Friday, December 4, 2015

今日の出来事から 12月4日(金) パーティラッシュ? パトラッシュ

 昨日、あるイタリアンレストランでは、会社のクリスマスパーティが貸切であったそうです。200人のパーティですが、貸切値段は2万3千ドル。今週末と来週末が会社のクリスマスパーティのラッシュかと思います。
 うちの店も最初で最後の貸切パーティが来週木曜日にあります。40名ですが、高い酒とワインを提供し、それなりの貸切値段です。
 まあ、そこで貸切でも持ち帰りのオーダーだけは受け付ける予定にしています。稼げるチャンスをモノにしないといけませんからね。

 女性のための健康チップ!
<p>The latest false claim on Goop — that <a href="http://goop.com/could-there-possibly-be-a-link-between-underwire-bras-and-breast-cancer/">underwire bras could be a cause breast cancer</a> — has been repeatedly refuted by top experts and organizations. The author of the post, Habib Sadeghi, is not an oncologist but a Doctor of Osteopathic Medicine at an integrative health center in Los Angeles. (He's previously come <a href="http://www.deathandtaxesmag.com/222294/no-gwyneth-you-cannot-hurt-your-waters-feelings/">under fire</a> for a <a href="http://goop.com/the-scary-power-of-negative-words/">Goop essay</a> advancing the idea that negative words can change the physical structure of water.)</p><p>As the nonprofit <a href="http://www.breastcancer.org/risk/factors/no_evidence">BreastCancer.org points out on its website</a>, only <a href="http://cebp.aacrjournals.org/content/early/2014/08/27/1055-9965.EPI-14-0414.abstract">one scientific study</a> has specifically looked at the possible connection. Its title? "Bra Wearing Not Associated with Breast Cancer Risk: A Population-Based Case-Control Study."</p><p>The <a href="https://acspressroom.wordpress.com/2014/04/14/bras-and-breast-cancer-a-theory-that-lacks-support/">American Cancer Society also has an entire post</a> dedicated to disproving this claim.</p><p>Dr. David Gorski, a breast cancer surgeon, also wrote a <a href="https://www.sciencebasedmedicine.org/one-more-time-no-wearing-a-bra-does-not-cause-breast-cancer/">thorough takedown of this myth for Science-Based Medicine</a>, referencing the same study that BreastCancer.org mentioned:</p><p>According to this study, there was no increased risk of breast cancer due to wearing a bra, a result that, to breast cancer specialists, was about as surprising as the observation that the sun rises in the east and sets in the west, water is wet, and gasoline flammable.</p>アンダーワイヤーブラは乳がんになる?
 ひとつの調査だけではなるということですがその他の調査では否定されています。
<p>A Goop post titled, "<a href="http://goop.com/does-detoxing-really-work/">Does Detoxing Really Work?</a>" is an interview with environmentalist Rick Smith, who does not have medical training. He purports that we need to cleanse our bodies in order to rid them of "post-1950 synthetic toxins that we ingest, breathe, and absorb through our skin, on a daily basis."</p><p>The Goop staff and Paltrow go on a group detox <a href="http://goop.com/the-annual-goop-detox/">every January</a>, during which they drink tons of lemon water, use <a href="http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/consumer-health/expert-answers/infrared-sauna/faq-20057954">infrared saunas</a>, and "just say no to: alcohol, caffeine, added sugar, gluten, dairy, soy, corn, and nightshades (white, blue, red, and yellow potatoes, tomatoes, eggplant)."</p><p>Eating healthy is great, and no one will harm themselves by removing the foods suggested by the Goop cleanse from their diets. But the idea that detoxes or cleanses remove toxins from your body borders on nonsense. The whole concept of cleanses is <a href="http://www.businessinsider.com/should-i-do-a-detox-2015-7?utm_source=msn&utm_medium=referral">unsupported by research</a> and does not match up with what we know about the human body.</p><p>Toxins do not "build up" inside you (with the exception of actual poisoning, of course). "The body is constantly filtering the toxins in alcohol, food and medicines, not storing them," dietitian Maria Adams <a href="http://www.npr.org/sections/thesalt/2012/02/15/146927835/can-a-diet-clean-out-toxins-in-the-body">told NPR</a>, in a great piece debunking detoxing. "So they're not going to build up."</p><p>Why? Because your body has "its own amazing detoxification systems: the liver and the kidneys," Ranit Mishori, a Georgetown University School of Medicine doctor, <a href="http://www.npr.org/sections/thesalt/2012/02/15/146927835/can-a-diet-clean-out-toxins-in-the-body">told NPR</a>. "Unless there's a blockage in one of these organs that do it day and night, there's absolutely no need to help the body get rid of toxins."</p><p>Indeed, a <a href="http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25522674">review of the research</a> on detox diets last year <a href="http://www.mq.edu.au/newsroom/2015/02/06/literature-review-finds-no-evidence-to-support-detox-diets-for-weight-loss-or-detoxification">concluded that</a> "there is no compelling evidence to support the use of detox diets for weight management or toxin elimination."</p>デトックスは効果があるのか?
 まず体の中に老廃物は溜まるのかですが、常に体はフィルター化されていて、老廃物を体外に出すようになっています。したがって、あまり効果がないということ。まだダイエットとの関連性もないということです。
