Tuesday, April 26, 2016

今日の出来事から 4月26日(火) あと5日で4月も終わりですよ。

 ということは、1年の3分の一がここで終わるのです。ボーとしていてもせせこましく働いていでも時間だけは過ぎています。かつて矢沢永吉は「時間よ止まれ」と言ったが、そんなもん止まるわけがない。いつも堺正章ですよ、その意味は「おかみさん、時間ですよ」です。はい、そこまでやってもやらなくても時間は終わるのです。少し古すぎましたか???
 昨日は引き分け的な売り上げ、月曜日にしては悪くないが、かといって忙しくはない。ここ4週間、毎週月曜日に来るお客さんがいます。最初は2人だったのですが、先週くらいから6人です。そこそこの美女軍団、6人の若いお姉さんたちは月曜日の夜にTAKAに集うのです。昨夜も帰りがけに「また来週!」と私は言いましたけど。

 まだ銀行から返事がありません。10万ドルの融資どうなるんだ!! 今週はとりえあず支払いは済ますことができますが、これが却下されたらほかに行かないといけません。
 最初は「2,3日で回答できますよ」と言っておきながらのこの対応。バンカメです。

 虚血性心不全のため、26日未明に急死したタレント・前田健さん(享年44)の悲報。働く中高年の皆さんにはショックでは? 人間、突然死にます。体が変調を訴え何らかのシグナルを送
っているはずですが、それを見過ごすと捕まります。私はそんなもんだと思います。無理すればどこかでガタが来ます。鉄人でも錆びます。そう思い私は今朝も朝の準備体操をしましたけど。全身の各所がきちんと動いているか確認です。昨日はさぼったので、少ししんどいですけどね。ウェイトトレーニングとか毎日欠かさずやらないと、日にちを空けるとえらいきついです。

 性風俗もデフレ? カラダ売っても稼げないそうです。単価3500円とは安い。現代ビジネスに出ています。アンケート調査によれば、風俗嬢の現在の平均賃金は月33万円~38万円程度で、2000年ごろの月70万円程度といわれていた頃と比べると半減。
 原因は、性風俗のデフレ化、00年代から社会全体がデフレに悩まされ、「女性のハダカ」の価格はその実質経済を上回る勢いで下がり続けている。デリヘルを中心に多くの風俗店が価格競争に巻き込まれ、サービスの単価を下げ、集客も減らしている。社会と連動する形で、性風俗の世界でも格差が広がり、単身女性の3人に1人が相対的貧困に該当するという「女性の貧困」が深刻化したことで、一般女性の風俗志願者が増加。
 デフレが進んだ現在のデリヘルは、過半数以上が60分1万円以下という価格帯で性的サービスを提供。格安風俗店を支えるのは、若さでは勝負できない30歳以上の熟女たち。 下層風俗嬢の多くは、未婚、バツイチ、シングルマザーなどの単身女性たちで、彼女たちは自分の稼ぎで生活を支えなくてはならず、風俗店の増加による供給過多のため厳しい競争にさらされている。さらにその上には40歳以上また50歳以上もいる。
 競争に負けた風俗嬢たちの収入は生活保護水準を下回り、「食べるのもやっと」といった危険な状態。 格差が広がり女性の貧困が進むほど、風俗志願者が増え女性が生き延びるための最終手段が崩壊。格差社会の煽りを受けた女性たちが性風俗の世界に足を踏み入れても、立ちはだかる「貧困」からは逃れられない。ハダカの女性は、今の日本の姿を映す鏡。実に寂しい話ですね。昔なら借金あったら吉原や雄琴で頑張って、返したものですが、今ではそれもないでしょう。
 というか社会がおかしい、政治はどうなっているのか?とそこに行くのですが。アメリカ並みの格差社会が急に訪れた日本に解決策はあるでしょうか? 見て見ぬふりをするしかない?

  4月26日、オーストラリア政府は26日、400億ドルに上る次期潜水艦の共同開発相手に、フランスの政府系造船企業DCNS社を選定したと発表した。写真は海上自衛隊の潜水艦。提供写真(2016年 ロイター)まさか???
 400億ドルに上るオーストラリアの次期潜水艦をめぐる受注競争は、フランスに軍配。軍事力強化を進める安倍晋三首相のもと、対豪関係の強化と初の大型武器輸出を目指した日本は敗れました。豪州の首相は、「フランスの提案が、豪州が求める要件を最も満たしていた」と発表し。「次期潜水艦の選定委員会、国防省、専門家による検討結果は明確だった」と述べています。決め手は日本製は日本国内で作るのに対し、フランス提案は豪州内で作ること、それによって雇用が生まれるということだったようです。

