から 7月3日(月) Julio Tres ( Lunes)

 7月最初のブログです。昨日はゴルフ仲間の送別ゴルフ、といってもいなくなるのは月末だとか。ということはもう1回あり?
 思えば、私が仕切っているようなゴルフコンペですが、もう10年近くやっている可能性が高い。そして入会条件が厳しい? 誰でも誘うが、その後で招待がなくなることがある。これが難しい。
 しかし、一度メンバーになると、永久資格ではないが、シードがある。今週はそんな人がシンガポールから来るので、集うことになっている。欧州からたまに来る仲間もいるし。
 昨日の打ち上げで、「将来は私がハワイに広大な土地を買うので、そこに泊まって、1年に1回このメンバーで集し、コンペをしましょう」と言いました。こんな夢があっても良いではないか。

 バルセロナやパリよりも良い街?Slide 2 of 14: <p>As <a href="https://www.loveexploring.com/guides/64865/what-to-do-in-barcelona">Barcelona</a> attempts to cracks down on tourist numbers – an astonishing 32 million people visited last year – the southern coastal city of Valencia makes an appealing alternative. Once you’ve had a look around the art nouveau Central Market, take a tour of the futuristic City of Arts and Sciences before hitting the beach.</p>
バレンシア、バルセロナの代わりにSlide 10 of 14: As Portugal’s capital grows in popularity, the coastal city of Porto has been quietly becoming one of the country’s hippest spots. Once you’ve tasted the local port wine and strolled through the medieval riverside, flop on the beaches just a short distance from the city center.
ポルト、リスボンの代わりに
Slide 11 of 14: Tuscany’s capital throngs with visitors in the summer, so veer westwards to the delightful walled town of Lucca. Explore the cobblestoned Renaissance streets before hopping on the train for a 17-minute ride to the coastal resort of Viareggio and its endless sandy beaches. If you visit from 14 July to 19 August, you can catch the annual Puccini Festival in a dreamy lakeside setting by the Torre del Lago.
ルカ、フローレンスの代わりに
Slide 12 of 14: <p>We all love <a href="https://www.loveexploring.com/guides/64347/what-to-do-in-paris-guide">Paris</a>, but France’s wine capital has transformed itself from a stuffy and staid city to one of the country’s liveliest. Bordeaux’s revamped city center and riverfront areas are crammed full with cafés and restaurants, where the wine is as heady as the atmosphere. For a change of scenery, the Atlantic coast and sandy beach at Arcachon are only an hour away.</p>
ボルドー、パリの代わりに
多くの人が行く街よりも「隠家」的な街の方が商業化されていなくて穴場ということでしょう。

 台風3号は、4日朝に九州北部にかなり接近し、上陸するおそれ。4日は台風の影響で西日本を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。もうシーズンです、アメリカ南東部もそろそろシーズンです。

 稲田朋美防衛相は、東京都議選で自民党が歴史的大敗を喫したことに関し、「大変厳しい結果であった。厳粛に受け止めたい」と述べました。
 自身の進退については「やるべきこと、なすべきことをしっかり緊張感を持って行っていきたい」と述べ、重ねて辞任を否定しました。
 まあ、この人、頭はないが、この人だけのせいではありません。親分の人気が落ちているので。それにしてもどうして憲法改正とか、自衛隊法改正とか、そういうのに敏感なのでしょう。アメリカが本当にあんな大統領で日本を真剣に守ってくれるでしょうか? 領海領空侵犯している敵に対して、ミサイル一発撃てないのは、おかしいと誰も思わないのもおかしい。国を守るとはどういうことなのか8月15日を前に考えるべきです。
 自分の国は自分で守る、これが原則。それを「過去の過ちを、、、、」と持ち出すからおかしくなるのです。

 人口減少で全国的に「空き家」が増えており、16年後には住宅全体の3割強に達するとシンクタンクが予測を発表。そんな中で、都心でもお得な空き家物件が出て来きています。
 空き家が増える理由については、人口が減少するのもかかわらず、マンションなどの住宅建設は続くためで、今の若い世代は一戸建てよりも高層マンションなどを好む傾向があるからでしょう。昔のマイホーム=一戸建て、今のマイホーム=マンションなのでしょう。
 そんな中、激安の家もあり、太田区では、150万円の一戸建てを最近買った人がいる。足立区内のつくばエクスプレスの駅近くで198万円の一戸建てを買った人がいる。いずれの物件も、借地権ではなく所有権が付いています。豊島区、中野区でもいい物件が多い。
 これらの家に数百万入れてキレイにして住めば、1千万でマイホームとなるのです。
面白いのは、こういう昔の家の風情を残しながら改築し、外国人に民宿として貸すという方法もあるということです。J-castに出ていました。

1位: ロサンゼルス
2位: ロンドン
3位: ボストン
4位: シカゴ
5位: ニューヨーク
6位: 香港
7位: ヒューストン
8位: メルボルン
9位: シンガポール
10位: 上海
さて、このランキングは何? 世界で最も不動産投資に適した都市のランキングです。
東京はちなみに21位でした。フォーブスから

 ホワイトハウスは、大統領首席補佐官や顧問らを含むホワイトハウス職員の年俸記録などを盛り込んだ報告書を明らかにし、この報告書は連邦議会への提出が毎年義務付けられています。 ホワイトハウス職員の最高額の年俸17万9700ドルを受け取っているのは計22人。バノン首席戦略官、コンウェイ大統領顧問、政策担当のミラー上席顧問、プリーバス首席補佐官、スパイサー報道官やソーシャルメディア担当責任者のスカビーノ氏らが含まれます。昨年の報告書によると、オバマ前政権時は16人でした。

 Tesla Motors' Model 3 electric cars.モデル3
 テスラの大衆車、モデル3が今週の金曜日から生産開始です。これは計画よりも2週間早く、8月に100台、9月に1500台に引き上げ、12月には2万台にするとマスク氏は語っています。
 この3により、テスラは2018年には年間生産台数50万台を目指しています。3の価格は3万5千ドルです。
 前にも書きましたが、同じ電気自動車で日産のリーフが中古市場で格安。
2017 Nissan Leafこれは2017
そしてモデルチェンジする2018

このアングルで見るとかなり良いのですが、後ろが不細工かと。これが9月6日に発売されます。

2年落ちで1万ドル以下で買えます。確か新車では3万ドルかと。
同じ電気自動車で、テスラは予約待ちです。この違いは何???

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
こんな予報で、日本も暑いがアトランタも暑い。

4日のレノックスモールの花火はなくなったそうです。知らなかったですね。これでダウンタウンだけ、それでも各地で花火が上がります。
今日は暇の極みか、混むか? まあ月曜日はすることがたくさんあるので仕込みとかいろいろやります。




No comments:

今日の出来事から 7月26日(水)

Julio Veinte Seis ( Miecoles) 昨日はミシシッピーから日本人学生のインタビューを受けていました。「アメリカで活躍するプロフェッショナル」ということでブログに落としているそうです。アトランタは後2人、インタビューすると語っていましたが。  中小企業...