Sunday, November 6, 2016

週末往来! トヨタが踏んでしまったもの

 
 これが次期のレクサスLSになるようです。ミラ―レスになるそうで、アメリカでは認められ、日本では認められないとか。
 まあ一見、好調に見えるレクサスも肝心のフラッグシップであるLSが売れていないのです。
 これに関しては、LSを3代続けて乗っている実績のある私が前にも書きましたが、2014年でしたか、今回のモデルに変わったのが。それがほとんどモデルチェンジに値しない変わり方。内装がもう横着というか、LSもGSもESもほとんど同じに見えるのですよ。これじゃ「8万ドル出してLS買う必要ないじゃん!」 「4万ドル以下で買えるESで十分じゃん」になるわけです。
 私が今乗っている2012年式とその前の2007年でしたか、このマイナーチェンジの差もほとんどないわけです。
 91年にLS400が世の中に出て、高級車の歴史を少し変えたのです。それがLS430になり、私はこれを見て「これが私の車だ」でこれを買い、その次のLS460でさらに進化したわけです。「これならベンツのSクラスに負けない」とも思ったわけです。
 確かにこの6-7年間、このモデルは売れ続けました。そこでトヨタがどう考えたかは知りませんよ。「品のある高級車はそう大きくデザインをいじくるもんではない」「売れ筋だからこのまま引きずる」とでも思ったのか、今回のモデルはフルモデルチェンジにしてはお粗末すぎです。
 さらに言えば、LS600というのがあるのを知っていますか? ハイブリッドでこれが10万ドルを超えますが、これが1桁程度しか売れていない惨敗なのです。これもデザインを10年間も変えていない。
 そこで競合すると言われるベンツやBMWを見ると、Sクラスは格段に進化したようにデザインだけを見ると思える。Sも恰好良いときは良いが、不細工なときはえらい不細工で、ベンツもこれに気付くのか、2年程度でテコ入れもマイナーチェンジを行っているように思えます。
 対するBMWの7シリーズ、これもベンツと同様に進化をしています。この6年間はほとんど同じように見えますが細かく見るとデザインの変化が見えます。明らかにSクラスからの乗り換えを促すような若々しいデザインであり重厚。Sクラスが爺さんのステイタスなら、SはBMWに乗り続けている人が最後に勝ち得るステイタスかもしれません。
 そう考えると、レクサスのLSは何なのか? なんとなく「壊れないから乗る」であり、「安心だから乗る」なわけです。
 それはまさに「トヨタ」そのものです。それがトヨタの売りであり弱点ですからね。やぼったいけど万人向けで安心、そして「トヨタだから」の信頼感がある。
 それは「トヨタを買う」ではなく、「結局はトヨタになってしまった」という結果論なのでしょう。消去法でトヨタになるのであって、積極的にトヨタが先に来るわけではありません。これを変えていかないと厳しいのでは?

 

 そしてプリウス、なせゆえここまで不細工になってしまったのか? これもアメリカで惨敗です。新型プリウス見ます? これが過去3カ月のトヨタの売り上げを下げている原因? 確かプリウスは20%近く落ち込んでいるはずです。
 そのコンセプトは良かったのです。「燃費だけでデザインを無視したような不細工な車は止めよう。もっと若者にアピールするスポーティなデザインにしよう」が合言葉でした、確かね。
 そしてこのデザイン、実は日本では受けています。しかし日本では年間に車が150万台程度しか売れないと思います、私の記憶が確かなら。
 アメリカはその10倍近く売れるのですよ。そこで負けたらお終いです。かつてホンダがシビックで躓いています。デザイン変更を余儀なくされました。
 このデザインのどこに問題があるのか? バランスです。サイドから見てスポーティに見えます。テールランプも個別に細部で見ると悪くない、でもそれが横のパーツと一緒になるとどうも不細工に見える、それはバランスが悪いからだと思うのです。
 「civic 2017」の画像検索結果
 ここに競合するであろうシビックがあります。今回2017年モデルでハッチバックを加えていますが。このシビックのテールランプもデザインが私はえらい好きで、「これってスーパーカー並み?」とも思えるのです。ランボルギーニにこんなテールがあったような。オシャレだと私は思っていますが。
 結局のところ、プリウスは早々にマイナーチェンジを余儀なくされるでしょう。「売れてなんぼ」ですよ。そして「売れない車はゴミ」です。
 残念ながら?我が家はすべてトヨタ車です。それゆえ、クレームする権利もありますよ。
 フラッグシップは革新的でないと、風格はもちろん、何か魅了されるものがないと。それが前の代まではあったと私は思うのです。
 今ではベンツの方がよく見えるし、「そろそろレクサスも飽きたし、ベンツか?」となるわけです。次も指名買いするような車を作らないとレクサスの未来はないですね。現状を見ると売れている中身がSUVですから。あのRXとNXだけは売れていますよ。それもまあRXが売れてその小型が欲しかったからRAV4をいじくってNXにしただけの話。アキュラがMDXが売れてRDXを投入したのの二番煎じとも思えます。アウディもそうでしょう? q7、q5、q3とあります。
 レクサスにしかないもの。レクサスでしかできないもの、それを期待しますね。

No comments:

今日の出来事から 11月20日(月)GAドーム解体

Noviembre Veinte (Lunes)   ジョージアドームが爆破により解体されました。午前7時32分でした。アトランタのテレビ局は、これをライブで伝えていました。私もビデオ撮ってインスタに上げました。    レクサスの新型『LS』の受注台数が発売日...