 4月25日、米スポーツキャスターのエリン・アンドリュースさんが、自身の裸が隠し撮りされた動画が流出したことをめぐり、撮影現場となったホテル側と和解した。テネシー州ナッシュビルで昨年6月撮影(2016年 ロイター/ERIC HENDERSON)和解で決着
 スポーツキャスターのエリン・アンドリュースが、自身の裸が隠し撮りされた動画が流出したことをめぐり、撮影現場となったホテル側と和解。和解の条件などは明らかになっていないものの、和解が成立したのは両者の弁護人が出廷する数時間前でした。
テネシー州の裁判所は3月にホテル側の責任を認定。アンドリュースへの賠償金5500万ドルを認める判断を下していました。これが高いと控訴して次の裁判の前に和解ですか。61億円でですよ。この判決の後、メディアはこの姉さんが生涯50億円も稼げないと判断していました。半分の30億円でもOKですよ。そして弁護士が3割の9億円取る。手取りは21億円、すでに旬を過ぎているでしょうし、いきなりの富豪ですから良いのでは? ところでこうした和解金に税金はかかるのでしょうか?これは一時所得扱い?
   もうあきれてモノが言えないですが、燃費偽装問題に揺れる三菱自動車は、相川社長らが2回目の記者会見を開き、国内向け車両について、1991年から法令と異なる試験方法で燃費データを計測していたと発表、不正が25年前から行われていたことを明らかにしました。もう三菱自動車は終わりです。吸収合併で名を消すべきでしょう。
 最近の現代ビジネスはなかなか面白く、特に性ものが興味深いのですが、歴史上、日本という国は性の盛んな国であったようです。平安初期に在位した嵯峨天皇は、56歳で崩御するまでに、24人の『后』との間に50人もの皇子と皇女をもうけた。日本でも有数の絶倫。夫と死別する女性が多かった戦国時代には、再婚する女性も多く、徳川家康の祖母、華陽院は5回結婚、織田信長の妹・お市の娘、お江の方は徳川秀忠との結婚が3回目。戦国の女性たちは再婚をくり返し、一方で戦国武将たちは側室を数多く持って跡継ぎを作っていた。徳川家康には正室が2人と、側室が16人以上いて、特徴的だったのは家康が未亡人ばかりを選んで側室にしていたこと。これには理由があって、加藤清正や浅野幸長ら同時期の武将たちは梅毒で死んでいて、その多くは遊女から感染したから、家康は賢かったということですか。5代将軍の綱吉も相当な好色家で、家臣の妻と寝たがることで有名。武家の間では、位の高い武士を家に迎えた下級武士にとっては、一夜の相手として妻を差し出すことが最大のもてなしだった。綱吉の代で側用人だった牧野成貞という家臣。彼の妻・阿久里は、元々綱吉の母の侍女をやっていて、その縁で牧野と夫婦になった。その後、まもなく2000石だった成貞の石高が、6倍の1万2000石に上がった。綱吉が、好んで成貞の家に通っていたから。日本の歴史上、最も多く子供を作ったのは11代将軍・徳川家斉で、69歳まで生きて55人の子女をもうけたそうです。明治に入ってからも初代総理大臣の伊藤博文は寝床で、自分の左右に二人ずつ芸者を侍らせるほどの女好きで知られていました、当時は馬車で連夜、吉原の遊郭を訪れていたとか。その流れが今でも芸能界や歌舞伎界には残っていると書かれていますが。性欲尽きたら人間お終いと言いますからね、皆さん頑張りましょうよ。人生は一度だけ!!!!
セックスに30億円使った男などなど ついでにこの話もアクセスランキングが高くなっています。女性と関係持つにも資金力がないといけません!!
 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 土曜日と日曜日が午後から雨になりそうですが、これは早くも夕立ですか? 夏の気候の特徴がすでに出てきているんでしょうか?
 昨日、新しい店を見に行って少しがっかりまししたが、タイルを張るのにえらい時間がかかっています。「あんたらプロだろうよ」と言いたくなりましたね。マネージャーと2週間前に話していた進行状況から1週間ずれています。そこでこれを取り戻すのか。5月15日の完成は少なくとも3-4日ずれ込みそうです。私としては仮店舗を14日で終えたかったのですが、今日また行って話を聞いてきます。なかなか思うようにいかないのが現実、でもなんとかせえよ!と私は言いたい。
 

No comments:

今日の出来事から 7月28日(金)

Julio Veinte Ocho ( Viernes)  あと3日営業日で、7月も終わり。厳しい7月です。昨日はたまたまフィーバーして777となりましたが、それでも子供が多く単価が低い。  株価はナスダックが6800ポイントと高い=景気も良い? そんなのは妄想ですよ。街角景...