Wednesday, February 25, 2015

雪でディナー閉店を余儀なくされ、、、。

 いやいや思った以上に雪がというか、1時からみぞれが降り、近くの店も閉店するというので、それに歩調を合わせてディナーを閉めることにしました。多くの方が自宅待機をしていると思います。することないので私のブログの閲覧数も増えるはず?ですよね。こういうときにこそ勉強です。

 「一流の人に学ぶ自分の磨き方」という本があるそうです。


・二流の人は自分を被害者とみなす。一流の人は人間の究極の自由を行使する。自分が選択する力を持っていることを知っているからだ。彼らはその力を駆使すれば,思いどおりの環境をつくれると考えている。

・二流の人は時間をお金と交換する。一流の人はアイデアをお金と交換する。問題を解決するアイデアがあれば,お金を稼げることを知っているからだ。

・一流の人は成長の過程で初期の刷り込みを変更するか,大人になってから一流の人の影響を受けて初期の刷り込みを変更する。その結果,自分の潜在能力がほぼ無限で,可能性がいくらでもあることに気づく。そして成功のための代償を払えば,どんな夢でもかなえられることを知る。

・二流の人は恐怖と欠乏におびえた言葉を使う。一流の人は愛と豊かさにあふれた言葉を使う。

・二流の人はプレッシャーを脅威とみなして心身ともにがちがちに緊張する。一流の人は「この状況は生死に関わることではない」と自分に言い聞かせ,平常心を保つことを心がけている。

・世の中が進歩するのは,社会の常識に挑戦する非常識な人たちがいるからだ。

・二流の人は「高校か大学を卒業したら教育は終わる」と考える傾向がある。一流の人は学校教育の意義を認めつつも,「本当の教育は学校を出てから始まる」と考える。彼らの原動力は,目標の達成にひたむきになることだ。二流の人が快楽を追求しているあいだ,一流の人は目標の達成に全力を傾ける。

・本当に重要なのは,自分が楽しいと感じることを勉強し,それに全力を傾けることだ。一流の人は楽しみながら大いに学び,大いに働くので,やがてその分野の第一人者になり,結果としてたいてい裕福になる。

・二流の人はリスクをとらずに観客席で傍観している。一流の人は失敗と拒絶のリスクと必死で戦う。二流の人は苦しみをできるだけ避けて無難に生きていこうとする。一流の人は潜在能力を存分に発揮し,情熱を注いで人生に挑む。

・二流の人は現状維持を選んで安全策をとる。一流の人は現状に甘んじず,健全な不満をバネにし,リスクをとって社会を動かす。

・現状に甘んじている人は,私に言わせれば失敗者である。(トーマス・エジソン)

・人々は財産を求めるが,本当に必要なのは充実感である。(ボブ・コンクリン)

・二流の人は解決策を思いつくのに苦労する。一流の人は問題を離れたところから眺めて全体像を把握する。多くは入浴中や就寝中,運動中に答えが浮かぶ。彼らは複雑に考えないことが問題解決の秘策だと心得ている。

・天才とは,複雑なことを単純化する能力のことである。(C・W・ツェーラム)

・一流の人にとって成功とは,ビジョンに向かって前進することだ。目標を達成すれば,彼らはそれを祝うが,本当の成功とはお金や所有物を得ることではなく,目標に向かって邁進することだと理解している。

・最善を尽くしたなら,それ以外にすべきことがあるだろうか。(ジョージ・パットン)

・一流の人は自分が友人・知人の平均値になることを知っている。だから自分と同等かそれ以上の人たちと付き合う。

・一流の人は自分を「プロの仕事人」とみなし,良質な労働力を会社に提供していると考える。

・二流の人はネガティブな思考によってエネルギーを消耗している。一流の人はポジティブな思考によってエネルギーを生産している。

・一流の人は失敗を軌道修正の好機とみいなす。それは快適とは限らないが,ビジョンの実現に必要な知恵を得るために不可欠だと考える。

・一流の人は,知れば知るほど知らないことが多いと知る。専門分野についてですらそうで,常に初心者のような姿勢を持ち,新しいアイデアを貪欲に学ぼうとする。

・一流の人は自分の行動とそれが周囲の人に及ぼす影響を研究して感情指数を高める。彼らは心理学や自己啓発,癒し,マナーといった感情を重視するテーマを追究する。そうすることによって対人技術を磨き,結果として成功と充実感を得る。

・二流の人は「進歩についていけなかったら困る」とびくびくし,被害者意識にとらわれる。一流の人は「おもしろくなってきた」とワクワクしながら世の中の進歩に参加する。

・二流の人は良心に反する決定を下しがちで,それが自尊心を大きく損なっている。一流の人はそれがあまりにも高い代償だと考え,良心に従って生きることを哲学にしている。

・良心的で正直な人間は,そうでない人間より財を成すのが遅いかもしれない。しかし,本物の成功とは,不正や詐欺によらずに成功することだ。たとえしばらくは成功しなくても,人間は常に正直でなければならない。不正な手段で財産を築くよりも,すべてを失ってでも人格を磨くほうがよい。なぜなら,人格はそれ自体が財産だからである。(サミュエル・スマイルズ)

・二流の人は失敗したらすぐにあきらめる。彼らは失敗を極度に恐れるので,達成できるとわかっている目標にしか取り組まない。一流の人は失敗を通じて成功しようとする。彼らは失敗を歓迎し,教訓を学びながら何度でも挑戦を続ける。

・一流の人は愛と豊かさにあふれた意識で生きているから,復讐を低い意識の産物として排除する。彼らは,宇宙で価値のある唯一の力は愛の力であることをよく知っている。

・一流の人は自由を高く評価している。二流の人は自由をそれほど高く評価していない。なぜなら,自由の意義に気づいていないからだ。まるで,黄金が自宅の裏庭にあることを知らず,黄金を求めて世界をさまよっているようなものだ。

No comments:

今日の出来事から 7月26日(水)

Julio Veinte Seis ( Miecoles) 昨日はミシシッピーから日本人学生のインタビューを受けていました。「アメリカで活躍するプロフェッショナル」ということでブログに落としているそうです。アトランタは後2人、インタビューすると語っていましたが。  中小企業...