Tuesday, November 29, 2016

今日の出来事から 11月28日(月) 暇の暇のさらに下 そこで!!!

 サイバーマンデーなのか、感謝祭開けなのか、超を最低3個はつけたい暇な1日でした。しかし、そこでも将来への種まきを忘れない。
 まずは、先週くらいから問い合わせのあったケータリングを1つまとめました。たまに詐欺めいたメールも来るので最後まで信じないのですが、今回は本物で、前金で収めてもらいました。来週水曜日に9時に店に行って4人で作ります。この金額が1500ドル近い。ミッドタウンの100人の社員に提供するランチだそうです。ありがとうございます、ですよ。12時までは暇なのですから。
 次いで、今週土曜日に日米協会関連のランチがあり、これが50人を超えます。単価は低いが数でこなせー、ですよ。このメニューを考えていました。
 この日があるのを忘れていて、久々のEastLakeでのゴルフを決めて、これをまたキャンセルするというもったいないことをしました。
 昨日の2時からは、サッポロビールを新規で扱うので、その打ち合わせをしていましたが、生ビールがキリンよりも26ドルも安いので、切り替えることにしました。この20ドルを年間で計算すると、最低でも700ドルになり、生樽6本分近くが浮く計算になります。普通の缶ビールもサッポロの方が安いので、これもかなりの経費節約になりそうです。おそらくライトビールや缶ビールの切り替えで年間500-700ドルが浮くであろうと思います。
 こうして、暇な1日でしたが、3つの案件をまとめました。何かやらないとダメですね。「停滞=死」、これはユニクロの柳井さんの言葉ですが、まさにそうです。

 小さな効果ですが、ストンクラブが完売しました、すでにシーズンが始まって3回購入していましが、毎回完売です。大きな売り上げには結びつきませんが、客寄せにはなっていると思います。店の前にはメニューを掲示していますが、そこにA4で張り紙をしています。「フロリダ産のストンクラブあります。フロリダ産のカキあります。ボストン産の生ホタテあります」というものですが、昨日の午後、その張り紙を見たという人から問い合わせがあり、その日の夜に食べに来てくれました。
 サンディスプリングスでストンクラブがあるのは、うちだけかと思います。オイスターもそうで、うちだけかと思います。
 「オンリーワン商品」をたくさん持つことは店の強みになります。ただ、簡単には売れないですよ。どんどん売れるものであれば、誰もが扱います。売れないときのリスクがありますからね。あとはどう売るかですが、うちではスペシャル扱いしていますから、ウェイトレスが口頭で伝えます。これが一番効果が出ます。
 
  腐女子ではなく富女子、どちらもフジョシと読みますが。富める女子を目指そうというものです。老後にお金に困らない自立した女性でいようという試みで、その目標は20代で1千万円を貯めることだそうです。
 富女子会のホームページによると、会員数は約150人。会員の年齢は25~35歳ぐらいで、平均貯蓄高は約400万円。貯蓄額1000万円以上を達成した人は6人。「女性自身」の記事では、「実家暮らし」の利をいかし、給料の手取りの半分を貯め、目標額を達成した女性も紹介されている。彼女は1000万円を頭金に中古マンションを購入し、不動産投資をはじめています。
 私は、大変良いことだと思いますよ。私は28歳の時に1400万円もっていました。それも1人で暮らしていて貯めたお金です。お金を持つと人生観が変わります、つまらないものを買わなくなる。大きな目で物を見るようになると思います。

 Fire erupts on the side of The Spur, on Highway 441, on Monday, Nov. 28, 2016, between Pigeon Forge and Gatlinburg.避難です
 テネシーのガトリンバーグは観光地ですが、山火事が接近しているため、避難勧告が出されました。これだけ雨が降っても消えない???

 先週のワイドショーの話題は紅白の和田アキ子などの落選でした? 実につまらないので書かなかったのですが、紅白そのものが卒業しないといけない。かつて視聴率50%以上、それが40%を切るようになった。
 時代の流れですよ。テレビ全体の視聴率も減っているのです。インターネットやゲーム機の登場などによって生活習慣がどんどん変わってきているのです。紅白も終わるときが来ても当たり前だと思いますがね。

壊滅的な水不足を防ぐ4つの方法TED
これは見た方が良いでしょう。今後、直面する’水不足をこうすれば解消できるというもの。
ちなみに1)雨水の貯蓄、2)生活排水のリサイクル、3)屋外散水のカット、4)海水の淡水化です。

 アメリカの「負け犬白人」たち、こんなのが現代ビジネスに出ています。
現代ビジネス 負け犬白人 これを読めばわかりますが、テネシーから五大湖までのアパラチアン山脈の両サイドに住むであろう住民のことを差しているのでしょう。かつては炭鉱で栄え、そして40年前まではアメリカの産業の中心だった?のかも。鉄の街ピッツバーグなどがそうでしょう。その周辺、オハイオからデトロイトにかけての自動車関連の工業地帯の労働者でしょう。アタマなくても工場で働くだけで良かった。それが工場は南部に移り、炭鉱は閉鎖して、時代から置いて行かれた、ホワイトトラッシュです。パトラッシュなら犬ですが、トラッシュは単なるゴミです。白人のゴミ、くずがここにいる=負け犬ですよ。それが今回、トランプを大統領にしたという、まあ確かでしょうなあ。
 そういう面ではGA州も同じ、都市部の賢い人はクリントンに入れたのに、北部と南部の首の赤い人がトランプに入れた、「古き良きアメリカをもう一度」もう、ノスタルジーですか?
昔、東欧移民のピッツバーグ出の白人と付き合ったことがありますが、ご両親を見て、「こりゃだめだ」と思いましたね。ごみに近いですよ、言い方は悪いですがね。田舎くさい、アメリカは広いのだと思いました。

 
午前10時まで降ります。そして次は深夜です。
 Atlanta, GA 7-Day Forecast
明日の100%は午前中に降るからです。午後は止んでいると思います。

 昨日は日本人の悪口、今日は白人の悪口。TAKAさんは相変わらず口が悪い、と思っている人もいるでしょう。
 しかしながら、的を得ていると思いませんか? アメリカでビジネス戦争するのに日本式ではまさに防御機能なしのゼロ戦が最新鋭の米国の戦闘機や空母と戦うようなものです。負けるに決まっています。負けたら「特攻」して責任とる。そりゃ「バカ」としか言えないでしょう? 戦争は71年前に終わっているのに、まだ同じやり方で戦っているのが日本人のように思えるからです。たまには上官に逆らえ!!
 そして200年前の亡霊と戦う負け犬白人、移民の国なのに白人が偉いと思っている。恐ろしい幻想です。時代から取り残されたらお終いです。

No comments:

今日の出来事から 9月19日(火)

Septiembre Dieci Nueve ( Martes)  昨日は、1日だるいだけの日でしたが、すでに来年のジャパンフェストをどうするか、考えていました。日曜日の方が入場者数が多かったようです。土曜日が昨年の14000人に対して9千人、日曜日は昨年は9千人だったと記憶し...