<p>A <a href="http://goop.com/the-secrets-of-the-pelvic-floor/">Goop post about rebounding</a>, which is a fancy term for doing exercise on a trampoline, cited a study that reportedly found the practice was much more beneficial for your heart than running.</p><p>"NASA has done research on rebounding and found that it is 68 percent more effective for cardiovascular health and fat burning than running!" the story claimed.</p><p>We did some digging and <a href="http://www.researchgate.net/profile/Amit_Bhattacharya3/publication/15769012_Body_acceleration_distribution_and_O2_uptake_in_humans_during_running_and_jumping/links/541c5d700cf203f155b5b42c.pdf">found the study</a>. It's <a href="http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7429911">from 1980</a>. The researchers, who were indeed working with NASA, looked at the differences between oxygen uptake and body acceleration when running vs. jumping.</p><p>Their goal was to figure out which one might be better for astronauts dealing with the "deconditioning" that happens when they're weightless. (Your average gym rat, meanwhile, is probably not trying to find the best workout for zero gravity, so the results are not entirely relevant.)</p><p>The 68% number was actually a measurement of the percentile difference in acceleration (as measured at the back) between running and jumping. It was not a measurement of fat burning.</p><p>Furthermore, the study only had eight participants, who were all male. That's too small and homogeneous of a sample to prove much of anything.</p><p>The scientists note in their <a href="http://www.researchgate.net/profile/Amit_Bhattacharya3/publication/15769012_Body_acceleration_distribution_and_O2_uptake_in_humans_during_running_and_jumping/links/541c5d700cf203f155b5b42c.pdf">paper</a> that "heart rate and oxygen uptake ranged from resting to nearly maximal levels, regardless of the type of exercise." In other words: get moving, any which way, and you can reap the heart-healthy benefits of exercise.</p>トランポリンは走るよりも良い?
 NASAの調査では、走るよりも68%も脂肪燃焼率が高いそうです。
<p>Goop recommends sticking only to "<a href="http://goop.com/non-toxic-beauty/">clean</a>," non-toxic sunscreens. In explaining "<a href="http://goop.com/the-8-best-clean-sunscreens/">Why chemical sunscreens aren't great</a>," Goop says, "Chemical sunscreens employ a potent combination of chemicals like Oxybenzone, Octinoxate (Octylmethoxycinnamate), Homosalate, Octisalate, Octocrylene, and Avobenzone, many of which are hormone and endocrine disruptors."</p><p>Scared yet? In fact, clinical studies have found that these ingredients are not harmful to human health.</p><p>In a <a href="http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1600-0781.2011.00557.x/full">2011 study on "sunscreen controversies</a>," a team of doctors from Memorial Sloan-Kettering did a thorough review of previous research and found that the only data showing these ingredients were questionable came from animal studies, usually with extremely high doses — not studies in humans, or with doses typically used in humans.</p><p>"None of the data published to date conclusively demonstrate adverse effects on the health of humans from the use of sunscreens," the authors concluded. The study noted in particular that oxybenzone hasn't shown hormone disruption in humans.</p><p>A <a href="http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0733863514000266">follow-up study from 2014</a> came to the same conclusion: sunscreen ingredients aren't harmful to humans, and <a href="http://www.businessinsider.com/anti-sunscreen-warning-on-lululemons-bag-2014-7?utm_source=msn&utm_medium=referral">applying sunblock to prevent skin cancer</a> is extremely important. You don't need "clean" sunscreens to get these benefits.</p>サンスクリーン、ケミカルベースよりもミネラルベース?
 調査の結果としてはあまり大差がないということです。
<p>Colon cleansing is another practice that Goop swears by, <a href="http://goop.com/the-nuts-and-bolts-of-colonics/">particularly in this post that includes an interview with Dr. Alejandro Junger</a>, who developed the Clean Program cleanse. "A colonic helps with the elimination of the waste that is transiting the colon on its way out," Junger says.</p><p>When patients are preparing for colonoscopies, which screen for colon cancer, they "clean out" their colon by following a liquid diet, but there are not health benefits to that — <a href="http://www.niddk.nih.gov/health-information/health-topics/diagnostic-tests/colonoscopy/Pages/diagnostic-test.aspx">it's just so the doctor can see your colon better</a>.</p><p>Colonics as "cleanses" — in which liquid is shot through a tube in the rectum into the colon — aren't necessary and carry serious risks, according to Mayo Clinic physician <a href="http://www.mayoclinic.org/expert-biographies/michael-f-picco-m-d/bio-20025089">Dr. Michael Picco</a>.</p><p>"Your digestive system and bowel already eliminate waste material and bacteria from your body," <a href="http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/consumer-health/expert-answers/colon-cleansing/faq-20058435">he wrote for the Mayo Clinic</a>. "[Proponents] believe that colon cleansing improves health by removing toxins, boosting your energy and enhancing your immune system. However, there's no evidence that colon cleansing produces these effects. And colon cleansing can sometimes be harmful."</p><p>The side effects, Picco writes, can include dehydration, infections, vomiting, and even bowel perforations.</p><p>As <a href="http://www.jfponline.com/index.php?id=22143&tx_ttnews[tt_news]=176194">a research article</a> in a journal for family doctors noted: "Colon cleansing has no proven benefits and many adverse effects."</p>大腸の掃除は体内毒素を出すのに大事?
 これも体の中に排出機能があるので、あまり効果がないということです。ただ私なりの見解では、大腸も水道管も同じことで、古くなると内側にゴミやコケが溜まりだんだん綺麗に流れなくなるのは事実かと思いますが、それでも野菜や果物を食べることによって綺麗に流れるのではないかと思います。欧米化された食事が特にそれを引き起こす可能性が高いと感じます。

