Friday, May 5, 2017

今日の出来事から 5月5日(金)こどもの日

 今日は子供の日です、ちまき食べ食べ母さんがー。こいのぼり上げて、柏餅食べますか?

 あのI-85のハイウェイ橋が陥落し、近くのステーキ屋の売り上げが60%も落ちたそうです。笑いごとではありません。昨日たまたま食洗機の営業に聞いた話です。26日の開通まで毎日赤字、きついですよね。
 これって、訴えるところがない、誰も売り上げ減の補償してくれません。

 私はこの1週間で3回の嘔吐。それも何も出ない吐かない嘔吐が夜に起きています。最初は魚で当たったのかと思いましたが、お客さんからクレームがない。いつも刺身の切れ端を食べているので、それか? でもそんな古いものはないぞ。それに吐き気はしても吐いてないし。刺身の食べ過ぎで限度を超えたのでアレルギーか?
 最終的な結論は、体質が変わってきたのか? この1週間のダイエットで野菜中心にシフトしています。大きな変換です、たまにステーキだけは食べます、タンパク質を摂るために。あとはフルーツと野菜なのです。
 これで一時175パウンドあった体重が170まで落ちました。この涙ぐましい努力、さらに165に落とそうと思っているのです、お腹回りを少し落とせばダイエットは完了します。肉質になるのですよ。60歳をあと5年後に控えて、老後も農業できるカラダを作ることが大事かと。

 Bombay Sapphire Gin Recallリコール?
有名なジン、ボンベイサファイアがリコールになっています。なんでも40%のはずのアルコールが77%も入っているそうです。良いではないですか??

 バーボンとウィスキーの違いを英語で説明すると?
Bourbon is whiskey; Scotch is whisky.
The "whiskey" spelling is used for American and Irish spirits, including bourbon. Conversely, "whisky" is used by the rest of the world, including Europe, Australia, Japan and, of course, Scotland. Regardless of spelling, all whiskey or whisky must be distilled at to minimum of 40 percent and a maximum of 94.8 percent alcohol by volume (ABV).
They have different flavors.
While both can have smokey, charred notes, Scotch and bourbon develop these traits through different means. Bourbon draws its oaky, vanilla-like flavors from the charred surface of the barrels in which it ages, whereas Scotch's smoke comes largely from peat burned in the barley malting process. Keep in mind though that not all scotches have a peaty flavor. In fact, only two of the five Scotch producing regions are known for that signature peatiness.

  5月4日、米下院はオバマケア改廃法案を可決した。写真は親指を立てるトランプ大統領。ホワイトハウスで同日撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)おっさん、老けが加速?
 下院は、新たな医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案に関する採決を行い、賛成217、反対213で可決した。トランプにとっては、主要な選挙公約の実現に向け法制化で前進した格好で、大きな勝利。
 法案はオバマケアの大半を撤廃し、下院共和党がまとめた案に置き換える内容で、民主党から賛成に回った議員はゼロ。
今後は上院に送付され、上院では共和党議員から支持を得るのがより難しいと見られており、厳しい戦いが予想されています。
 トランプは同法案の下院可決を受け、「2年間のキャンペーン期間中、どこに行ってもオバマケアの影響で人々は苦しんでいた」とし、「この法案を上院でも可決させる。可決させる自信はある」と述べた。しかしまだ4つか5つのステップを踏まないといけません。
 このアメリカの健康保険、ややこしいというか、全く分かりません。病気しない私は、事故負担の高いものにして、毎月の支払額を低く抑えています。1年に1回も病院に行かないので、お金をどぶに捨てている感覚です。昨年の保険は確か夫婦2人で900ドル近く払い、1回も病院に行っていないので、10800ドルの損でした。今年の保険は500ドル程度なのでかなり出費を抑えています。
 私は健康管理にものすごい気を使い、お金も使っています。農作業とゴルフでカラダを鍛え、ジャンクなものをほとんど食べません。野菜はオーガニックに変換しつつあり、朝はミューズリーにして、昼もサラダが中心、夜はほとんど食べない、そして白いパンやごはんは食べていません。
 しかし、かつ丼やカレーに玄米では合わないですよね、このあたりを解決する方法はないものか? ま、なるべく炭水化物を減らし、野菜とタンパク質中心の食生活なのです。
 第一次引退は間もなく、次の仕事に向けて体力維持が課題です。

