Thursday, March 8, 2018

今日は世界女性の日 3月8日(木)

Marzo Ocho ( Jueves)

 世界中で女性の日で、パレード、デモなどやっています。特に昨年からのセクハラ騒動から動きが強くなっていますが、いつになれば同権、同レベルになるのか???

 中高年男性の孤独がやばい! 世界各国の「繁栄指数」を見てみると、社会や地域における人々の信頼関係や結びつきを表す「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)」のランキングで、日本は全世界149カ国中、101位。先進国の中では最低だといいます。なかでも深刻な状態にあるのが中高年の男性です。孤独な人は、人的つながりを持つ人に比べて早死リスクが50%高くなるという結果があります。また、「孤独」の死亡リスクに対する影響は
(1)一日にタバコ15本を吸うことに匹敵、
(2) アルコール依存症であることに匹敵、
(3) 運動をしないことよりも大きい、
(4) 肥満の2倍大きい、と結論づけられ、孤独は心臓病や認知症など多くの疾患のリスクを高めることもわかっています。
 特に中高年で、友人または同僚と過ごす時間のない人の%が他国に比べて3倍も多いのです。「おひとりさま」とかつまらない言葉が流行る日本、別の側面から崩壊していくのでは? 独身でもいいんですよ、友達がたくさんいれば。インスタで友達作るとか、それも1つの作戦です。私はインスタで、柴犬関係の友達がいますし、農業関係の友達もいます。会ったのこともないのに、インスタでつながり、たまにメッセージが来たり、こちらも送ります。これも1つの交流ですからね、大事なことだと思います。

 2020年、日本に大不況が来る?? オリンピックという巨大公共事業の終わりと、安倍首相、黒田総裁のダブル退任が重なると、成長戦略がない日本経済は、崖から転がり落ちるように一気に悪化することが予測される。黒田総裁の金融緩和政策には、副作用が出ていて、2年前に行ったマイナス金利政策は銀行の業績を悪化させ、3メガバンクなどの中間決算は、業務純益ではすべてのグループがマイナスとなり、前年同期比でなんと3割減です。安倍政権下で、企業の内部留保は100兆円も増えて400兆円を超え、企業は銀行からお金を借りる必要がない。銀行は泥沼、出口のない金融政策は行き詰まる?

 2020年の次は2025年問題がある。2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎えるのです、これが2025年問題です。
 東京オリンピックが終わったあとでも現在と同水準の人口を維持できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、愛知・沖縄・滋賀だけだそうです。人口減を補うのは、AIそして移民の受け入れですが、まだ移民に関して無策です。
 そして認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されています。これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となります。認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、約10年で1.5倍にも増える見通しです。単純に考えると国民の10人に1人は認知症だと言えるのです。
 認知症が増えるということは、医療費もかかるということで、国民健康保険は破綻に向かうでしょう。
 そして年金をはじめとする社会保障費は、現在の約120兆円から、2025年には総額150兆円に増えると考えられます。遅くとも2030年代前半には、年金積立金は枯渇するのです。消費税1%分の税収は約2兆円ですから、今後の10年で今より15%消費税率を引き上げないと、年金制度は維持できないという試算もあります。アメリカ見てください、売り上げ税の8-10%は当たり前。日本人厚かましい? 「消費税上げるな、でも福祉や社会保障は削るな!」ですからね、これを国民が理解して早急に対策しないとダメ。
ポイントは以下です。
1)超高齢化社会になる、爺さんや婆さんやの世界です。
2)人口が激減し、社会を維持するのにAI+移民が必要となる
3)認知症が増え同時に寝たきりも多いので、医療費がかかり財政を圧迫する
4)年金が行き詰まる、その解決策は消費税を10-15%に上げるしかない
この4つだと思います。がもう1つあるのが貧困問題です。格差はどんどん広がっているのです。
 消費税を上げるというのは、一番平等な税の取り方です。というのも企業の中には節税をしっかりやって、税金逃れをしている会社が多い。その多くは中小企業オーナーの会社だと思います。まあある程度の経費が使えますし、ある程度のごまかしもできるからです。彼らはお金を使いますから、その分、消費税として税金を納めていることになります。まあ、現金払いで税金をごまかす方法もありますけどね。
 一番悲惨なのは、サラリーマンです、自動=強制徴収です。ごまかしができない。せいぜい、会社に上げる領収書の金額を変えるか、空の領収書を上げるか、会社の経費で飲み食いするか、会社の備品を個人的に使うか、そんなせこいことしかできません。
 とにかく、2025年はあと7年で来ます。私は63歳になり、SSがようやくもらえる歳になっていますけどね。

