Monday, October 3, 2016

今日の出来事から 10月3日(月) 秋本番!

 昨日のゴルフは、実に面白かった。スコアの悪い人でもタイミングで勝てるということです。前半の私は51でしたか、「今日は100を切れるならそれでいい」と思っていました。過去1カ月確か100を切っていません。それで後半の2ホール目のパー3でしたが、グリーンに乗らずでしたが、寄せが抜群で賜ったポイントを取り、回復基調に乗りました。終わってみれば12ポイント獲得で、60ドルの勝ち。しばらく支払いが続いていたので、嬉しい勝利でした。
 ライダーカップも、アメリカが個人戦を制して勝ち、久々の勝利をもたらしました。とはいえ、左腕はまだ完治しておらず、痛いままですから、リハビリゴルフは続きます。

 早くもノーベル賞の発表、医学生理学賞に東京工大の大隅教授、飢餓状態に置かれた細胞が飢餓を乗り切るために自らの細胞の一部を分解し、栄養源とする「オートファジー(自食作用)」の解明だそうです。

 燃えるのは携帯電話タブレット、爆発するのは洗濯機? サムソンの事件は続いています。アメリカで洗濯機が破裂する事故が相次いでいますが、当局が注意を呼びかけ、使用者による集団訴訟にも発展しています。豪州やニュージーランドでも洗濯機の火災や爆発事故が多発するなど世界中で騒動です。
 「爆弾のような音がして洗濯機が突然吹き飛んだ。ナットやフタが床に散らばっていた。隣にいた4歳の息子の頭を必死にかばった…」ABCニュースはこう訴える女性をはじめ、サムスン製の洗濯機で同様の事故が起きたとして、2015年以降21人が米消費者製品安全委員会(CPSC)に訴えたと報じています。
 問題になっているのは、洗濯機の上部から洗濯物を入れる「トップロード」型で、サムスンが2011年3月から16年4月の間に製造した製品。洗濯槽の下部を支える軸受け部分が振動で破損し、洗濯槽が回転とともにぐらついて洗濯機を破壊したという被害者の弁護士の見解を伝えています。
ニュージャージー州の裁判所では洗濯機が破裂したと訴える被害者が集団代表訴訟を起こしています。テキサス州の原告は訴状で「ガレージの壁を突き破るほど激しい破裂だった」と指摘。原告側は、サムスンが「欠陥のある洗濯機を回収し、証拠の隠滅を図った」とも主張しています。

 出せないTAXリターン
 18年間、連邦税を払っていない可能性があるそうです。日本でも堤義明が確か、国税をほとんど払わずにやってきたと昔、そんなことありました。
 そうそう、賢い人は、そうやって金を貯めていくのです。国土計画には国税PBがたくさんいて、合法的にどうやって税金を払わないかを考えていると、聞いたことがあります。
 
 居酒屋ワタミが、アルバイトの時給を引き上げるそうです。10~25円引き上げ、時給の引き上げ比率は平均1.31%で、約1万人が対象となりますが、店内の清掃やキッチンの仕込み作業を担当する仕込スタッフの場合で「1000円」、簡単な調理や洗い場の片づけなどを担当するキッチンスタッフの場合は「950円」(いずれも研修時は932円で、東京都の最低賃金の水準)となっています。
 アトランタの私の店、皿洗いのメキシコ人で10ドル、キッチン補助で12ドル、寿司が作れ魚が下せるなら14ドル、フロントのホステスは15ドル、ウェイトレスは平均で20-30ドルになります。チップ制ですから、稼げる時には稼げます。

 昨日、国会中継を見ていました。稲田防衛相が泣いたというので。民進党の辻元清美がアホな質問しています。正論に書かれた記事を撤回しなさい、これは非核三原則についてですが、「今は必要がない」という稲田さんの発言が気に入らないのです。
 そして終戦記念日の戦没者追悼式に欠席したことを追求しています。こんなことで国会の予算委員会に15分近くも使っているのです。他に聞くことないんかい!!
 まあ、稲田さんは自衛隊激励のため地方を回っていたと言い訳ですが、それはそれでよいではないですか? 閣僚だから公式日程に絶対に出ないといけない?? もう民進党は重箱の隅ばかり、つついているのです。 国会中継 撤回?
国会中継 まあ、これ見てください。
 メディアでは「民進党」、アホちゃう?くらいの扱いです。南スーダンの件もそうです。PKOで自衛隊が派遣されていますが、危ないので民進党は「死んだらどうする」くらいの質問をしています。PKOで人が死ぬのは当たり前でしょう? 犠牲なくして平和は守れません。

 
アメリカの話題はこれ、ハリケーンマシュウです。カテゴリー4で強大、これがマイアミの東を通過して北上する予定になっています。
アトランタには、ほとんど影響がないでしょう。

 Atlanta, GA 7-Day Forecast 
 明日が副大統領候補の討論会があります。そして9日の日曜日が2回目の大統領候補の討論会、最後3回目が19日の水曜日になっています。
 「どっちも好きではない」がアメリカ人の本音のようです。1人は策士、1人は暴言吐きのビジネスマンで政治の素人、この2つしかない選択は厳しいですよ。
 これが世界一の国の現状です。日本の政治もお粗末ですが、アメリカもひどい。そうゆことにいちいち、「ふむふむ」と聞く耳を持つ暇があったら、金儲けする方が楽しいわけです。自分の将来の方がアメリカの将来よりは大事なのです。
 

No comments:

今日の出来事から 11月21日(火) 追い込み始まる

Noviembre Veinte Uno ( Martes)  今日あたりからアメリカ民族大移動が始まるようです。早いところは有給を獲って1週間丸ごと休んでいます。今日あたりから空港が混むようです。  道路は空いています。学校が今週はないからです、これは実に良いことです、渋滞...