 最近よく言われることですが、簡単な話です。ごはんなどの炭水化物はブドウ糖に変わります。そしてブドウ糖が血糖値を上げるし、ブドウ糖が脂肪に変わる。
 これを覚えておくことです。前にも書きましたが、白い恐怖と思ってください。砂糖もそうです、精製された砂糖は精製されたコカインのようなもの?とでも思ってください。白い米、白いパン、皆危険です。
 みりん風調味料がありますが、これも実は危険で、この代替がないか探しています。これは名ばかりで、コーンシロップと同じようなもの。
 例えばコカ・コーラは砂糖は使いません。甘味料としてコーンシロップを使っているはずです。その方が安いからです。このシロップも曲者、まあ毒でしょう。
 みりんはもともとは酒から造るものですが、アメリカではみりんは酒類になるので高いし、簡単には入りません。昔CAの白山という酒蔵が作っていましたが。
 うちでもみりん風調味料は甘さを出すのに良く使います。最近、ようやく白砂糖を止めました。今は三温糖(ライト・ブラウン・シュガー)を使っています。
 みりん風調味料は、ドレッシング、うどんやそばの汁、土佐酢、天婦羅汁、照り焼きソースなどに使っていますが、これをゼロにするのは大変。しかし、止めていく方向です。
 では何を使うか、はちみつではコストが高すぎ、三温糖で同じ味が出るとは思わない。何か天然の甘味料を探さないといけません。

 こうして店から化学調味料を排除するのです。前は「白だし醤油」を多用していました。確かにこれを使うと美味い。味の素と書いていなくても、化学調味料は、たくさん使われているのが現実です。その白だし醤油もだいぶ前に止めて、化学調味料の入っていないものに切り替えました。
 ラーメンのスープにも入っていますから、これを100%なくすのは大変なことです。しかし90%は可能でしょう。
 話は長くなりましたが、こうして体に悪いものをどんどん排除していくことからまず始める。そして今度はカラダに良いものを取り入れていく。そして運動することにより免疫力を高める。そうすれば「病気になるわけない」のですよ。
 日本人は、この過去40年くらいで、ものすごい勢いでカラダに悪いものを取り入れてきました、それが原因で様々な病気にかかっている。ガンは特にそうでしょう。毎日食べるものを管理して病気にならないことが大事なのです。病気になってからでは遅いのです。 健康保険からここまで語るかい?と思いますが、これは事実だと思いますよ。

 サインしました
 州知事は、大学のキャンパスに銃を持ってくることをOKする法案に署名しました。アホかい? では高校はどうしてダメなのか?未成年だから見境がつかない?
シンコデマイヨ
 メキシカンは簡単に作れます。家でパーティするにも良いです。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast
 すでに雨は上がっています。

 これじゃ、日曜日はぬかるみゴルフです。白いパンツは履けない。先週に初めて履きましたが、家に帰ってすぐに石鹸を使って泥がついたのを落としました。たぶん、毎回こうして手入れしないと白は維持できません。乾いた日しか履けないことがよーく分かりました。皆さん、良い週末を!来週は母の日です。
 
 
 

No comments:

健康保険がない!アメリカの保険事情と世界の事情

Noviemebre Veinte Dos ( Miercoles) 感謝祭前なので特別寄稿  先日のこと、アメリカ人の友人が来て、来年の健康保険がないと言うのです。7社当たってすべて断られたそうです。  彼は金持ちですよ。私と同い年でもう引退していますしね。最終的には保険の...