 インドネシアで海面上昇 このビデオを見ると世界の低地で、どれだけの海面上昇が起きているか分かるでしょう。これも2020-2025年にさらに加速します。世界中の問題です。

 ニューハンプシャー州宝くじ協会は昨日、1月に宝くじ「パワーボール」で5億5970万ドルを当てた女性当選者が、名前を公表せずに賞金を受け取れるよう求めていた裁判で、女性の主張を認めて賞金を支払ったことを明らかにしました。 女性は当選チケットに自身の名前を署名し、身元が公表されることが分かったため、匿名を求めて法的措置に訴えました。女性の弁護士は「この賞金に対する世間の関心が尋常でないことから、私の顧客は名前の公表を避けて正常な状態を維持したいと望んでいる」と述べました。弁護士によると、この当選者は賞金を受け取るための法的委託機関を設立し、その名の下に賞金を受け取り、一括で受け取ったため、金額は税引き後で2億6400万ドルでした。女性はすぐに25万ドルを4つの慈善団体に寄付しています。
 昨日の340億円の番号は、6,13,19、36、51、パワーボールは18でした。当たったのは誰? 私も当たっても公表しないことにします。今回は当たっていませんので、土曜に持ち越しです。予想金額は390億円です。

 有名店の訴訟
 Rathburnステーキのオーナー、ケビンが訴えられています。3軒の店のオーナーですが100%ではなかったのですね。少しを元PRと元ペイストリーシェフが持っていました。2人が辞めた、まあ1人は引退したのですが、ケビンは相応の金額を支払ったのですが、それが低すぎるということで、また勝手にやったということで、訴訟です。これで裁判に行かないといけない、まあ1回で終われば儲けものですが、負けたら裁判費用持ち、いろいろあります。ケビンはアトランタで成功しているレストランオーナーですが、100%でやっていればこんなことにはならなかった。パートナーのビジネスは実にややこしい、だいたい最後はこじれています。金がからむと人間、人が変わる!

 
 28インチのパイプが破裂、100ミリオンガロンの水が流出しました。昨日のデカルブ郡の水道管破裂は、近隣のレストランなどをすべて閉めさせました。2-3日は水道水は飲めません。うちは水道水飲まないので関係ありませんが。

 
久々の凍結情報が出ていました。明日も31度の予報で凍結注意報が出るでしょう。

最高気温はそうでもなく上がります。今のところ土曜日が50%、日曜日が100%の降水確率になっています。

 昨日は久々で、平日なのにお客さんが来てくれました。ありがたいことです。会社の税務申告も最後の資料がCPAに送られて、間もなく終了します。来週の木曜日が締め切りです。、個人は4月15日(日)ですから、16日かと思います。
 日曜日は夏時間になります。1時間早くなるので損するわけですが。これで夜の明るい時間が長くなります。

No comments:

もっとアタマ使え 6月15日(金)

Junio Quince (Vernes)  人間歳をとると、テクノロジーを拒否してしまう。7月に帰国しますが、高校時代の友人と飲み会をセットしています。  その連絡法、1人は嫁にライン。もう1人電話連絡です。2人ともITから距離を置いています。まあ、必要ないといえば、それで...