 昨日の米国株式市場は急落。この日、FRBのイエレン議長が講演し、その内容から、多くの投資家が12月利上げの確率が高まったと判断したことや石油株の下落で米国株式市場は値を下げました。また、カリフォルニア州サンバーナディーノで、取引中に発生した銃撃事件に対しても、市場関係者の間で懸念が高まりました。イエレン議長は、ワシントンDCのエコノミッククラブで行った講演で、利上げは米経済が景気後退から回復していることの証明となり、実施に踏み切る日に期待していると話しました。
 利上げになれば、単純な話、住宅ローンの金利が上がる、車のローンの金利も上がるなど、すべての金利が上がるのです。

 子供のテレビの見すぎは良くない! 若い頃、1日3時間以上テレビを視聴していた人は、そうでない人に比べて40、50代になると、記憶力が低下する確率が最大で約2倍も高かったそうです。研究チームは“老いる”ことと関連づけて考えられてきた認知症を食い止める方策について、「若い頃から考えるべきだ」と指摘、視聴時間の削減といった生活習慣の健全化を促しています。

 ブルーベリーとヨーグルトを一緒に食べてはいけない? アイダホ大学から
プロバイオティクスとブルーベリーを同時に摂取すると、それぞれが持つとされる血圧改善や高血圧予防効果が失われてしまうとする研究結果を発表しています。
 プロバイオティクスとは、人に健康効果のある微生物やその微生物を含む食品のことで、乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトや乳酸菌飲料などです。
  研究チームは プロバイオティクスやブルーベリーに血圧改善効果があるとする研究結果があることに注目し、両者を組み合わせれば、より効果が増大するのではないかと推察したのですが、ラットによる実験結果では、あまり改善がなかったというもの。それでも50%は改善されています。

