Wednesday, September 2, 2015

今日の出来事から 9月2日(水) 株下がり寂しい9月になるのか?

 朝からワイドショーでも取り上げられている中国失速による株価下落、その見通しは? 売るな、我慢しなさい、などなど。 毎回同じことの繰り返しです。
 まあ、私的には「漬物」、しばらく待つしかないということです。09年のリーマンの事例でいえば、やがて戻ってきます。
 今回は少し時間がかかるでしょう。大枠で言えば、中国の政治体制の崩壊まで行かないと、収まりがつかないのではないかとも思います。あの国の民衆もバカではないから、もう限度を超えているでしょう。不満爆発、暴動はすでに起きつつあるのですから。
 こんなもん、経済だけの問題ではないですよ。すべて政治と絡んでいる。共産党独裁体制の崩壊まで見通しておかないと、先が見えないのではないでしょうか?
 それに伴い、バカ息子のいる北朝鮮が間違っても核ミサイルを撃たないように、暗殺するしかない。CIAは当然、そこまで考えていると思いますよ、私だって考えているんですから。
 それで、お隣の島国では、「そんなことはあり得ない」ぐらいにしか考えていないから、繰り返し「戦争反対」とかこれまた馬鹿なことを言っている。
 そして仮に核ミサイルが日本に飛来してきたら、どうするんですか? 非難声明、遺憾に思う、これで終りですか? やられたら北朝鮮、潰しに行きなさい! それが当たり前です。

  9月1日、米検索大手、グーグルが新しいロゴマークを公開した。1998年の創業以来5度目の見直しとなる。写真は同社の新しいロゴ(上)と従来のロゴ。グーグル提供(2015年 ロイター/Google/Handout)上が新、下が旧
 Googleは、創業以来5度目というリニューアルされたロゴを発表。すでにいくつかの場所に使用され、置き換えが進められています。新しいロゴは、配色やバランスは従来と同様だが、初めてサンセリフ系の書体が選ばれています。青い「G」の文字だけを使ったアイコンは、4色を組み合わせたカラフルなものになるなどの変更も行われています。
 IT企業ですでに5回もロゴを変更。変化は大事なのです。ロゴは会社を主張するものです。古臭いといわれたらそこでお終いかもしれません。

 年老いた親の家に、働き盛りの中年世代の子どもが親の年金などの収入を頼りに同居、そんな世帯が増えているそうです。
 年老いた親の体調を気遣い、十分な収入を得られないなどの経済的な理由などもあって、実家で親と同居し続ける傾向があります。
 かなり悲惨な状況です。失業をきっかけに親を介護するため、都会から40代の息子が戻ってきたという80歳代の父親の家庭。年金は10万円弱。受給日前になると、お金は底をつく。通帳に記載された貯金は、わずか312円。困窮高齢者の家庭訪問先で、30~50歳代の引きこもり当事者が増えています。 要するに家に引きこもり仕事もしないわけです。
年老いた女性の自宅、女性の年金収入を頼りに、50代の息子夫婦も3人の孫たちもずっと家の中にいて仕事に就かず、引きこもっている。地域の中で、3世代の一家が丸ごと“引きこもり”状態になっている世帯もあります。
 さらに、98歳の母親が亡くなり、姉妹が転居して行った住宅を解体していたところ、当時48歳の息子のミイラ遺体が布団や埋もれたゴミの中から発見。男性の遺体は、すでに死後数年が経過していた。
 民家の2階の部屋から58歳の無職の息子とみられる白骨化した遺体が発見、両親と同居していたが、82歳の父親は足が不自由、78歳の母親は認知症で、年老いた両親は長い間、息子が亡くなっていることに気づかなかった。
 なんか、こういう状況下に日本が置かれているというのが信じられないのです、私にはね。

  9月1日、欧州連合(EU)にかつてないペースで難民や移民が流入し、受け入れ側の対応が追いつかない状況となっている。写真はブダペストの駅に集まった移民ら(2015年 ロイター/Laszlo Balogh)
これが今欧州の一番の問題です。
欧州連合にかつてないペースで難民や移民が流入し、受け入れ側の対応が追いつかない状況となっています。
ドイツが最大の受け入れ国ですが、シリア内戦、北アフリカなどから難民がオーストリアやハンガリーを経由しミュンヘンなどに列車で押し寄せています。

 暴力や貧困から逃れる難民やその他の移民の大半は、欧州の南端や東端に到着した後、より豊かな北部や西部を目指して移動を続けますが、特にハンガリーはバルカンから陸路でEUに入るルートの入口となり、危機的な状況に直面している。
 そのため、ブタペストの駅では難民を列車の乗せないように駅を封鎖するなどしているわけです。

 FBIが好評した「最も危険な街」ですが、1位デトロイト、2位オークランド、3位メンフィス、4位セントルイスでした。
 オークランド、意外かも知れませんが、サンフラン側からある橋を渡るとそこはもう危険地区だと最近、この地域に引越しした家族が語っていました。

 価値の下がりにくい車20
SubcompactFITCompactMAZDA3
MidsizeLegacyFull SizeCharger
Mid Range Sports CarWRXHybrid/ElectricPrius
MinivanOdysseyFullsize Cargo VanSprinter
Compact SUVCR-VMidsize SUVHighlander
Fullsize SUVTahoeOff Road SUV4Runner
Midsize PickupTacomaFull Size PickupTundra
Luxury CompactMINI Luxury Midsize CarIS
Luxury Full Size CarGenesis Luxury  Sports CarTT
Luxury Midsize SUVRoverLuxury Fullsize SUVL Cruiser
以上、カテゴリー別に再販価格の高い車でした。

 
 最近、増えているように思える住居不法侵入です。

Atlanta, GA 7-Day Forecast
夜が涼しいので、90度でもあまり暑いと感じません。コンプレッサー交換してから店の中は冷え冷えです。カラダに良くないですよね。



No comments:

今日の出来事から 7月26日(水)

Julio Veinte Seis ( Miecoles) 昨日はミシシッピーから日本人学生のインタビューを受けていました。「アメリカで活躍するプロフェッショナル」ということでブログに落としているそうです。アトランタは後2人、インタビューすると語っていましたが。  中小企業...