 『「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった』こんな本が出ています。
  疲労の原因は「糖質」だ。疲れをとるために甘い物を食べ、ここぞというときには栄養ドリンクを飲む。こんな疲労回復法が、さらなる疲労を生みだしている。
 現代人はカロリーオーバーであるにもかかわらず、必要な営業が足りていない状態。当然のことながら栄養不足はエネルギー不足につながる。これが疲れを助長している正体。
 「低糖質食」を実践するための10箇条
①早食いをしない
②食事の回数を増やす
③間食に甘い物はNG
④食物繊維→たんぱく質→糖質の順で食べる
⑤単品食いを避ける
⑥カロリーよりも糖質を意識する
⑦果物にも注意が必要
⑧野菜は飲まずに食べる
⑨飲み物は水が基本
⑩調味料の糖質にもご用心
「高たんぱく食」を実践するための10箇条
①食いだめではなくこまめにとる
②食べないダイエットはNG
③ご飯ではなくおかずを主食にする
④植物性たんぱく質だけでは不十分
⑤肉・魚・卵・大豆製品を毎食とる
⑥同じ食材を食べ続けない
⑦調理法にもひと工夫を
⑧食欲がないときこそ意識的にとる
⑨消化酵素を含む食べ物をプラスする
⑩プロテインを選ぶときは中身をチェック
まあ、すべてにいえることです。横着はダメです。しっかり3食摂りましょう。そして「野菜ジュース」よりも「生野菜」を食べること。上にも書いています。
カツ丼のような単品的な食事よりも幕の内弁当のような品数の多い食事が大事です。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
天気予報は良く、昼間の気温もまあまあですが、朝晩の冷え込みがややきついようです。といってもこれは師走の気温です。

 昨日は久々に自己満足のおまかせができました。「和牛のタルタル」がその一品ですが、これまで炎で軽く炙っていた和牛を包丁で叩いて、そこに黒トリュフの塩で味を調整、大葉を敷いた上に乗せて、そこにウニを軽く乗せます。きざみ山葵を添えて、そのまま食べますと、これがなかなか美味いではありませんか。
 これをランチでのお任せに出し、夜もおまかせが入っていたので採用しました。他にもウニをエッセンス(脇役)に使った品が多かったのですが、やはりお客さんはそれが好きなようです。
 ただ面白いのは、どちらのお任せも白人ではなくアジア人です。定期的にお任せを食べる方々です。
 こうして、たまに打つヒットが次の料理への創作につながります。ヒットを打つためには練習ですが、それは深夜のユーチューブですかね。
 世界の料理人の番組はよく見ますよ。その中で採用して試作してダメだったものもあります。その1つが「甘エビに桃」という品で、これを私は同じフルーツなので「甘エビにキウイフルーツ」という発想でいったのですが、試作段階でイマイチだったので採用していません。
 13年も自分の店で料理を作っているとマンネリ化します。お客さんも固定化してマンネリ。その澱みが店を陳腐化させるわけです。
 古いメニューをカットするのは大変なことですが、入れ替えも必要。そして内装もたまに変えて生き返らせないと、店が死んでしまいます。
 改装するくらいなら10年やって閉店する。そんな店も多いと思います。10年も続く店は少ないのが現状ですけどね。
 13年も同じ場所で営業できたことは、幸運なことだったのかも知れません。店を潰さずに営業できた証ですからね。それによく耐えた自分もたまに自分で自分を褒めることもありますが、そのすべてはお客さんの支えに他なりません。お金を払うのはお客さんですからね。
 良い食材を使い、それを提供することの繰り返しです。たまに傷んだものを出すこともあります、お客さんが帰った後で、気づいて「あー、しまった。劣化していた」というものもあります。
 最近ではイクラで失敗があったと自分では思っています。急に来なくなったお客さんがいますからね。その場でクレームしてくれる方が有難いのです。
 何も言わずに立ち去り、後で言われるのが一番辛いですね。それだけ生ものの管理は大変なことです。99%できても最後の1%の詰めができていないとそこで崩れます。
 冷凍モノを使えば楽ですよ、長く持ちますからね。しかし生や活きでないと納得できない部分もあるわけで、そちらに走るわけです。だから常にリスクはあります。
 したがって、毎日がストレスの蓄積のようなものです。それを軽減するのはお客さんの感謝の言葉しかありません。できて当たり前ですが、帰り際に挨拶に来られ「美味しかった」と言ってもらえば、「良い仕事をしたんだ」ということでストレス指数が下がるわけです。今日も明日もこの繰り返し、そして積み重ねです。あと2日で休み、また頑張ります。皆さん、良い週末を!

No comments:

今日の出来事から 8月18日(金) テロですか???

Agost Dieci Ocho ( Viernes) 思い出の地、バルセロナでテロですか? それもISISですが、この組織がバルセロナを狙う意義や意味はあったのか? Jamón ibérico! イベリコ豚のハムですよ、ハモン・イベリコです、艶が違います、それはドングリを...